ホーム > 冬鳥観察にきてみて!

狭山丘陵からのお知らせ

2017年1月19日(木) 公園
冬鳥観察にきてみて!

狭山丘陵の都立公園は、

今年もたくさんの冬鳥で賑わっています。

 

例えは雑木林の中では、ルリビタキが低い枝や園路の柵などにとまっています。

オスは成熟と共に鮮やかさを増す、人気の高い冬鳥です。

 

「フィー...フィー...」と、良く響く鳴き声が聞こえたら、

近くにウソがいるかもしれません。よくリョウブの木にとまり、木の実を食べています。ほほを薄紅色に染めた、可愛らしい冬鳥です。

また例年あまり見られないアトリが、今年はたくさん狭山丘陵にやって来ました。

群れで木々を行きかい、周りの安全を確認すると地面に降りて、落ちている木の実などを啄みます。狭山公園の風の広場でよく見られます。

 

様々な野鳥に出会えるこの季節、公園にいらした際にはぜひ観察して頂きたいのですが、

一部ではありますが、野鳥や他の来園者への配慮を欠く観察者の姿も見られます。

 

例えばこちらは、野鳥を誘き寄せるために餌を撒かれた場所の写真です。

 

「近くで野鳥を見たい!」、「 よい写真を撮りたい!」

野鳥を観察する誰もが思うことかもしれませんが、

餌づけは鳥自身の餌を探す能力や健康を損ねたり、渡りの時期を逃したり、また、生きもの同士の命の繋がりも奪ってしまいます。(写真は餌付けされたミヤマホオジロ)

 

狭山丘陵の都立公園では、野鳥の観察シーズンに合わせて「野鳥観察マナーアップキャンペーン」を開催しています。

この冬はぜひ、ありのままの鳥たちの姿を観察してみてください。

 

パンフレットダウンロード

狭山丘陵の都立公園

ダウンロード

都立野山北・六道山公園

ダウンロード

パンフレットはA3サイズで作成しています。

印刷の際は、ご利用のプリンタに合わせて用紙設定の変更をお願いいたします。

  • 狭山公園だより
  • 野山北・六道山公園だより
  • ボランティア活動
  • 狭山丘陵の自然を楽しもう!
  • 自然情報
  • 里山体験
  • さやマップ GIS