野山北・六道山公園だより

ホーム > 野山北・六道山公園 > 野山北・六道山公園だより

2018年4月15日

春の里山で植物観察&写真ワークショップ(4月14日)

4/14、野山北・六道山公園の赤坂谷戸にて「春の里山で植物観察&写真ワークショップ」を開催しました。

 

講師は、写真家、ミュージシャンとして活躍されている、いがりまさしさんです!

 

少し曇りぎみでしたが、いがりさんによると曇りのほうが植物を撮りやすいとのこと!

これは絶好の撮影日和♪

 

 

まずはお手本を見せてもらいながら、植物を撮影するコツを教えてもらいます。

 

 

 

さっそく実践!

まずは練習として、足元に咲く野草を撮ってみます。

 

ポイントは、植物と目線を合わせること。

皆さん、植物の目線になっていますね♪

 

 

 

撮った写真を いがりさんにチェックしてもらう場面も。

皆さんの上達の速さに、いがりさんも驚いていました!

 

 

 

次は、木に咲く花を撮影しました。

背景をどうするかによって写真は変わってきます。

 

 

 

いがりさんからのアドバイスを受け、試行錯誤しながら真剣に撮影する皆さん。

どんな写真が撮れたのでしょうか?

 

 

 


 

 

午後からは室内でレクチャー。

先ほど皆さんが撮った写真を見ながら、それぞれの良い所、改善点などを的確に教えてくれました。

 


さらに、ミュージシャンでもある いがりさん。

ご自身が撮影した自然の映像と合わせ、笛の生演奏を披露してくれました!

美しい映像と音色に、時が経つのを忘れ聴き入ってしまいます。

 

 

 

今回のイベントは、公園で実施中の「植物観察マナーアップキャンペーン」の一環として開催しています。

 

いがりさんからも、撮影や観察の魅力と合わせて、植物への配慮の大切さも教えてもらいました。

 

皆様もぜひ、観察マナーにも気をつけながら、身近な植物を観察・撮影してみてください♪

 

レンジャー部 塚本

カテゴリー:イベントの報告

2018年4月15日

野外活動安全管理講習~春の基本編~(4/4・4/8)

 

野外活動安全管理講習~春の基本編~を行いました!

これまでは雑木林で活動する方を中心に行ってきましたが、

今回は野外で活動するボランティアにも声をかけ、

よりみなさんが安全を意識することのできる講習となりました。

 

午前は、森林アドバイザーの松井一郎先生を講師に迎え

野外活動における安全管理の基礎知識や、刃物の扱い方等について学びました。

 

 

 

 

講習の中では、

野外活動のイラストを使った間違い探しワークショップも行いました!

間違ったことをしているポイントはどこか? 

グループで話し合いながら取り組んでもらい、

野外での活動には多くの危険が潜んでいることを

みんなで確認・共有しました。

 

 

 

 

午後は外に出て、実践。

まずは全員で体をほぐしたあと、

 

 

いよいよ実習地へ移動!

はじめに、鎌の使い方をみんなで確認しました。

 

 

 

 

 

 

その後、実際に道具を使って下草刈りを行いました。

初めてこの講習に参加したボランティアのメンバーは

周りの経験のあるみなさんに教わりながら、

みんなで協力し合って下草刈りを進めていきました。

 

 

 

実習地にあった高く伸びた下草がなくなり、すっきりしました!

 

 

最後は、道具の手入れを行いました!

鎌、剪定ばさみなどそれぞれの手入れ方法を確認した後、班ごとに実践!

 

 

 

講習の参加人数は、約70名でした。

2回とも天気に恵まれ、野外での実習を無事終えることができました。

今回の講習で学び、確認したことを忘れずに

これからの野外での活動を安全に楽しく行っていきましょう!

 

次回の夏の安全管理講習もぜひ参加してくださいね!

 

 

 

 

 

カテゴリー:イベントの報告|公園の取り組み|野山北・六道山公園ボランティア

2018年4月13日

2018!ボランティアオリエンテーションを行いました♪(3/28,3/31,4/1)

ボランティアオリエンテーションは、

これから1年間、楽しく安全にボランティア活動をするために

公園のルールやボランティア活動の内容を確認する大切な場です。

 

 

今年度の登録者数は、430人!

3回に分けてオリエンテーションを「けやき館」で行い、

多い日は100人を超す参加者が会場に集まりました!

 

 

まず、ボランティア同士の自己紹介。

新規ボランティアも継続ボランティアも和気あいあいと新しそうです♪

 

 

その後、「ボランティア活動の手引き」に沿って、

“公園ボランティアの心得”や“活動にあたっての流れや注意事項

などを確認していきました。

 

 

オリエンテーション前半の最後は恒例の掛け声、

「里山の風景づくり、がんばるぞー!」

「オーーー!!」

 

 

 

改めて気持ちをひとつにしたところで、前半の部を終了♪

 

 

後半の部は新規ボランティアの皆さんに向けて、

雑木林アドバイザーの松井先生から里山についてのお話があり、 

皆さん興味津々です☆

 

 

 

各ボランティア活動の紹介も行いました!

 

 

またオプションで

レンジャー部による自然ガイドツアーも行いました。

当日は快晴☆春の暖かな陽の中で、36名の方が参加されました。

 

ここでは、外来種防除の話をしています☆

 

アズマヒキガエルの卵を見つけました!

 

 

4月からの活動に、公園ボランティアの皆さんも

わくわくしている印象でした♪

平成30年度もみんなで協力し、

マイペースに里山の風景をつくり上げていきたいですね♪

よろしくお願いします!

 

カテゴリー:イベントの報告|ガイドウォーク|野山北・六道山公園ボランティア

2018年3月24日

カタクリが見頃です!

暖かい陽気が続きいよいよ春本番です!

ただいまカタクリの花が見頃を迎えています。

群生地では斜面一面が薄むらさき色のじゅうたんのようです。

 

 

カタクリはなんと7年ほどの年月をかけ、花を咲かせます。

やっと咲いた花は花びらをそらせて何だか伸びをしているようです♪

下からのぞきこんでじっくり観察してみてください。

※多くの方に楽しんでいただきたいため、採取はご遠慮下さい。

 

 

 

 

群生地へのアクセスはこちら

〇JR中央線立川駅よりバス「箱根ヶ崎駅東口」行き又は「三ツ藤住宅」行
「横田」バス停下車徒歩15分
〇多摩モノレール上北台駅よりバス市内循環ルート「村山温泉かたくりの湯」バス停下車

徒歩5分

カテゴリー:見ごろ情報

2018年3月23日

「今年もじっくり田んぼコースが始まりました! 」(3/18)

ひと雨ごとに暖かくなり、民家でも春の訪れを感じる今日この頃です。

平成30年度「親子里山学校じっくり田んぼコース」の

オリエンテーションが開催されました!

 

年間を通し、親子で荒起こしから脱穀までお米を育てる過程を

体験できる「じっくり田んぼコース」♪

今年も定員を大きく上回るご応募をいただきました!

 

初回となる今日は、これから一年間一緒に活動していく仲間や

サポートしてくれる田んぼボランティアとの顔合わせ♪

前半は早速、白鳥パークレンジャー案内のもと

みんながこれから活動する田んぼや雑木林などをめぐる

ガイドウォークへ出発です!

 

まずは、公園の成り立ちの説明をし

みんなで春の昆虫探し★

大人も子どもも真剣です!

 

田んぼにも興味津々!

これからの四季の変化が楽しみですね☆

 

 

後半は室内で、スライドを見ながらのレクチャー。

公園の概要や一年間の田んぼ活動を写真で紹介♪

意外と田んぼ経験者が多くてびっくりです!

 

 

「最初に田んぼや公園の案内、生きもの紹介をしてもらい、

子どもも興味を持って参加できた」

「詳しく説明を受け、一年の流れがわかった」

「カエルの卵がみられ、子どもも楽しめた」

など、ご感想をいただきました!

 

4月にはいよいよ荒起こしを行います!!

新たな仲間たちと一緒に

これから一年田んぼ活動を通して、

里山の風景づくりをしていきましょう♪

 

カテゴリー:イベントの報告|ガイドウォーク|里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

2018年3月8日

都立中藤公園ガイドウォーク(2/24)

2月24日に都立中藤公園にてガイドウォークが開催されました!

開園2年目ということもあり、公園に来るのも初めての方ばかり!

今回は、中藤公園で見られる自然や歴史を紹介しました。

 

 

中藤公園に広がる雑木林には、昔から命を繋ぎ続けてきた里山の動植物がたくさん見られます。

園路沿いにはカシワバハグマがありました。

タネに綿毛がついており、投げてみると、ふわふわと風に乗って飛んでいました。

 

カシワバハグマのタネ

 

 

こちらは「でいだらぼっちの井戸」です。かつては水が枯れないことで有名な井戸で、周辺の地域から水を貰いに来る事もあったそうです。中藤公園の地域は、古くから町が栄えており、歴史散策を楽しむ人も見られます。

 

 

芝生広場では早春の花も観察しました。

広場の中を探してみると、オオイヌノフグリやホトケノザの花が見つかりました!

 

ホトケノザの花。

立ち上がった花の形を仏様に、花の付け根を仏様の座面に見立てたことから名がついた花です。

 

 

公園西側の広場近くでは、アナグマの巣穴を観察しました。

巣の状態から、最近は使っていないようですが、中藤公園もアナグマの生活に必要な場所であることがわかります。

近隣から参加してくれた方もアナグマが暮らしていることを知らず、身近にある豊かな自然を再認識したと言う人もいました。

 

まだ、多くの方に馴染みが薄い中藤公園ですが、散策してみると沢山の自然や歴史を感じることができます。

四季折々で様々な動植物が楽しめますので、季節を変えてまた散策してみてください♪

 

白鳥レンジャー

カテゴリー:イベントの報告|ガイドウォーク|中藤公園

2018年3月4日

平成30年度登録ボランティア説明会開催!(2/13、18、24)

今年もボランティア説明会を開催しました!

野山北・六道山公園のボランティアは、登録制となっています。

来年度からの参加希望者や、活動に興味を持った方たちに、
概要をお伝えするのが、目的です。
 
まず前半は、活動エリアのご案内。

レンジャーによる、紙芝居を使ったガイドです。
子供たちも一緒に、里山の仕組みや役割を学びました!
 
続いてご紹介したのはこのエリア。

竹の柵にぶらさがっている不思議な見た目の物体・・・・

こちらはジャコウアゲハのさなぎです!
このさなぎの姿で冬を越し、春には美しい蝶となります。
 
ここでは、このジャコウアゲハの幼虫が食べる
ウマノスズクサの保全を行っています。
様々ないきものが生活できる環境を整えることも大事な活動です。
 


田んぼに、雑木林。
それぞれのエリアで自然を活用した様々な活動が行われています。
ボランティアさんの解説にも熱が入ります。
 

後半は室内へ移動。
 
公園の概要や、里山の四季の風景、
そしてボランティア登録までの具体的な流れを、スライドで説明しました。

時折挟まれるクイズに、子供たちが元気に答える場面も!
 
 
3回の開催で、なんと参加者は60名以上!
当日に、さっそく登録をする方もたくさんいらっしゃいました。
春から、一緒に活動できることが楽しみです!
 
 
*おまけ*
 
説明会の準備中、ビニールハウス内で見つかったハツカネズミ。

害獣としての側面もありますが、見た目は・・・
かわいい!!
活動中にはこんないきものとの出会いもあります。お楽しみに!
 
 

カテゴリー:ガイドウォーク|野山北・六道山公園ボランティア

2018年2月12日

「里山の野鳥を探してみよう」

里山民家でガイドウォークが開催されました。とても寒い日でしたが、4名の方が来てくれました。

 

 

まずは、民家前の湿地にきました。ヨシやオギの茂みでは、アオジやホオジロがおり、雪がとけた地面で採食している様子を観察できました!

 

アオジ

 

 

次は丸山にやってきました!
園路沿いの木を見てみると、バッタが枝に刺さっています!
これはモズのはやにえと呼ばれるものです。はやにえをする理由ははっきりとはわかっていませんが、縄張りの主張や食べ損ないが残ったものと言われています。

 

ここではキッズレンジャーが大活躍!
参加者の方々に、はやにえについて説明してくれました。キッズレンジャーの話に耳を傾け、熱心に聞いてくれました。

 

モズ

 

 

中池では小鳥の冬の食べものを観察しました。オギの茎の中ではガの幼虫が冬を越しており、コゲラというキツツキの仲間は茎を割って幼虫を食べています。

野鳥の餌付け問題についても触れました。人がエサを与えると、食べものを探す能力が衰えたり、栄養バランスが悪くなるなど様々な悪影響が考えられます。

 

 

 

最後はササ藪にいたガビチョウを観察しました。鳴き声はとても多様で、声も良いために、外国からペットとして連れてこられましたが、いつの間にか野生で増えてしまっている野鳥です。ウグイスなどのササ藪に暮らしている野鳥にとっては、住み家や食べ物が減ってしまうことも考えられます。
生きものを人間の都合で逃したりすると、もともと暮らしていた生きものが被害を受けることがあります。生きものを飼う場合には、最後まで世話をするようにしましょう。

 

公園は自然が多く残っているため、食べ物が豊富で沢山の野鳥を観察することができます。季節や時間帯を変えると、見られる種類がまた変わりますので、公園に何度も足を運んで野鳥を観察してみてくださいね。
観察の際は、野鳥との距離や他の利用者などの配慮を忘れず、皆で気持ちよく公園を利用しましょう!

白鳥レンジャー

カテゴリー:ガイドウォーク

2018年2月11日

冬の里山でバードウォッチング

12月~1月にかけて、狭山丘陵の都立公園では「野鳥観察マナーアップキャンペーン」を開催しています。それに合わせて、里山民家にてビギナー向けの野鳥観察イベントが開催されました。日本野鳥の会・奥多摩支部より講師をお招きし、里山の野鳥を解説してもらいました。
まずは民家前の湿地にやってきました。茅の合間を小鳥が飛び交っています。
ここではホオジロやアオジといった野鳥が観察できました。

アオジ

ホオジロ

 

 

ふと地面を見てみると、野鳥の羽が落ちていました。おそらくメジロのもので、他の生きものに襲われたようです。

羽を観察する機会は少ないので、落ちていたらよく観察してみましょう!

 

 

次は中池にやってきました。
ここは、シジュウカラやメジロやコゲラなど小鳥が食べものを求めてよく集まっている場所です。
ヨシの茎を割ってみると、中にはガの幼虫が入っていました。特にコゲラは、これを食べるために集まってきています。

 

 

コゲラ

 

 

レンジャーからは、公園で問題になっている餌付けについて解説をしました。
人が餌を与えてしまうと、栄養バランスが乱れたり、渡り鳥などは移動する時期がずれを逃したりする可能性があります。自然の姿を観察しましょう。

 

餌付けの様子

 

 

冬は雑木林の落葉樹に葉がなく、見通しが良いので野鳥観察にはうってつけの季節。
プログラムを通じて合計18種の野鳥を観察することができました!

 

楽しみながら、正しいマナーもしっかり覚えてもらえた今回の野鳥観察会。
皆様もぜひ、グッドマナーで野鳥観察をお楽しみください♪

白鳥レンジャー

カテゴリー:イベントの報告|公園の取り組み

2018年1月25日

里山デイキャンプを初開催♪ (1/20)

1年で一番寒いと言われる「大寒」の時期。
里山では公園で初めての「里山デイキャンプ」を開催しました!


(※公園ではテントや火気の使用は禁止されています。
今回はイベントに限り使用しています。)

まずは今日の講師をご紹介。
スノーピーク昭島アウトドアヴィレッジより、
坂本さんと永松さんのお二人です!

今回はキャンプ初心者向けのワークショップ。
寒~い屋外。まずは暖をとろう!ということで
たき火の材料を集めにでかけます。

雑木林「丸山」に着いたら、里山の生活や、
雑木林でのボランティア活動をご紹介♪

その後各自小枝や松ぼっくり、木の皮など焚付けによさそうな
材料集めスタート!

昔の人はこうやって裏山から燃料をとってきて生活していたんだね。

山を下って早速火をつけてみます。
みんなで息をふきかけ、火を大きくしていきます。


火が付いたら次はいよいよテントの設営!
講師のお兄さんはテキパキとあっという間に組み立てていきます。

そして、次は!参加者のみなさんで組み立ててみましょう~♪
「ここ、こうだったっけ?」、「フレーム入れるよ~!」など声をかけあい…

力を合わせて完成!

その完成度とスピーディなチームワークに、
講師のお兄さんからお褒めのお言葉をいただきました♪

さて、テントが完成したら、次はダッチオーブンを使って
ピザ作りのワークショップ♪

生地を広げたら、公園ボランティアが育てたネギをトッピング!

ダッチオーブンで、鍋の下と上から炭火であたためます♪

待つこと約5分・・・ピザが焼けました★

いただきま~す!!

サクサク生地に里山ネギの甘みが効いて
絶品でした★

おなかが満たされたところで、
最後はテントの撤収ワークショップ!
テントを出したら、袋にしまうところまで挑戦です!


講師のお兄さんの指導の下、またまたチームワークの良さで
あっという間にたためました!

こんなに簡単にしまえるなんてびっくり!という声も。

最後の最後に、忘れちゃいけない、火の後始末についても
レクチャー★最後まで安全に気をつけましょう!

気が付けばもう、日も傾き始め、
いよいよイベントも終盤。淹れたての珈琲を片手に
たき火をみんなで丸く囲んで、今日のふりかえり♪


みんなすっかりなじんで、まるで一つの家族のようです。

最後はみんなで記念写真を撮影!

里山の自然を感じながらのデイキャンプ、
ゆったりとした時間を満喫できました♪

**おまけ**

里山の薪で暖をとると、あたたかさもひとしおですね♪

現在、都立野山北・六道山公園では、
平成30年度の公園ボランティアを募集中です!
******************************************************
自然が好きな方、里山の恵みを活用したい方、
伝統文化を学びたい方など、どなたでも大歓迎です★
私たちと一緒に里山の風景を作っていきませんか?
詳細とお申し込みはこちら
みなさんのご参加を心よりお待ちしています!!
******************************************************

カテゴリー:おすすめ|イベントの報告|公園の取り組み|里山体験

1 / 6312345...102030...最後 »

所在地・アクセス

さやマップGIS

野山北・六道山公園インフォメーションセンター
TEL 042-531-2325 (9:00 ~ 17:00)
〒208-0032 東京都武蔵村山市三ツ木4-2

  • ■ インフォメーションセンターへ行く
  • ■ 里山民家へ行く
  • ■ あそびの森・冒険の森へ行く
  • ■ 六道広場へ行く

野山北・六道山公園インフォメーションセンター
(管理所)へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約50min)

  • 立川駅北口 立川バス1番乗り場
  • 『箱根ヶ崎駅』or『三ツ藤住宅』行き
  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約30min)

  • 『立川駅北口』
  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

多摩モノレール 上北台駅から(約35min)

  • 市内循環バス『上北台ルート』

  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

西武拝島線 東大和市駅から(約45min)

  • 都営バス『青梅車庫』行き
  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

野山北・六道山公園 里山民家へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約60min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 10分

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約20min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 10分

多摩モノレール 上北台駅から(約35min)

  • 市内循環バス
  • バス停『市民総合体育館入り口』下車

徒歩 10分

西武拝島線 東大和市駅から(約55min)

  • 都営バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 10分

野山北・六道山公園あそびの森・冒険の森へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約50min)

  • 立川バス
  • バス停『横田』下車

徒歩 15分

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約35min)

  • 立川バス
  • バス停『横田』下車

徒歩 15分

多摩モノレール 上北台駅から(約20min)

  • 市内循環バス
  • バス停『かたくりの湯』下車

徒歩 10分

西武拝島線 東大和市駅から(約40min)

  • 立川バス
  • バス停『横田』下車

徒歩 15分

野山北・六道山公園六道広場へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約90min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 里山民家経由

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約50min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 里山民家経由

多摩モノレール 上北台駅から(約65min)

  • 市内循環バス
  • バス停『市民総合体育館入口』下車

徒歩 里山民家経由

西武拝島線 東大和市駅から(約85min)

  • 都営バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 里山民家経由

車をご利用の場合

駐車場は無料です。
駐車場スペースには限りがありますので、公共の交通機関をご利用ください。

  • 赤坂駐車場 34台(身障者用4台)
    • ・利用時間 9:00〜16:00(3〜9月は16:30)
    • ・青梅街道「宿」交差点より約5分
  • 里山民家駐車場 40台
    • ・利用時間 9:00〜16:30(3〜9月は17:00)
  • 野山北公園運動場駐車場 103台(身障者用3台)
    • ・利用時間 8:00〜18:00
  • 石畑駐車場 23台(うち身障者用1台)
  • 天王山東台駐車場 19台
  • 夕日台駐車場 21台
  • 峰田駐車場 16台

パンフレットダウンロード

都立野山北・六道山公園パンフレット

ダウンロード

野山北・六道山公園のパンフレット(PDF)約10MB

パンフレットはA3サイズで作成しています。
印刷の際は、ご利用のプリンタに合わせて用紙設定の変更をお願いいたします。

  • 里山民家15年のあゆみ