野山北・六道山公園だより

ホーム > 野山北・六道山公園 > 野山北・六道山公園だより > 2014年9月

2014年9月28日

公園で見られる木の実②

最近公園でよく見かけられる彼岸花。

「暑さ寒さも彼岸まで」と言うように、

すっかり気温が下がり、日中も過ごしやすく、

昨年よりも早く秋の気配を感じるようになりました。

 

最近、見ごろを迎えている木の実とその種子をご紹介します。

まずはこちら。

 

クサギの実です。

葉や茎に匂いがあることから、「クサギ」という名前がつきました。

「クサギ」という名前ですが、白い花をつけ、その花は甘い芳香がします。

花が終わった後、写真のようになります。周りの桃色の部分はがくで、

中に見えるのは果実です。

白い果実が、徐々に色づいていき‥

碧色になります。

がくの濃桃色と果実の碧色のコントラストがきれいです。

 

こちらの写真は9月中旬に撮影しました。

桃色の実がついています。ゴンズイの実です。

9月下旬現在は‥

桃色だった実が赤くなりました。

赤い実が熟すと裂けて、中から黒い種子が現れます。

 

 

以前ブログで紹介したコブシの実。

こちらは9月中旬の様子。

中には複数の種子があり、種子が熟して膨らむことで、

握り拳のような独特な形をした実も膨らんでいきます。

そして、9月下旬現在は‥

実の皮が裂けて中から赤い種子が出てきました。

 

 

 

薄紫色の大きな実をつけているのはアケビです。

薄紫の皮の中身は甘いおやつとして、

皮は山菜料理の材料として、親しまれています。

 

 

花期が終わり、実ができて、実が熟し、種子が飛ぶまで、

植物によって、様々に色や形を変えていきます。

散策しながら、色とりどりな秋の実と種子を飛ばすまでの変化を

楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

ご来園お待ちしております!!

 

※植物保全のため、林内へは立入らないようお願いします。

また、多くの方に楽しんでいただきたいため、採取はご遠慮ください。

カテゴリー:おすすめ|見ごろ情報

2014年9月25日

キバナアキギリが咲き始めています

園内でキバナアキギリが咲いています。

横から花を見ると、ヘビが口を開いているような、

特徴的な形をしています。

 

 

花の上部から伸びている紫色の糸のようなものは

めしべの一部です。

また、葉の中央にも紫色が見えます。

こちらはおしべの一部です。

 

蜜を吸うために花の中に入った虫が紫色のおしべを押すと、

おしべの反対側の部分がシーソーのように動き、

虫の背中に花粉をつけます。

虫に花粉を運んでもらうために、面白い構造をしています。

 

黄色い花と独特な形と一緒に、

蜜を吸いに来た虫が花粉を運ぶ様子も観察してみてはいかがでしょうか?

ご来園お待ちしております!!

 

※植物保全のため、林内へは立入らないようお願いします。

また、多くの方に楽しんでいただきたいため、採取はご遠慮ください。

カテゴリー:見ごろ情報

2014年9月21日

赤とんぼいろいろ

 

 

風も涼しく感じる今日この頃、すっかり秋ですね!

秋の虫の代表が「赤トンボ」。

赤とんぼとは秋に赤くなるとんぼの総称です。

公園でよく見られる種を紹介します。

 

赤トンボとして最も知られているのが「アキアカネ」。

暑い夏の間、群れで山に移動して過ごし成熟すると里へ下りてきます。

ここ数日、管理所周辺や田んぼでも見られるようになりました。

 

アキアカネとよく似た「ナツアカネ」。

夏の間も山へは行かず、生まれた場所近くで過ごします。

アキアカネより体全体が真っ赤になります。

 

少し小型で顔の正面にブタの鼻みたいな二つの黒い斑がある「マユタテアカネ」。

お腹が赤くなります。

 

 

 

羽の先におび模様がある「ノシメトンボ」。

少しくすんだ赤に色付きます。

 

同じく羽の先におび模様があり体全体が真っ赤になる「コノシメトンボ」。

こちらも羽の先におび模様がありますが、お腹だけが赤くなる「リスアカネ」。

今年は、多く見られます。

 

羽の少し内側に太いおび模様がある「ミヤマアカネ」。

 

 

こうしてみると赤トンボにも色々な種がいますね。

これらは、羽のおび模様の有無と胸の模様で見分けます。

今年は、アキアカネをはじめ赤トンボがいつもの年に比べると

少ないという声が聞かれます。

毎年観察していないとわからない事です。

いつどの赤トンボを見かけたか、記録していくと

その年々の変化がわかるかもしれませんね。

管理所、里山民家で見分け方をくわしく説明した

レンジャーミニ図鑑「赤いトンボいろいろ」を配布していますので、

ぜひ参考にしてみてください!

 

カテゴリー:生きもの情報

2014年9月18日

村山名物!かてうどん作り♪(9/13)

秋といえば食欲の秋。

里山民家では、“伝統食つたえたい♪”による、「かてうどん」作りが行われました。

「かて」とは村山の方言で、薬味や野菜などの具材のこと。

地元村山に昔から伝わる伝統の味です。

小麦やかてに使うサツマイモやカボチャなどの材料は、公園の畑で採れたもの使います☆

まずは、小麦と塩水を混ぜ合わせ、こねる作業。

ここでよくこねると、コシのあるうどんになります!

生地を寝かせた後は、踏む作業♪

踏んで伸ばして、丸めてまた踏んでを繰り返します。これがなかなか大変。

そして、打ち粉を振りながら、のし棒で伸ばしていきます。

簡単そうに見えて、実はとっても繊細な作業!

みなさんの腕が光ります♪

写真はベテランボランティアによるデモンストレーション☆

きれいに伸ばし終えたら、生地をたたみ、まな板で均一な幅に切ります。

最後に、かまどで約10分、うどんを茹で上げます。

採れたての野菜をふんだんに使ったかき揚げをのせ、いよいよ完成★

とても鮮やかですね!

来園者にもふるまわれ、「美味しい!!」「コシがあるね♪」と大好評!

打ったうどんは、それぞれ味も触感も違っていました!

伝統の味や技術を、これからも伝え続けていきたいですね♪

かてうどんを作ったみなさん、お疲れ様でした!

カテゴリー:里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

2014年9月17日

第2回ボランティアミーティング&畑の活動♪(9/6)

9月に入り、すっかり秋らしい爽やかな青空が広がっています。

そんな中、第2回目のボランティアミーティングが開催されました!

各ボランティア活動の報告や、今後の予定やトピックについて、

活発に意見が交わされました☆

11月に予定している視察会の場所の候補地について、

たくさんのアイディアが出ました!

 

屋外では、畑の活動が行われました。

「小麦の種はいつ蒔こうか?」「秋祭りでは何を出そうか?」など

3か月分のスケジュールを和気あいあいと相談中♪

 

トマトの収穫やダイコンの種まきもしました!

気持ちの良い日差しの中、メンバーで力を合わせました♪

立派に育ち、収穫できる日が今からとても楽しみです☆

 

秋になり、各活動ともますます活発になってきています!

次回のボランティアミーティングは来年1月10日の予定。

ボランティアのみなさん、ぜひご参加くださいね♪

カテゴリー:里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

2014年9月13日

公園で見られる木の実

徐々に気温が下がり始め、秋の気配が感じられるようになりました。

今の時期に公園内で見ることができる木の実をご紹介します♪

 

葉の間に見えるのは、アオキの若い実です。

青々とした葉と似たような色をしています。

実は熟すと赤くなります。色が赤く染まるまで、もう少しかかるようです。

 

こちらはアオハダの実。アオハダも赤い実をつけます。

雌雄異株のため、アオハダを見かけても、

実も見ることができるとは限らないそうです。

 

不思議な形をしています。こちらはコブシの実。

実の形が「握り拳」に似ていることからコブシ、と名前が付きました。

緑色から徐々に桃色に染まっていきます。

 

こちらは管理所前にあるコムラサキの実。

緑色から徐々に鮮やかな紫色になります。

根元から枝先に向かっての色の変化が美しいです。

 

葉の間から実が見えています。オトコヨウゾメの実です。

こちらは熟し始めている実。熟すと赤くなります。

また、オトコヨウゾメは葉がつやつやしています。

見かけたときには、葉の手触りを確かめてみてはいかがでしょうか?

 

地面に落ちていたのは、トチノキの実。

まるで帽子をかぶっているようです。帽子を脱ぐと‥

見た目は栗にそっくりです。

 

鮮やかな赤い、大きな実をつけているのは、ホオノキの実です。

中に種子がたくさん詰まっています。

 

公園内では、様々な木の実を見ることができます。

紅葉の時期を迎える前に、

色とりどり、様々な形の木の実を探しみて、楽しんでみてはいかがでしょうか?

ご来園お待ちしております!!

 

※植物保全のため、林内へは立入らないようお願いします。

また、多くの方に楽しんでいただきたいため、採取はご遠慮ください。

カテゴリー:おすすめ|見ごろ情報

2014年9月8日

夜に咲く白い花

こちらはカラスウリです。

網のような、あるいはレースのような形をした不思議な花をつけます。

夕方から日没までに開花し、翌日、日が昇る前には花がしぼんでしまいます。

こちらの写真、先が丸いのはこれから花を広げるつぼみです。

一方その横で、葉の上にのっているのは、花が咲いた後の状態です。

朝が来て、広げていた花がしぼんでしまったようです。

 

また、こちらは10月から11月にかけて見ることができる、

カラスウリの実です。

夜間だけ開花している花より、

この赤い実を見かける機会の方が多いのではないのでしょうか?

 

不思議な形をしたカラスウリの花を見ることができれば、

運が良いのかもしれません。

このような機会を楽しみに公園へきてみてはいかがでしょうか?

ご来園お待ちしております!!

 

※植物保全のため、林内へは立ち入らないようお願いします

また、日没以降、園内は大変暗くなります。足元に十分ご注意ください。

 

カテゴリー:見ごろ情報

2014年9月8日

名前の由来は「〇〇のひげ」

こちらの白い花はセンニンソウです。

花弁に見えるのは、がく片で十字の形に開きます。

また、花はこのように集まって咲きます。

 

花期後は‥

このようになります。

根元にある丸いふくらみが果実となります。

果実から伸びる毛を、「仙人のひげ」と見立てて、

「センニソウ」と名前が付いたと言われています。

 

徐々に花期の終わりを迎えつつありますが、

まだ白い花を見ることができます。

 

白い花と併せて、名前の由来と言われている

「仙人のひげ」も見にきてみてはいかがでしょうか?

ご来園お待ちしております!!

カテゴリー:見ごろ情報

2014年9月6日

ワルナスビバスターズ!!(8/31)

8月最後の日、里山民家ではワルナスビバスターズが開催されました!

ワルナスビという外来種を駆除し今後も増えないようにするために、

根元からしっかり抜きとる大事な作業です。

公園ボランティアと地元の協力団体“西多摩マウンテンバイク友の会”の

みなさんの協力のもと、約30名で作業開始!

小川沿いや田んぼの周りなど、草をかき分けて引き抜きます。

 

引き抜くと、こんなにしっかりと根が張っていたことが分かりました!

根の長さに驚きながら、移植ごてやスコップを使い、丁寧に抜き取ります。

グループごとに分かれて行った作業。

どのチームも終始にぎやかで笑顔が絶えません♪

 

時間が経つにつれ、だんだんとワルナスビの引き抜きにも慣れてきた様子。

原っぱにも、よく見てみるとたくさん生えていました。

  

最後はワルナスビを積み上げて、集合写真☆彡

毎年、この時期にいっせいに引き抜きを行うことで、

年を追うごとに生える量が減ってきています。

 

みんなで力を合わせるからこそできる大切な作業。

里山の風景を守るために、これからも続けていきたいですね♪

参加されたみなさん、ありがとうございました!そして暑い中お疲れ様でした!

カテゴリー:学校・団体のボランティア|野山北・六道山公園ボランティア

2014年9月3日

ノダケが咲き始めました

ノダケが咲き始めました。暗紫色の花をつけています。

花が咲く前を見てみると‥

茎の上の方にある葉が小さくなって根元が膨らみ、

鞘になっています。

開いている鞘の中に見えるのはつぼみです。

つぼみが鞘にくるまれていてかわいらしいです♪

 

つぼみが開いて‥

花が咲きます。

こちらの株はまだすべての花が咲ききっていないようです。

 

現在、花が咲いているのは数株で、

多くの株はこれから花をつけます。

 

ノダケは後ヶ谷戸付近で見ることができます。

鞘に包まれた状態から、つぼみ、そして花が咲くまで、

観察してみてはいかがでしょうか?

 

ご来園お待ちしております!!

 

カテゴリー:見ごろ情報

所在地・アクセス

さやマップGIS

野山北・六道山公園インフォメーションセンター
TEL 042-531-2325 (9:00 ~ 17:00)
〒208-0032 東京都武蔵村山市三ツ木4-2

  • ■ インフォメーションセンターへ行く
  • ■ 里山民家へ行く
  • ■ あそびの森・冒険の森へ行く
  • ■ 六道広場へ行く

野山北・六道山公園インフォメーションセンター
(管理所)へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約50min)

  • 立川駅北口 立川バス1番乗り場
  • 『箱根ヶ崎駅』or『三ツ藤住宅』行き
  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約30min)

  • 『立川駅北口』
  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

多摩モノレール 上北台駅から(約35min)

  • 市内循環バス『上北台ルート』

  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

西武拝島線 東大和市駅から(約45min)

  • 都営バス『青梅車庫』行き
  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

野山北・六道山公園 里山民家へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約60min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 10分

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約20min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 10分

多摩モノレール 上北台駅から(約35min)

  • 市内循環バス
  • バス停『市民総合体育館入り口』下車

徒歩 10分

西武拝島線 東大和市駅から(約55min)

  • 都営バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 10分

野山北・六道山公園あそびの森・冒険の森へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約50min)

  • 立川バス
  • バス停『横田』下車

徒歩 15分

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約35min)

  • 立川バス
  • バス停『横田』下車

徒歩 15分

多摩モノレール 上北台駅から(約20min)

  • 市内循環バス
  • バス停『かたくりの湯』下車

徒歩 10分

西武拝島線 東大和市駅から(約40min)

  • 立川バス
  • バス停『横田』下車

徒歩 15分

野山北・六道山公園六道広場へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約90min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 里山民家経由

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約50min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 里山民家経由

多摩モノレール 上北台駅から(約65min)

  • 市内循環バス
  • バス停『市民総合体育館入口』下車

徒歩 里山民家経由

西武拝島線 東大和市駅から(約85min)

  • 都営バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 里山民家経由

車をご利用の場合

駐車場は無料です。
駐車場スペースには限りがありますので、公共の交通機関をご利用ください。

  • 赤坂駐車場 34台(身障者用4台)
    • ・利用時間 9:00〜16:00(3〜9月は16:30)
    • ・青梅街道「宿」交差点より約5分
  • 里山民家駐車場 40台
    • ・利用時間 9:00〜16:30(3〜9月は17:00)
  • 野山北公園運動場駐車場 103台(身障者用3台)
    • ・利用時間 8:00〜18:00
  • 石畑駐車場 23台(うち身障者用1台)
  • 天王山東台駐車場 19台
  • 夕日台駐車場 21台
  • 峰田駐車場 16台

パンフレットダウンロード

都立野山北・六道山公園パンフレット

ダウンロード

野山北・六道山公園のパンフレット(PDF)約10MB

パンフレットはA3サイズで作成しています。
印刷の際は、ご利用のプリンタに合わせて用紙設定の変更をお願いいたします。

  • 里山民家15年のあゆみ