野山北・六道山公園だより

ホーム > 野山北・六道山公園 > 野山北・六道山公園だより > ガイドウォーク

2018年9月19日

スーパーパワーの生きもの探し!

9月9日、野山北・六道山公園にてのやまキッズプログラムを開催しました!
厳しい残暑でしたが、約2か月ぶりということもあり33名もの方が参加してくれました。
今回は田んぼの周りで生きものを探し、その生きものの特技「スーパーパワー」を観察するプログラムです。

 

 

 

 

まずは田んぼでバッタを探してみました♪

 

 

 

 

今の時期の田んぼにはコバネイナゴというイナゴがたくさんいます。

 

 

 

 

 

ジャンプ力が売りのバッタ。
そのパワーを知るために、捕まえたイナゴを手から飛ばし、飛距離を測るバッタ選手権を行いました。
これは子ども達に特に好評で、なんと15mも飛ばせることができた子もいました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次は原っぱでトンボとりをします。
ここではレンジャーと共に公園の自然を紹介するキッズレンジャーが、まずはトンボの持ち方のお手本を見せてくれました。

 

 

 

 

 

 

トンボのはねは繊細で、つかむと人の手の油でとべなくなってしまうこともあります。
コツははねを傷めないように、指の間で挟んであげること。

 

 

 

 

持ち方も分かったところで、早速トンボをとってみます。

 

 

 

 

 

シオカラトンボ、上手にとれたね!

 

 

 

 

トンボは肉食の昆虫。
エサに噛みつくための鋭い歯やしっかりキャッチするためのとげとげが付いた脚など、トンボの体をじっくり観察してみました!

他にも壁にくっつくことのできるニホンヤモリや、他の植物に絡みつくためのとげを持つカナムグラなど、いろいろな生きもののスーパーパワーを感じた今回のプログラム。
子ども達も「いろんな生きものに出会えてたのしかった」、「もっといろんな虫を捕りたい」など生きものへの興味をより深めたようでした!
皆さんもぜひ、生きものをじっくり観察して、そのスーパーパワーを見つけてみてください♪

9月23日(日)には、どなたでも参加できる野山ガイドウォークがあります。
皆さんのご参加をお待ちしています!

 

塚本レンジャー

カテゴリー:ガイドウォーク|生きもの情報

2018年7月8日

田んぼとその周りで初夏の生き物を観察しよう!

6月24日、野山北・六道山公園にてガイドウォークを開催しました!

初夏の日差しが照り付ける大変暑い日にも関わらず、16名の方が参加してくれました。

 

の人は里山の恵みを受けて暮らしてきました。

かやぶき屋根の里山民家では、今もいろりで薪を焚いてそんな時代を再現しています。

そして田んぼは人の生活の支えであり,さらにはたくさんの生きものを育んできました。

今回は田んぼとその周りを歩いて初夏の生きものを観察し、人と生きものとの関わり合いを感じるガイドウォークです。

 

 

 

 

 

早速、田んぼの周りを歩いてみると、カルガモやシュレーゲルアオガエルのオタマジャクシを見ることができました。

シュレーゲルアオガエルはここの田んぼによくいるカエルで、害虫を食べてくれます。

また、他の生きものに食べられることで田んぼの生態系を支えてくれる大切な存在です。

 

 

 

 

 

 

もう直ぐ陸に上がるため手足が生えて短いしっぽのものもいくつか見られました。

網ですくって、その可愛らしい姿をみんなで観察しました。

 

 

 

 

 

次は原っぱで昆虫を観察しました。

今の時期見られるキリギリスの仲間のキリギリス、ヤブキリ、ヒメギスを紹介しました。

キリギリスは駐車場横の草地、ヤブキリは林縁のススキなど、ヒメギスは田んぼの畔の草地で見られます。

 

 

 

 

 

 

 

キリギリスはもともと公園では見られなかった虫ですが、人が放して居ついてしまいました。

人の都合で生きものを野に放してしまうと、いろいろな悪い影響を与える可能性があります。

生きものを放さない、持ち出さないようにしましょう!

 

 

 

 

 

 

原っぱではバッタの追い込み漁もしました。

これは真ん中に白い布を引いて、その周りをみんなで歩くことで真ん中にバッタを追い込む方法です。

 

 

 

 

 

とれたのはショウリョウバッタやイナゴの幼虫!

バッタを捕まえることができて、みんなとてもうれしそうでした♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後はみんなで田んぼの周りを歩いて、今咲いている植物たちを探してみました。

花が垂れ下がる様子をトラのしっぽに見立てたオカトラノオ。

明るい草地を好む植物で、雑木林の縁などでよく見られます。

 

 

 

 

 

 

大きなオレンジ色の花が美しいノカンゾウは田んぼの畔など、少し湿った所を好みます。

 

 

 

 

 

葉っぱがミョウガに似ているヤブミョウガ。

薄暗い林の中を好む植物です。

 

 

 

 

 

 

 

 

田んぼの周りにはいろいろな環境があって、たくさんの生きものたちがそこで暮らしています。

そんな環境は私たち人が手を加えることによって成り立っています。

この岸田んぼでは公園スタッフ、ボランティア、地域の人たちが関わり合いながら、みんなでこの環境を守っています。

 

皆さんもイベントやボランティアなどに参加して、一緒に自然豊かな公園づくりを行いましょう!

 

次回のガイドウォークは7月22日(日)です。

皆さんのご参加をお待ちしていますね!

 

塚本レンジャー

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:イベントの報告|ガイドウォーク|レンジャー発 公園トピックス|里山体験

2018年6月23日

「竹盆づくり&ソトカフェin 里山(6/16)」

初夏の恒例行事!

長野修平先生(ネイチャーワークス)を講師に迎え

「竹盆づくりとソトカフェ」イベントが開催されました♪

 

この講座は参加者自ら里山の竹を伐りに行くところから始まります。

竹を間近でみながら、竹の特徴や伐り方の説明を受けます。

 

伐った竹をみんなで運搬し、

 

長野先生から作り方の説明を受けます。

 

どんな大きさの竹盆にしようか、サポートボランティアに聞きながら

作業を進めていきます。

 

今年の竹は厚みがあり、皆さん切るのに一苦労です☆

 

 

鉢が完成したら、園内にある

モミジの実生、ユキノシタやコケをみんなで採取します♪

(※今回の作業は講座の一環で行いました。

都立公園内での動植物の採取は禁止されています。)

 

仕上げは、雑木林で行います!

雑木林までは、パークレンジャーと一緒に向かいます☆

公園の成り立ちや動植物の面白さを聞きながら

いざ!雑木林の中へ♪

 

採取した植物や雑木の土を鉢に植え込み、

 

竹盆ができたら、ソトカフェの開店です♪

 

涼しい天気でしたが、

温かい紅茶とおいしいお菓子とともに

竹盆を囲んでお喋り♪

 

今回の『竹盆づくり x ソトカフェ』イベントでは

「時間の流れがゆっくりで、のんびりと竹盆作りができた」

「初対面の方とも親しくなれてよかった」

「近くに住みながら、遠くへ来たような気がしました」

という声が聞かれました。

    

この里山のなかで感じた自然への気持ちを

自分だけの竹盆を見ながら思い出してくださいね♪

ありがとうございました!


カテゴリー:イベントの報告|ガイドウォーク|里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

2018年6月3日

田んぼ、雑木林で初夏の生きものを観察しよう!(5/27)

 

 

5月27日、「田んぼ、雑木林で初夏の生きものを観察しよう!」をテーマに里山ガイドウォークを行いました。

 

まずは今年あちこちで大量発生しているテングチョウ、事務所横の洗い場にたくさんいたのでみんなで観察しました。

 

 

 

 

 

広場では参加してくれた子供たちが次々にチョウを捕まえてくれたのでそれぞれをじっくり見てみました。モンキチョウの翅の縁や触覚のきれいなピンク色にびっくり!

 

 

 

 

 

代掻きの終わった田んぼでは、シュレーゲルアオガエルの鳴き声が聞かれますが近寄ると直ぐに鳴きやんでしまいます。探しても見つからないのは、土の中で鳴いているからなんです。
かわりに白いあわあわ、ふわふわの卵を触ってみました。

この白いものは卵を守っているあわで、中にある黄色い小さな粒が卵です。

 

 

 

 

 

野の花小道で鮮やかな赤い実はなんですかと質問がありました。

これは熟したウグイスカグラの実。花は小さなラッパのようなかわいい形でウグイスが鳴く春先に見られます。

 

 

 

 

 

また子供たちが捕まえてくれたコメツキムシの仲間。
紙の上にひっくり返しておくと、パチンと音を立ててジャンプして起き上がります。
みんなの視線は小さな虫に釘付け!

 

 

 

 

 

最後に木の枝についていた白いあわの正体を紹介しました。

あわを取り除くと、中から小さなセミの仲間のアワフキムシの幼虫が現れました。お尻からあわを出して敵から身を守っているんです。

花は少ない時期でしたが他にもさまざまな生きものたちを見ることができました。

 

 

 

 

 

これから夏に向けてたくさんの出会いがありますので、また里山に遊びに来てくださいね!

 

次回の里山ガイドウォークは、6月24日(日)です。

皆さんのご参加をお待ちしていますね!

 

カテゴリー:イベントの報告|ガイドウォーク|レンジャー発 公園トピックス|里山体験

2018年5月19日

のやまキッズプログラム~田んぼでどろあそび~(5/13)

雨が降り出しそうな曇り空の中、子どもたちと野山北・六道山公園の自然を楽しむ「のやまキッズプログラム」を開催しました。

里山民家のすぐ裏にあり、ボランティアの皆さんと一緒にお米を育てている岸田んぼの一画に、今年からどろあそびを楽しめるスペースができました。

今回はそこで子どもたちとどろあそびをしてみました♪

 

集まってくれた子どもたちは35人。

みんな長靴や靴下を用意して、やる気まんまんです!

 

 

 

 

 

 

まずは、この季節だからこそ見られる生きもの探し。

この葉っぱはウマノスズクサという植物で、

ジャコウアゲハというチョウの幼虫の大好物です!

今の時期は卵が見つけられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんな一生懸命に卵を探しています。

 

 

 

 

 

見つかりました!卵です!

赤くて宝物みたいな卵ですね。

ジャコウアゲハが産卵できるのも、

ウマノスズクサが育つようにボランティアの皆さんが手入れしているおかげです。

 

 

 

 

 

その後、田んぼに入る準備をしていると…

なんとヘビが登場!

ヒバカリという小さなヘビです。

 

 

 

 

 

 

 

早速、みんなで観察して、ヘビを触ってみました。

「つるっとした!」、「舌をだしてるよ!」

おっかなびっくりでしたが、子どもたちは間近で見るヘビにそれぞれ発見があったようです。

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

ヘビを逃がしてあげた後は、いよいよお待ちかねの田んぼ!

 

 

 

 

 

のはずだったのですが、なんと雨が強くなって中止…。

ちょっとしか入れませんでしたが、

子どもたちはどろの感触を楽しんでいました!

 

今回は天気が悪く、いっぱいどろあそびができなかったのですが、

このどろあそび場は6月くらいから遊べるようになります。

子どもたちも、「また来てもっとどろあそびしたい!」と、

どろあそび場に期待していました。

皆さんもぜひ、ルールを守ってどろあそびを楽しんでみてください♪

 

詳しくは、都立野山北・六道山公園インフォメーションセンターまでお問い合わせください。

 

塚本レンジャー

カテゴリー:イベントの報告|ガイドウォーク|里山体験

2018年5月11日

快晴!里山春祭り(4/30)

春らしい爽やかな青空の下

100名近くのボランティアや協力団体とともに

春祭りを開催しました!!

 

 

毎年大盛況のお祭りですが

今年は昨年より来園者が増加し、

なんと863名の方が楽しんでくれました♪

会場には様々なブースが並び、

各コーナー大賑わいです☆

 

まず、今年初のコーナー「里の竹細工」

 

 

ボランティア活動「里の竹細工」が

里の材である竹を活用し

可愛いキーホルダーを来園者と一緒に作っていました!

 

 

「マキ割り体験コーナー」です☆

ボランティア活動「雑木林」が中心になり

小さな子から大人まで、マキ割りのサポートをしていました♪

みんなで割った薪は、里山民家の囲炉裏やかまどで使います!

 

 

今年もボランティアの力作が勢ぞろい!!

「里のお土産コーナー」

 

 春らしい作品が並びました♪

 

 

 

 昔懐かしい

「昔遊びコーナー」

大人も子どもも夢中です!

 

 

名物「里山のこいのぼりコーナー」では、

公園で採取したアズマネザサを使って

オリジナルこいのぼり作り♪

 

 

 

「茶摘み&手もみ茶体験♪」では、

 一般参加者が実際に茶摘み、簡単手もみ茶作りを体験!

茶の摘み方をレクチャーしています。

 

早速、茶摘み体験スタート!

広い茶畑で迷いそうだね♪

お~い!

 

茶畑から戻った後は

摘み立てのお茶で、手もみ茶体験!

 

 

民家前では、

ボランティア活動「伝統食つたえたい♪」が中心になって

草だんごのふるまいが! 中に入っているヨモギは、今年の春に摘んだもので

来園者の皆さんも大喜びでした。

 

きれいな春色ですね♪

 

 

 

この草だんごは、

 実際に母屋でかまどを使い、作ったものです。

 

 

  「ご案内所」では、

1日を通して、来園者の対応をしてくれました☆

 

 

午後には里山ガイドウォークがあり

里山の生きものをたっぷり紹介!

たくさんの方々が参加してくれました。

 

 

 

この他にも、

里山ギャラリー、里の生きもの紹介、里山の花ガイド

里山スタンプラリー、里山クラフト、公園グッズ販売

など、どこも大賑わいでした!

 

 

そして、今年も“武州村山太鼓むつき会”の皆さんによる太鼓の演奏が

さらにお祭りを盛り上げてくださいました!

 

 

 

また、 “西多摩マウンテンバイク友の会”の皆さんに

事前準備から春祭り開催広報、ご案内、

公園内の自転車マナーアップの呼びかけと、

たくさんご協力いただきました♪

 

 

ボランティアの皆さん、協力団体の方々

近隣の方々の協力のおかげで、たくさんの力が集まり

里山春祭りは無事終了しました!

 

ありがとうございました!

 

カテゴリー:イベントの報告|ガイドウォーク|里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

2018年4月13日

2018!ボランティアオリエンテーションを行いました♪(3/28,3/31,4/1)

ボランティアオリエンテーションは、

これから1年間、楽しく安全にボランティア活動をするために

公園のルールやボランティア活動の内容を確認する大切な場です。

 

 

今年度の登録者数は、430人!

3回に分けてオリエンテーションを「けやき館」で行い、

多い日は100人を超す参加者が会場に集まりました!

 

 

まず、ボランティア同士の自己紹介。

新規ボランティアも継続ボランティアも和気あいあいと新しそうです♪

 

 

その後、「ボランティア活動の手引き」に沿って、

“公園ボランティアの心得”や“活動にあたっての流れや注意事項

などを確認していきました。

 

 

オリエンテーション前半の最後は恒例の掛け声、

「里山の風景づくり、がんばるぞー!」

「オーーー!!」

 

 

 

改めて気持ちをひとつにしたところで、前半の部を終了♪

 

 

後半の部は新規ボランティアの皆さんに向けて、

雑木林アドバイザーの松井先生から里山についてのお話があり、 

皆さん興味津々です☆

 

 

 

各ボランティア活動の紹介も行いました!

 

 

またオプションで

レンジャー部による自然ガイドツアーも行いました。

当日は快晴☆春の暖かな陽の中で、36名の方が参加されました。

 

ここでは、外来種防除の話をしています☆

 

アズマヒキガエルの卵を見つけました!

 

 

4月からの活動に、公園ボランティアの皆さんも

わくわくしている印象でした♪

平成30年度もみんなで協力し、

マイペースに里山の風景をつくり上げていきたいですね♪

よろしくお願いします!

 

カテゴリー:イベントの報告|ガイドウォーク|野山北・六道山公園ボランティア

2018年3月23日

「今年もじっくり田んぼコースが始まりました! 」(3/18)

ひと雨ごとに暖かくなり、民家でも春の訪れを感じる今日この頃です。

平成30年度「親子里山学校じっくり田んぼコース」の

オリエンテーションが開催されました!

 

年間を通し、親子で荒起こしから脱穀までお米を育てる過程を

体験できる「じっくり田んぼコース」♪

今年も定員を大きく上回るご応募をいただきました!

 

初回となる今日は、これから一年間一緒に活動していく仲間や

サポートしてくれる田んぼボランティアとの顔合わせ♪

前半は早速、白鳥パークレンジャー案内のもと

みんながこれから活動する田んぼや雑木林などをめぐる

ガイドウォークへ出発です!

 

まずは、公園の成り立ちの説明をし

みんなで春の昆虫探し★

大人も子どもも真剣です!

 

田んぼにも興味津々!

これからの四季の変化が楽しみですね☆

 

 

後半は室内で、スライドを見ながらのレクチャー。

公園の概要や一年間の田んぼ活動を写真で紹介♪

意外と田んぼ経験者が多くてびっくりです!

 

 

「最初に田んぼや公園の案内、生きもの紹介をしてもらい、

子どもも興味を持って参加できた」

「詳しく説明を受け、一年の流れがわかった」

「カエルの卵がみられ、子どもも楽しめた」

など、ご感想をいただきました!

 

4月にはいよいよ荒起こしを行います!!

新たな仲間たちと一緒に

これから一年田んぼ活動を通して、

里山の風景づくりをしていきましょう♪

 

カテゴリー:イベントの報告|ガイドウォーク|里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

2018年3月8日

都立中藤公園ガイドウォーク(2/24)

2月24日に都立中藤公園にてガイドウォークが開催されました!

開園2年目ということもあり、公園に来るのも初めての方ばかり!

今回は、中藤公園で見られる自然や歴史を紹介しました。

 

 

中藤公園に広がる雑木林には、昔から命を繋ぎ続けてきた里山の動植物がたくさん見られます。

園路沿いにはカシワバハグマがありました。

タネに綿毛がついており、投げてみると、ふわふわと風に乗って飛んでいました。

 

カシワバハグマのタネ

 

 

こちらは「でいだらぼっちの井戸」です。かつては水が枯れないことで有名な井戸で、周辺の地域から水を貰いに来る事もあったそうです。中藤公園の地域は、古くから町が栄えており、歴史散策を楽しむ人も見られます。

 

 

芝生広場では早春の花も観察しました。

広場の中を探してみると、オオイヌノフグリやホトケノザの花が見つかりました!

 

ホトケノザの花。

立ち上がった花の形を仏様に、花の付け根を仏様の座面に見立てたことから名がついた花です。

 

 

公園西側の広場近くでは、アナグマの巣穴を観察しました。

巣の状態から、最近は使っていないようですが、中藤公園もアナグマの生活に必要な場所であることがわかります。

近隣から参加してくれた方もアナグマが暮らしていることを知らず、身近にある豊かな自然を再認識したと言う人もいました。

 

まだ、多くの方に馴染みが薄い中藤公園ですが、散策してみると沢山の自然や歴史を感じることができます。

四季折々で様々な動植物が楽しめますので、季節を変えてまた散策してみてください♪

 

白鳥レンジャー

カテゴリー:イベントの報告|ガイドウォーク|中藤公園

2018年3月4日

平成30年度登録ボランティア説明会開催!(2/13、18、24)

今年もボランティア説明会を開催しました!

野山北・六道山公園のボランティアは、登録制となっています。

来年度からの参加希望者や、活動に興味を持った方たちに、
概要をお伝えするのが、目的です。
 
まず前半は、活動エリアのご案内。

レンジャーによる、紙芝居を使ったガイドです。
子供たちも一緒に、里山の仕組みや役割を学びました!
 
続いてご紹介したのはこのエリア。

竹の柵にぶらさがっている不思議な見た目の物体・・・・

こちらはジャコウアゲハのさなぎです!
このさなぎの姿で冬を越し、春には美しい蝶となります。
 
ここでは、このジャコウアゲハの幼虫が食べる
ウマノスズクサの保全を行っています。
様々ないきものが生活できる環境を整えることも大事な活動です。
 


田んぼに、雑木林。
それぞれのエリアで自然を活用した様々な活動が行われています。
ボランティアさんの解説にも熱が入ります。
 

後半は室内へ移動。
 
公園の概要や、里山の四季の風景、
そしてボランティア登録までの具体的な流れを、スライドで説明しました。

時折挟まれるクイズに、子供たちが元気に答える場面も!
 
 
3回の開催で、なんと参加者は60名以上!
当日に、さっそく登録をする方もたくさんいらっしゃいました。
春から、一緒に活動できることが楽しみです!
 
 
*おまけ*
 
説明会の準備中、ビニールハウス内で見つかったハツカネズミ。

害獣としての側面もありますが、見た目は・・・
かわいい!!
活動中にはこんないきものとの出会いもあります。お楽しみに!
 
 

カテゴリー:ガイドウォーク|野山北・六道山公園ボランティア

1 / 512345

所在地・アクセス

さやマップGIS

野山北・六道山公園インフォメーションセンター
TEL 042-531-2325 (9:00 ~ 17:00)
〒208-0032 東京都武蔵村山市三ツ木4-2

  • ■ インフォメーションセンターへ行く
  • ■ 里山民家へ行く
  • ■ あそびの森・冒険の森へ行く
  • ■ 六道広場へ行く

野山北・六道山公園インフォメーションセンター
(管理所)へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約50min)

  • 立川駅北口 立川バス1番乗り場
  • 『箱根ヶ崎駅』or『三ツ藤住宅』行き
  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約30min)

  • 『立川駅北口』
  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

多摩モノレール 上北台駅から(約35min)

  • 市内循環バス『上北台ルート』

  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

西武拝島線 東大和市駅から(約45min)

  • 都営バス『青梅車庫』行き
  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

野山北・六道山公園 里山民家へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約60min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 10分

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約20min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 10分

多摩モノレール 上北台駅から(約35min)

  • 市内循環バス
  • バス停『市民総合体育館入り口』下車

徒歩 10分

西武拝島線 東大和市駅から(約55min)

  • 都営バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 10分

野山北・六道山公園あそびの森・冒険の森へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約50min)

  • 立川バス
  • バス停『横田』下車

徒歩 15分

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約35min)

  • 立川バス
  • バス停『横田』下車

徒歩 15分

多摩モノレール 上北台駅から(約20min)

  • 市内循環バス
  • バス停『かたくりの湯』下車

徒歩 10分

西武拝島線 東大和市駅から(約40min)

  • 立川バス
  • バス停『横田』下車

徒歩 15分

野山北・六道山公園六道広場へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約90min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 里山民家経由

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約50min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 里山民家経由

多摩モノレール 上北台駅から(約65min)

  • 市内循環バス
  • バス停『市民総合体育館入口』下車

徒歩 里山民家経由

西武拝島線 東大和市駅から(約85min)

  • 都営バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 里山民家経由

車をご利用の場合

駐車場は無料です。
駐車場スペースには限りがありますので、公共の交通機関をご利用ください。

  • 赤坂駐車場 34台(身障者用4台)
    • ・利用時間 9:00〜16:00(3〜9月は16:30)
    • ・青梅街道「宿」交差点より約5分
  • 里山民家駐車場 40台
    • ・利用時間 9:00〜16:30(3〜9月は17:00)
  • 野山北公園運動場駐車場 103台(身障者用3台)
    • ・利用時間 8:00〜18:00
  • 石畑駐車場 23台(うち身障者用1台)
  • 天王山東台駐車場 19台
  • 夕日台駐車場 21台
  • 峰田駐車場 16台

パンフレットダウンロード

都立野山北・六道山公園パンフレット

ダウンロード

野山北・六道山公園のパンフレット(PDF)約10MB

パンフレットはA3サイズで作成しています。
印刷の際は、ご利用のプリンタに合わせて用紙設定の変更をお願いいたします。

  • 里山民家15年のあゆみ