狭山公園だより

ホーム > 狭山公園八国山緑地東大和公園 > 狭山公園だより > 2012年10月

2012年10月31日

コミュニティガーデナー養成講座第11弾       第3回「冬春花壇づくりに向けて Part2」(10/27)

秋の深まりを日々感じる10月末、コミュニティガーデナー養成講座第11弾の

第3回が行われました。

この日は、前回決めた冬春花壇のテーマをデザインに起こしていきます。

 

花壇の印象を左右する“色”について講義を受けたら、

早速デザインづくりに取り掛かります。

まずは、花壇のテーマを決め、それに見合う色や植物選びからスタート!

こちらの班は、「芽吹きの春を待つ」をテーマに、黄色やピンク色の花を検討中。

 

 

植物が決まったら、花に見立てたパーツに色を塗り、

実際の花壇に植えるように並べていきます。

「この色の組み合わせがいいね!」「やっぱりこの花は、手前に配置したらどう?」

徐々に完成するデザインを前に、みなさんの気持ちも高まります。

 

 

それぞれの班で渾身のデザインが出来上がりました!

こちらは、冒頭の「芽吹きの春を待つ」をテーマにしている班のデザイン。

黄色の花をメインに、暖かな春を楽しみにしている様子が伝わってきますね♪

 

 

午後は、講師の三浦香澄さん(NPO法人Green Works)による

「頂芽優勢」についての講義から始まりました。

「頂芽優勢」とは、植物の茎の先端に栄養が集まり、

先端の花だけが伸びてしまう現象のこと。

それにより、わき芽が出るのが抑えられ、また、草丈が高くなってしまいます。

この現象を防ぎ、沢山の花を咲かせるために必要な「切り戻し」について

説明がありました。

 

 

 

講義を受けた後は、「お手入れチーム」と「デザインチーム」に分かれての作業です。

お手入れチームは、直前に学んだ“切り戻し”や“花壇手入れの3つのポイント“に

従ってお手入れ。

秋空の下、みなさん和気あいあいとした雰囲気で、作業を楽しんでいました。

 

 

一方、パークセンターの中では、デザインチームがデザインをまとめ中。

午前中に作られたデザインをもとに、配置や必要な株数など詳細を決めていきます。

講座終了時刻を超えての大仕事となりましたが、見事なデザインに仕上がりました!

デザインチームのみなさん、お疲れ様でした。

 

次回は、いよいよ待ちに待ったお花の植え付けです。

どんな冬春花壇を目にすることができるのか、とても楽しみですね♪

お天気になることを祈りましょう!!

 

カテゴリー:イベントの報告|狭山公園

2012年10月31日

狭山公園の紅葉(10/31)

一気に秋らしくなり、肌寒さを感じる季節になりました。

園内の木々も所々に色づき、葉が落ち始めています。

 

 

トウカエデはまだ緑色をしていますが、トチノキが一足早く黄葉し、葉を落とし始めています。

 

 

 

 

宅部池まわりのイロハモミジも、部分的に色づき始めていますが、見ごろはまだ先になりそうです。

 

 

 

 

サクラやイロハモミジなどが点々と色づき始めています。背の高い木は、上部から徐々に色づいてるようです。

 

例年、12月が紅葉の見ごろですが、徐々に色づき、

その頃には葉が落ち切っているものもあります。

公園樹木の移り変わりを、ぜひご覧になってみてください。

 

 

 

カテゴリー:狭山公園|見ごろ情報

2012年10月28日

冬鳥の到来

狭山丘陵にも徐々に冬鳥たちの姿や鳴き声が目立つように

なってきました。

昨年の冬は身近な冬鳥さえ数が少ない様に感じられましたが、

今年は例年通りか、すこし早い位の印象を受けます。

 

ジョウビタキ、シロハラ、シメなど、園内を歩いていると、

その姿を目にしたり、声を耳にします。

マヒワは30羽ほどの群れが各地で見られているようで、

狭山丘陵にもやってきています。

こういった群れ渡ってくる小鳥たちも、年によってかなり

当たり外れがあります。

 

やや暗めの林の中で、「ピュロロロロ…」と鳴くのはシロハラ。

 

海外から渡ってきた直後には警戒心が強く、また木の上の実が沢山

残っているため、なかなか木の下まで降りて来ません。

 

1~2月になり、木の実が落ち切る頃には、落ち葉の中の虫を食べた

り、地面に落ちた実などを食べる姿が見られます。写真を撮るならば、

この頃がチャンスです。

 

先週の時点で、4公園全てで確認されています。シロハラは毎年秋~冬

になると見られる身近な冬鳥ではありますが、その姿を見かけると

「おぉ、今年もよくやって来た!」と、労いの言葉をかけたくなります。

 

長い旅をしてたどり着いた冬鳥たちを、暖かい目で観察してみてください。

 

 

 

カテゴリー:狭山公園|生きもの情報

2012年10月22日

バッタ探しに出かけてみよう!(10/21)

本日、親子自然あそびプログラム(3,4歳対象)が行われました。

雲一つない秋晴れの空が広がり、絶好のお出かけ日和となったこの日。

9組24名の親子が、バッタを探しに園内を探検しました。

 

探検に出る前に、まずは準備体操からスタート。

親子でほっぺたや手を触ったり、バッタの気持ちになって

お父さん・お母さんに抱きついて見たり、体をほぐしていきます。

「お子さんのペースに合わせて遊んでみてください♪」

講師の峯岸由美子さん(一般社団法人 遊心)より、

親子であそぶ際のポイントも伝えられます。

 

 

準備ができたら、探検に出発!

始めに向かったのは、ハナタデが一面に広がる「トウカエデの林」。

子ども達の背丈ほどもあるヤブタバコやプラタナスの落ち葉、

更にはモグラの穴と、見つける度に興味津々の子ども達。

 

ふと気づくと、足や腕には“ひっつき虫”がたくさん!

子ども達は、それらを服から取るやいなや、お父さん・お母さんの体にくっつけます。

森を出るころには、全員“ひっつき虫”だらけになっていました。

 

 

「ほら、見て!」

こちらは、お目当てのバッタも捕まえたようです。

 

森を抜け、本日の最終目的地、フワフワのススキが見頃の「石の広場」に到着です。

ここからは、思いっきりバッタ捕りタイム!

虫あみと虫かごを持ったら、それぞれの親子が一斉に原っぱへと散っていきます。

 

「それ!」「捕まえた!!」

虫あみを持って原っぱを走り回る子ども達、その後ろを一生懸命に

追いかけるお父さん、お母さん。

何十年ぶりに虫とりをしたという親御さんもおり、子ども達と一緒に

バッタ捕りを楽しんでいました。

(捕まえたバッタは、最後に元いた場所に帰しました。)


園内を探検しながら、思いっきり親子の時間を満喫した様子のみなさん。

日に日に秋めいている狭山公園は、まだまだ見どころがいっぱいです。

お弁当を持って、お子さんと一緒にまた遊びにきてみてください。

カテゴリー:イベントの報告|子どもむけのイベント|狭山公園

2012年10月21日

冬の鳥たち到来

少しずつ秋らしくなり、朝晩は肌寒いくらいになりました。

 

山から下りてきた鳥、または海を渡ってきた鳥など、冬に見られる鳥たちが、

徐々に狭山公園で見られるようになってきました。

 

野鳥の森や、青年の森ではカケス、シメ、シロハラ、ジョウビタキなど、

風の広場では、モズが高鳴きをしています。

 

低木の枝上など、比較的目立つ場所にとまるジョビタキは、「ヒッ、ヒッ…」と

いう鳴き声が特徴です。

聞きなれない鳥の声がしたら、ぜひそちらを眺めて見て下さい。

はるばる狭山公園まで旅をしてきた鳥が、そこに居るかもしれませんよ。

(※写真は昨年のものです)

 

 

カテゴリー:狭山公園|生きもの情報

2012年10月21日

カラスウリ

八国山緑地を歩いていると、林の中に卵型のオレンジ色の実を見つけました。

「カラスウリ」の実です。

 

葉が落ちる頃になっても、ポッと灯火のように鮮やかな色で目を引きます。

 

また、カラスウリの花は7~9月頃に開花をしますが

夜に咲き、日が出る頃には萎れてしまうので、気が付く方は少ないかもしれません。

 

花は白く、花びらのまわりから糸状のものが無数に細長く伸び、まるでレースのように繊細です。

 

なぜ、夜に開花するのでしょうか。

実は、白い花は月光を反射します。そして、夜行性のスズメガを呼び寄せ受粉を行います。

植物と昆虫の不思議な関係ですね。

 

皆さまも、是非たくさんの不思議を探しに公園へ遊びに来てください。

 

カテゴリー:八国山緑地|生きもの情報

2012年10月20日

たっちゃん池での消防訓練

今日、たっちゃん池(宅部池)の水を使って放水の消防訓練が行われました。

早朝から消防士の方たち数十名が集合し、

たっちゃん池北側の園路から池に向かって放水。

 

 

放水の時間は10分程度でしたが、迫力は満点。

 

毎年秋に実施していて、狭山公園の秋の風物詩となりつつあります。

 

見学されたい方は来年の実施をお楽しみに!

 

 

 

カテゴリー:パークセンター

2012年10月19日

タネまき三昧(10/17)

行楽シーズンに突入した10月も半ば、友の会定例活動が行われました。

朝から気持ちのいい秋晴れとなったこの日は、トイレや正門前などの花壇に

タネまきと、冬春花壇のデザインづくりを行います。

 

タネまきチームと、デザインチームに分かれたら、さっそく活動開始です。

こちらのタネまきチームは道具を持ち、園内のトイレのうち、

花壇がある2か所へ移動。

まずは、植えてあるマリーゴールドをどんどん引き抜いていきます。

 

 

全て引き抜き、肥料を混ぜて土をフコフコになるように耕したら、

お待ちかねのタネまきタイム。

こちらの太陽広場側にあるトイレ前の花壇には、『ニゲラ』のタネをまきました。

 

 

同じころ、室内ではデザインチームが、前回の活動日に意見を出し合って決めた

冬春花壇のテーマをもとにデザインを検討中。

植物を円形に配置したり、色のグラデーションを付けたりと、

アイディア満載のデザインが決定!

この全貌が明らかになる12月の植栽日が楽しみですね♪


タネまきチームが、トイレ前の花壇から戻ってきた後は、

デザインチームも合流して、正門前と風の広場の花壇のタネまきです。

正門前の花壇では、はびこっていた雑草を取り除き、

『ワイルドフラワー』のタネを

まきました。

 

 

一方、風の広場の花壇では、菜の花のタネまき中。

この花壇の一部は、10/7 (日)のさやまキッズプログラムで子ども達に

タネをまいてもらっています。

みなさん、「花咲かじいさん」のごとく、景気よく、かつまんべんなく

タネをまいていました。

 

最後、パークセンター前花壇にキクやユリオプスデージーの苗の植え付けを

行いました。

これは、今年6月の夏秋花壇の植え替えの際に、

まだ時期ではなく植えられなかったもの。

元気に育ってね!と想いをこめながら、仕上げにお水もたっぷりやり、作業終了です。


園内にある4つの花壇にタネまきを行い、タネまき三昧だった今日の活動。

このタネが花を咲かせるのは、来年の春です。

待ち遠しいばかりですが、温かく成長を見守っていきましょう!

 

 

★★狭山公園友の会★★

友の会の活動に参加してみませんか?

気さくなメンバーが集まり、和気あいあいとした雰囲気で楽しく活動しています♪

 

活動日:主に第1・3水曜日、第1日曜日

内容:花壇活動、森のお手入れ、イベント協力(子どもの日、さやまキッズプログラムなど)

 

次回11月7日(水)は10時~12時で、花壇のお手入れを行います。

 

活動への参加は、来られる時だけでOK。

体験入会も、もちろん大歓迎です!

ご興味のある方は、狭山公園パーセクセンターまでお気軽にご連絡ください。

 

カテゴリー:狭山公園|狭山公園友の会(ボランティア)

2012年10月18日

ユウガギク

狭山公園太陽広場では、ユウガギクの群生が見頃を迎えています。

 

ユウガギクは山野の草原に生え、秋を彩る代表的な野菊の一つです。

漢字では「柚香菊」と書き、葉を揉み匂いを嗅ぐと、僅かですが爽やかな香りがします。

 

広場のまわりでは、サクラの葉がほんのりと紅葉し始め

野の草も色が薄くなり、秋がまた少し色濃くなりました。

 

季節の移り変わりを楽しみに、ぜひ公園へ遊びに来てださい。

 

 

カテゴリー:狭山公園|生きもの情報

2012年10月12日

こもれ日あたるカシワバハグマ

東大和公園には様々な雑木林がありますが、その中でも

「こもれびの谷」は、木々のすき間から光がこぼれて

当たる様な林です。

 

ここにカシワバハグマの群落があります。

 

葉が柏に似ていることが名の由来です。

狭山丘陵では近い仲間で他に、オクモミジハグマや、

キッコウハグマなどが見られます。

 

夏の間からつぼみをつけはじめ、ずいぶん早いなと感じるので

すが、そのまま数か月ずっと様子が変わりませんでした。

そして、ここにきて一気につぼみが膨らみ、花の見ごろを迎え

ています。

 

こもれ日の谷の様な、やや暗めの林の中では、カシワバハグマの

白い花が良く目立ちます。

この花には、アブやハチなどが集まっていました。

 

秋が深まり、実をつけるとまた違った雰囲気になります。

そして冬には茎が氷結する姿も見られ、季節ごとに色々な表情

を見せてくれます。

ぜひご覧になってみてください。

 

 

カテゴリー:東大和公園|生きもの情報

所在地・アクセス

さやマップGIS

狭山公園パークセンター(管理所)
TEL 042-393-0154 (9:00 ~ 17:00)
〒189-0026
東京都東村山市多摩湖町3-17-19

  • ■ 狭山公園へ行く
  • ■ 八国山緑地へ行く
  • ■ 東大和公園へ行く

狭山公園へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

西武多摩湖線 西武遊園地駅から(約5min)

徒歩 5分

車をご利用の場合

駐車場スペースには限りがありますので、公共の交通機関をご利用ください。

  • 駐車場 45台
    • ・無料
    • ・利用時間 9:00〜17:00
    • ・村山貯水池駐在所前
    • ・利用時間を過ぎると門が閉まりますので
       あらかじめご了承ください。
  • 身障者用駐車場 2台

八国山緑地へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

西武西武園線 西武園駅から(約5min)

徒歩 5分

車をご利用の場合

駐車場がありませんのでご注意ください。

東大和公園へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約50min)

  • 立川駅北口
  • 西武バス『西武線東村山駅西口』行き
  • バス停『塩釜神社』下車

徒歩 10分

西武多摩湖線 武蔵大和駅から(約5min)

  • 東大和市ちょこバス内回り
  • バス停『東大和公園入口』下車

徒歩 0分

車をご利用の場合

駐車場がありませんのでご注意ください。

パンフレットダウンロード

都立野山北・六道山公園パンフレット

ダウンロード

狭山公園、八国山緑地、東大和公園パンフレット(PDF)約14MB

パンフレットはA3サイズで作成しています。
印刷の際は、ご利用のプリンタに合わせて用紙設定の変更をお願いいたします。