狭山丘陵とは?

公園内でのルール・マナーについて

ホーム > 狭山丘陵とは?

首都圏に浮かぶ緑の島

狭山丘陵は、埼玉県南西部及び東京都北西部にまたがる武蔵野台地のほぼ中央に位置し、東西約11km、南北約4kmの紡錘形に広がる独立した丘陵地です。
東京都の水瓶として造られた多摩湖及び狭山湖の水源保護林を中心に、野山北・六道山公園や狭山公園をはじめとする大規模な緑地があり、市街地の中に浮かぶ「緑の島」のように残された首都圏を代表する重要な自然環境となっています。

※自然環境情報GISデータ利用(環境省 生物多様性センター)

狭山丘陵の魅力

豊かな動植物

動植物写真

今ではあまり身近に見ることができなくなったカタクリやチゴユリなどの草花、オオタカやフクロウなどの動物が生息しています。

里山の自然と景観

里山の景観

「トトロの森」に象徴される里山がいたるところに残り、里山の自然と景観に触れることができます。

貴重な歴史と文化

地蔵堂

鎌倉時代の古戦場や縄文時代の遺跡が存在します。また、国宝の「地蔵堂」など歴史ある社寺も多数分布しています。野山北・六道山公園付近では、上記の写真のような石仏が見られます。

自然とのふれあい

自然・落ち葉かき

東京都内の身近な場所で、子供も大人もたっぷり自然と触れ合える場所、それが狭山丘陵です。野山北・六道山公園には約30のフィールドアスレチックもあり、休日には子供たちの歓声が響きます。田植えや稲刈り、ネイチャークラフトなど、体験プログラムも沢山用意されています。

緑に守られた湖

多摩湖・狭山湖

多摩湖、狭山湖は昭和初期に完成した人造湖です。周辺の森林は、水道用地としての湖を守るバッファーゾーンとして、大切に保護されています。

※「狭山丘陵の魅力」文章の一部出典:
首都圏に浮かぶ緑の島~狭山丘陵緑ふれあいマップ~」より

パンフレットダウンロード

狭山丘陵の都立公園

ダウンロード

都立野山北・六道山公園

ダウンロード

パンフレットはA3サイズで作成しています。

印刷の際は、ご利用のプリンタに合わせて用紙設定の変更をお願いいたします。

  • 狭山公園だより
  • 野山北・六道山公園だより
  • ボランティア活動
  • 狭山丘陵の自然を楽しもう!
  • 自然情報
  • 里山体験