野山北・六道山公園だより

ホーム > 野山北・六道山公園 > 野山北・六道山公園だより

2019年8月12日

キツネノカミソリが見ごろを迎えています!

7月終わり~8月まで咲くヒガンバナの仲間です。林の一画に群生し、鮮やかなオレンジ色で一面を彩ります。

花をよく見てみると、葉っぱがないことに気づくかと思います。

これは葉っぱが花が咲く前に枯れるからで、葉は初春~初夏に見られます。この形がカミソリのようなことが名前の由来です。

インフォメーションセンターの東側の森の中に群生地があります。アクセスはこちらです。

非常に暑い日が続いておりますので、
公園内を散策の際は、熱中症にお気を付けください。
ご来園お待ちしています!

※植物保全のため、柵の中には入らないでください。
※公園ではすべての動植物採取を禁止しています。

塚本レンジャー

カテゴリー:生きもの情報

2019年8月9日

里山キッズ探検隊~夜の里山の生きものを探そう

7月20日、里山民家にて「里山キッズ探検隊」を開催!
夏冬の年2回開催している小学生向けの自然体験プログラムで、今回は夜の里山を散策しながら、暗闇で活動する夏の生きものを観察しました。
さて、どんな生きものが見られるのでしょうか。夕暮れを待って、19名の親子と一緒に探検に出発です!

まずは田んぼでエサを探すコウモリを観察しました。

コウモリの飛ぶ様子に、参加者からは驚きの声が上がっていました!コウモリは暗い夜空で「超音波」を利用することで、暗闇の中でもエサとなる虫を探したり、コウモリ同士ぶつからないよう上手に飛ぶことができます。
今回は特殊な機械を使って、コウモリの超音波を聞きました!コウモリたちの小さな声を聞くことが出来て、参加者の皆さんも感動していました。

次は雑木林で夜の生き物を観察しました。

雑木林では木を見上げて、生きものを探しながら歩きました。

ここではヒグラシやノコギリクワガタ、そしてカブトムシのメスも見ることができました!これには子どもたちはもちろん、大人も大興奮です♬

今回は、光で虫をおびき寄せる特別な装置「ライトトラップ」も用意しました。どんな虫が来ているのでしょう?

今回は羽アリが飛び始める時期と重なったこともあり、たくさんのアリを見ることが出来ました!

コガネムシの仲間

シャチホコガの仲間

さらに田んぼならではのこんな虫も。

ゲンゴロウに近い「ガムシ」の仲間。主に水草を食べます。

里山民家の周りには雑木林があり、草原があり、水辺があります。ライトトラップでもそんな3つの環境の生きものを観察することが出来ました。

明るい日中、暗い夜。それぞれの時間ごとに見られる生きものも様々!
たくさんの命を支える里山がどれほど大切なのか、子どもたちも肌で感じてくれたようです。

*公園内の生きものは持って帰ってはいけないというルールがあります。公園の生きものは、観察後にもとの場所に戻してあげてください。

塚本レンジャー

カテゴリー:イベントの報告|レンジャー発 公園トピックス|生きもの情報|里山体験

2019年8月5日

ウバユリが見ごろです(8/5)

細田谷戸のウバユリの群生地が、全体的に見ごろを迎えています。

 

 

今年は、まだ花芽が立ち始めたところという株もあり、昨年と比べて見ごろ時期が10日間程度遅いです。
見逃してしまった、と思っていらっしゃる皆さま、まだ大丈夫です!

 

気品漂う凛としたそれぞれの花の美しさもさることながら、
谷戸一面を埋めつくすように咲く1,000株以上の群生は、なかなか他にありません。

ぜひこの機会にウバユリをご鑑賞ください。
午前中の涼しい時間帯がおすすめです。花期が短いですのでお見逃しなく!

 

 

また、開花に合わせて『ウバユリウィーク』を開催中です。
詳細はウバユリ群生地に立っているこちらの看板をご覧ください。

 

 

※多くの方にお楽しみいただきたいため園内での植物の採取は禁止しております。ご理解・ご協力よろしくお願いいたします。

 

カテゴリー:見ごろ情報

2019年7月30日

ウバユリが開花しました!!(7/30)

長かった梅雨が明け、いよいよ夏本番です!

細田谷戸のウバユリ群生地では、ウバユリが開花を始めています。

 

 

 

 

例年ですと、この時期に見ごろを迎えていましたが、
今年は天候の影響なのか開花が遅めでした。
毎年開花を楽しみにされていらっしゃる皆さま、お待たせいたしました!

 

開花している株は全体の1割程度です。
見ごろを迎えるのはおそらく今週末ごろかと思われます。
※詳しくはインフォメーションセンターへお問い合わせください。
花期が短いのでお見逃しなく!

 

ご来園お待ちしています!

 

 

カテゴリー:見ごろ情報

2019年7月9日

生き物情報「リョウブ」

梅雨でお出かけしにくいこの季節。
今回は、晴れた日に是非ご覧いただきたい木の花「リョウブ」をご紹介します!

房状に並ぶ蕾が膨らみ、6月下旬から賑やかに開花し始めました。
リョウブという名前はこの房状の花を「龍の尾」に見立て「龍尾(りゅうび)⇒リョウブ」になったという説があります。

しかしその房状の花に近づいてみると…
「龍の尾」には程遠い、小さくてかわいらしい花が観察できます。

皆さんならこの花を何に見立てますか?
星?大の字?バンザイする人?
そういう風に観察してみるとまた違った楽しみ方ができるかもしれません!

また、リョウブは幹も特徴的です。
白や茶、薄茶色の絵具を塗ったようなまだら模様で、他の木と比べて滑らかな印象です。

かつてはこの模様の美しさから床の間の床柱に利用されていました。

そんなリョウブの花には、蜜や花粉を求めてチョウ、ハチ、ハナムグリなど様々な昆虫が集まります!

この日はアオスジアゲハが蜜を吸いにやってきました。
普段はせわしなく飛び回っていて観察は難しいのですが、蜜に夢中でよく観察することができました。

花好きにも虫好きにも見どころの多いリョウブは、園内の各地で目にすることができます。管理所周辺でも、六地蔵から御判立の間の園路脇で見られます。見かけたときは、足を止めて観察してみてください!

自然環境保全部 東浜

 

カテゴリー:生きもの情報

2019年7月7日

「第1回ボランティアMTG(6/30)」

年4回行っている、ボランティアMTGの第1回目が行われました!

 

前半では、4月~6月の各活動の紹介。

各活動の代表に、この3カ月でどのようなボランティア活動を

行ったのかを報告してもらいました。

お互いの活動内容を共有する、貴重な場となりました!

 

後半では、都立公園サポーター基金の活用についてや、

ボランティア視察会で訪問する公園について、

野山北・六道山公園管理運営協議会の報告などを行いました。

 

お互いの活動や意見を伝え合い、ボランティア同士の交流に繋がっていく大切なMTGです。

これからも、もっとたくさんのボランティアの皆さんと

より良い公園づくりを目指すため、各活動を盛り上げて行きたいですね★

カテゴリー:里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

2019年7月7日

「田んぼの草取り(6/29)」

たくさんの方に参加していただいた田植えを終え、

稲もすくすくと育ってきました!

 

 

…が、

セリやコナギ、イボクサなどの水田雑草も

すくすく育ってきました。

このように草が増えすぎると、土の養分がとられてしまい、

稲に十分な栄養がいかなくなってしまいます!!!

 

そこで、おいしいお米を育てるための

大事な作業である草取りを行いました☆

 

 

草取りでは、ただ草を抜くだけでなく、

土をほぐしながら行うことで、土の中に新鮮な空気を入れ、

稲がより元気に育つようにする作業も同時に行います。

 

お昼には、公園ボランティア「伝統食つたえたい♪」の皆さんから、

昨年公園でとれたお米で作ったおにぎりと、

同じく公園で収穫した野菜のお味噌汁がふるまわれました^^

 

 

当日は不安定な天気で、午前中のみの活動でしたが、

岸田んぼ会をはじめ、多数の応募の中から見事当選された一般参加者、

じっくり田んぼコース、東村山土曜子ども講座、

公園ボランティアを合わせて、100名を超える参加がありました!

 

皆さんのおかげで、予定していた範囲の草とりを

無事終わらせることが出来ました^^

 

参加された皆さん!お疲れ様でした♪

カテゴリー:里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

2019年7月3日

「夏の安全管理講習(6/15,19)」

今年も里山民家では、ボランティア活動をより安全に行うため

夏の安全管理講習を実施しました!

 

午前は夏の野外活動の安全対策について
講師の松井一郎氏(特定非営利活動法人NPO birth)から
レクチャーを受けました。

 

 

ボランティアの活動中だけでなく、
日々の生活の中で起こりやすい熱中症の対策をはじめ
夏の野外で出会いやすいハチやヘビ、
昨今話題になっているマダニまで…

 

この時期ならではの安全対策について、
基本的な知識とその対策・対処方法を学びました。

また、講習中には、ハチに刺された時などに
患部から毒を吸い出す道具 “ポイズンリムーバー”の
取り扱いについても練習しました^^

 

それだけではなく、普段の活動で使用する救急箱の中身も確認し、
足りないものの補充も行いました!

 

 

午後は、雑木林で実習です!
事故が生じたときの対処方法をシミュレーションします。

AEDが必要な事態にも皆さんしっかり対応していました。

 

 

また、奥まった活動場所から傷病者を搬送するための実習も行いました。
こちらは、二人で抱える搬送法です。

 

その他にも、シートを使った簡易担架での搬送方法など
様々な搬送法を学びました。

 

 

受講されたボランティアの方々からは

 

「いざとなると、どうしても慌ててしまうので、落ち着くことが一番大切」
「班長が倒れた場合、副班長の人が的確に指示を出せるといい」

 

という声が挙がりました。

 

今年の夏もボランティア活動が楽しく行えるよう、
安全を第一に、気を付けていきましょう☆

カテゴリー:野山北・六道山公園ボランティア

2019年6月21日

「田植え(6/2)」

初夏の田んぼ作業第3弾☆

田植えを行いました!

 

公園ボランティア、じっくり田んぼコース

そして、一般の参加者も加わり、200名以上の方が参加しました。

 

今年も一般参加には、

170名を超えるたくさんのご応募がありました。

応募してくれたみなさん、有難うございました♪

 

今年は全部で6種類のお米を植えます!

*うるち米(1種類)・・・キヌヒカリ

*古代米(3種類)・・・赤米、黒米、緑米

*もち米(2種類)・・・満月、あゆみ

 

 

早速、班ごとに田んぼいっぱい一列でならび、

息を合わせて植えていきます。

慌てないでしっかり植えることがコツです☆

 

 

紐を基準に苗を植えていきます!

 

 

真っ直ぐ綺麗に、30㎝間隔で植えるためには、

紐係の人が声をかけながら、全体をまとめていく必要があります。

実は植える人よりも、大変な作業かもしれません…。

 

☆苗を30㎝間隔で植える理由は、

草取り機が入れるようにするためです。

この間隔が狭くなると、

せっかく植えた苗まで一緒に抜かれてしまいます!!!

 

その甲斐あって、皆さん綺麗に植えることができました!

 

 

そして恒例の里山発見プログラムも開催☆

今回は約40名の子どもが参加してくれました!!

 

 

田んぼにいる生き物をよーく観察して、

みんなでスケッチをしました。

季節も移ろい、田んぼ周りの生き物の様子も

春とは大分変わったことを感じることができました!

 

 

順調に作業が進み、最後にみんなで集合写真!

田んぼの作業の中でも、特に人数が多い田植え。

集合写真もぎゅうぎゅうです。

 

 

田んぼに関わってくれるみなさんのおかげで

里山の田園風景を守り続けられるということを感じる一日でした。

 

みなさん本当にありがとうございました♪

 

 

さて、次回6月29日は田んぼの草取りです!

みんなで協力して頑張りましょう!!

カテゴリー:おすすめ|里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

2019年6月5日

「手もみ茶づくりイベント開催しました☆(5/12)」

里山民家では、

5月の人気イベント!手もみ茶づくりを行いました☆

 

本格的な手もみ茶づくりを指導してくださるのは

「東京狭山茶手もみ保存会」の山本正美先生。

サポートしてくださるのは、

公園ボランティア「お茶隊」の皆さんです!

 

まず、公園の茶畑でお茶摘み体験。

公園ボランティアと一緒に、

どんどん新芽を摘んでいきます。

今年は新芽が出る時期とタイミングが合い、

丁度良い茶葉を積むことができました♪

茶葉が集まったら里山民家へ参加者の皆さんと運びます。

まず茶葉を選別し、

蒸し器で蒸し、

蒸した葉を冷ます作業を体験します♪

★ここで使う蒸し器と、

ホイロ(手もみ茶を作る台)は

「東京狭山茶手もみ保存会」からお借りしました。

作業手順は、山本先生とお茶隊の皆さんが丁寧に指導してくれます。

 

 

 

そして、いよいよ実践!

手もみ茶作りスタートです☆

約8つの工程を経て、お茶は完成します。

これからが長~い道のりです。

初めはなかなか思うようにはできませんが、

集中しながら楽しんで手もみ茶作りを体験していました!

 

 

また、今年は初挑戦!

お昼の時間を使って、山本先生から

美味しいお茶の入れ方や、茶道具について

解説をしていただくことができました。

今すぐ実践できるためになるお話をたくさん聞くことができました♪

 

夕方、長い行程を経て、ようやくお茶が完成し、みんなで試飲します。

自分で摘むところから初めて作ったお茶は特別な一品ですね☆

 

 

参加された皆さんからは

「茶つみから手もみ茶すべての工程を

体験することができた事が貴重な経験となった。」

「いっぱい摘んでも5分の1くらいにしかならないこと。

一瞬で飲みほしてしまうのに作るのは1日で大変だなと思った。」

などたくさんの感想をいただくことができました!

 

ご協力くださった

山本先生を始めとした、

「東京狭山茶手もみ保存会」の皆さん、

公園ボランティア「お茶隊」の皆さん、

本当にありがとうございました!!

カテゴリー:おすすめ|イベントの報告|公園の取り組み|里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

1 / 7012345...102030...最後 »

所在地・アクセス

さやマップGIS

野山北・六道山公園インフォメーションセンター
TEL 042-531-2325 (9:00 ~ 17:00)
〒208-0032 東京都武蔵村山市三ツ木4-2

  • ■ インフォメーションセンターへ行く
  • ■ 里山民家へ行く
  • ■ あそびの森・冒険の森へ行く
  • ■ 六道広場へ行く

野山北・六道山公園インフォメーションセンター
(管理所)へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約50min)

  • 立川駅北口 立川バス1番乗り場
  • 『箱根ヶ崎駅』or『三ツ藤住宅』行き
  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約30min)

  • 『立川駅北口』
  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

多摩モノレール 上北台駅から(約35min)

  • 市内循環バス『上北台ルート』

  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

西武拝島線 東大和市駅から(約45min)

  • 都営バス『青梅車庫』行き
  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

野山北・六道山公園 里山民家へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約60min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 10分

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約20min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 10分

多摩モノレール 上北台駅から(約35min)

  • 市内循環バス
  • バス停『市民総合体育館入り口』下車

徒歩 10分

西武拝島線 東大和市駅から(約55min)

  • 都営バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 10分

野山北・六道山公園あそびの森・冒険の森へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約50min)

  • 立川バス
  • バス停『横田』下車

徒歩 15分

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約35min)

  • 立川バス
  • バス停『横田』下車

徒歩 15分

多摩モノレール 上北台駅から(約20min)

  • 市内循環バス
  • バス停『かたくりの湯』下車

徒歩 10分

西武拝島線 東大和市駅から(約40min)

  • 立川バス
  • バス停『横田』下車

徒歩 15分

野山北・六道山公園六道広場へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約90min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 里山民家経由

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約50min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 里山民家経由

多摩モノレール 上北台駅から(約65min)

  • 市内循環バス
  • バス停『市民総合体育館入口』下車

徒歩 里山民家経由

西武拝島線 東大和市駅から(約85min)

  • 都営バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 里山民家経由

車をご利用の場合

駐車場は無料です。
駐車場スペースには限りがありますので、公共の交通機関をご利用ください。

  • 赤坂駐車場 34台(身障者用4台)
    • ・利用時間 9:00〜16:00(3〜9月は16:30)
    • ・青梅街道「宿」交差点より約5分
  • 里山民家駐車場 40台
    • ・利用時間 9:00〜16:30(3〜9月は17:00)
  • 野山北公園運動場駐車場 103台(身障者用3台)
    • ・利用時間 8:00〜18:00
  • 石畑駐車場 23台(うち身障者用1台)
  • 天王山東台駐車場 19台
  • 夕日台駐車場 21台
  • 峰田駐車場 16台

パンフレットダウンロード

都立野山北・六道山公園パンフレット

ダウンロード

野山北・六道山公園のパンフレット(PDF)約10MB

パンフレットはA3サイズで作成しています。
印刷の際は、ご利用のプリンタに合わせて用紙設定の変更をお願いいたします。

  • 里山民家15年のあゆみ