野山北・六道山公園だより

ホーム > 野山北・六道山公園 > 野山北・六道山公園だより > イベントの報告

2021年10月22日

2年ぶりに稲刈りを行いました!

稲刈りを行いました!

昨年度は、新型コロナウイルスの影響により休耕していたため、

2年ぶりの稲刈りです。

 

みなさん身体がなまっているかと思いきや、

身体が稲刈りを覚えているようで、

ブランクを感じさせない進み具合でした!

 

稲刈りは、

刈る・束ねる・運ぶ・稲架(はざ)に掛ける の流れで作業をします。

 

~刈る~

稲刈り鎌を使って稲を刈ります。

 

~束ねる~

束ねが一番大事!コツがいります。

 

~運ぶ~

一輪車などで運びます。

 

~稲架(はざ)に掛ける~

しっかり稲が乾燥するようにします。

 

また、今年は、竹で組んだ稲架も作りました!

ぬかるみがひどく、稲を稲架まで運ぶのも一苦労。

みんなで協力して稲を掛けます。子どもたちも大活躍!

 

~竹の稲架に稲を掛け終わった様子~

 

かなり沢山の稲を掛けることができました!

 

最後はみんなで記念撮影!

この日は天気がとても良く、いい汗をかいて気持ちよく作業ができました!

 

春から始まった田んぼ作業が、ついに収穫を迎えました。

今回収穫したお米は11月に脱穀を予定しています。

来年度の田んぼ作業も楽しみですね!

カテゴリー:イベントの報告|野山北・六道山公園ボランティア

2021年10月19日

のやまキッズプログラム、開催しました!

皆さん、こんにちは!

宮野入谷戸では稲刈りも行われ、すっかり秋めいてきました。

そんな中、のやまキッズプログラムを開催しました。

 

今回は里山民家をスタートして、

秋の生きもの探しとドングリ拾いです。

 

出発の前に、湿地再生の工事が終わったばかりの民家前湿地へ。

公開はまだなのですが、今回は特別に中のデッキまで下りて、湿地の植物を観察しました。

※今はまだ入ることができません。もうしばらくお待ちくださいね!

 

今回は、湿ったところの好きな

アキノウナギツカミが群生して咲いていました。

 

また、今回のプログラムの前に散ってしまいましたが、

湿地を再生したことで

宮野入谷戸では珍しいオモダカも花を咲かせました。

生まれ変わった湿地が、

これからの季節にどんな様子を見せてくれるのか楽しみです!

 

その後、田んぼで生きものの足跡を紹介!

誰の足跡でしょう?

正解は…アライグマです。

アライグマは人間によって持ち込まれた外来の生きものです。

彼らも人に連れてこられた被害者ですが、

公園ではアライグマによって希少な生きものや畑に被害があり、困っています。

これ以上、お互いに被害を受けないように

動植物の持ち出し・持ち込みには気を付けたいですね!

 

そして田んぼを抜け、広場へやってくるとみんなで生きもの探し!

おっかなびっくり。

それでも、みんな楽しそうな様子でした♪

 

 

 

たくさんのイナゴやバッタの仲間を見つけました!

 

最後はドングリ拾い!

雑木林沿いの道では沢山のドングリが落ちていました♪

 

1時間半ほどかけて、秋の装いの宮野入谷戸をぐるっと歩きました。

 

今回は暑さを感じる陽気でしたが、

秋の生きものと、木の実(ドングリ)を通して秋を感じることができました。

参加していただいた皆さん、ありがとうございました。

 

ぜひ、皆さんの周りでも秋の自然を探してみてくださいね♪

カテゴリー:おすすめ|イベントの報告|レンジャー発 公園トピックス|生きもの情報|里山体験

2021年9月12日

生きものふれあい田んぼ 終了しました

先日の、ちょっとした晴れ間の田んぼ。

稲穂が少しずつ重みを増しています。

稲刈りに向けて、田んぼの水を切る時期になったので、

それに合わせ、

今年の「生きものふれあい田んぼ」は終了しました。

 

田んぼの周りの原っぱでは、
いろんなバッタの仲間が見つかります。

遊びにいらした際は、

ぜひ原っぱでも遊んでみてくださいね!

 

*来園の際は、

こまめな手洗い・消毒など感染防止対策にご協力ください。

 

カテゴリー:イベントの報告

2021年8月1日

里山キッズ探検隊!~夜の里山で生きもの探し~ 7/24

日も暮れ始めた夕方の宮野入谷戸で、

里山キッズ探検隊プログラムを実施しました!

 

夕方から始め、夜の生きものを観察する親子向けのプログラムです。

今回は例年より定員数を減らし、家族ごとの行動を心がけてもらうなどの感染症対策のもと実施しました。

 

 

プログラムの様子はこちら↓

 

 

 

どんな生きものが見られるかな?

さっそく出発!!

 

田んぼを抜けて広場へ。

そこではアブラコウモリを観察!

特別な機械でアブラコウモリの超音波の音を聞いてみました。

ピチャピチャピチャ…と、不思議な可愛らしい声(超音波)が、たくさん聞こえました!

 

移動しながら生きもの探し♪

「○○いたー!」という嬉しそうな驚きの声が宮野入谷戸に響きました。

セミの羽化や、

ニホンカナヘビ、

その他ノコギリクワガタやカミキリムシなど、

たくさんの生きものたちを見つけることが出来ました!

 

大人も子供もみんな一生懸命に生きものを探し、

見つけた生きものを観察する目はとても真剣!

 

西の森~上田んぼを周り、最後に果樹園へ。

ここではそれぞれがフリーで生き物もの探しを実施!

果樹園でもたくさんの生きものを見つけました。

 

夜の雑木林は昼間とは全く違う様子を見せてくれます。

楽しいような、ちょっと怖いような、

夜を感じながらの雑木林探検でした!

 

ご参加いただき、ありがとうございました!

カテゴリー:イベントの報告|ガイドウォーク|レンジャー発 公園トピックス|生きもの情報

2021年1月10日

岸田んぼフォトコンテスト入賞者発表!

2020年11月21日~12月20日まで、

岸田んぼと里山民家周辺にフォトスポットを設置し、

同時にフォトコンテストを実施しました!

 

里山の魅力あふれる写真をお送りくださった皆様、

ありがとうございました!

 

今回は、その中から選ばれた入賞作品を発表します!

 

 

■鍬(くわ)が似合いすぎで賞

タイトル:今日も農作業へ

ニックネーム:タイキ

鍬(くわ)を持った姿がかっこいい!いい汗かいてきてね!

 

■スズメさんとなかよしで賞

タイトル:スズメさんとハイタッチ

ニックネーム:チホ

スズメさんも遊びに来てくれて嬉しかったみたい♪また遊びにきてね!

 

■冬の始まりを感じたで賞

タイトル:里山の初氷

ニックネーム:ビクトリーロイヤル

太陽の光が当たってキラキラしていて素敵!もう出会えない唯一無二の形ですね。

 

■後ろ姿がかっこいいで賞

タイトル:おにいちゃん

ニックネーム:りよ

誰よりもかっこいいおにいちゃんの後ろ姿。空も素敵ですね!

 

■里山の魅力がぎゅっと詰まっているで賞

タイトル:冬の青空と木の陰と紅葉に囲まれた岸田んぼ

ニックネーム:彦ちゃん

里山の様々な魅力が伝わってきます。雲一つない空の色が美しい!

 

■里山民家と紅葉の組み合わせが素敵で賞

タイトル:日向ぼっこ

ニックネーム:ネモケン

里山民家と紅葉は合いますね。この写真を見ていると縁側でゆっくり日向ぼっこがしたくなります。

 

以上、6名の方の受賞写真の紹介でした。

皆さん、秋や初冬が感じられる素晴らしい写真をありがとうございました!

 

 

【入賞作品の展示について】

1月下旬から予定しておりました入賞作品の展示は、

新型コロナウイルスの感染が拡大している状況を鑑み、

延期することといたしました。

楽しみにしてくださっていた皆様、申し訳ございません。

新しい日程が決まり次第、こちらのブログで改めてご案内いたします。

何卒ご理解の程、よろしくお願い致します。

 

カテゴリー:イベントの報告

2020年3月7日

「2020年度登録ボランティア説明会開催!(2/13、16、22)」

来年度から野山北・六道山公園ボランティアへの

参加を希望する方や

活動に興味がある方を対象に

ボランティア説明会を3回開催しました!

 

まず前半は活動エリアの紹介。

パークレンジャーと一緒に公園内を周りました。

公園の歴史や里山の役割、

様々な人の手によって里山の環境が

守られていることを知ってもらいました。

 

 

雑木林では実際に普段作業している

公園ボランティアからも紹介してもらいました。

 

後半は室内で公園の運営方針や

ボランティア活動の仕組みなどご説明しました♪

 

今回の3回の開催で、80名近くのご参加をいただき、

当日に早速ボランティア登録をする方も多くいらっしゃいました!

 

4月から、

皆さんと一緒に里山の風景作りができることを

楽しみにお待ちしております!

 

カテゴリー:イベントの報告|公園の取り組み|里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

2020年2月18日

「里山デイキャンプを開催♪ (2/1)」

公園では2回目となる「里山デイキャンプ」を開催しました!
講師にはスノーピーク昭島アウトドアヴィレッジより、

山下さんと井澗さんのお二人です!

 

 

まず初めに
たき火の材料を集めにでかけます。
雑木林「丸山」に着いたら、里山の生活や、冬の生き物、
雑木林でのボランティア活動をご紹介♪

その後小枝や松ぼっくり、木の皮など焚付けによさそうな
材料集めました。
山を下って講師の山下さん指導の元、早速火をつけてみます。

 

「焚き付けの材の順番など知らなかったことが多い!」など
大変好評でした♪
※公園ではテントや火気の使用は禁止されています。
今回はイベントに限り使用しています。

 

 

次はいよいよテントの設営!
講師の井澗さんの指導の元、参加者全員で協力して設営しました!

「最近のテントの快適さに驚いた!」などこちらも驚きの声が多数。
簡単に建てられることも伝えることができました。

 

 

 

さて、テントが完成したら、次はダッチオーブンを使って
ポトフ作り♪
グループに分かれて、好きな形に野菜を切って…
なんと今回のポトフ作りに活用した野菜は
ほとんど公園ボランティア「畑」の皆さんが育てたものを活用しました!

 

 

気が付けばもう、日も傾き始め、
いよいよイベントも終盤。
熱々のポトフと淹れたての珈琲を片手に
たき火をみんなで囲んで、今日のふりかえり♪

みんなすっかりなじんで、まるで一つの家族のようです。

最後はみんなで記念写真を撮影!

里山の自然を感じながらのデイキャンプ、
ゆったりとした時間を満喫できました♪

カテゴリー:おすすめ|イベントの報告|公園の取り組み|里山体験

2020年2月12日

冬の里山でバードウォッチング

12月~1月にかけて、狭山丘陵の都立公園では「野鳥観察マナーアップキャンペーン」を開催しています。それに合わせて、里山民家にてビギナー向けの野鳥観察イベントが開催されました。

日本野鳥の会・奥多摩支部より講師をお招きし、双眼鏡の使い方や、野鳥の見つけ方を教えていただきました。
当日は天気が心配されましたが、雨が降ることもなく、気温もちょうどいい一日になりました。17名の方が参加してくれた今回のイベント。
講師より教えていただいた野鳥観察のコツとあわせて、イベントの様子をレポートします。


まずは双眼鏡の使い方をレクチャー。初めて使う人もいたため、使い方や見方のコツを教えていただきました。

双眼鏡も使えるようになったところで、いよいよ観察スタートです!

まずは里山民家前付近で野鳥を探してみます。早速、ヒヨドリが見つかりました。

ヒヨドリは開けた場所を好み、個体数も多いので観察しやすい野鳥の一種です。ヒッヒッと鳴きながら波打つように飛ぶため、飛ぶ姿でも見わけることができます。

次は神明入谷戸へ移動。ここでは野鳥の好む食べ物も紹介していただきました。

例えば、このコバルトブルーが美しいジャノヒゲの実はシロハラという野鳥の大好物で、ジャノヒゲがあるところを覚えるとシロハラも観察しやすくなります。
このように野鳥の好きな食べ物を覚えて、そこで待っているとお目当ての野鳥に出会える確率が高くなります。

ジャノヒゲの実

地面でエサを探すシロハラ

神明入谷戸から戻ってきたところで、アオジとカシラダカとホオジロを見つけることが出来ました。アオジ、カシラダカ、ホオジロはいずれもやぶ茂みを好みむスズメほどの小鳥で、見た目や鳴き声も似ています。でも、人に驚いた時の反応が3種では異なり、群れでやぶの中に逃げるのがアオジ、群れでやぶや木の高いところに逃げるのがカシラダカ、1羽~数羽で木の上に逃げるのがホオジロと大まかに区別することができます。このような野鳥の好きな場所を知ることも野鳥観察のコツの一つです。

アオジ

カシラダカ

ホオジロ

田んぼの周りでは、ダイサギやセグロセキレイ、キセキレイなど水の近くを好む野鳥を観察することが出来ました。里山民家の周りには色々な環境があり、それぞれの環境を好む野鳥を見ることが出来ます。

ダイサギ

セグロセキレイ

最後にレンジャーから野鳥観察のマナーを紹介して、イベントは無事に終了!
今回は約20種類の野鳥を観察することが出来ました。
里山民家の周りには雑木林や湿地、原っぱなど様々な環境があるため、多くの野鳥を観察することができます。この冬は是非、皆さんも野鳥観察を楽しんでみましょう♪

※狭山丘陵の都立公園内では、園路・デッキを集団又は三脚等で塞ぐ方や、餌づけ、営巣場所に無理やり接近する行為など、一部ではありますが他の来園者、野鳥への配慮を欠く方が見受けられます。

人も野鳥も気持ちよく公園を利用できるよう、マナーを守って野鳥観察を楽しみましょう。

塚本レンジャー

カテゴリー:イベントの報告|生きもの情報

2020年1月24日

「じっくり田んぼコースの修了式を行いました(1/12)」

じっくり田んぼコースでは、3月のオリエンテーションから始まり、
春には荒起こし・代かき、
夏には田植え草取り、
秋には案山子づくり、稲刈り・脱穀と、

お米作りについて体験しながら、里山の自然や文化を学びました。

 

そして、最後の活動となる修了式では、
1年を通して自分たちで育てたうるち米をいただきます♪

 

 

まずは、かまどの火吹き体験。

このかまどで炊いたご飯を食べます。

実際にお米を炊いている様子を見ながら、
一生懸命、火が消えないようにふーー!っと息を吹きました。

 

 

体験後はレンジャーと冬の田んぼや里山を見るガイドウォークへ!
活動を振り返りつつ、
冬に見られる生き物を探しながら里山を歩きました。

 

 

 

里山民家に戻ったらお待ちかねのご飯タイム!!
炊き立てご飯と、公園の畑で採れた野菜をふんだんに使ったお味噌汁を
岸田んぼ会、公園ボランティアと一緒に頂きました♪

お味噌汁は、みんながガイドウォークに行っている間に、
公園ボランティアが作ってくれました★

「かまどで炊くだけでこんなに味が違うとは!」
「おこげ美味しい!」など、驚きの声がたくさん聞こえました♪

 

 

 

ごちそうさまの後は、一年間の感想発表。
そして、最後には感謝状をお渡ししました。

 

 

 

里山で営まれてきた田んぼ作業が、
多様な動植物を育み、美しい風景を維持することに
重要な役割を果たしていることなど、

一年間の活動を通して
たくさんの発見があったのではないでしょうか?

またいつでも里山民家に遊びに来てくださいね!!

 

 

現在、都立野山北・六道山公園では、
2020年度のじっくり田んぼコース参加者を募集中です!
******************************************************
田んぼ体験を通して、お米作りの楽しさや、生き物の大切さを学び
ながら、私たちと一緒に里山の風景を作っていきませんか?
詳しくは、下記よりじっくり田んぼコースについてをご覧ください♪
◆詳細とお申し込みはこちら
みなさんのご参加を心よりお待ちしています!!
******************************************************

カテゴリー:おすすめ|イベントの報告|公園の取り組み|里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

2020年1月24日

「里山×Slowlife ウッドスパチュラ作り を開催! (1/18)」

長野修平先生(ネイチャーワークス)を講師に迎え

「ウッドスパチュラ作り」が開催されました♪

里山民家での開催が初めてとなるこのイベントでは、

里山の恵みである木材を利用し、

生木の状態から削りながらウッドスパチュラを作りました♪

※ウッドスパチュラとは英語で「木べら」のことです!

 

里山民家も雪が降る中、

材料の生木を切り出すところから開始!

サポートに、安全管理講習を受けている

野山北・六道山公園ボランティアも入り

楽しくかつ安全に作業することができました。

 

 

 

材を運び終わったらいよいよ削り出し!!

今回、道具として使うのは、『アックス(斧)』です。

アックスはウッドスパチュラづくりに欠かせないアイテム!

使い方を確認しながら作業を勧めます。

丸太を半分に割って

 

 

 

 

割った材に、ウッドスパチュラの図面を書きます。

 

 

 

 

 

書き終わったら、アックスを使って削る!

 

 

 

 

 

 

そして、個性の光る素敵なウッドスパチュラの完成です!

 

削りながらウッドスパチュラの形に整えていくのは難しい作業でしたが、

自分が選んだ木材とじっくり向き合い、

どんな作品に仕上げていくのか考え、1日かけて削り、完成させていく。

『里山×Slowlife』 という名にぴったりの

ゆったりとした講座となりました。

 

みなさん、お疲れ様でした★

カテゴリー:おすすめ|イベントの報告|公園の取り組み|野山北・六道山公園ボランティア

1 / 2112345...1020...最後 »

所在地・アクセス

さやマップGIS

野山北・六道山公園インフォメーションセンター
TEL 042-531-2325 (9:00 ~ 17:00)
〒208-0032 東京都武蔵村山市三ツ木4-2

  • ■ インフォメーションセンターへ行く
  • ■ 里山民家へ行く
  • ■ あそびの森・冒険の森へ行く
  • ■ 六道広場へ行く

野山北・六道山公園インフォメーションセンター
(管理所)へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約50min)

  • 立川駅北口 立川バス1番乗り場
  • 『箱根ヶ崎駅』or『三ツ藤住宅』行き
  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約30min)

  • 『立川駅北口』
  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

多摩モノレール 上北台駅から(約35min)

  • 市内循環バス『上北台ルート』

  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

西武拝島線 東大和市駅から(約45min)

  • 都営バス『青梅車庫』行き
  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

野山北・六道山公園 里山民家へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約60min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 10分

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約20min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 10分

多摩モノレール 上北台駅から(約35min)

  • 市内循環バス
  • バス停『市民総合体育館入り口』下車

徒歩 10分

西武拝島線 東大和市駅から(約55min)

  • 都営バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 10分

野山北・六道山公園あそびの森・冒険の森へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約50min)

  • 立川バス
  • バス停『横田』下車

徒歩 15分

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約35min)

  • 立川バス
  • バス停『横田』下車

徒歩 15分

多摩モノレール 上北台駅から(約20min)

  • 市内循環バス
  • バス停『かたくりの湯』下車

徒歩 10分

西武拝島線 東大和市駅から(約40min)

  • 立川バス
  • バス停『横田』下車

徒歩 15分

野山北・六道山公園六道広場へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約90min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 里山民家経由

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約50min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 里山民家経由

多摩モノレール 上北台駅から(約65min)

  • 市内循環バス
  • バス停『市民総合体育館入口』下車

徒歩 里山民家経由

西武拝島線 東大和市駅から(約85min)

  • 都営バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 里山民家経由

車をご利用の場合

駐車場は無料です。
駐車場スペースには限りがありますので、公共の交通機関をご利用ください。

  • 赤坂駐車場 34台(身障者用4台)
    • ・利用時間 9:00〜16:00(3〜9月は16:30)
    • ・青梅街道「宿」交差点より約5分
  • 里山民家駐車場 40台
    • ・利用時間 9:00〜16:30(3〜9月は17:00)
  • 野山北公園運動場駐車場 103台(身障者用3台)
    • ・利用時間 8:00〜18:00
  • 石畑駐車場 23台(うち身障者用1台)
  • 天王山東台駐車場 19台
  • 夕日台駐車場 21台
  • 峰田駐車場 16台

パンフレットダウンロード

都立野山北・六道山公園パンフレット

ダウンロード

野山北・六道山公園のパンフレット(PDF)約10MB

パンフレットはA3サイズで作成しています。
印刷の際は、ご利用のプリンタに合わせて用紙設定の変更をお願いいたします。

  • 里山民家15年のあゆみ