野山北・六道山公園だより

ホーム > 野山北・六道山公園 > 野山北・六道山公園だより > イベントの報告

2016年5月8日

里山春祭り!(5/1)

初夏を感じさせる青空の下、

今年も里山春祭りを開催しました!

毎年大盛況のお祭りで、

今年は1,374名が来園、

ボランティアは128名が参加!

 

会場にはいろんなブースが並び、

各コーナーとも大盛況!

その中のいくつかを紹介します♪

 

まず、雑木林ボランティアの皆さんによる

「マキ割り体験コーナー」。

今では、なかなか体験する機会のないマキ割り。

初めて挑戦する子どもも、

懐かしいと感じる大人も、

皆さんとても楽しそうでした♪

参加してくれた方には

公園のアズマネザサで作った竹笛をプレゼント☆

 

こちらは、

みんなの書いた夢が鱗になっている、

「夢こいのぼり」。

みんなの素敵な夢が叶いますように☆

 

「里のお土産コーナー」では、

オギで作ったほうきや竹箸など、どれも大人気!

公園で採取した材料で作った

ボランティアの力作です。

 

また

「公園グッズ販売コーナー」では、

缶バッヂや絵ハガキなど、

公園のオリジナルグッズを販売しました。

 

この他にも、

里山スタンプラリー、里山こいのぼり、

草もちのふるまい、里山クラフト、昔の遊び、

かまどの実演、手もみ茶体験、里山ギャラリー、里山ガイドウォーク

など、どこも大賑わいでした!

 

そして、春祭り恒例の

“武州村山太鼓むつき会”の皆さんによる太鼓の演奏は、

力強い音でお祭りを盛り上げてくださいました!

 

さらに、

“西多摩マウンテンバイク友の会”の皆さんには

駐輪場の案内と、春祭り開催の広報、

そして

公園内の自転車マナーアップの呼びかけと、

たくさん協力いただきました♪

 

ボランティアの皆さんの熱意と協力なしには、

成功し得ない春祭り。

今年も、天候にも恵まれ

活気と笑顔があふれる

楽しいお祭りになりました!

 

 

来園者の皆様、ボランティアの皆様、

ご協力いただいた団体の皆様、

本当にありがとうございました!!

カテゴリー:イベントの報告|里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

2016年2月14日

講演会「増える外来種、減る日本の自然」を開催!(2/7)

里山の保全活動において、避けては通れない外来種問題。

初心に戻って皆さんと一緒に里山の外来種問題について考えたい!と、

「増える外来種、減る日本の自然」と題して講演会を開催しました。

当日は67名の方に参加いただき大盛況となりました。

講師は、五箇 公一氏。

国立研究開発法人国立科学研究所の

生物・生態系研究センター 主席研究員であり、

「世界一受けたい授業」などテレビでも活躍されています!

外来種とはそもそも何なのか、外来種が及ぼす生態系への影響は?

そして最新の外来種に関する情報などわかりやすく解説していただきました!

笑いあり、目からウロコの情報ありで、

あ!っという間に時間が過ぎてしまいました。

質問も多くあり、手を挙げていただいた方全員の質問にお答えできなかったほど。

参加いただいた皆さんからは、嬉しいお声をたくさんいただきました!

・外来種防除のむずかしさ、地域での地道な取り組みの大切さを感じました!

・外来種問題は、世界の経済・人種の存在そのものに関わる大きくて根深いものであることがわかった。

・クワガタから、日本の伝統的な生き方について考える話はとても面白く興味深かった。

・現場で戦っている学者の方の話が聞けて、大変勉強になりました。

・生物多様性の重要さに気が付きました。

・日本の里山文化が生物多様性を守ってきたことや

クワガタを守り神として大切にしてきた話が面白かった。

・外来種には目に見えるものだけでなく菌やカビも含まれている事を知りました。

・改めて「人間の学としての倫理」を持ちながら、生きねばならないのではと思いました。

 

参加したスタッフも、皆さんと一緒に狭山丘陵の外来種問題について考えていきたいと

気持ちを新たにする機会となりました。

 

参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

今後ともどうぞ宜しくお願い致します!

カテゴリー:イベントの報告

2016年2月14日

「竹を使ったサラダトングづくり♪(2/13)」

春のような暖かな日、里山民家では

「里山×Slow life~竹deサラダトングづくり」を開催★

講師は、長野修平先生(ネイチャーワークス)。

里山にある自然を活用した暮らしの知恵を教えて下さいます。

 

今回は、園内にある竹を使用。

竹林へ行き、どのように竹を伐るのか、また竹林整備の方法などを学びました。

そして、デモンストレーションで竹を伐り、みんなで材を運び出し♪

(※講座で特別に採取しています。公園で動植物の採取は禁止されています。)

 

作業場所まで運び、トングの長さに切る作業へ。

長野先生から竹や道具を扱う時のポイントを聞き、さっそく実践です♪

 

参加者同士で声を掛け合ったり、公園ボランティアがサポートしながら、

それぞれが作りたいトングの長さに切ることができました★

 

その後は、クラフトナイフで竹を削ってしなりを作ったり、

銅線を巻いてトングの両端を合わせていきます。

会話が弾んだり、もくもくと手を動かしたり、みなさんの熱意が伝わってきました♪

 

作成に取り掛かってから約3時間。

里山の恵みを存分に活かした、サラダトングが完成しました!

 

参加者の皆さんからは、

「自然の素材で身のまわりのものが作れて、嬉しいかったです★」

「トングをずっと大切に使います♪」

「アットホームな雰囲気一人での参加でも楽しめました!」

など、嬉しいご感想を頂きました!

 

学びや笑顔がいっぱいの講座となりました★

里山での学びを生活の中でもぜひ活かしてくださいね!

***********************************:

来年度の公園ボランティアを募集中です!

自然が好きな方、里山の恵みを活用したい方、

伝統文化を学びたい方など、どなたでも大歓迎です♪

まずは、登録ボランティア説明会に参加してみてください◎

★★お申し込みはこちらから★★

みなさんのご参加をお待ちしています!!

***********************************:

 

カテゴリー:イベントの報告|里山体験

2016年1月14日

親子里山学校 じっくり田んぼコース修了式(1/10)

1年かけて田んぼ作業を学ぶ「じっくり田んぼコース」。

この日は、最終回!春からの活動をふりかえる1日です。

最初は、受講生のみんなでかまど体験。

かまどに火を入れる行程を見学したり、火吹竹(ひふきだけ)に挑戦!

炊くのは、心を込めて育ててきた「日本晴」(にほんばれ)というお米。

そして、杉山レンジャーと里山ガイドウォークへ出発!

冬の田んぼの中に入ったり、雑木林の中へ。

田んぼでは、今年収穫した量がお茶碗に換算すると何杯分になるかな?など

を聞きました★

 

ガイドウォークから戻るとちょうどお昼時。

お釜から、ふわっと美味しそうな湯気が立ち上がります!

 

茶碗に盛りつけ、ゆっくりと味わいます♪

ふだん食べているご飯と味や触感が違うようでした。

おかわりもたくさん☆彡

 

そして、スライドを使って一年をふりかえった後は

ご家族ごとに感想発表!

「子どもと一緒に自然の恵みに感謝することができ、大切な思い出になりました。」

「里山の自然が素晴らしく、都心では感じられない季節を楽しめました。」

「子どもが生きもの大好きになりました!」

など、とても嬉しい感想をたくさんいただきました!!

 

14組40名のみなさん、お疲れ様でした!

また岸田んぼに遊びにきてくださいね★

指導いただいた岸田んぼ会のみなさん、サポートした公園ボランティアのみなさん、

ありがとうございました♪

 

平成28年度も「親子里山学校じっくり田んぼコース」の受講生を募集中★

ぜひ、こちらからお申し込み下さい♪

***********************************:

来年度の公園ボランティアを募集中です!

自然が好きな方、里山の恵みを活用したい方、

伝統文化を学びたい方など、どなたでも大歓迎です♪

まずは、登録ボランティア説明会に参加してみてください◎

★★お申し込みはこちらから★★

みなさんのご参加をお待ちしています!!

***********************************:

カテゴリー:イベントの報告|里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

2015年12月26日

里山キッズレンジャー 冬の里山で落ち葉掃き体験♪ (12/23)

12/23、里山民家にて『里山キッズレンジャー・冬編♪』が開催されました!

今回集まったのは41名!

午前中に雑木林で落葉掃きを体験し、午後からは冬の生きものを探しに行きました!

  

さっそく雑木林に移動して、落葉掃きがスタート♪

冬の雑木林は、一面落葉だらけ!

最初に大人たちが熊手で落葉をかき集め、、、

 

それを子どもたちが、カゴやシートに集めます。

両手いっぱいに落ち葉を抱え込み、一生懸命集めてくれました♪

  

時にはみんなで協力して、大量の落葉を運びます!

 

約30分間で、こんなにたくさんの落葉が集まりました!!

 

こちらが雑木林のビフォー(左)・アフター(右)写真です。

落葉で隠れていた土が見えるようになりました♪

  

午後からは、レンジャーによる冬の生きもの探しガイドウォーク!

木の枝に産み付けられたカマキリの卵や、土の下ですくすく育つカブトムシの幼虫など、

冬の里山で見られる、様々な生きものを紹介しました。

  

ガイドウォークの後は、集めた落葉の焚火で作った焼き芋をみんなで食べました。

里山の恵みに子ども達は大喜び♪

  

落葉掃きを通して、林の手入れの大変さや楽しさ、人と自然との繋がり、そして里山の大切さを感じてもらえた素敵な1日となりました♪

 

 

杉山レンジャー

カテゴリー:イベントの報告|里山体験

2015年12月19日

里山の恵みを分かち合おう♪収穫祭(12/13)

春祭り・秋祭りに続き、里山三大祭りの締めくくり、収穫祭が開催されました★

田んぼで採れたお米や、畑で採れた野菜など、

育ててきたものをみんなで分かち合う日です。

まず、田んぼ活動で指導いただいている「岸田んぼ会」による

お餅つきのデモンストレーションからスタート!

力強くつかれ、みるみるうちに、お餅になっていきました。

 

できたてのお餅は、5種類の味に味付けされ、来場者にふるまわれました♪

畑で育ったサトイモやダイコンをふんだんに使ったけんちん汁も大好評★

 

里のお土産コーナーでは、園内にあるみかん畑で収穫したみかんや、

里山の材を活かしたクラフト作品がならび、大盛況!

 

里山ガイドウォークでは、田んぼの様子や雑木林を見学!

年間を通して、田んぼでは1,800名の手をかけてお米が育てられました!

 

案山子コンテストの表彰式では、

全35体の案山子から入選した6体が勢ぞろい!

他にも、里山大抽選会やお餅つき体験なども行われ、大賑わい!

 

地元の「岸重松囃子保存会」によるお囃子や足踊りも、

お祭りを盛り上げてくれました★

 

この日は、400名を超えるみなさんが訪れ、

里山をのんびりと満喫して頂きました!

 

お祭りをサポートした公園ボランティアのみなさん、

ペルジタのみなさん、西多摩マウンテンバイク友の会のみなさん、

お疲れ様でした!

1年間かけて公園の風景作りに関わったみなさんと、

里山の恵みに感謝しながらお祝いができた1日となりました♪

また、来年度の公園ボランティアを募集中です!

自然が好きな方、里山の恵みを活用したい方、

伝統文化を学びたい方など、どなたでも大歓迎です♪

まずは、登録ボランティア説明会に参加してみてください◎

★★お申し込みはこちらから★★

みなさんのご参加をお待ちしています!!

カテゴリー:イベントの報告|里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

2015年11月16日

SAYAMA HILLS PARTYを開催しました!(11/11)

秋もぐっと深まり始めた11月半ば、SAYAMA HILLS WEEK期間中のスペシャル

プログラムの1つ「SAYAMA HILLS PARTY」を開催!

このPARTYは、狭山丘陵で活動している方や興味がある方などが集まり、

交流を深めたり、狭山丘陵についてわいわい語りあう場です。

 

「乾杯」の音頭とともに、パーティがスタート!

 

まずは、所沢産の野菜を使った料理をいただきながら、歓談の時間♪

 

長く狭山丘陵の保全活動に関わっている方、地元でカフェを経営している方、

行政の方など、立場も様々な方が集まりました♪

 

お腹も満たされた頃、TALK SHOW 「活動のカタチとツナガリ」の時間です。

PARTYを主催した狭山丘陵フェア実行委員会のメンバーが

普段どんな活動をしているのか一挙にご紹介。

指定管理者や財団、企業など、立場や活動内容が異なるメンバーの話を聞き

「初めて知りました!」という参加者の方も。

 

続いて、TALK  SESSION「狭山丘陵のこんなコトあんなコト」。

狭山丘陵をもっと面白く魅力ある場所にするために、「こんなコトしたい!」

「あんなコトもできるのでは!?」といったアイディアをみんなで

自由に語り合いました。

 

「ツリーハウスで映画が見たい!」「もっと多くの人に狭山丘陵を知ってもらいたい!」

「たのしいまちづくりと読書会を!」「木材を活用して、生活に取り入れたい!」

などなど、沢山アイディアがあがり、会場は大盛り上がり!

 

お開きになった後も、まだまだ時間が足りない!といった様子で

話をされる参加者のみなさん。

新たなツナガリやカタチが生まれたようです!

 

今回のPARTYをきっかけに、狭山丘陵をもっともっと面白く

魅力ある場所にしていきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:イベントの報告|公園の取り組み

2015年10月23日

里山秋祭り(10/18)

毎年たくさんの人でにぎわう里山秋祭り。

今年も里山の魅力が詰まった1日を開催しました♪

 

公園ボランティアが中心となり、薪割り体験、かまどの実演、ぬり絵など、

里山ならではのコーナーが目白押し☆

昔の農具体験コーナーでは、田んぼで収穫した稲わらを使います。

足踏み脱穀機や唐箕(とうみ)を体験!子どもにはもちろん、大人の方にも大人気♪

 

里山ギャラリーでは、藍染め作品やクラフト作品、折り紙の展示など

ボランティア活動で製作した力作がずらり!

 

東京農工大学“のたっと”からは、可愛らしい2頭の子ヤギがお出迎え♪

 

瑞穂町郷土資料館“けやき館”さんと、社会教育施設“耕心館”さんは、

秋祭りに初めて参加♪

地元に伝わる昔話を紙芝居にして、読み聞かせを行いました★

 

約80名の公園ボランティアがお祭りをサポート!

来場者と一緒にのんびりと楽しみました♪

 

この日は、約900名が里山を訪れ、

思い思いの時間を過ごされていかれたようです!

「子どもとゆったりと満喫しました♪」

「豊かな自然の中で充実した1日でした!」

など、来場者から嬉しい感想を頂きました。

 

協力していただいた、耕心館さん、里山すみれの会さん、

西多摩マウンテンバイク友の会さん、けやき館さん、ありがとうございました!

12月は収穫祭を予定しています♪

ぜひ足をはこんでみてくださいね★

カテゴリー:イベントの報告|里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

2015年10月20日

里山ガイドウォーク(10月11日)

10月11日 雨の上がった里山で「田んぼで赤トンボをさがそう!」を

テーマにガイドウォークを開催しました。

 

里山民家を訪れた方の目につかない民家を囲う生垣ですが、

よく見ると小さな花が咲いています。

ヒイラギモクセイの可愛い花。

葉の根元についているので見逃してしまいます。

 

さて、どんな香りがするでしょうか?

とてもあま~い香り。

キンモクセイと同じ仲間ですからね!

 

ハザの上にとまっていたアキアカネを捕まえました。

はねを痛めないように指ではさんで持ちます。

じょうずに持てましたね!

 

トンボが少ないので予定を変更して田んぼまわりの生きものさがし。

参加してくれた親子が田んぼにいくつかの足跡を見つけてくれました。

 

タヌキとアライグマの足跡でした。

田んぼに餌を探しに来たようです。

さてこの写真どっちがどっちかな

 

あぜのパイプの上にいたニホンカナヘビ。

尻尾から頭に向けてなぜてみるとざらざら。

サメ肌ならぬカナヘビ肌。

小さなクモや虫などを食べています。

 

クモの巣にかかったオオアオイトトンボをじっくり観察。

緑色に輝く体がきれいなトンボです。

 

最後に田んぼで捕まえたハラビロカマキリを

水につけるとお尻から寄生していた

ハリガネムシがニョロニョロ出てきました。

 

田んぼには色々な生きものが集まってきて

食べたり食べられたり、それぞれが繋がって生きています。

 

稲刈りが終わりスッキリした田んぼですが、

よく探すとまだまだたくさんの生きものたちが見られます。

 

皆さんもぜひ生きもの観察に来てくださいね!

 

次回のガイドウォークは11月8日(日)

午後1:30に里山民家集合です。

 

カテゴリー:イベントの報告|ガイドウォーク|里山体験

2015年10月15日

パワーを集結!稲刈り(10/12)

気持ちよく晴れ渡ったこの日、宮野入では稲刈りが開催されました。

雨で開催が翌日となりましたが、それでも総勢200名を超す

メンバーが集まりました!!春の田んぼ作業から関わっている方がたくさん!

ます、稲の刈り方・縛り方・稲架(ハザ)へのかけ方を、

公園ボランティアが、参加者のみなさんへレクチャー。

しっかり覚えてから作業に取り掛かります!すっかり実って、黄金色ですね♪

 

稲はしっかり縛らないと稲架にかけられないため、

力を込めます。子どもも大人も一生懸命☆

 

両手いっぱいもって、小さな子どもたちも大活躍!

 

午後は、おなじみ“里山発見プログラム”を開催♪

アカネズミが越冬するときにドングリを集める気持ちになって、

バケツいっぱいドングリを拾ってみたり、生きものや植物のことを学びました☆

 

一日がかりの稲刈り。

稲架は重たい穂をつけた稲でいっぱいになりました!

 

参加者からは、

「刈るだけではなく、一連の流れを体験できてよかった♪」

「楽しかった!とてもチームワークよくできた☆」

「来年の作業のことを考えらながら、丁寧に刈りました!」

など、嬉しい感想を頂きました。

 

春からたくさんの人の手が関わってきたことで、恵みを収穫できました★

本当にみなさんお疲れ様でした!

この後も、脱穀作業やもみすりなど、まだまだ田んぼ作業は続きます。

12月の収穫祭では、収穫したおもち米でお餅つきをする予定です♪

ぜひいらしてくださいね☆

カテゴリー:イベントの報告|里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

10 / 21« 先頭...89101112...20...最後 »

所在地・アクセス

さやマップGIS

野山北・六道山公園インフォメーションセンター
TEL 042-531-2325 (9:00 ~ 17:00)
〒208-0032 東京都武蔵村山市三ツ木4-2

  • ■ インフォメーションセンターへ行く
  • ■ 里山民家へ行く
  • ■ あそびの森・冒険の森へ行く
  • ■ 六道広場へ行く

野山北・六道山公園インフォメーションセンター
(管理所)へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約50min)

  • 立川駅北口 立川バス1番乗り場
  • 『箱根ヶ崎駅』or『三ツ藤住宅』行き
  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約30min)

  • 『立川駅北口』
  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

多摩モノレール 上北台駅から(約35min)

  • 市内循環バス『上北台ルート』

  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

西武拝島線 東大和市駅から(約45min)

  • 都営バス『青梅車庫』行き
  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

野山北・六道山公園 里山民家へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約60min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 10分

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約20min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 10分

多摩モノレール 上北台駅から(約35min)

  • 市内循環バス
  • バス停『市民総合体育館入り口』下車

徒歩 10分

西武拝島線 東大和市駅から(約55min)

  • 都営バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 10分

野山北・六道山公園あそびの森・冒険の森へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約50min)

  • 立川バス
  • バス停『横田』下車

徒歩 15分

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約35min)

  • 立川バス
  • バス停『横田』下車

徒歩 15分

多摩モノレール 上北台駅から(約20min)

  • 市内循環バス
  • バス停『かたくりの湯』下車

徒歩 10分

西武拝島線 東大和市駅から(約40min)

  • 立川バス
  • バス停『横田』下車

徒歩 15分

野山北・六道山公園六道広場へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約90min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 里山民家経由

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約50min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 里山民家経由

多摩モノレール 上北台駅から(約65min)

  • 市内循環バス
  • バス停『市民総合体育館入口』下車

徒歩 里山民家経由

西武拝島線 東大和市駅から(約85min)

  • 都営バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 里山民家経由

車をご利用の場合

駐車場は無料です。
駐車場スペースには限りがありますので、公共の交通機関をご利用ください。

  • 赤坂駐車場 34台(身障者用4台)
    • ・利用時間 9:00〜16:00(3〜9月は16:30)
    • ・青梅街道「宿」交差点より約5分
  • 里山民家駐車場 40台
    • ・利用時間 9:00〜16:30(3〜9月は17:00)
  • 野山北公園運動場駐車場 103台(身障者用3台)
    • ・利用時間 8:00〜18:00
  • 石畑駐車場 23台(うち身障者用1台)
  • 天王山東台駐車場 19台
  • 夕日台駐車場 21台
  • 峰田駐車場 16台

パンフレットダウンロード

都立野山北・六道山公園パンフレット

ダウンロード

野山北・六道山公園のパンフレット(PDF)約10MB

パンフレットはA3サイズで作成しています。
印刷の際は、ご利用のプリンタに合わせて用紙設定の変更をお願いいたします。

  • 里山民家15年のあゆみ