野山北・六道山公園だより

ホーム > 野山北・六道山公園 > 野山北・六道山公園だより > イベントの報告

2013年2月22日

かわいい冬芽の世界へようこそ!(2/16)

冷たい風がふいた里山民家では、

「雑木林の植物調査~冬芽~」が行われました。

冬でも雑木を見分けられるようになろう!ということで、

冬芽のことをじっくり学ぶイベントです。

ナポレオンの帽子をかぶっているこの冬芽は、「リョウブ」。

まずは、冬芽の基本から。

「木を伐る作業は冬に行うことが多い。

冬芽を知っていると、冬でもちゃんと木の種類を見て作業できますよ。」

と雑木林アドバイザーの平城尚史さん。

冬芽の構造など基本的なことを教えていただきました。

そして、フィールドワーク。

3班に分かれて、冬芽を探しに出かけます。

冬芽に詳しい生き物倶楽部(野山北・六道山公園ボランティア)

のメンバーが隊長さんになって、いざ出発!

ルーペや虫めがねを使って、

小さな世界をのぞくと「かわいー!!」

と皆さんすっかり夢中♪

猫の手みたいなモコモコの冬芽は、ガマズミ。

ふっくらした2つの耳?が素敵な冬芽は、ゴンズイ。

1時間半のフィールドワークで見つけた冬芽は、30種以上!

途中、ウグイスカグラの花を発見。

春ももうすぐですね!

室内に戻ったら、「さぁこの冬芽はなんでしょう?」

と、隊長さんからのクイズが待っていました。

「これ、さっき見たなぁ…」と皆さん真剣ににらめっこ。

「冬芽がかわいいことがわかって良かった」

「雑木林の手入れ作業をする上で大事な知識だ。」

「冬の雑木林の楽しみ方がわかった!」

など参加者のみなさんからは嬉しい声がたくさん。

冬の雑木林を満喫した一日となったようです。

このイベントは、生き物倶楽部をはじめ、

冬芽に詳しいボランティアメンバーと協力して実施しました。

一緒にイベントを運営した皆さん、

本当にお疲れさまでした!

カテゴリー:イベントの報告|生きもの情報|見ごろ情報|里山体験

2013年2月13日

里山で野鳥をさがそう

今日のガイドウォークは、里山の野鳥観察です。

里山は、人が手を入れている自然ですが、それによって多様な環境ができている場所でもあります。
色々な環境を、野鳥もうまく利用しています。

田んぼではセキレイ、ツグミなどが見られました。

 

 

ヨシ原には、ホオジロやシジュウカラの姿をよくみかけます。
ホオジロはヨシの穂を食べており、シジュウカラは、ヨシの茎に隠れている「カイガラムシ」を食べています。試しに、参加者の皆さんで、実際にヨシの茎を割って、カイガラムシを探してみました。

「パキパキ…」と茎を折る音は、まるでシジュウカラがカイガラムシを探すときの音にそっくりです。こうした物音に意識を向けると、野鳥の居る場所の目処が立ちます。

 

 

園路を歩いていると、近くの杭の上や枝にルリビタキがとまりました。ルリビタキは、こうした場所にとまり、獲物を探します。
食べ物だけでは無く、お気に入りの場所を知っておくと、野鳥を見つける確率はぐっと上がります。

暫くして飛んで行ってしまったため、運よく見られた方と、残念ながら見られなかった方がいたようです。

 

 

 

 

 

今日のガイドウォークで、たびたび姿を見せてくれたのはノスリ。タカの仲間で、宮野入では、ネズミやカエルを捕まえて食べています。
お昼すぎで気温も暖かかったため、上昇気流に乗って優雅に舞っていました。

 

 

人数が多いガイドウォークで、観察が難しい場面もありましたが、タカが優雅に舞う姿を良く見ることができました。

 

ぜひ、みなさんもガイドウォークでの野鳥観察や、双眼鏡を片手に里山を散策してみてはいかがでしょうか。

 

カテゴリー:イベントの報告|ガイドウォーク

2013年2月3日

里山×slow life「草・木・竹でつくるナチュラル雑貨~オギのそうじ道具~」2回講座終了しました!(1/14・26)

「里山×slow life」 は、

里山の恵みを生活の中に取り入れ、スローなライフスタイルを提案する講座です。

今回は、オギを使って、そうじ道具を作りました!

講師はこの方、長野修平先生(ネイチャーワークス)。

ネイチャークラフトの作り方だけでなく、

自然の恵みを、現代に合った形で取り入れて生活する知恵や技術を、

教えてくださいます。

 

1日目は、なんと降雪の中、手作りしました。

昔は、天気の良い日に材料採取をし、

雨や雪の日は中でじっくりものづくりをしていたといいます。

まさに、今日は”じっくりものづくり”日和。

ということで、公園ボランティアが事前に採取してくれていたオギと

雑木林の枝を使ったほうきづくりをじっくり行いました。

柄付きの素敵なほうきがずらりと並び、みなさん大満足の出来♪

さて、うって変わって2日目は、好天にめぐまれました♪

里山民家の前に広がる湿地で、オギの採取。

穂が長く、油分が多いオギは、ススキなどと比べるとほうきに適していると言われています。

2回目は、柄なしほうきを作りました。

出来上がったほうきは、色とりどりのヒモにくるまれて、美しく仕上がりました。

自分だけのおしゃれなナチュラル雑貨ができあがり、

みなさんの喜びもひとしお。

 

「里山×slow life」では、材料採取の方法から学び、

オリジナルハンドメイドの作品を家に持ち帰って

ていねいに使い続けることができる講座です。

次回は、2月10日(日)・24(土)開催!

「竹のキッチンツール」を作ります♪

【参加者募集中!】【お申込みはこちらから】

カテゴリー:イベントのお知らせ|イベントの報告

2013年1月10日

里山キッズレンジャー                          「冬の里山にいる生き物を探しにいこう!」(12/8)

青空が広がった暖かな冬の日、“里山キッズレンジャー”を開催しました。
レンジャーに変身した子ども達(以下、キッズレンジャー)と一緒に、
冬の里山を探検します!

 

さぁ、午前中はまず、生きもの探しにでかけるよ!
冬の里山にはどんな生きものがいるのでしょうか?
レンジャーが、キッズレンジャーにお題を3つ出しました。

 

一つ目は、岸田んぼで「銀色のぺったんこ草をさがせ!」というお題。
みんな、見つけられたかな?
よ〜く目を凝らしてみると、所々に銀色の葉っぱが…。ハハコグサです。
「このペッタンコな姿は、冬にしか見られないんだよ。植物も、寒い冬は苦手。
寒い風に当たらないように平たくなって、
陽をたくさん受けるために葉を大きく広げているよ。」
というレンジャーの解説に、みんなナルホドと納得したようす。


さぁ、次は広場へ行きましょう !
二つ目のお題は、「モグラの穴をさがせ!」。
広場には、ボコボコと数十個の土の山!これはモグラ塚。
「冬になると、寒さを避けて地面の奥深く潜ったエサを求めて、
モグラも穴を深く掘ると言われているんだ。
そうすると、たくさんの土が出て、こんなに土の山が出来るんだよ。」
モグラ塚の下から現れたトンネルに手を入れてみたら、
丸くって壁もツルツルして気持ちよかったね。


最後のお題は、雑木林で「ゴツゴツの木とツルツルの木を探せ!」
手で触れたり、ほっぺたを当てたりして、いろいろな木があることを発見しました。
「いろんな木があるから、いろんな種類の生きものが棲めるんだよ。」とレンジャー。
なんで里山には生きものが沢山いるのか、少し分かった気がするね。


さて、午後からはいよいよ、小枝のストラップ作りです!
雑木林で見つけてきた自分が好きな小枝を、熱心に削る子ども達。


こんなに、素敵なストラップが出来たよ!
お家へ帰っても、里山のこと思い出してね。


最後は、里山民家前でみんなと記念撮影をしました。


この一日を通して、冬でもたくさんの生きものが逞しく息づいていること、
様々な環境があるから色んな生きものがいること等を発見したね。
みんなはもう、立派な里山キッズレンジャー。
また、一緒に里山を探検しに行こう!いつでも遊びに来てね。

カテゴリー:イベントの報告

2013年1月9日

【親子里山学校じっくり田んぼコース】おもちつき開催!(1/6)

今日は、親子里山学校じっくり田んぼコース、最後のイベントの日。

公園ボランティアの田んぼスタッフと、西多摩マウンテンバイク友の会メンバーの協力の下、

1年間お米づくりを頑張ったメンバーで、おもちつきと1年のふり返りをしました。

まずは、もち米を蒸かす母屋のかまどの紹介から。

実際にかまどを使うのはみんな初めて!

お家で炊くのとは違ってなんだかわくわくしますね♪

お米を蒸している間に、レンジャーによるガイドウォーク♪

冬の田んぼの様子を見に行きました。

田んぼの中にはたくさんの霜柱が立っていて、踏んでみるとザクザクとした感触♪

子どもたちは夢中になって音を鳴らせました。

田んぼから戻ってきたら、おもちつきの開始!

「よいしょ~よいしょ~!」と掛け声を合わせてペッタン、ペッタンとリズムよくついていきます♪

つきあがったら、味付けをして、クマザサのお皿に乗せてできあがり!

来園者へもふるまい「おいしい!」と大好評♪

午後は、みんなで作ったおもちを食べながら、1年間の田んぼ作業をふり返りました。

泥んこになって田植えをしたり、暑い夏には草とりしたり、

稲刈りでは、刈った稲をみんなで力を合わせて運んだりしましたね!

また、作業をしながらたくさんの生き物に出会い、お米作りの面白さや大変さだけでなく、田んぼが多くの命を支えている環境であるということも学びました。

皆さんの作業のおかげで、田んぼが元気になり、お米が育ち、たくさんの生きものの命が育まれました。

本当にありがとうございました!

今年度のじっくり田んぼコースは、本日で終了となります。

1年間、お疲れ様でした!

またいつでも生き物でにぎわう岸田んぼに帰ってきてくださいね♪

 

 

平成25年度も「親子里山学校 じっくり田んぼコース(全12回)」を開講します!

参加受付を開始しました!(申込み締切3/8)

お申込みはこちらから

カテゴリー:イベントの報告|里山体験

2012年12月28日

収穫祭を開催!412名が参加しました!(12/16)

真っ青な空と、ぽかぽかと気持ちがよい日差しの中、

今年も、里山の恵みと豊かな収穫物に感謝して、

収穫祭が開催されました!

参加者、412名!公園・一般ボランティア81名!と

たくさんの人でにぎわいました!

まずは、いつも田んぼのことを教えて下さる、

岸田んぼ会のデモンストレーションから!

さすが、プロの技!華麗な速さでついていきます!

前庭で餅つきが始まりわいわいと賑やかな中、

裏では、ボランティアの皆さんが

お餅やけんちん汁の下ごしらえを進めます!

餅つきデモンストレーションが終わると、

今度は、お餅つき体験♪

みんなで「よいしょ~、よいしょ~」とかけ声をかけて、代わる代わるついていきます!

もち米がつけるようになるためには、

かまどの火の番をして裏で支えてくれたメンバーがいたから。

母屋のかまどで、全部で29臼分のもち米を蒸しました!

つきたてのお餅はおいしいね!

 

さて、お餅つきをしている間、

パークレンジャーによるガイドウォークも開催されました!

お米が育った田んぼはどんな所なんだろう?

知っているようで知らない生き物のこと、暮らしとの関わりのこと、たくさん教えてもらいました!

午後は、夏から秋まで

田んぼを守ってくれた20体の案山子(かかし)達の中から、

コンテストで選ばれし5作品の表彰式!

写真は、見事一位に輝いた「歩こう歩こう 元気なトトロ」♪

表彰式が終わると、岸重松囃子保存会のお囃子の演奏♪

陽気なリズムで会場がお祭り気分に早変わり♪

写真は「足踊り」の様子。

仰向けに寝て、足の裏にお面をつけて巧みに動かすと、

まるで小さなおかめとひょっとこが踊っているよう。

更に、この日は自転車マナーアップキャンペーン期間中。

「西多摩マウンテンバイク友の会」と「ペルジタ」の皆さんが協力!

自転車で公園内を回りながら、オリジナルステッカーとパンフレットの配布に大活躍!

もちろん、民家の自転車置き場でのPRも、

エネルギッシュに盛り上げてくれました!!

 

恵み豊かな里山の一年を締めくくる収穫祭。

閉会式では、里山の風景より、公園ボランティアの皆さんへ感謝状が贈呈されました。

本当に、いつもありがとうございます!

そして、参加者もボランティアもスタッフも一緒になって記念撮影!

青い空と里山民家の美しい風景の下、

心も体もほっこりあたたまり、無事、収穫祭を終了することができました。

ここ、野山北・六道山公園の里山はたくさんの人の力で育てられています。

これからも、イキイキとした自然と人のエネルギーでいっぱいの里山民家を

どうぞ宜しくお願いいたします!

カテゴリー:イベントの報告|里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

2012年12月2日

雑木林安全管理講習①~冬の伐倒編~(11/24)

だんだんと寒さが増してきた里山民家では、

雑木林で活動するボランティア対象に安全管理講習が行われました。

今回のテーマは、「基本的な安全管理や刃物の扱い方を再確認すること」と

「作業(伐倒)の安全管理を第一に考えた方法を身につけること」です。

講師は、アドバイザーでもある松井一郎氏(森林インストラクター)。

まずは、座学で基本から安全管理についてしっかりと学びました!

座学後は、雑木林(椿守の庭)にて伐倒作業のデモンストレーション。

伐倒の“いろは”を1から学びました。

みなさん真剣に松井先生の話に耳を傾けます。

午後は、4班に分かれて実際に伐倒作業を開始!

それぞれ午前中に学んだことを思い返しながら慎重に緊張感を持って作業を行いました。

各班のチームワークもばっちり!

木が倒れる音が林の中で響くと、同時に歓声も響き

爽快感と作業の達成感を感じることができました!

作業後は、ナタの手入れの方法を学び、各班ふりかえりをして講習は終了。

今回、学んだことを活かして、

冬の作業も安全第一で活動しましょう♪

次回は12/2に2回目の安全管理講習(同内容)を行います。

カテゴリー:イベントの報告|里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

2012年11月29日

里山でちょこっとボランティア(11/18)

黄色や紅が濃くなってきた里山の雑木林で、

「ちょこっとボランティア~雑木林の下草刈り~」を開催!

雑木林の下草刈りをちょこっとだけ体験できるイベントです♪

天気にも恵まれ、澄んだ青空の下、ちょこボラの参加者は13名。

その内、普段自転車でよく遊びに来ている公園に恩返ししたいと

レーシングクラブ・「ペルジタ」のみなさんが多数参加!

公園ボランティアもサポートに入って合計23名でに活動スタート!

 

親子で一生懸命作業中!

初めての作業でもボランティアの方が丁寧に教えてくれるから安心だね♪

こちらは「ペルジタ」のみなさん。

作業をしながらだと、いっそう話が弾みます♪

抜群のチームワークでどんどん刈り進めていき、あっという間に

目標の場所まで刈り終わりました!

ちょこっとの活動でも林の中はとてもきれいになるんですね。

きれいになった林で記念撮影。

お疲れ様でした。

みなさんの丁寧な草刈りのおかげで、春にはたくさんの

植物たちが元気に顔を出すはず!

手を入れた場所にどんな植物たちが顔を出しているか、ぜひ見にきて下さいね!

カテゴリー:イベントの報告|里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

2012年11月8日

雑木林マイスター入門講座⑥「雑木林の保全管理の実践Ⅲ」(10/27)

雑木林マイスター入門講座の6回目が開催されました。

今日は、講座の最終日となります!!!

前回に続き、雑木林の手入れ(下草刈り)を実践しますが、今回は雑木林ボランティアの活動をしている皆さんと一緒に作業を行いました。

 

まずは、朝礼からスタート!今日は、総勢約30名での活動となります!!

3グループに分かれて、役割分担などを確認し、準備体操を行いました。

 

その後、早速本日の活動場所である神明入谷戸に移動。

はじめにどんな場所なのかサポートスタッフが説明し、実習地との特徴的な違いを平城先生にお話しいただきました。神明入谷戸はボランティア活動場所の一つで、「大人がしっとり楽しめる里山花木園」をコンセプトに手入れを行っている場所です。

 

さぁ、グループに分かれて作業開始!

 

下草に覆われていたマンリョウやヤブランなどが顔を出しました。

赤い実が秋を彩ります。

 

下草刈りをし始めて数十分。こんなに沢山の草を刈りました。

 

アッという間に草の山!

 

お昼休憩は、広場でみなさんとゆったりと楽しそうにお食事です。

グループが力を合わせて作業できるのは、こうした場でチームワークを育んでいるからかもしれません!?

そして、午後も引き続き作業をした結果、

作業前は、こんなに下草が繁茂していましたが…

 

 

作業後は、こんなにスッキリときれいになりました!

 

公園ボランティアと合同作業の実習をした後は、講座全6回のまとめを行いました。

“雑木林ボランティアは、どんなことを何のためにしているのか”を改めて考え直しました。

 

講座初回に意見を出し合った時は、「雑木林を守るため」「人と自然を結びつけるため」「自然を楽しむため」など意見が出されましたが、今回は更に「里山の生物多様性のため」「みんなで成果を楽しむため(=人と人がつながる場)」「未来のため」などの意見が出されました。

6回の講座を通して、技術を学ぶだけでなく、受講生それぞれ、考えや想いの変化もあったようですね◎

 

講座の最後に、修了証の授与がありました。

「毎回、講座に来るのが楽しみでした!」「とても楽しかったです!」「サポートボランティアの皆さんが良くして下さり感謝しています!」など沢山の感想を頂きました。

そして、受講生のほとんどの方が、プレボランティアに申し込んでくださいました。

これであなたも雑木林マイスターに仲間入りですね♪

講師のお二人からは、

「これで終わりではなく、これからがはじまりです!」

と激励の言葉をいただきました。

「平成24年度 雑木林マイスター入門講座(全6回)」はこれにて終了。

来年も、さらに磨きをかけて、皆さんとお会いしたいと思います。

講師の松井先生、平城先生、受講生の皆さん、サポートスタッフの皆さん、本当にお疲れ様でした!

 

カテゴリー:イベントの報告|里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

2012年11月3日

雑木林マイスター入門講座⑤「雑木林の保全管理の実践Ⅱ」(10/7)

本日、雑木林マイスター入門講座の5回目が開催されました。

今回は、「雑木林の保全管理の実践Ⅱ~グループワークによる管理作業~」です!

 

しかし、あいにく今日は朝から雨。

プログラムを変更し、室内でロープワークの実習を行いました。

講師の松井先生に「本結び」や「もやい結び」などいろいろなケースで

役立つロープの結び方を教わりました。

これは雑木林活動だけでなく普段の生活でも役立ちそうです!

 

応用編で、崖から落ちた時等のセルフレスキューの結び方も教わりました。

これで緊急時もばっちり!?

 

 

ロープワークに熱中していると、いつの間にか雨は止んでいました。

「実習をしたい!」という、参加者の皆さんの想いが伝わったのかもしれませんね。

ということで、午後からは実習地でグループごとに作業スタート!

まずは、前回に引き続き下草刈り(鎌の使い方の復習)を行いました。

2回目の実践で鎌の扱いに慣れ、アズマネザサをどんどん刈っていきました。

みんなで作業をするとあっという間にきれいになりました。

 

 

下草刈りが終わったら、除伐の方法(ノコギリの正しい使い方)を学びました。

ヒサカキと、背が高くて太くなったアズマネザサの除伐を行います。

まずはヒサカキから!

倒す方向に人がいないか確認し、周りに声をかけて切り倒します。

倒れるまでがなかなか大変でしたが、ノコギリを使って一生懸命切っていきます。

他のグループはアズマネザサのジャングルと格闘中!

こちらもノコギリと剪定ばさみを使い分けてどんどん刈っていきます。

 

ここで刈ったアズマネザサをまとめるのに午前中習ったロープワークが生かされます!

学んだことを思い出しながら実践中。

 

 

作業後の記念写真。

「下草刈り」「除伐」の方法を学ぶだけでなく、

グループごとに、チームワークを発揮して作業することができました!

みなさんお疲れ様です。

 

今回は、雨のため外での作業時間が短くなりましたが、じっくりロープワークを学ぶこともできました!

「ロープの結び方に様々な結び方があって勉強になりました。」、「今後活用したい。」という声や、

「鎌の使い方、のこぎりの使い方がだんだんうまくなっていく。」など、前回よりも自分が進歩しているのを感じることができたようです♪

 

さて、次回はいよいよこの講座の最終回「雑木林保全管理の実践Ⅲ」を迎えます!

最終回では、野山北・六道山公園の雑木林で活動している公園ボランティアと共に活動をします。

これまで学んできたことを十分に発揮しましょう!!

 

次の講座第6回目は、10月27日(土)に行います。

カテゴリー:イベントの報告|里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

19 / 21« 先頭...10...1718192021

所在地・アクセス

さやマップGIS

野山北・六道山公園インフォメーションセンター
TEL 042-531-2325 (9:00 ~ 17:00)
〒208-0032 東京都武蔵村山市三ツ木4-2

  • ■ インフォメーションセンターへ行く
  • ■ 里山民家へ行く
  • ■ あそびの森・冒険の森へ行く
  • ■ 六道広場へ行く

野山北・六道山公園インフォメーションセンター
(管理所)へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約50min)

  • 立川駅北口 立川バス1番乗り場
  • 『箱根ヶ崎駅』or『三ツ藤住宅』行き
  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約30min)

  • 『立川駅北口』
  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

多摩モノレール 上北台駅から(約35min)

  • 市内循環バス『上北台ルート』

  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

西武拝島線 東大和市駅から(約45min)

  • 都営バス『青梅車庫』行き
  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

野山北・六道山公園 里山民家へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約60min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 10分

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約20min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 10分

多摩モノレール 上北台駅から(約35min)

  • 市内循環バス
  • バス停『市民総合体育館入り口』下車

徒歩 10分

西武拝島線 東大和市駅から(約55min)

  • 都営バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 10分

野山北・六道山公園あそびの森・冒険の森へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約50min)

  • 立川バス
  • バス停『横田』下車

徒歩 15分

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約35min)

  • 立川バス
  • バス停『横田』下車

徒歩 15分

多摩モノレール 上北台駅から(約20min)

  • 市内循環バス
  • バス停『かたくりの湯』下車

徒歩 10分

西武拝島線 東大和市駅から(約40min)

  • 立川バス
  • バス停『横田』下車

徒歩 15分

野山北・六道山公園六道広場へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約90min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 里山民家経由

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約50min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 里山民家経由

多摩モノレール 上北台駅から(約65min)

  • 市内循環バス
  • バス停『市民総合体育館入口』下車

徒歩 里山民家経由

西武拝島線 東大和市駅から(約85min)

  • 都営バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 里山民家経由

車をご利用の場合

駐車場は無料です。
駐車場スペースには限りがありますので、公共の交通機関をご利用ください。

  • 赤坂駐車場 34台(身障者用4台)
    • ・利用時間 9:00〜16:00(3〜9月は16:30)
    • ・青梅街道「宿」交差点より約5分
  • 里山民家駐車場 40台
    • ・利用時間 9:00〜16:30(3〜9月は17:00)
  • 野山北公園運動場駐車場 103台(身障者用3台)
    • ・利用時間 8:00〜18:00
  • 石畑駐車場 23台(うち身障者用1台)
  • 天王山東台駐車場 19台
  • 夕日台駐車場 21台
  • 峰田駐車場 16台

パンフレットダウンロード

都立野山北・六道山公園パンフレット

ダウンロード

野山北・六道山公園のパンフレット(PDF)約10MB

パンフレットはA3サイズで作成しています。
印刷の際は、ご利用のプリンタに合わせて用紙設定の変更をお願いいたします。

  • 里山民家15年のあゆみ