野山北・六道山公園だより

ホーム > 野山北・六道山公園 > 野山北・六道山公園だより > イベントの報告

2017年7月19日

田んぼの草取り(7/8)

一大イベントの田植えが終わり、はや一か月♪

 

今年は雨の降り出しが遅く、稲の成長が心配されましたが

最近は梅雨が里山に訪れ、田んぼに水が満ち

稲も順調に育ち始めました♪

 

そして…草も育ってしまいました…

 

 

 

田んぼに主に生えている草は

イボクサ、コナギ、セリなどです。

これらの草が田んぼにどんどん生えると、

土の養分が草にとられてしまい

稲が十分に育たないのです!

 

 

 

そこで☆

7月8日、田んぼの草取りを実施しました!

同時に稲の周囲の土をかき混ぜて、空気を入れる作業もします♪

 

 

今年は一度田んぼの水が涸れたため、土が固くなってしまいました。

稲の周囲の固くなった土を踏んで柔らかくしながら、

草とり・土のかき混ぜを行いました!

 

 

夏日になったこの日、

大人も子どもも休憩をとりながら、一生懸命頑張りました♪

 

 

ごくごく…

 

 

 

すごい!こんなにとれた!

 

 

 

 

お昼は公園ボランティア「伝統食つたえたい♪」の方々が

昨年収穫された里山のお米で、おにぎりを作ってくれました!

 

 

そして、公園ボランティア「畑」が収穫したキュウリも並びます!

キュウリにつける梅ダレは、公園の梅を使用♪

おいしかったね☆

 

 

 

昼食後は、恒例の「里山発見プログラム」です。

里山の涼しい雑木林の中で、

白鳥レンジャーが生きものを紹介!

 

 

カブトムシだ!

 

 

里山の環境の豊かさや、そこに棲む夏の生き物を

学ぶことができました!

 

 

この日は約57人での活動!お疲れ様でした!

 

 

これから、稲がグングン伸びていくと同時に

草もニョキニョキ生えてきます!

美味しいお米を作るために、

継続的な草取りは欠かせません!

 

暑さに負けず!

ボランティア、地元の学生のみなさんと一緒に

頑張っていきましょう♪

 

 

カテゴリー:イベントの報告|里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

2017年6月20日

「田んぼの一大イベント田植えを開催♪」(6/4)

今年の公園ボランティアの参加希望者数は199名!

そして一般の参加者、じっくり田んぼコースの参加者も加わり

総勢250名で田植えを開始しました。

たくさんのご応募有難うございました♪

 

 

 

今年も全部で8種類のお米を植えます!

*うるち米(2種類)・・・キヌヒカリ、日本晴

*古代米(3種類)・・・赤米、黒米、緑米

*もち米(3種類)・・・満月、あゆみ、ヘイセイモチ※

※ヘイセイモチは今年から初めて植える品種です!

どんな稲になるのか楽しみですね♪

 

 

 

みんな楽しそうに作業してくれています♪

 

 

植える場所は紐より向こう側!

足跡は平らにして、次の苗を植えやすく!

みんなで細かく確認しながらの作業。

大変だけど、慣れたら真剣に植えていました♪

 

 

 

苗トレーを持ってパシャリ♪

家族みんなで、苗をトレーから外して田んぼに配る作業や、

娘さんはさらに草取りまでやってくれていました!

 

 

 

お昼をはさんで、午後も田植え作業を続行!

少し日が照ったり、陰ったりを繰り返していましたが

作業するには丁度よい気温でした。

 

 

そして恒例の里山発見プログラムを開催!

今回もたくさんの子どもたちが参加してくれました!!

里山の多様性の大切さを子どもたちに伝えるための大切な時間。

田んぼの生きものやノコギリクワガタを見つけて

はしゃいでいる姿がとても眩しかったです。

 

 

 

里山発見プログラムには行かず、

田植え作業を続ける子どもたちも★

 

 

田植え終了後の苗は今までになく、まっすぐきれいに植えられていて

みなさんの集中力をひしひしと感じることができました…!

 

 

 

そして最後に、恒例のみんなで記念撮影!

 

 

いつも一生懸命に指導してくれる岸田んぼ会のみなさん

その想いに応えるように田植えを行ってくれる

参加者のみなさん

田んぼに関わってくれる多くの人がいるから

田んぼが成り立ち、里山の風景を守っていけるのだなと感じる一日でした♪

さて、次回は田んぼの草取りです!

 

参加者全員で協力して頑張りましょう!

 

カテゴリー:イベントの報告|公園の取り組み|里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

2017年5月28日

竹盆づくり&ソトカフェ in 里山(5/7)

 

 

みなさん、こんにちは!

 

長野修平先生(ネイチャーワークスを講師に迎え

 

「竹盆づくりとソトカフェ」イベントが開催されました♪

 

 

この竹盆作りはなんと!

 

里山の竹を使って、鉢を自分で作るところから始まります☆

 

竹は増えすぎると…陽が入りにくくなり、風通しも悪くなってしまいます。

 

結果、竹林内の植生や多様性に悪い影響を与えます。

 

 

 

よって、竹盆を作ることは里山の景観を守ることにも繋がるのです♪

 

 

 

 

それでは!参加者のみなさんと竹林へレッツゴー☆

 

実際の竹をみながら、竹の特徴や伐り方の説明を受けます。

 

 

 

伐った竹をみんなで運搬し、

 

長野先生から作り方をレクチャーしてもらいます。

 

 

 

どんな大きさに切ろう…悩みますね♪

 

 

 

鉢の底も工夫しながら、切っています。道具の使い方難しい!という声も…。

 

 

 

 

完成した鉢をもって、青い空のもと

 

公園の概要やボランティア活動の話をしながら

 

いざ!雑木林の中へ♪

 

 

 

自分だけの竹盆を作るため

 

コケ・コナラの実生・ジャノヒゲなどを鉢に植え込みます♪

(※今回の作業は講座の一環で行いました。

都立公園内での動植物の採取は禁止されています

 

 

 

これで竹盆の完成です♪♪

 

 

 

竹盆ができたら、さらに雑木林の奥へ…

 

 

ソトカフェの開店です♪

 

 

 

木々が暑い日差しを和らげ、涼しい空気を感じながら

 

おいしいケーキと冷たいジャスミンティーとともに

 

竹盆を囲んでソトカフェ♪

 

 

 

すべての工程を自分で行った

 

世界にひとつのオリジナル竹盆たち☆

 

 

 

 

今回の竹盆ソトカフェイベントでは

 

竹を伐るところから始まることを知り驚いた!という声や

 

リフレッシュできました!という声が聞かれました。

 

 

 

 

 

 

この里山のなかで感じた自然への気持ちを

 

自分だけの竹盆を見ながら思い出してくださいね♪

 

 

 

ありがとうございました!

カテゴリー:イベントの報告|里山体験

2017年5月27日

手揉み茶づくりイベント開催しました!(5/14)

新緑も鮮やかに、新茶の季節ですね。

里山民家では、

手揉み茶をつくるイベントを開催しました。

 

9:3016:30という、イベントとしては異例の長時間作業。

指導してくださるのは

「東京狭山茶手揉み保存会」の山本正美先生。

サポートしてくださるのは、

公園ボランティアの「お茶隊」の皆さんです!

 

まず、公園の茶畑へ行って、お茶摘み体験。

公園ボランティアも集結して一緒に摘みます。

柔らかな芽を摘む作業にいつしか没頭。

 

茶葉が集まったら里山民家へ運び、

どんどん計って蒸します。

手馴れたお茶隊メンバーが大活躍。

新しく参加したメンバーも混じって、作業を進めます。

 

お昼前、茶畑から戻ったら

いよいよ手揉み茶作りの開始!

約8つの工程を経て、お茶は完成します。

これからが長い道のりです。

 

山本先生の手の動きを真似てみますが・・・

なかなか思うようにはできません。

 

そこは

お茶隊の皆さんが丁寧にサポートします。

 

参加された方の中には、

昨年体験し、リベンジで今年も参加した、という方も。

それだけ奥が深いのです。

 

さあ、いよいよ終盤。

手つきが複雑になり、

伝える方も学ぶ方も、一層熱が入ります。

がんばれ~!

 

そして!!

夕方の4時。

ようやくお茶が完成!!!

 

みんなで味わったお茶の美味しかったこと♪

香りも味も濃く、力強さが感じられるお茶ができました。

 

参加された皆さんからは

・工程の多さに驚き、所作の美しさに感激しました。

・全ての体験が驚きと喜び、とまどいと、楽しい一日でした。

などのお声をいただきました。

 

ご協力くださった

「東京狭山茶手揉み保存会」の皆さん、

公園ボランティア「お茶隊」の皆さん、

本当にありがとうございました!!

 

公園では、他にも様々なイベントを開催しています。

詳しくは、公園のホームページをご覧ください。

http://www.sayamaparks.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:イベントの報告|里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

2017年5月18日

「里山春祭り(4/30)」

昨年と変わらない青空の下

今年も春祭りを開催しました!!

 

 

 

 

毎年大盛況のお祭りですが

今年は来園者853名でした!

昨年よりは減ったものの、

それを感じさせないくらい賑わっていました♪

会場には色んなブースが並び、

各コーナーとも大盛況!

まず、今年初のコーナー「里山の生きもの紹介」

 

 

 

ボランティア活動「生き物倶楽部」の皆さんが

前日に採取した魚やヤゴなどたくさんの生き物を

子供や大人に丁寧に説明してくれました☆

オニヤンマのヤゴ

とても大きかったです!!(右)

 

 

こちらは、

参加者がたぬぽんに変身!!

「里山スタンプラリー」。

 

 

 

大人も子供も顔ペイントでたぬぽんになってから

公園内にあるスタンプ5か所を巡りました!

見渡すとたくさんのたぬぽんに化けた人がいっぱいでした~

「里山クラフトコーナー」では、

小枝でえんぴつ作り♪

 

公園で採取した材料を使い

お父さん、お母さんと一緒に

えんぴつ上手に削れたかな?

また

「茶摘み&手もみ茶体験♪」では、

午前午後合わせて

29名の一般参加者が実際に

茶摘み、簡単手もみ茶作りを体験しました。

 

 

茶の摘み方をレクチャーしています!

 

 

早速、茶摘み体験スタート!

 

 

次は作業小屋に戻って

摘み立てのお茶で

手もみ茶体験!

最後は全員で試飲できました♪

民家前では、草だんごのふるまいも行われ、

ボランティア活動「伝統食つたえたい♪」が

中心になってたくさん作ってくれました☆

来園者の皆さんも大喜びでした。

 

 

 

 

この他にも、

夢こいのぼり、里山こいのぼり、マキ割り体験コーナー

昔の遊びコーナー、里山ギャラリー、里山ガイドウォーク

里のお土産コーナー、かまど、野の花ミニガイド

など、どこも大賑わいでした!

そして、今年も

“武州村山太鼓むつき会”の皆さんによる太鼓の演奏が

力強い音でお祭りを盛り上げてくださいました!

 

 

 

さらに、

“西多摩マウンテンバイク友の会”の皆さんには

事前準備から

駐輪場の案内と、春祭り開催の広報、

そして

公園内の自転車マナーアップの呼びかけと、

たくさんご協力いただきました♪

 

 

ボランティアの皆さんや協力団体の方々の

熱意と協力のおかげで

里山春祭りが無事成功しているということを

本当に実感しました。

来年の春祭りも一丸となって盛り上げていきましょう♪

 

 

 来園者の皆様、ボランティアの皆様、

ご協力いただいた団体の皆様、

本当にありがとうございました!!

 

カテゴリー:イベントの報告|里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

2017年5月5日

みんなで♪竹林整備! (4/15,4/23)

今年も竹林整備を行いました!

 

里山の景観の美しさを維持していくためには、

竹林整備はとても大事な活動です。

 

 

 

なぜなら…

 

竹は生命力がたいへん強く、手入れをしないと

新しく育った竹と古い竹が密生し、

 

・地面に陽が当たりにくくなる

・他の植物が育たない

・生物の多様性に影響

・蚊やハエなどの害虫が大量発生

・人に害を及ぼす有害鳥獣の隠れ家になる

・暗くうっそうとし、景観が悪くなる

 

などなど問題が起こってしまいます。

 

 

 

そのため!

 

若い竹(タケノコ)を掘ることは

竹の増えすぎを抑え、

里山の景観を守ることにつながっていくのです♪

(※今回の整備はボランティア活動の一環で行いました。

都立公園内での動植物の採取は禁止されています)

 

 

 

 

先輩ボランティアによる

デモンストレーションの後に、

さっそくタケノコを掘ろう♪

 

 

 

 

 

 

熊手で落ち葉をかき分けて、タケノコの頭を見つけたら…

くわやスコップを使いタケノコの根元を出して

タケノコを傷つけないよう、少しづつ慎重に掘り出します。

 

 

 

 

おっと!生きもの発見!

 

 

 

これから産卵をしにいく、シュレーゲルアオガエルがいました♪

湿地近くに、やさしく置いてきました。産卵頑張って~!

 

 

 

 

 

 

さてさて、タケノコ掘りはどうかな?

 

 

 

 

 

 

やった!みんなで協力してたくさんタケノコが取れたよ♪

 

 

 

今年は、

不作の年と言われていますが、みんなの頑張りのおかげで

大中小合わせて合計339本を収穫!

 

 

 

 

 

採れたタケノコは、

“伝統食つたえたい♪”のみなさんにより美味しい煮つけにされ、

来園者の方に味わっていただきました♪

おいし~い!の声があちこちから聞こえました♪

 

 

 

 

また、

「都立公園サポーター基金」にご協力くださった方を中心に、

里山のお土産として持ち帰っていただきました。

 

 

これで、今年も里山竹林の美しい景観が保てます!

ボランティアの皆様、お疲れ様でした!

カテゴリー:イベントの報告|野山北・六道山公園ボランティア

2017年4月22日

田んぼの荒起こしスタート!(4/16)

田んぼ作業の最初の活動、「荒起こし」が始まりました!

 

荒起こしとは田んぼの土を耕し、

稲が元気よく育つのに必要な空気を

土に送ることを目的としています。

 

 

この日は講師である岸田んぼ会、公園ボランティア、

「じっくり田んぼコース」の参加者、

公園スタッフ合わせて約150名で作業しました!

 

 

昨年を大幅に超える参加者で

田んぼも賑わいました♪

 

 

まずは下準備。

田んぼに肥料を撒くところから開始です!!

 

 

親子三人で力を合わせて元気よく撒いていますね♪

 

 

次は、本番!

荒起こし開始です!

参加者全員が

一生懸命に鍬(クワ)を振り下ろしていました。

午後は公園スタッフも総出で荒起こしを行い、

お米の大切さや、

美味しさの秘訣を体感することができました。

 

 

お父さん、お母さんに教わりながらの作業、

上手にできました♪

 

 

午後には、パークレンジャーによる

「里山発見プログラム」も開催!

 

 

たくさんの子どもたちが参加してくれました☆

この日は夏日でとても暑い日でしたが、

天気にも恵まれ無事に荒起こしを終えることができました!

 

 

参加してくれたみなさん、

ありがとうございました!

いよいよ田んぼの1年が始まります。

みんなで一緒に頑張りましょう☆

 

 

 

 

カテゴリー:イベントの報告|公園の取り組み|里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

2017年2月2日

里山×Slow life 冬竹でつくるキッチン雑貨を開催♪ (1/28,29)

抜けるような冬の青空の下、“里山×Slow life 冬竹でつくるキッチン雑貨”が

開催されました!今回はなんと2日間の連続講座♪

都内23区や近隣県から、男女合計17名がイベントに参加しました!

 

講師はおなじみ、ネイチャークラフト作家の長野修平氏。ネイチャーワークス

まず最初は、竹の伐採デモンストレーション。

この竹から、食卓を演出する、取り箸、取り分け用の

スプーンとフォークセットを作ります。

(※講座用に特別に採取しています。公園で動植物の採取は禁止されています。)

 

まずは、竹を分割して、基本となる竹箸作り!

ナタやクラフトナイフなどの道具に慣れながら、

竹という素材とじっくりと向き合っていきます。

 

そして、竹箸の次は、取り分け用スプーン作りです!

まず、めいめいに材を切っていきます。

削る作業に苦労する、根元の肉厚な部分を選ぶチャレンジャーも!

1日目の終わりの講評タイムでは、完成した箸とスプーンの原型を

手元に、感想発表★

2日目に向けても、みなさんのやる気が伝わってきました!

 

そして迎えた2日目♪

スプーンの仕上げについてのレクチャーから始まります★

裏側を平のみで削って、角度をつけていきます。

講師の手つきを見るみんなの目は真剣そのもの!

早速各班に分かれて、もくもくとスプーン作りが始まります!

だんだんかたちが見えてきました♪

それぞれにこだわりがあって、素敵ですね!

スプーン作りが終わった方は、フォーク作りにもトライ★

先端部の分かれ目はドリルで穴を開けて、溝を作っていきます。

そしてあっという間に2日目も終わりの時間に・・・。

それぞれの作品をテーブルに並べて、みんなで感想共有♪

同じスプーンとフォークでも人それぞれ♪

感想からは、「竹を切るところから体験でき、家で使えるものを作れてよかった」、

など満足した声が挙がりました★

最後にみんなで記念撮影★

日本人が古くから親しんできた“竹”という身近な素材について、

2日間の体験を通してじっくりと学びを深めることができました!

 

これからも、それぞれの暮らしの中で使いながら、

里山の自然を感じてもらえれば幸いです♪

講座をサポートして下さったボランティアのみなさん、

どうもありがとうございました!

 

***********************************

都立野山北六道山公園では、

平成29年度の公園ボランティアを募集中です!

 

自然が好きな方、里山の恵みを活用したい方、

伝統文化を学びたい方など、どなたでも大歓迎です★

私たちと一緒に里山の風景を作っていきませんか?

まずはぜひ、登録ボランティア説明会に参加してみてください♪

★★お申し込み・詳細はこちらから★★

みなさんのご参加を心よりお待ちしています!!

***********************************

 

カテゴリー:おすすめ|イベントの報告|里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

2017年1月4日

冬の雑木林で落葉かき♪(12/23)

前日の雨から一転、快晴となった里山民家では「里山キッズレンジャー」が開催されました。里山の自然や文化を体験してもらうため、前半は冬の生きものを探し、後半は雑木林で落葉かきを行います。17組54名の親子と一緒に、さっそく冬の里山へ出発!

 

 

冬の生きものを探すため、雑木林にやって来ました。先月まで一面を彩っていた紅葉も、あっという間に落葉し、見通しが良くなっています。

落葉かきにちなみ、落葉と関係がある生きものを探しました。

 

ダンゴムシやミミズなどの生きものは、落葉を食べて分解し、その糞がやがて栄養満点の土“腐葉土”となります。さらにその中には、子どもたちのヒーロー、カブトムシの幼虫が暮らしています。どのくらいの大きさに育っているか、みんなで探してみました。

子どもたちの手に余るほどの、大きな幼虫がたくさん見つかりました♪

腐葉土はこんな大きなカブトムシが育つ場所なのですね。栄養も多いはずです。昔から里山では、腐葉土を畑や田んぼにまき、栄養のある土を使って食べ物を作っていました。

 

さて、後半は腐葉土を作るための落ち葉かき体験です。昔ながらの方法で落葉を集めます。その前に準備体操です♪

 

農家に修行に行った杉山レンジャーは、落葉集めが大得意!すごい量を持っています。みんなも杉山レンジャーに負けないように集めましょう!

 

 

みんなお上手ですね!杉山レンジャーに負けていません!

 

大人たちは熊手で落葉を集め、小さな山を作ります。

その山を、子どもたちが体をいっぱいに使って運びます。

 

まずは落葉をブルーシートに集めてもらいます。いっぱいになったら、今度はみんなで協力して“落葉溜め”に運びました。

 

 

ブルーシート以外にも、色々な道具を使いました。

例えばこちらは、昔ながらの背負いかごです。

 

フゴという袋も使いました。中に入って落葉を押しつぶす子どもたち。お風呂に入っているみたいですね♪

 

 

夢中になって集めているうちに、こんなにも落葉がたまりました。

みんなで記念撮影です♪

 

せっかくなので、集めた落ち葉で存分に遊びましょう!

 

いつのまにか、全身が埋まってしまうほどの落葉が集まっていたのですね!!

 

 

最後は、公園ボランティアが育てたサツマイモを蒸かして食べました。美味しいサツマイモを育てるためには、腐葉土が欠かせません。まさに里山の恵みです。

体を動かした後のサツマイモは、格別な美味しさでした♪

 

 

 

みんなのおかげで、栄養のある腐葉土ができそうです。それだけではなく、雑木林にくらすカブトムシたちも、居場所が増えて喜んでいることと思います。来年は、より美味しいサツマイモと、たくさんのカブトムシが見られるかもしれませんね♪

 

レンジャー  白鳥勝也

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:イベントの報告|レンジャー発 公園トピックス|里山体験

2016年12月28日

里山の恵みに感謝♪ 収穫祭(12/11)

里山民家の三大祭りと言えば、

春祭り、秋祭り…そして収穫祭!

 

この日は、

みんなで1年かけて育てたお米や野菜などの

里山の恵みを分かち合い、感謝する日です。

 

まずは、

田んぼの活動で指導いただいている

「岸田んぼ会」がもちつきのデモンストレーションを行いました。

 

会場からは

「ヨイショ!ヨイショ!」

という掛け声が響き渡ります♪

 

ついたお餅は

醤油、磯辺、大根おろし、きな粉、あんこ

に味付けされ、

公園の畑でボランティアが一生懸命育てた野菜を

使ったけんちん汁とともに、来場者へふるまわれました。

 

 

里のお土産のコーナーでは、

ボランティアが育て収穫した

ダイコン、サツマイモ、サトイモ、コマツナ、

園内のみかん畑で収穫したみかん、

その他公園の資源を活用した竹細工やわら細工作品など、

たくさんのお土産が並びました★

 

また、

パークレンジャーによるガイドウォークも行われ、

100人もの参加者が

「里山の暮らしと自然を巡ろう!」をテーマに、

宮野入の生きものや文化に触れました。

 

会場脇の作業小屋では

地元の「岸重松囃子保存会」によるお囃子や足踊りなどの演奏があり、

お祭りを一緒に盛り上げてくれました★

 

案山子コンテストの表彰式では

8月末に作った22体の案山子の中から

入賞した案山子を作った方へ表彰を行いました。

どれも個性豊かな案山子で

田んぼの稲をしっかりと守ってくれました★

 

そして、

収穫祭の締めくくりは抽選会!

来場した人の中から抽選で5名の方に、

素敵な里山の恵みセットをプレゼントしました♪

 

 

収穫祭のサポートを頂いた公園ボランティアのみなさん、

岸重松囃子保存会、西多摩マウンテンバイク友の会、ペルジタ、のみなさん

お疲れ様でした!

 

この1年、

一緒に公園で里山の風景作りを行ってきたみなさんと、

里山の恵みに感謝しながらお祝いができた収穫祭でした♪

本当にありがとうございました!!

 

また、

現在都立野山北六道山公園では、

平成29年度の公園ボランティアを募集中です!

 

自然が好きな方、里山の恵みを活用したい方、

伝統文化を学びたい方など、どなたでも大歓迎です★

私たちと一緒に里山の風景を作っていきませんか?

詳しくは、下記より登録ボランティア説明会についてをご覧ください♪

◆詳細とお申し込みはこちら

みなさんのご参加を心よりお待ちしています!!

 

カテゴリー:イベントの報告|里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

所在地・アクセス

さやマップGIS

野山北・六道山公園インフォメーションセンター
TEL 042-531-2325 (9:00 ~ 17:00)
〒208-0032 東京都武蔵村山市三ツ木4-2

  • ■ インフォメーションセンターへ行く
  • ■ 里山民家へ行く
  • ■ あそびの森・冒険の森へ行く
  • ■ 六道広場へ行く

野山北・六道山公園インフォメーションセンター
(管理所)へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約50min)

  • 立川駅北口 立川バス1番乗り場
  • 『箱根ヶ崎駅』or『三ツ藤住宅』行き
  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約30min)

  • 『立川駅北口』
  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

多摩モノレール 上北台駅から(約35min)

  • 市内循環バス『上北台ルート』

  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

西武拝島線 東大和市駅から(約45min)

  • 都営バス『青梅車庫』行き
  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

野山北・六道山公園 里山民家へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約60min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 10分

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約20min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 10分

多摩モノレール 上北台駅から(約35min)

  • 市内循環バス
  • バス停『市民総合体育館入り口』下車

徒歩 10分

西武拝島線 東大和市駅から(約55min)

  • 都営バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 10分

野山北・六道山公園あそびの森・冒険の森へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約50min)

  • 立川バス
  • バス停『横田』下車

徒歩 15分

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約35min)

  • 立川バス
  • バス停『横田』下車

徒歩 15分

多摩モノレール 上北台駅から(約20min)

  • 市内循環バス
  • バス停『かたくりの湯』下車

徒歩 10分

西武拝島線 東大和市駅から(約40min)

  • 立川バス
  • バス停『横田』下車

徒歩 15分

野山北・六道山公園六道広場へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約90min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 里山民家経由

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約50min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 里山民家経由

多摩モノレール 上北台駅から(約65min)

  • 市内循環バス
  • バス停『市民総合体育館入口』下車

徒歩 里山民家経由

西武拝島線 東大和市駅から(約85min)

  • 都営バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 里山民家経由

車をご利用の場合

駐車場は無料です。
駐車場スペースには限りがありますので、公共の交通機関をご利用ください。

  • 赤坂駐車場 34台(身障者用4台)
    • ・利用時間 9:00〜16:00(3〜9月は16:30)
    • ・青梅街道「宿」交差点より約5分
  • 里山民家駐車場 40台
    • ・利用時間 9:00〜16:30(3〜9月は17:00)
  • 野山北公園運動場駐車場 103台(身障者用3台)
    • ・利用時間 8:00〜18:00
  • 石畑駐車場 23台(うち身障者用1台)
  • 天王山東台駐車場 19台
  • 夕日台駐車場 21台
  • 峰田駐車場 16台

パンフレットダウンロード

都立野山北・六道山公園パンフレット

ダウンロード

野山北・六道山公園のパンフレット(PDF)約10MB

パンフレットはA3サイズで作成しています。
印刷の際は、ご利用のプリンタに合わせて用紙設定の変更をお願いいたします。

  • 里山民家15年のあゆみ