野山北・六道山公園だより

ホーム > 野山北・六道山公園 > 野山北・六道山公園だより > 生きもの情報

2021年5月12日

春から初夏へ

まだまだお出かけするのが難しい状況が続きますが、

公園の“今”をブログを通して感じていただけたら嬉しいです。

 

新緑の若葉がまぶしかった春先から、

5月に入り、雑木林の林内は茂った葉に覆われて

光と影のコントラストが強くなってきました。

雑木林の林床で先日まで花の盛りだったキンラン。

花期は終わりに近づき

季節の移ろいの早さを感じます。

そんな中、林内では次の季節を待つ木々たちが

蕾をつけたり花を咲かせたりしていますのでご紹介します!

 

小さな花をまとまって咲かせるガマズミ。

枝先にラッパ状の花を房のように咲かせるイボタノキ。もうすぐ咲きそうです!

下向きに星形の花を咲かせるエゴノキ。

今回ご紹介した木の花はみんな白色の花を咲かせます。

初夏の緑の中で白色の花がよく映えています!

 

皆さんのご自宅の周りでも見られるでしょうか。

ぜひ探してみてくださいね!

カテゴリー:レンジャー発 公園トピックス|生きもの情報|見ごろ情報

2021年5月3日

田んぼの春

お出かけを控えなければならない時期ですが、少しでも自然を感じてもらうためにブログで生きものをご紹介します!

 

暑さを感じるような陽気の日も出てきました。

雨の降った翌日、

宮野入谷戸では緑が一段と濃くなったように感じます。

足元に目をやると、田んぼのあぜ道では色々な花が開花して

とても華やかです♪

 

ムラサキサギゴケや

オオジシバリ、

背の高いオニタビラコも開花しています。

まさに花道♪

 

カルガモのペアの姿も。

見張りをする1羽の横でもう1羽はむしゃむしゃ餌を食べていました。

 

初夏の陽気の日も増え、あちこちで生きものや植物が動き出し、

田んぼや雑木林はとても賑やか♪

皆さんの周りではどんな生きものや花が見られるでしょうか。

ぜひ探してみてくださいね!

カテゴリー:おすすめ|生きもの情報|見ごろ情報

2021年4月24日

ツツジの秘密

緑の濃くなった雑木林の中でひときわ目立つのがヤマツツジ。

朱色の花を各所で咲かせています。

1つ1つの花を見てみると、

花びらに点々と模様が入っているのが分かります。

これは、蜜をなめる昆虫たちへ

「ここに蜜があるよ!」というメッセージ。

これを目印に、主に大きな蝶の仲間たちがやってきます♪

 

さらに花をよーく見てみると…

おしべの先に花粉が付いているのが見られます。

実はこの部分には秘密があります!

花粉の付いている部分を触ってみると…

花粉のついた、粘り気のある糸状のものがするすると出てきます。

これが、やってきた昆虫に絡みつきます。

そうして、昆虫に花粉を運んでもらうのです!

 

暖かくなって、あちらこちらでいろいろな花が開花しています。

ぜひやってくる昆虫にも注目して見てみてくださいね♪

 

※都立公園では動植物の採取ができません。生息地にいる様子をお楽しみください。

また、観察するときは園路から外れないようにお願いします!

マナーを守って今しか見られない植物たちの姿をお楽しみください♪

 

カテゴリー:おすすめ|生きもの情報|見ごろ情報

2020年12月17日

「野山北・六道山公園 里山民家 生き物情報(12/16)」

今朝は、うっすら霜が降りていました。

もうすっかり冬ですね。

今の時期は、木の葉が落ち、少し寂しくも感じられますが

冬も自然のおもしろさにたくさん出会えます。

 

本日は、里山民家周辺で見られる冬鳥をご紹介します。

 

こちらはジョウビタキのメスです。

 

オスに比べると少し地味ではありますが、

体から尾にかけて鮮やかな橙色が美しいです。

 

「ヒッヒッ」と細い声で鳴き、かわいらしく尾を振ります。

ぜひ鳥の声を聴きながら、冬の公園をゆっくりと歩いてみてくださいね。

 

※現在、公園では野鳥観察マナーアップキャンペーンを実施中です。

マナーを守って、人も鳥も快適に過ごせる公園づくりにご協力をお願いします。

 

カテゴリー:生きもの情報|見ごろ情報

2020年9月11日

シマヘビの食事

皆さん こんにちは。

 

本日は

野山北・六道山公園で見かけた生き物の様子をご紹介します。

ちょっとショッキングな画像もありますので、

ヘビが苦手な方はご注意ください。

 

巡回をしていてシマヘビを見つけました!

しかしよく見ると

尻尾が2つあるように見えて、様子がおかしいことに気づきました。

なんとこのシマヘビ、ヒガシニホントカゲを捕まえて

食べようとしているところでした。

 

写真をよく見ると口元からヒガシニホントカゲの顔がみえます。

 


少し離れたところから様子を見ていても

採食中はその場から動かなかったシマヘビですが、

飲み込んだ後はスススーッと藪の中へ帰っていきました。

 

ヒガシニホントカゲの命がシマヘビの命に代わってゆく瞬間を

目の当たりにした時間でした。

 

 

シマヘビは気性が荒いと言われており、

捕まえようとすると噛みついてくる事もあります。

見つけたら、刺激になるようなことはせずに

そっと観察してくださいね。

カテゴリー:生きもの情報

2020年9月10日

何の花に似ている?

皆さん こんにちは。

 

先日、ヘクソカズラやセンニンソウのご紹介をしましたが、

今の時期、中藤公園ではつる植物がぐんぐんと茂っています。

 

今回は、そんなつる植物の1種、ヒヨドリジョウゴをご紹介します。

この花、何かの野菜の花に似ていないでしょうか…?

 

 

 

ヒヨドリジョウゴはナス科の植物なので

同じナス科の野菜のトマトやピーマンに花が似ていますね。

 

大きく反り返った花びらも特徴の一つですが、

飛び出したおしべも目をひきます。

公園では、他にもナス科の植物がよく似た花を咲かせていますが、

ヒヨドリジョウゴは、この雄しべの黄色と紫色がポイントです!

 

花が見られるのは8~9月の間なので、

ぜひ、探してみてくださいね♪

カテゴリー:中藤公園|生きもの情報|見ごろ情報

2020年9月9日

群青色の実の持ち主は…

皆さん こんにちは

 

今回は最近色づいてきた実をご紹介します。

深い赤紫や群青色の実が美しいですね。

まだ花も付いている様子が見られるこの植物、

ある野菜の名前がついています。

 

ヒントは葉っぱです!

皆さんお見かけしたことがあるでしょうか。

 

この植物、名前をヤブミョウガと言います。

葉っぱがミョウガに似ています。

 

ヤブミョウガは、このように木々の下の薄暗い場所で群生しています。

花は白く半透明で、まるでガラス細工のような美しさです。

 

 

群青色の実が目を引くヤブミョウガ、

花期は終わりに近づいていますが、見つけたらぜひ花も探してみてくださいね。

カテゴリー:中藤公園|生きもの情報|見ごろ情報

2020年9月3日

白いプロペラ

今回は中藤公園で見られる植物をご紹介します!

 

この時期、ヘクソカズラ同様にフェンスや周りの植物にツルを絡ませ茂る植物です。

 

この植物、「センニンソウ」と言います。

漢字で書くと「仙人草」。

 

4枚のプロペラのようなガクが特徴です。

 

葉っぱを茂らせ、花芽が沢山ついて可愛らしい見た目のセンニンソウですが…

葉っぱや茎にさわると、かぶれる事もあるそうなので、

見て楽しんでくださいね。

 

 

カテゴリー:中藤公園|生きもの情報|見ごろ情報

2020年9月1日

「野山北・六道山公園 里山民家 夏の植物情報(8/28)」

まだまだ暑い日が続きますが、
朝晩は気温が少し下がるようになり

夏の終わりを肌で感じるようになってきました。

里山民家の周辺では夏の終わりに似合う

繊細でどこか懐かしい花が咲いています。

 

こちらはヌスビトハギ。

独特な名前の由来は、実が泥棒の足跡に似ている、

気づかないうちに種が人にくっつくから、など諸説あります。

名前に似合わず、淡いピンク色の可憐な花をつけます。

 

次はゲンノショウコ。

下痢止めなどに効き、「飲めばすぐに効く、証拠が現れる」を

意味する名前がついています。

足元にささやかに白い花をつけていました。

 

最後はセンニンソウ。

果実に白くて長い毛がつき、
仙人のヒゲのようであることからその名前がつきました。

茎や葉をさわるとかぶれを起こすこともあるので
目で見て楽しんでくださいね。

 

見つけた植物について

よく調べると面白い発見があるかもしれません。

 

※公園内の植物や生きものは持って帰ることはできません。

観察にとどめてください。

カテゴリー:生きもの情報|見ごろ情報

2020年9月1日

「野山北・六道山公園 里山民家 夏の生き物情報」

本日は、里山民家周辺で見つけた美しい生き物をご紹介します。

こちらはアカアシオオアオカミキリ。

体全体が金色がかった緑色で、とても美しいカミキリムシです。

クヌギの樹液などに集まります。

 

見る角度や光の加減でいろんな表情を見せてくれます。

次は、ヤマトシリアゲの雄。

雄は腹の先にハサミがついています。

このべっこう色の個体は夏に見られます。

春に見られるものは黒色です。

正面から見てみると、黒く丸い眼と細長い口が
なんともユニークな顔をしています。

翅(ハネ)も光沢があって美しいですね。

 

生き物はじっくり観察していると、いろんな発見がありますね。

みなさんもお散歩しながら、

虫たちをさまざまな角度で見てみてください。

 

※公園内の植物や生きものは持って帰ることはできません。

観察にとどめてください。

カテゴリー:生きもの情報

1 / 2012345...1020...最後 »

所在地・アクセス

さやマップGIS

野山北・六道山公園インフォメーションセンター
TEL 042-531-2325 (9:00 ~ 17:00)
〒208-0032 東京都武蔵村山市三ツ木4-2

  • ■ インフォメーションセンターへ行く
  • ■ 里山民家へ行く
  • ■ あそびの森・冒険の森へ行く
  • ■ 六道広場へ行く

野山北・六道山公園インフォメーションセンター
(管理所)へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約50min)

  • 立川駅北口 立川バス1番乗り場
  • 『箱根ヶ崎駅』or『三ツ藤住宅』行き
  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約30min)

  • 『立川駅北口』
  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

多摩モノレール 上北台駅から(約35min)

  • 市内循環バス『上北台ルート』

  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

西武拝島線 東大和市駅から(約45min)

  • 都営バス『青梅車庫』行き
  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

野山北・六道山公園 里山民家へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約60min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 10分

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約20min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 10分

多摩モノレール 上北台駅から(約35min)

  • 市内循環バス
  • バス停『市民総合体育館入り口』下車

徒歩 10分

西武拝島線 東大和市駅から(約55min)

  • 都営バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 10分

野山北・六道山公園あそびの森・冒険の森へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約50min)

  • 立川バス
  • バス停『横田』下車

徒歩 15分

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約35min)

  • 立川バス
  • バス停『横田』下車

徒歩 15分

多摩モノレール 上北台駅から(約20min)

  • 市内循環バス
  • バス停『かたくりの湯』下車

徒歩 10分

西武拝島線 東大和市駅から(約40min)

  • 立川バス
  • バス停『横田』下車

徒歩 15分

野山北・六道山公園六道広場へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約90min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 里山民家経由

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約50min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 里山民家経由

多摩モノレール 上北台駅から(約65min)

  • 市内循環バス
  • バス停『市民総合体育館入口』下車

徒歩 里山民家経由

西武拝島線 東大和市駅から(約85min)

  • 都営バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 里山民家経由

車をご利用の場合

駐車場は無料です。
駐車場スペースには限りがありますので、公共の交通機関をご利用ください。

  • 赤坂駐車場 34台(身障者用4台)
    • ・利用時間 9:00〜16:00(3〜9月は16:30)
    • ・青梅街道「宿」交差点より約5分
  • 里山民家駐車場 40台
    • ・利用時間 9:00〜16:30(3〜9月は17:00)
  • 野山北公園運動場駐車場 103台(身障者用3台)
    • ・利用時間 8:00〜18:00
  • 石畑駐車場 23台(うち身障者用1台)
  • 天王山東台駐車場 19台
  • 夕日台駐車場 21台
  • 峰田駐車場 16台

パンフレットダウンロード

都立野山北・六道山公園パンフレット

ダウンロード

野山北・六道山公園のパンフレット(PDF)約10MB

パンフレットはA3サイズで作成しています。
印刷の際は、ご利用のプリンタに合わせて用紙設定の変更をお願いいたします。

  • 里山民家15年のあゆみ