野山北・六道山公園だより

ホーム > 野山北・六道山公園 > 野山北・六道山公園だより > 生きもの情報

2014年4月1日

お気に入りスポット探し

 4月に入り、いよいよ春本番!

春は桜だけでなく、足元にもたくさんの花が見られる季節です。

桜沢の園路脇では、ホトケノザが可愛らしいを咲かせていました。

中にはこんなに一面に花を咲かせているところも!

また一つ、お気に入りのスポットが増えました!

みなさんもぜひ、春の公園で自分だけのお気に入りスポットを探してみてください!

 

 

杉山レンジャー

 

カテゴリー:生きもの情報|見ごろ情報

2014年3月31日

めざめの春

春らしく暖かい日差しの中を歩いていると、

階段の木材の下に開いた穴から何かが顔を出し、

こちらの様子を伺っていました。

 

しばらく観察していると、

中からオスのニホントカゲが出てきました。

 

ニホントカゲのオスは3月初旬ころに冬眠から目覚め、

12ヵ月ほど遅れて目覚めるメスを待ちます。

 

植物も賑やかになってきましたが、

トカゲやカエル、チョウにハチなど、

様々な生きものたちもたくさん見られるようになってきました。

 

杉山レンジャー

カテゴリー:生きもの情報

2014年3月21日

ウグイスが鳴く頃に

先日、「梅と鶯」について投稿しましたが、他にも鶯と花をかけた

ものがあります。その名もウグイスカグラ(鶯神楽)。

 

ウグイスの鳴く時期に花が咲くことからこの名が付きました。

 

では、なぜカグラ(神楽)なのでしょうか?

 

ウグイスが枝をよけて移動する姿を、神楽を舞うことに例えたとか、

ウグイスが隠れていたことから、「鶯隠れ」がなまったなど諸説ある

ようです。

 

いずれにせよ、花の暦や、その時期に見られる野鳥の姿を良く見ている

からこそ出てくる表現なのだと思いました。

 

 

園内を歩く際には、春の花と、さえずる鳥たちをぜひ探してみてください。

 

カテゴリー:生きもの情報

2014年3月13日

ガイドウォーク 「早春の里山を散策しよう!」

この日は、早春に見られる生きものを観察しました。

田んぼでイネをつくる事で、カエルやドジョウ達が元気になります!

 

田んぼ脇の水路で捕まえたドジョウ。

今は水路の土中で越冬しているけど、暖かくなったら田んぼの中にやってきます。

「早く田んぼに水が入らないかな~」

ニホンアカガエルとヤマアカガエルの卵を観察し、手で触れてみました。「ゼリーみたいだ!」

湿地に産みつけられたニホンアカガエルの卵。

ヘビに食べられないよう、まだ寒い時期に繁殖期を迎えるのがアカガエル達の知恵です。

トウキョウサンショウウオの卵も観察することができました。

ボランティアさん達が湿地の手入れをしているおかげで、ここを利用する生きもの達が元気になります。

人の活動によって生きも達の暮らしが豊かになる。

狭山丘陵はそんな場所なのです。

カテゴリー:ガイドウォーク|生きもの情報

2014年3月4日

エヶ入でも

先週の金曜日に宮野入でアカガエルの産卵を確認しましたが、

今日は北狭山やエヶ入でも少数ですが確認しました。

 

 

エヶ入谷戸の湿地は陸地化に伴い、昨年は全く見られなかった

のですが、今年は雪どけの水がかなりたまっていて、アカガエルが

産卵できるだけの水量が確保されたようです。

 

 

しかし、この水も一時的なものかもしれません。

 

エヶ入は年々、アカガエルの数が減っており、このままでは、

いずれ見られなくなってしまう可能性が高い場所です。

今回は、たまたま条件が良かったといわざるを得ない状況です。

 

 

エヶ入では湿地の再生を試みるため、3月中に一度、草刈りや

ヤナギの伐採などを行い、陸地化の進行を緩めるための作業を

行います。

今日見つけた卵塊は、作業で埋もれないように一時的に移動す

るなどの、何らかの措置をとりたいと思っています。

 

晴れた日には、アカガエルが鳴いているかもしれません。

 

ぜひ湿地を眺めてみてください。

 

カテゴリー:生きもの情報

2014年3月1日

冬の試練

冬になると、園内でタカが飛んでいる姿をよく目にするようになります。

 

歩いていると羽が散らばっていることもあり、それはタカが狩りを行い

食べられた鳥の食べ痕です。

 

宮野入などでは、実際に狩りをする場面に出会えることもあります。

キジバトを追っているのは若いオオタカです。

 

 

 

雑木林から、田んぼの上空を十数秒追い回しましたが、徐々に引き離され、

最後は逃げられてしまいました。キジバトも必死です。

 

成熟したオオタカであれば獲物の動きを読み、比較的短い時間で捕えますが、

この個体は、まだまだ狩りがうまくないようです。

 

 

 

 

キジバトやトラツグミにとっては、オオタカに襲われずに食べ物を見つけ、

生き残ることが冬場の試練です。一方でオオタカにとっては獲物を捕えな

ければ命を繋ぐことができません。

 

東京の身近な自然でも、こうした命のドラマが繰り広げられています。

 

 

 

カテゴリー:生きもの情報

2014年2月28日

春の声

2月~3月にかけて、雨上がりの気温が上がる条件の日には、

アカガエルが冬眠から目覚め、産卵をします。

 

昨日は雨が降り、今日は気温が18℃まで上がりました。

まさにそのような条件です。

 

宮野入に足を運ぶと、予想通り、中池から盛んに

アカガエルたちの声が聞こえてきました。

 

 

ヨシ原の所々で波紋が立ち、オスがメスを求めてカエル合戦をする姿も見られました。

今日の時点でまだ卵は見られませんでしたが、後日、きっと見つかることでしょう。

今後もモニタリングをしたいと思います。

 

人の気配を感じると鳴き止んでしまいますが、そっと近づけばその姿を見られます。

ぜひ、観察をしてみてください。

(※通路を外れての湿地内への立ち入りや、生きものや卵の捕獲はご遠慮ください)

 

カテゴリー:生きもの情報

2014年2月22日

残雪と生き物たち

雪の影響か、野鳥たちは普段よりも食べ物に執着しているように感じられます。

あまり逃げていきません。宮野入ではルリビタキが間近に見られました。

どうやらフユシャクを狙って食べているようです。

(ルリビタキ)

 

特に雪どけに鳥たちが集まっています。

何か実を見つけたようで、口いっぱいにほおばっていました。

(アオジ)

 

一般駐車場から里山民家の残雪の上には、あまり見かけない足跡がありました。

(ウサギと金本レンジャー)

 

足跡のならびや、形から、ノウサギのようです。

(ウサギ)

 

生き物にとって厳しい冬ですが、その見え方が普段と違って面白いことがあります。

ご来園の際には、普段との違いをぜひ探してみてください。

カテゴリー:生きもの情報|見ごろ情報|里山体験

2014年2月12日

雪に残る足跡

先日降り積もった雪はまだまだ溶けず、

まるで雪国のような景色が広がる野山北・六道山公園。

遊びに来た人々の足跡に紛れて、見慣れぬ足跡がまじっていました。

 

こちらはニホンノウサギの足跡。

楕円形の跡が横に2つ並んでいる方が後足で、

縦に2つ並んでいる方が前足です。

公園を歩いていると、他にもタヌキや野鳥など

様々な生きものたちの足跡が見られました。

 

哺乳類はなかなか姿を見ることはできませんが、

彼らは私たちの暮らしのすぐそばで生きています。

 

雪で転ばないように注意しながら、

ぜひ生きものたちの足跡を探してみてください。

カテゴリー:生きもの情報

2014年1月27日

春を待つ

寒い冬、虫たちはさまざまな工夫をしながら春を待っています。

 

 

木に付いている枯葉のようなもの。良く見てください。

これは翅を閉じたルリタテハです。

 

春先、暖かくになると真っ先に動き出すチョウの仲間なのですが、

翅を開くと、とても綺麗な模様をしています。

 

 

今はじっと耐えている時期です。無事に春を迎え、また会える

のを楽しみにしたいと思います。

カテゴリー:生きもの情報

10 / 21« 先頭...89101112...20...最後 »

所在地・アクセス

さやマップGIS

野山北・六道山公園インフォメーションセンター
TEL 042-531-2325 (9:00 ~ 17:00)
〒208-0032 東京都武蔵村山市三ツ木4-2

  • ■ インフォメーションセンターへ行く
  • ■ 里山民家へ行く
  • ■ あそびの森・冒険の森へ行く
  • ■ 六道広場へ行く

野山北・六道山公園インフォメーションセンター
(管理所)へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約50min)

  • 立川駅北口 立川バス1番乗り場
  • 『箱根ヶ崎駅』or『三ツ藤住宅』行き
  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約30min)

  • 『立川駅北口』
  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

多摩モノレール 上北台駅から(約35min)

  • 市内循環バス『上北台ルート』

  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

西武拝島線 東大和市駅から(約45min)

  • 都営バス『青梅車庫』行き
  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

野山北・六道山公園 里山民家へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約60min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 10分

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約20min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 10分

多摩モノレール 上北台駅から(約35min)

  • 市内循環バス
  • バス停『市民総合体育館入り口』下車

徒歩 10分

西武拝島線 東大和市駅から(約55min)

  • 都営バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 10分

野山北・六道山公園あそびの森・冒険の森へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約50min)

  • 立川バス
  • バス停『横田』下車

徒歩 15分

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約35min)

  • 立川バス
  • バス停『横田』下車

徒歩 15分

多摩モノレール 上北台駅から(約20min)

  • 市内循環バス
  • バス停『かたくりの湯』下車

徒歩 10分

西武拝島線 東大和市駅から(約40min)

  • 立川バス
  • バス停『横田』下車

徒歩 15分

野山北・六道山公園六道広場へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約90min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 里山民家経由

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約50min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 里山民家経由

多摩モノレール 上北台駅から(約65min)

  • 市内循環バス
  • バス停『市民総合体育館入口』下車

徒歩 里山民家経由

西武拝島線 東大和市駅から(約85min)

  • 都営バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 里山民家経由

車をご利用の場合

駐車場は無料です。
駐車場スペースには限りがありますので、公共の交通機関をご利用ください。

  • 赤坂駐車場 34台(身障者用4台)
    • ・利用時間 9:00〜16:00(3〜9月は16:30)
    • ・青梅街道「宿」交差点より約5分
  • 里山民家駐車場 40台
    • ・利用時間 9:00〜16:30(3〜9月は17:00)
  • 野山北公園運動場駐車場 103台(身障者用3台)
    • ・利用時間 8:00〜18:00
  • 石畑駐車場 23台(うち身障者用1台)
  • 天王山東台駐車場 19台
  • 夕日台駐車場 21台
  • 峰田駐車場 16台

パンフレットダウンロード

都立野山北・六道山公園パンフレット

ダウンロード

野山北・六道山公園のパンフレット(PDF)約10MB

パンフレットはA3サイズで作成しています。
印刷の際は、ご利用のプリンタに合わせて用紙設定の変更をお願いいたします。

  • 里山民家15年のあゆみ