野山北・六道山公園だより

ホーム > 野山北・六道山公園 > 野山北・六道山公園だより > 生きもの情報

2012年7月31日

幅跳び金メダル! ニホンアカガエル

今回ご紹介するのは、ニホンアカガエル。

大人になると体長4~8cnになるカエルですが、今はまだ3cmほど。

でも、ジャンプ力がすごいんです!一回の飛躍は、30cmほどもあります。

ロンドンでは、オリンピックが開催されていますが

カエルのオリンピックがあったなら、幅跳びで金メダルでしょうね。

 

ニホンアカガエルは、2~3月頃になると山から下りてきて、水辺で卵を産みます。

オタマジャクシからカエルの姿に変わると、再び山へ帰り暮らします。

今はちょうど、水辺から山へ移り、一所懸命獲物をとって大人になる準備をしています。

山中の園内を散策されるときは、少し湿った草陰に注目です。

ピョーンと元気に跳ね回るニホンアカガエルに出会えるかもしれませんよ。

 

カテゴリー:生きもの情報

2012年7月31日

レモンイエローのトンボ

トンボと言えば、何色のトンボを思いうかべますか?アキアカネの赤、ギンヤンマの水色、

シオカラトンボの灰色。どれも日本の季節を彩る、魅力的な色ですね。

そして、あまり知られていませんが、レモンイエローの美しいトンボがいます。

 

これはキイトトンボ。東京都では絶滅が心配されているトンボです。

野山北・六道山公園には、こんな貴重な生きものが今も暮らしています。

公園にお出かけの際は、水辺や湿地まわりをのぞいてみてくださいね。

 

カテゴリー:生きもの情報

2012年7月30日

森の狐火(7/27)

キツネノカミソリが咲きはじめました。園内では、入山の保全区など一部のエリアにしか見られない花です。

 

キツネノカミソリには、早春にいちはやく葉を出して球根を太らせ、夏前には地上部を消失させて開花に備える特徴があります。公園ではその生態を活かした保全管理をおこない、年々株数が増えています。

 

 

(2011年8月10日撮影)

 

昨年の花盛りは8月初旬でした。

森の濃い緑、木漏れ日、浮きあがったオレンジ色の見事な対比に、唖然としたことを覚えています。あれが狐につままれる、という感覚なのでしょうか。昔の人は、この花を「狐火」に例えたともいわれます。

 

今年の花盛りも、概ね例年通りの時期になりそうです。公園にお越しの際には、森の狐火をご覧になってみてはいかがでしょうか。

 

(※保全区には、踏み荒らしを避けるために柵を設けています。柵内には立ち入らずにご鑑賞下さい。)

 

カテゴリー:生きもの情報

2012年7月28日

オオムラサキ

暑い日が続きます。

園内の木には樹液を出しているものがあります。

そんな樹液に誘われて、カブトムシやカナブンが集まっていました。

中には蝶もいます。

今日、赤坂谷戸で出会えたのは国蝶オオムラサキのメスでした。

 

オスとは違った渋い紫。

いつまでも見飽きません。

散策中に樹液の香りがしたら、辺りを探してみてはいかがでしょうか。

(※樹液には蜂が集まってきていることがあります。十分にご注意ください。)

 

カテゴリー:生きもの情報

2012年7月27日

日かげ道での出会い

じりじり照りつける太陽をさけ、林沿いの日かげ道を歩いていると、

ときどき、このチョウに出会うことがあります。

名前はトラフシジミ。

「虎斑(とらふ)」の名の通り、 翅の裏はしま模様で、表はとても美し

いブルーなのが特徴です。

 

散策の際には、道沿いの葉や花の上にも目を向けながら歩いてみてください。

運が良ければ、出会えるかもしれませんよ。

 

カテゴリー:生きもの情報

2012年7月27日

森の忍者 ナナフシモドキ

この写真にある生きものが写っています。分かりますか?

 

正解は、真ん中に見える、枝のような虫。

 

これは、ナナフシモドキという昆虫で、枝に擬態しています。

普段は樹の葉を食べていますが、ゆらゆらと、まるで小枝が

風に揺れているように、ゆっくり歩く姿を見かけます。

外敵に見つかると、前脚を伸ばし、さらに枝らしい形になります。

その際に、微妙に体を揺らしますが、その姿は、風にゆられる

枝を連想させます。

森の縁の部分などを歩いていると、風が強い日には、地面に

落ちていたり、いつの間にか、肩の上に乗っている事もあります。

(とてもおとなしい虫なので、その時は驚かずに、そっと降ろしてやってください。)

 

ナナフシモドキは、秋ごろまで見られますが、今の時期は、

小さな幼虫たちも見られます。

 

そこの地面や葉の上にある枝は、本当に枝ですか?

実はナナフシモドキかもしれませんよ。

ぜひ、散策しながら探して見て下さい。

カテゴリー:生きもの情報

2012年7月24日

夏の花いろいろ

梅雨が明けました。

本格的な夏が始まります。

この時期の林縁には、大きくて派手な花が咲き誇ります。

 

例えばヤマユリ。

花の大きさや派手さは、1年を通して随一。

見た目のインパクトだけでなく、むせかえるような甘いにおいも印象的です。

ちょうど今が花盛りです。

 

同じように今が盛りのオオバギボウシも見頃です。

たくさんの花が下から順に咲きあがります。

よく似たコバギボウシの開花はもう少し先です。

 

細田谷戸ではウバユリも咲きはじめました。

例年、1000株ほどの花が咲きます。

来週には一面のウバユリの花が楽しめそうです。

 

カテゴリー:生きもの情報

2012年7月24日

雨のヒグラシ

雨の日、生き物たちに出会う機会は少なくなる気がしますが、
雨の日ならではの出会いが待っていることもあります。


日中にも関わらず羽化をしたヒグラシに偶然出会う事が出来ました。

セミたちは夜に羽化をすることが多いのですが、
今日の午前中は雨で、気温が低く、林内が少し暗かったのが原因なの
かもしれません。

午後からは晴れ、このヒグラシは無事に体を乾かすことが出来たので
はないでしょうか。

皆さんにも、雨の中の散策では、普段と違う出会いが待っているかも
しれませんよ。

カテゴリー:生きもの情報

2012年7月20日

初夏の貴婦人 ヤマユリ

高根など、園内でヤマユリが咲き始めました。

緑が色濃い中に、白いドレスのような大きい花。

そして、うっとりと甘い香り。。。

まるで、貴婦人のようです。

ヤマユリは、薄暗い林のまわりに生えています。

初夏の香りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

(※園内の山野草は持ち帰ることはできません。観察をお楽しみください。)

カテゴリー:生きもの情報

2012年7月20日

ウバタマムシの渋い輝き

タマムシと聞けばキラキラと緑色に輝く姿を思い浮かべる方が多いかも

しれません。しかしタマムシにもいろいろな種類があります。

 

写真はウバタマムシ。幼虫はアカマツの枯れ木などを食べて育ちます。

一見地味ですが、よく観察すると渋い美しさがあります。

マツが生える林を歩いていて、ブオーンと大きな羽音が聞こえたら、

ウバタマムシが近くを飛んでいるかもしれません。

(※ただしスズメバチには注意してくださいね)

カテゴリー:生きもの情報

20 / 21« 先頭...10...1718192021

所在地・アクセス

さやマップGIS

野山北・六道山公園インフォメーションセンター
TEL 042-531-2325 (9:00 ~ 17:00)
〒208-0032 東京都武蔵村山市三ツ木4-2

  • ■ インフォメーションセンターへ行く
  • ■ 里山民家へ行く
  • ■ あそびの森・冒険の森へ行く
  • ■ 六道広場へ行く

野山北・六道山公園インフォメーションセンター
(管理所)へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約50min)

  • 立川駅北口 立川バス1番乗り場
  • 『箱根ヶ崎駅』or『三ツ藤住宅』行き
  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約30min)

  • 『立川駅北口』
  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

多摩モノレール 上北台駅から(約35min)

  • 市内循環バス『上北台ルート』

  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

西武拝島線 東大和市駅から(約45min)

  • 都営バス『青梅車庫』行き
  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

野山北・六道山公園 里山民家へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約60min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 10分

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約20min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 10分

多摩モノレール 上北台駅から(約35min)

  • 市内循環バス
  • バス停『市民総合体育館入り口』下車

徒歩 10分

西武拝島線 東大和市駅から(約55min)

  • 都営バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 10分

野山北・六道山公園あそびの森・冒険の森へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約50min)

  • 立川バス
  • バス停『横田』下車

徒歩 15分

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約35min)

  • 立川バス
  • バス停『横田』下車

徒歩 15分

多摩モノレール 上北台駅から(約20min)

  • 市内循環バス
  • バス停『かたくりの湯』下車

徒歩 10分

西武拝島線 東大和市駅から(約40min)

  • 立川バス
  • バス停『横田』下車

徒歩 15分

野山北・六道山公園六道広場へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約90min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 里山民家経由

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約50min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 里山民家経由

多摩モノレール 上北台駅から(約65min)

  • 市内循環バス
  • バス停『市民総合体育館入口』下車

徒歩 里山民家経由

西武拝島線 東大和市駅から(約85min)

  • 都営バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 里山民家経由

車をご利用の場合

駐車場は無料です。
駐車場スペースには限りがありますので、公共の交通機関をご利用ください。

  • 赤坂駐車場 34台(身障者用4台)
    • ・利用時間 9:00〜16:00(3〜9月は16:30)
    • ・青梅街道「宿」交差点より約5分
  • 里山民家駐車場 40台
    • ・利用時間 9:00〜16:30(3〜9月は17:00)
  • 野山北公園運動場駐車場 103台(身障者用3台)
    • ・利用時間 8:00〜18:00
  • 石畑駐車場 23台(うち身障者用1台)
  • 天王山東台駐車場 19台
  • 夕日台駐車場 21台
  • 峰田駐車場 16台

パンフレットダウンロード

都立野山北・六道山公園パンフレット

ダウンロード

野山北・六道山公園のパンフレット(PDF)約10MB

パンフレットはA3サイズで作成しています。
印刷の際は、ご利用のプリンタに合わせて用紙設定の変更をお願いいたします。

  • 里山民家15年のあゆみ