野山北・六道山公園だより

ホーム > 野山北・六道山公園 > 野山北・六道山公園だより > 里山体験

2016年9月10日

わいわいミーティング~宮野入の湿地環境を考えよう(9/3)

野山北・六道山公園では、第5回わいわいミーティングを開催しました!

「わいわいミーティング」とは、

公園に関わる方々や地域のみなさんなど

だれでも参加することができ、

わいわいと公園づくりについて話し合う場です。

 

今回のテーマは、宮野入の湿地環境について。

宮野入では、湿地環境が変化し、少しずつ陸地化が進んでいます。

そこで、前回のわいわいミーティングに引き続き、湿地をテーマに話し合いを開催!

この日は23名が参加!自己紹介をした後は、

湿地の現状や湿地再生に向けた提案など、スライドを使い

自然環境保全部のスタッフがみなさんに情報を共有★

 そして、実際に現場を確認しながら、アイディアだし♪

 

湿地に暮らす生きものや植物への配慮、

環境教育や間近で観察する大切さについてなど、

活発に意見が交わされました♪

 

こちらは田んぼの近くにある中池。

近年、天候が不安定なこともあり水不足に悩まされています。

昔と比べずいぶん増えたアシを一部根から抜き、

少し泥を掘れば良いのでは?など、

どのようにすれば水がめとして、活用しやすくなるかを検討★

 

また、新しく水がめを作れそうな場所の候補地を見学♪

 

公園を想うみなさんからの様々な視点で、

参加者全員が「ここなら水がめとして穴を掘っても動植物への影響が少なく、

田んぼの水源確保に良さそうだね♪」という

場所が見つかりました!

 

最後は、歩いたコースを確認しながら、

現場であがった意見を共有しました★

アンケートでは、ミーティングが有意義だったという感想や、

湿地環境の進展を希望する声を多くいただきました!

 

今回は、湿地環境の整備について、

具体的な方向性を共有することができました♪

多くの方々が関わる公園で、人と自然に配慮した湿地づくりを

進めていきたいと思います。今後ともご協力をよろしくお願いします!

 

カテゴリー:里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

2016年9月7日

個性豊かな田んぼの守り神(8/27)

岸田んぼでは

ようやく稲穂が(みの)りはじめました

 

たくさんの人の手によって大事に育てられた稲は、

暑い夏の気温や台風にも負けませんでした。

 

しかし、これからの時期は、

穂をついばみに来る鳥に注意をしなければなりません!

 

そこで、

鳥から稲を守るために、

今年も田んぼの守り神である

案山子(かかし)作りを行いました!

 

あいにくの雨で、

広場に張ったテントの下での開催となってしまいましたが、

それでも70人以上が集まってくれました☆

  

 

竹で骨組みを作り、

頭には干し草を詰め、

体は稲わらを束ね、

皆、それぞれ用意した古着を着せ、

試行錯誤しながら、皆で力を合わせて作っていきます♪

  

 

 

 

ちなみに竹は公園の竹林から、

稲わらと干し草は公園の田んぼや広場からとれたものです。

まさに公園の資源をフルに活用した案山子です♪

 

最後に、完成した案山子のPRポイントや

作品に込めた想いなどを紹介シートに書いてもらい、

案山子と一緒に記念撮影。

 

中にはその家族の特徴を表した微笑ましい案山子や、

 

 

独特の装飾をしているグループなども♪

 

  

今年は22体の案山子が完成しました。

どれも個性豊かで、素敵な案山子です。

皆さん、ぜひ岸田んぼに足を運び、

見に来てくださいね☆

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

案山子コンテスト開催中!!

◆期間:9/19/30まで

◆里山民家の母屋で投票用紙を配っています。気に入った案山子に投票してみよう!

◆投票した方の中から抽選で、プレゼントが当たります!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

カテゴリー:里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

2016年8月20日

ナイトガイドウォーク

85日、里山民家にてナイトガイドウォークが行われました。いつものガイドウォークとは違い、夜ならではの生きものを探しに行きました。

さて、どんな生きものが見られるのでしょうか。暗くなるのを待って出発です!

 

 

池の周りで昆虫を捕食するコウモリを発見しました。コウモリは、夜でもエサとなる生きものや障害物がわかるように、「超音波」という人には聞こえない音を出して飛行しています。特殊な機械を使って、コウモリの超音波を聞くことに成功しました。

 


 

次は夜の雑木林にやってきました。足元を照らしながら歩いていると光につられてカブトムシのメスが飛んできました。夜に活動する昆虫には光に集まる習性をもつものがおり、カブトムシもそのひとつです。

 


奥へと進み、樹液の出ている木を観察しました。今度はカブトムシのオスを発見!迫力のある姿に、子どもたちの目も釘付けでした。


 

 

雑木林をぬけ、田んぼに出ると、町で見る夜空よりも多くの星を見ることができました。しばし足を止めて、じっくり夜空を眺めました。


 

 

里山民家へ戻る途中、ふと園路脇を見ると、羽化したてのアブラゼミを発見!これには大人たちも大興奮でした。


 

 

最後はライトを使って、光に集まる昆虫を観察しました。


 

 

カメムシやコガネムシ、大きなガなど、たくさんの昆虫が集まっていました。


 

 

ここでカメムシのにおいを嗅いでみることに!「くさいー!」、「葉っぱのにおいがする!」など、子どもたちの意見も様々でした。


 

 

今回の探検で、昼とは違った里山の自然がわかりましたね。皆さんのおうちの周りにも、電灯の近くなどには、夜ならではの生きものがいるかもしれません。いろいろな場所を観察して、新しい発見を探してみてください。


 

 

 

 

 

 

レンジャー 白鳥

 

 

 

カテゴリー:イベントの報告|ガイドウォーク|里山体験

2016年8月15日

里山キッズレンジャーを開催しました!

7月23日に里山民家にて、親子で夏の生きものと触れあうプログラム「里山キッズレンジャー」が行われました。

 

子どもたちに生きものについて知ってもらい、レンジャーの様に、自然の楽しさを人に伝えられるようになろう!というプログラムです。

 

里山にはどんな生きものがいるのかな?と、出発前から子どもたちのワクワクが伝わってきます。

早速、虫捕り網とカゴを持って出発!

 

最初は原っぱにいる生きものを探しました。

ひたすら網で捕まえたり、しゃがみこんでじっくり草の中を覗き込んだり、生きものの探し方は色々あります。子どもたちが捕まえた生きものに、大人も興味しんしんでした。

 

 

生きものを良く観察してもらうために、生きものを傷つけない持ち方についても知ってもらいました。バッタ、トンボ、チョウでそれぞれ持ち方が違います。生きものをいたわる気持ちが強いのか、みんな真剣に聞いていました。さすがキッズレンジャー!

 

 

次は違う原っぱに行き、協力してバッタの追い込み漁をしました。白布の周りを皆で囲い、中央に向けて歩きながら、布にバッタを追い込みます。この日はコオロギの仲間やイナゴを捕まえることができました。たくさん見つかったイナゴも国内では農薬の影響で数が減ってきている生きものです。

 

 

原っぱの次は、雑木林で生きもの探しです。雑木林に多くあるコナラやクヌギの樹液には、多くの昆虫が集まります。昆虫たちが好きな樹液とはどんな香りなのか、皆で鼻を近づけて確かめました。すっぱい香りがするため、お酢のように感じたようで、「体に良さそうなにおい!」といっている方もいました。

 

 

本日最後の生きもの探しは田んぼです。

虫取り網を水網に持ち替えて水中の生きものを探しました。

カエルやアメンボ、トンボのヤゴなどを見つけることができました。

 

 

さて、これで生きもの探しは終わりです。

 

お昼休みの後は、午前中に見つけた生きものをじっくり観察!

好きな生きものの絵と、その生きもののスゴいところも書いてもらい、最後に発表をしました。

子どもたちはとても細かいところまで良く観察できていて、レンジャーも気がつかなかったようなことを発見できた子もいました。みんなとてもレンジャーらしくなりました。

 

 

 

 

生きもの紹介を終えた後は、みんなで元の場所に返しに行きました。キッズレンジャーたちは「観察させてくれてありがとう!」と、感謝の気持ちで生きもの達を見送っていました。

 

次に公園に来たときには、今日見つけたものの他にも、もっと興味を引くような生きものがいるかもしれません。季節ごとにどんな生きものがいるか、観察をしていくとさらに楽しいと思いますよ。

 

レンジャー 白鳥

 

カテゴリー:イベントの報告|レンジャー発 公園トピックス|里山体験

2016年7月27日

~里山×Slow Life 竹づくし!流しそうめん~ (7/16)

 

暑~い夏の日、里山の竹を使って涼をとろう!

里山の資源を身近な生活に取り入れるための、大人の実践講座。

それが里山×Slow Life!

講師はネイチャークラフト作家の長野修平さんです。

↑机の上に乗っているのは、「おひとりさま用流しそうめん」セット!

 

今回の講座のポイントはイベント名の通り、「竹づくし」!

そうめんを流す「樋(とい)」はもとより、そうめんを食すおちょこ、お箸も全て、

公園に生えている竹から作ります♪

(※講座で特別に採取しています。公園で動植物の採取は禁止されています。)

 

まずは竹の伐り出しから♪

そうめんを流して食べた経験はあっても、

こんな作業から始めたことのある人は少ないのでは・・・。

 

 

伐った竹で早速、そうめんを流す「樋(とい)」を作ります♪

割れ目にはさんだ棒を引いて、真っ二つに竹を割る作業は爽快です!

「easy~ easy~」とやすやすとこなす方もいらっしゃいました★

 

 

「樋(とい)」が出来たら、次は竹のおちょことお箸を作ります。

お好みの節を選んで伐り、縁をナイフとやすりで削って滑らかにします★

こちらが完成したおちょことお箸!

それぞれの個性が光る、素敵な器が出来上がりました!!

 

 

そしていよいよ、みんなが心待ちにしていた流しそうめんタイム!

今日1日向き合ってきた竹という資源を、

どう身近な生活の中に取り入れていくのか、

実際に使いながら、楽しく学ぶことができました♪

今冬にも、長野修平さんを講師にお迎えして、里山×Slow Life講座を

開催予定です♪

ぜひ公園ホームページをチェックしてくださいね♪

 

カテゴリー:おすすめ|イベントの報告|里山体験

2016年7月1日

田んぼの草取り(6/25)

今月の初めに田植えをしてから

3週間が経ちました。

 

田んぼの稲はすくすくと育っていますが、

同時に雑草も多く芽を出しています!

 

これらイボクサ、コナギ、セリなどの草が生えると、

稲が生長するための栄養を取られてしまうので、

引き抜いて泥の中に埋めます。

 

 

 

一列に並び、

植わっている稲の周りの泥を

8の字に掻き回し、

表面の草を丁寧に取り、同時に土に空気を入れます。

 

 

 

 

土に空気を入れることで

稲の成長を促す効果もあるんですよ♪

 

この日は約170人での活動!

 

 

 

 

大人も子どもも皆一丸となり、

頑張りました☆

 

 

 

また、

恒例の「里山発見プログラム」も開催しました。

杉山レンジャーが

捕まえたヘビを見せると

子ども達は興味津々!

 

 

 

子ども達が

里山の土や生き物といった

自然を学び、

触れることで、

里山を大切に思ってくれる

心が育ってくれればうれしいです☆

 

最後の記念撮影は

みんなの笑顔でいっぱいです!!

 

 

 

今後、稲が大きく育つまでは、

地道に草取りを続ける必要があります。

ボランティアの皆さんや地元高校生と協力しながら、

おいしいお米を作っていきたいと思います♪

カテゴリー:イベントの報告|里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

2016年6月3日

田んぼの代かき(5/28)

田んぼの荒起こし、種まきが終わり、

今日は代かきの日です!

田んぼに肥料をまき、土をほぐして平らにして、

1週間後に迫った田植えの準備をしていきます♪

まずは肥料まき。偏りのないよう、土に養分を与えていきます。

早速シュレーゲルアオガエルを見つけました♪

代かきの田んぼには生きものが沢山います。

生きものたちを見つけたら、いったんバケツに集めて、

最後にまた田んぼに戻してあげます。

土が硬くなっているところを三本鍬(クワ)を使って

ほぐします。もちろん子どもも田んぼに入って、

足で土をほぐして加勢します☆

最初は田んぼに入ることを嫌がる子どもも

慣れてくるとあっという間に土と仲良くなっていきます♪

 

そして、今年もみなさん楽しみにしていた

『田んぼのかけっこ競争』が開催されました!

泥に足をとられながら、子どもも大人もみんなで全力疾走!!

普段接することのない泥の感触に、「気持ちよかった!」という声も。

 

かけっこも終え、田んぼの土がほぐれたところで、

トンボという道具を使って、

土の多い所から少ない所へ土を運んで、

田んぼを平らにならしていきます。

広い田んぼなので、力いっぱいみんなで協力して

作業を進めます!

 

子どもを対象にした里山発見プログラムも開催♪

お気に入りの田んぼの生きものを見つけて、スケッチ☆

閉会式ではみんなの前で発表しました!

それぞれの視点で、生きものとの出会いを楽しんでいました♪

 

今年は雨が少なく、田んぼに水が少ない状態でしたが、

じっくり田んぼコースの参加者と、公園ボランティアと合せて総勢111名、

みなさんのおかげで無事に、予定していた田んぼの代かきを

終えることができました!みなさんお疲れ様でした!!

最後はきれいに水の張った田んぼをバックに、記念撮影☆

1週間後に控えた田植えで、またお会いしましょう♪

 

カテゴリー:イベントの報告|里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

2016年5月25日

手もみ茶づくり体験~お茶になるまでは長い道のり~(5/15)

今年も里山民家で「手もみ茶づくり」を

開催しました!

 

このイベントの魅力は、

茶畑でお茶の葉を摘むところからお茶にするまでの、

すべての工程を体験できるところです!

 

講師としてご指導いただいたのは、

「東京狭山茶手揉み保存会」の山本正美氏です。

東京狭山茶手揉み保存会は、

手揉み茶にする技術を後世に残すため

熱心に活動されています。

〔全国手もみ茶振興会 東京支部 公式HP

http://www.geocities.jp/temomihozonkai/

 

まず腰に茶摘みカゴを付けて、茶摘みに出発!

参加者の中には、茶畑を見たのが初めてという方もいて、

とても嬉しそうに声を上げていました♪

 

この日はイベント開始前から

公園ボランティアによる

「先発隊」が茶摘をスタート。

 

お陰様で

イベント参加者の皆さんと合わせて

4kgの茶葉を摘みました!

 

摘んだ茶葉はどんどん蒸して、冷まします。

 

その後ホイロという専用の台を使って

揉んでいきます。

 

茶葉は蒸してから、

 

葉振(はぶ)るい→回転揉み→玉解き→中上げ

→揉み切り→(てんぐ)り揉み→こくり揉み上げ

 

という長い工程を通して乾燥させ、つやを出し

普段目にする“お茶葉”へと

仕上がってゆきます。

 

こちらは「葉振るい」の様子。

葉を敏速に繰り返し振り落とすことで

表面の水分を蒸発させます。

 

こちらは「回転もみ」。

数人で息をあわせて

茶葉をリズムよく回転させ、

やわらかくしながらさらに水分を抜きます。

 

こちらは「繰り揉み」。

茶葉の表裏を返すようにしながら、

茶葉の向きを揃えます。

 

簡単にできそうで、実は難しい手の使い方に

終盤に向かうにつれ悪戦苦闘!

そこは公園ボランティア「お茶隊」のメンバーが

うまく返すコツを教えてくれます♪

 

揉み始めから約4時間、

やっと完成♪

皆さんがよく目にする“お茶”になりました!

 

最後に、

皆で作った出来たてのお茶を味わいました。

皆さんからは、

 

・昔ながらの製法は手間がかかるということを実感した。

・いつもさりげなく飲んでいたのに、こんなに奥深い味が楽しめるのだと実感した。

 

など、感想をたくさんいただきました!

 

現代では、お茶葉を手もみで作ることは

非常に貴重な経験だと思います。

このような技術と出来上がった感動は

ずっと先まで伝えていきたいですね♪

カテゴリー:イベントの報告|里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

2016年5月8日

里山春祭り!(5/1)

初夏を感じさせる青空の下、

今年も里山春祭りを開催しました!

毎年大盛況のお祭りで、

今年は1,374名が来園、

ボランティアは128名が参加!

 

会場にはいろんなブースが並び、

各コーナーとも大盛況!

その中のいくつかを紹介します♪

 

まず、雑木林ボランティアの皆さんによる

「マキ割り体験コーナー」。

今では、なかなか体験する機会のないマキ割り。

初めて挑戦する子どもも、

懐かしいと感じる大人も、

皆さんとても楽しそうでした♪

参加してくれた方には

公園のアズマネザサで作った竹笛をプレゼント☆

 

こちらは、

みんなの書いた夢が鱗になっている、

「夢こいのぼり」。

みんなの素敵な夢が叶いますように☆

 

「里のお土産コーナー」では、

オギで作ったほうきや竹箸など、どれも大人気!

公園で採取した材料で作った

ボランティアの力作です。

 

また

「公園グッズ販売コーナー」では、

缶バッヂや絵ハガキなど、

公園のオリジナルグッズを販売しました。

 

この他にも、

里山スタンプラリー、里山こいのぼり、

草もちのふるまい、里山クラフト、昔の遊び、

かまどの実演、手もみ茶体験、里山ギャラリー、里山ガイドウォーク

など、どこも大賑わいでした!

 

そして、春祭り恒例の

“武州村山太鼓むつき会”の皆さんによる太鼓の演奏は、

力強い音でお祭りを盛り上げてくださいました!

 

さらに、

“西多摩マウンテンバイク友の会”の皆さんには

駐輪場の案内と、春祭り開催の広報、

そして

公園内の自転車マナーアップの呼びかけと、

たくさん協力いただきました♪

 

ボランティアの皆さんの熱意と協力なしには、

成功し得ない春祭り。

今年も、天候にも恵まれ

活気と笑顔があふれる

楽しいお祭りになりました!

 

 

来園者の皆様、ボランティアの皆様、

ご協力いただいた団体の皆様、

本当にありがとうございました!!

カテゴリー:イベントの報告|里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

2016年5月7日

田んぼの始まり“荒起こし”!(4/23)

1年間の田んぼ作業の最初の活動、

「荒起こし」を行いました!

 

田んぼの土を耕し、

稲が元気よく育つのに必要な空気を

土に送ります。

 

この日は

講師である岸田んぼ会、公園ボランティア、

「親子里山学校じっくり田んぼコース」の参加者、

公園スタッフ合わせ約90人で作業しました!

初めて体験する人も多く、

中には鍬(くわ)を持つのも初めてという方も。

 

まず初めに、

田んぼに肥料を撒き、

栄養をいき渡らせます。

 

こちらは親子で撒いています♪

次は、三本鍬(ぐわ)土を起こす作業。

みんな一丸となって、

一生懸命に鍬を振り下ろします。

大変な作業にもかかわらず、

カメラに笑顔で応えてくれました★

午後には、

パークレンジャーによる「里山発見プログラム」も開催!

子どもたちが

どんな生きものに出会えたかを

最後に発表してくれました!

この日は天気にも恵まれ、

予定していた以上に、

荒起こしを終えることができました!

いよいよ田んぼの一年が始まったという感じがしますね♪

荒起こしに参加してくれた皆さん、

ありがとうございました!

 

※活動の様子を見に出てきたくれた

「シュレーゲルアオガエル」ちゃんです♪

 

 

★只今、田んぼの草取り参加者募集中~!!★

トンボのヤゴなど、いろんな生きものにも出会えますよ♪

 

詳細はこちら↓

http://www.sayamaparks.com/app/events/view/679

皆様のお申し込み、お待ちしています!!

 

カテゴリー:里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

10 / 28« 先頭...89101112...20...最後 »

所在地・アクセス

さやマップGIS

野山北・六道山公園インフォメーションセンター
TEL 042-531-2325 (9:00 ~ 17:00)
〒208-0032 東京都武蔵村山市三ツ木4-2

  • ■ インフォメーションセンターへ行く
  • ■ 里山民家へ行く
  • ■ あそびの森・冒険の森へ行く
  • ■ 六道広場へ行く

野山北・六道山公園インフォメーションセンター
(管理所)へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約50min)

  • 立川駅北口 立川バス1番乗り場
  • 『箱根ヶ崎駅』or『三ツ藤住宅』行き
  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約30min)

  • 『立川駅北口』
  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

多摩モノレール 上北台駅から(約35min)

  • 市内循環バス『上北台ルート』

  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

西武拝島線 東大和市駅から(約45min)

  • 都営バス『青梅車庫』行き
  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

野山北・六道山公園 里山民家へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約60min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 10分

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約20min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 10分

多摩モノレール 上北台駅から(約35min)

  • 市内循環バス
  • バス停『市民総合体育館入り口』下車

徒歩 10分

西武拝島線 東大和市駅から(約55min)

  • 都営バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 10分

野山北・六道山公園あそびの森・冒険の森へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約50min)

  • 立川バス
  • バス停『横田』下車

徒歩 15分

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約35min)

  • 立川バス
  • バス停『横田』下車

徒歩 15分

多摩モノレール 上北台駅から(約20min)

  • 市内循環バス
  • バス停『かたくりの湯』下車

徒歩 10分

西武拝島線 東大和市駅から(約40min)

  • 立川バス
  • バス停『横田』下車

徒歩 15分

野山北・六道山公園六道広場へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約90min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 里山民家経由

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約50min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 里山民家経由

多摩モノレール 上北台駅から(約65min)

  • 市内循環バス
  • バス停『市民総合体育館入口』下車

徒歩 里山民家経由

西武拝島線 東大和市駅から(約85min)

  • 都営バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 里山民家経由

車をご利用の場合

駐車場は無料です。
駐車場スペースには限りがありますので、公共の交通機関をご利用ください。

  • 赤坂駐車場 34台(身障者用4台)
    • ・利用時間 9:00〜16:00(3〜9月は16:30)
    • ・青梅街道「宿」交差点より約5分
  • 里山民家駐車場 40台
    • ・利用時間 9:00〜16:30(3〜9月は17:00)
  • 野山北公園運動場駐車場 103台(身障者用3台)
    • ・利用時間 8:00〜18:00
  • 石畑駐車場 23台(うち身障者用1台)
  • 天王山東台駐車場 19台
  • 夕日台駐車場 21台
  • 峰田駐車場 16台

パンフレットダウンロード

都立野山北・六道山公園パンフレット

ダウンロード

野山北・六道山公園のパンフレット(PDF)約10MB

パンフレットはA3サイズで作成しています。
印刷の際は、ご利用のプリンタに合わせて用紙設定の変更をお願いいたします。

  • 里山民家15年のあゆみ