野山北・六道山公園だより

ホーム > 野山北・六道山公園 > 野山北・六道山公園だより > レンジャー発 公園トピックス

2021年7月15日

武蔵村山高校の皆さんが田んぼの草取り実施!

6月の田植えから1ヶ月ほどたち、

イネと同様に田んぼに生える草もぐんぐん伸びています!

そこで、イネがよく育つよう、

武蔵村山高校の1年生の皆さんが、草取りをしてくれました!

 

まず、作業のポイントを押さえてから、

岸田んぼ会の皆さんにデモンストレーションをしていただき、

いざ、草取り開始!!

田んぼに入る際、はじめはお祭り騒ぎのようでしたが、

皆さんとっても楽しそうな様子が印象的でした!!

晴れたり曇ったり、最後には雷が鳴り始めて

急遽作業終了となりましたが、

根気強く丁寧に作業してくれました。

 

最後にみんなで集まり、作業終了です!

 

皆さん、本当にお疲れ様でした!

秋の稲刈りも楽しみにしていますね!

カテゴリー:レンジャー発 公園トピックス|公園の取り組み|里山体験

2021年7月8日

ヒメギスのかくれんぼ♪

7月になって、

雨と太陽の力で公園の草はぐんぐん茂っています。

 

そんな草の茂った湿地でヒメギスの幼虫を見つけました!

ヒメギスは湿り気のある草地に暮らす、

キリギリスの仲間です。

6~10月頃に成虫になりますが、今回は幼虫を見つけました。

 

近づくと…ヒメギスは草地の間を飛んだり、早足で移動してしまいます。

そんな中、葉にとまるヒメギスを確認!

葉の向こう側からこちらを覗いているかのよう♪

 

体は隠れていますが、脚と触覚が…!

可愛らしいヒメギスの幼虫でした。

 

今の時期、草地では色々な昆虫が見られます。

ぜひ皆さんの周りでも探してみてくださいね♪

カテゴリー:レンジャー発 公園トピックス|生きもの情報|見ごろ情報

2021年6月24日

甲虫たちの日向ぼっこ

不安定なお天気のつかの間の晴れ間。

葉っぱの上には日向ぼっこをしているような

甲虫たちの姿がよく見られるので、ご紹介します!

 

白と黒の模様が目を引くオジロアシナガゾウムシ。

遠目にはまるで鳥のフンのようにも見えます。

 

全体に茶色の粉をかぶったようなカツオゾウムシ。

体の茶トラ模様がポイント!

 

花から花へ、花粉を集めるコアオハナムグリ。

花にとまっている姿がよく見られます。

 

ごつごつとした体が

まるで恐竜のようなシロコブゾウムシ。

驚くと固まって死んだふりをします。

 

小さな昆虫たちは背中の模様の印象が強いですが、

よーく見てみると、とても可愛らしい顔をしています。

ゾウムシは名前の通り、象のように長い顔が特徴的です!

見つけたら、その顔まで見てみてくださいね。

きっと印象が変わるはずです♪

カテゴリー:おすすめ|レンジャー発 公園トピックス|生きもの情報|見ごろ情報

2021年6月19日

草地の住人

気温が高くなり、雨も増え、

草はぐんぐん生い茂っています。

 

ある日の巡回中、生い茂る草の中に昆虫を見つけました。

どこにいるでしょう?

正解は…ヤブガラシの葉っぱの上でした!

この昆虫、ツチイナゴといいます。

枯れ草や薄黄緑色の葉に、うまくカモフラージュしていますね!

近づくと、じりじりと方向転換をしたり、

草陰に隠れてしまったりしますが…撮れました!

正面から見るとこんな顔をしています。

ツチイナゴのポイントは目の下の涙のような模様!

皆さんもぜひ、探してみてくださいね♪

カテゴリー:レンジャー発 公園トピックス|生きもの情報|見ごろ情報

2021年6月5日

雨の森

本格的な梅雨が近づいていますね!

緑の濃くなった雑木林は晴れの日でも薄暗いですが、

雨の日は鬱蒼とした雰囲気を感じます。

 

そんな雨の雑木林では、

水滴をまとった植物たちが、いつもに増してみずみずしく、

生き生きとして見えてきます。

 

群生して開花する様子が圧巻のドクダミ。

 

ブルーが映えるツユクサ。

 

釣鐘型の花が美しいホタルブクロ。

 

ピンクの小さな花が可愛らしいムラサキシキブも開花し始めました!

 

クモの巣から滴る雨粒はまるでガラス細工のよう。

 

雨や湿度に悩まされがちな梅雨ですが、

皆さんの周りでも

雨の日ならではの自然の美しさや魅力を発見してみてくださいね!

カテゴリー:おすすめ|レンジャー発 公園トピックス|生きもの情報|見ごろ情報

2021年5月12日

春から初夏へ

まだまだお出かけするのが難しい状況が続きますが、

公園の“今”をブログを通して感じていただけたら嬉しいです。

 

新緑の若葉がまぶしかった春先から、

5月に入り、雑木林の林内は茂った葉に覆われて

光と影のコントラストが強くなってきました。

雑木林の林床で先日まで花の盛りだったキンラン。

花期は終わりに近づき

季節の移ろいの早さを感じます。

そんな中、林内では次の季節を待つ木々たちが

蕾をつけたり花を咲かせたりしていますのでご紹介します!

 

小さな花をまとまって咲かせるガマズミ。

枝先にラッパ状の花を房のように咲かせるイボタノキ。もうすぐ咲きそうです!

下向きに星形の花を咲かせるエゴノキ。

今回ご紹介した木の花はみんな白色の花を咲かせます。

初夏の緑の中で白色の花がよく映えています!

 

皆さんのご自宅の周りでも見られるでしょうか。

ぜひ探してみてくださいね!

カテゴリー:レンジャー発 公園トピックス|生きもの情報|見ごろ情報

2020年11月15日

自転車マナー&レンジャーおすすめスポット紹介動画!

 

秋の行楽シーズン!

 

狭山丘陵の都立公園にも多くの方が訪れて、

ピクニックや自然観察、お散歩などを満喫されています。

もちろん、自転車をのんびりこいで、

里山の自然を楽しむのもいいですね。

 

けれども、

スピードを出した危ない走行や
立ち入り禁止エリアに入って走行する方も

時々いらっしゃいます。

 

そこで、公園では

自転車の方も、ピクニックの方も、野鳥観察の方も

楽しく安全に公園で過ごせるように動画を作成しました!!

 

毎日公園を巡回しているパークレンジャーの

おすすめスポットもご紹介しています。

ぜひ、ご覧ください♪

 

作成には、

西多摩マウンテンバイク友の会」のみなさまに

ご協力いただきました。
本当にありがとございました!!

 

公園では、園内での走行マナーについて普及啓発する

「自転車マナーアップキャンペーン」を毎年開催しています。

皆様のご理解、ご協力をよろしくお願い致します!!

 

カテゴリー:おすすめ|ガイドウォーク|レンジャー発 公園トピックス|公園の取り組み|学校・団体のボランティア|見ごろ情報|野山北・六道山公園ボランティア

2018年7月8日

田んぼとその周りで初夏の生き物を観察しよう!

6月24日、野山北・六道山公園にてガイドウォークを開催しました!

初夏の日差しが照り付ける大変暑い日にも関わらず、16名の方が参加してくれました。

 

の人は里山の恵みを受けて暮らしてきました。

かやぶき屋根の里山民家では、今もいろりで薪を焚いてそんな時代を再現しています。

そして田んぼは人の生活の支えであり,さらにはたくさんの生きものを育んできました。

今回は田んぼとその周りを歩いて初夏の生きものを観察し、人と生きものとの関わり合いを感じるガイドウォークです。

 

 

 

 

 

早速、田んぼの周りを歩いてみると、カルガモやシュレーゲルアオガエルのオタマジャクシを見ることができました。

シュレーゲルアオガエルはここの田んぼによくいるカエルで、害虫を食べてくれます。

また、他の生きものに食べられることで田んぼの生態系を支えてくれる大切な存在です。

 

 

 

 

 

 

もう直ぐ陸に上がるため手足が生えて短いしっぽのものもいくつか見られました。

網ですくって、その可愛らしい姿をみんなで観察しました。

 

 

 

 

 

次は原っぱで昆虫を観察しました。

今の時期見られるキリギリスの仲間のキリギリス、ヤブキリ、ヒメギスを紹介しました。

キリギリスは駐車場横の草地、ヤブキリは林縁のススキなど、ヒメギスは田んぼの畔の草地で見られます。

 

 

 

 

 

 

 

キリギリスはもともと公園では見られなかった虫ですが、人が放して居ついてしまいました。

人の都合で生きものを野に放してしまうと、いろいろな悪い影響を与える可能性があります。

生きものを放さない、持ち出さないようにしましょう!

 

 

 

 

 

 

原っぱではバッタの追い込み漁もしました。

これは真ん中に白い布を引いて、その周りをみんなで歩くことで真ん中にバッタを追い込む方法です。

 

 

 

 

 

とれたのはショウリョウバッタやイナゴの幼虫!

バッタを捕まえることができて、みんなとてもうれしそうでした♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後はみんなで田んぼの周りを歩いて、今咲いている植物たちを探してみました。

花が垂れ下がる様子をトラのしっぽに見立てたオカトラノオ。

明るい草地を好む植物で、雑木林の縁などでよく見られます。

 

 

 

 

 

 

大きなオレンジ色の花が美しいノカンゾウは田んぼの畔など、少し湿った所を好みます。

 

 

 

 

 

葉っぱがミョウガに似ているヤブミョウガ。

薄暗い林の中を好む植物です。

 

 

 

 

 

 

 

 

田んぼの周りにはいろいろな環境があって、たくさんの生きものたちがそこで暮らしています。

そんな環境は私たち人が手を加えることによって成り立っています。

この岸田んぼでは公園スタッフ、ボランティア、地域の人たちが関わり合いながら、みんなでこの環境を守っています。

 

皆さんもイベントやボランティアなどに参加して、一緒に自然豊かな公園づくりを行いましょう!

 

次回のガイドウォークは7月22日(日)です。

皆さんのご参加をお待ちしていますね!

 

塚本レンジャー

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:イベントの報告|ガイドウォーク|レンジャー発 公園トピックス|里山体験

2018年7月2日

リョウブが見頃を迎えています

雑木林の中で、初夏を告げる白い花が咲き始めました。
リョウブという、園内でよく見られる樹木です。

 

 

 

 

 

たくさんの花が房状に連なって咲く様子はとても美しく、青く茂る林で爽やかな白が目を惹きます。

 

 

 

 

 

リョウブは乾いた林に多い樹木です。
人の手が入った明るい雑木林は、リョウブにとって最適な環境です。
花は昆虫にも大人気!
早速、スジグロシロチョウが訪れていました。

 

 

 

 

花と一緒に、集まる昆虫も観察してみてください♪

また、木の肌が美しいのも特徴で、昔は床の間の床柱にこの木を使ったそうです。
成長につれて木肌がはがれ、まだら模様になります。

 

 

 

 

 

 

花は長く見られ、園内でも8月上旬まで楽しむことができます。

園内のあちらこちらで観察できますが、オススメの観察ポイントは展望デッキ。地図をつけたのでご参考ください。

 

 

 

 

インフォメーションセンターから南西に5分ぐらいのところにあり、花と景色を同時に楽しむことができます!

塚本レンジャー

カテゴリー:レンジャー発 公園トピックス|生きもの情報|見ごろ情報

2018年6月24日

提灯のような花

雑木林の縁などで、ホタルブクロという提灯のような形の花がみられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

名前の由来は諸説あり、子どもたちがこの花の中にホタルを入れて遊んだという説や、提灯の昔の呼び方である「火垂(ほたる)」からとったいう説などがあります。

どちらも花の形に着目した由来で、古くから人々が興味を持ってきたことが伺えます。

 

 

虫に入ってもらって受粉するためこのような形をしていて、中には広い空洞があります。虫が出入りする様子も観察してみてください。

 

 

 

 

 

また、よく似たヤマホタルブクロという花もあります。

見分け方のポイントは萼(花を支えている部分)で、めくれあがっているとホタルブクロ、

 

 

 

 

 

 

めくれずに山型に盛り上がっているのがヤマホタルブクロです。

 

 

 

 

 

 

同じ場所で2種類の花が見られることもあるので、見比べてみてください。

 

7月上旬まで見られるホタルブクロですが、特にインフォメーションセンター東側ではヤマホタルブクロと一緒に咲いている様子が見られるのでオススメです!

地図もつけましたので、ぜひご参考にしてください。

 

 

 

 

 

塚本レンジャー

 

 

 

 

 

カテゴリー:レンジャー発 公園トピックス|生きもの情報|見ごろ情報

1 / 612345...最後 »

所在地・アクセス

さやマップGIS

野山北・六道山公園インフォメーションセンター
TEL 042-531-2325 (9:00 ~ 17:00)
〒208-0032 東京都武蔵村山市三ツ木4-2

  • ■ インフォメーションセンターへ行く
  • ■ 里山民家へ行く
  • ■ あそびの森・冒険の森へ行く
  • ■ 六道広場へ行く

野山北・六道山公園インフォメーションセンター
(管理所)へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約50min)

  • 立川駅北口 立川バス1番乗り場
  • 『箱根ヶ崎駅』or『三ツ藤住宅』行き
  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約30min)

  • 『立川駅北口』
  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

多摩モノレール 上北台駅から(約35min)

  • 市内循環バス『上北台ルート』

  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

西武拝島線 東大和市駅から(約45min)

  • 都営バス『青梅車庫』行き
  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

野山北・六道山公園 里山民家へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約60min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 10分

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約20min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 10分

多摩モノレール 上北台駅から(約35min)

  • 市内循環バス
  • バス停『市民総合体育館入り口』下車

徒歩 10分

西武拝島線 東大和市駅から(約55min)

  • 都営バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 10分

野山北・六道山公園あそびの森・冒険の森へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約50min)

  • 立川バス
  • バス停『横田』下車

徒歩 15分

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約35min)

  • 立川バス
  • バス停『横田』下車

徒歩 15分

多摩モノレール 上北台駅から(約20min)

  • 市内循環バス
  • バス停『かたくりの湯』下車

徒歩 10分

西武拝島線 東大和市駅から(約40min)

  • 立川バス
  • バス停『横田』下車

徒歩 15分

野山北・六道山公園六道広場へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約90min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 里山民家経由

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約50min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 里山民家経由

多摩モノレール 上北台駅から(約65min)

  • 市内循環バス
  • バス停『市民総合体育館入口』下車

徒歩 里山民家経由

西武拝島線 東大和市駅から(約85min)

  • 都営バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 里山民家経由

車をご利用の場合

駐車場は無料です。
駐車場スペースには限りがありますので、公共の交通機関をご利用ください。

  • 赤坂駐車場 34台(身障者用4台)
    • ・利用時間 9:00〜16:00(3〜9月は16:30)
    • ・青梅街道「宿」交差点より約5分
  • 里山民家駐車場 40台
    • ・利用時間 9:00〜16:30(3〜9月は17:00)
  • 野山北公園運動場駐車場 103台(身障者用3台)
    • ・利用時間 8:00〜18:00
  • 石畑駐車場 23台(うち身障者用1台)
  • 天王山東台駐車場 19台
  • 夕日台駐車場 21台
  • 峰田駐車場 16台

パンフレットダウンロード

都立野山北・六道山公園パンフレット

ダウンロード

野山北・六道山公園のパンフレット(PDF)約10MB

パンフレットはA3サイズで作成しています。
印刷の際は、ご利用のプリンタに合わせて用紙設定の変更をお願いいたします。

  • 里山民家15年のあゆみ