野山北・六道山公園だより

ホーム > 野山北・六道山公園 > 野山北・六道山公園だより > レンジャー発 公園トピックス

2018年5月20日

昆虫たちのレストラン

草木の緑が色味を増し、少しずつ夏へと移ろう季節。

出会える昆虫の種類も増えてきました。

例えばこちら。

何気なく咲く園路沿いの花にも、よく昆虫が集まっています。

 

 

 

 

 

よく見られるのは、コアオハナムグリ。

緑色の体に白い斑点がある、1cmほどの小さなコガネムシの仲間です。

 

 

 

 

 

一方こちらは、黒い体に薄黄色の帯があるクロハナムグリ。

渋い体色で、ほかのハナムグリとは少し異なった印象を受けます。

大きさは同じくらいの1cmほどです。

 

 

 

 

 

 

少し大きな昆虫もいました。2.5cmほどのシロテンハナムグリです。

光沢のある体は、光の加減で緑・銅・黄金色に煌めきます。

花にも訪れますが、夏にはよく樹液にも集まります。

 

 

 

 

 

 

ハナムグリたちの目当ては、大好物の花粉です。

さらに、彼らの体についた花粉はほかの花に運ばれるので、植物にとっても

彼らはありがたい存在です。

他にもチョウが蜜を吸いに来たり、集まる虫をカマキリが待ち伏せしたり。じっくり観察することで、花と昆虫のいろいろな関係が見えてきますね!

昆虫たちにとって、園路脇に咲く花はまさにレストラン♪

 

皆さんもぜひ、花に集まる昆虫を観察してみてください!

 

 

塚本レンジャー

 

 

 

 

 

カテゴリー:レンジャー発 公園トピックス|生きもの情報|見ごろ情報

2018年5月20日

小さな紫陽花

雑木林の園路を歩いていると、

梅雨が近いことを感じる花が咲いていました。

 

 

 

 

 

名前はコアジサイ。

明るい雑木林を好む、里山のアジサイです。

 

 

 

 

 

街中でよく見られるアジサイのような大きな花びら(装飾花)はありませんが、

薄青紫の小さな花はとてもきめ細かく、涼を感じる爽やかな美しさです。

 

 

 

 

 

園内各所で5月上旬から6月上旬まで見られるコアジサイ。

皆さんもぜひ、雑木林の中できらめく、小さなアジサイの魅力を楽しんでみてください♪

 

塚本レンジャー

カテゴリー:レンジャー発 公園トピックス|生きもの情報|見ごろ情報

2018年5月17日

しおれた花?

日に日に暑さが増していくこの季節。

雑木林の中で変わった植物を見つけました。

 

 

 

 

 

 

 

一見、元気がなさそうに見えるこの花。

はじめて見たとき、しおれた花かな?と思ってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ところがこの花、ちゃんと元気なのです!

この植物の名前はサイハイラン。少し陰った雑木林が好きな、ランの仲間です。

上から見るとちょっと地味ですが、下からのぞいてみると中はほんのり薄紫で、なかなか美しい花です。

 

 

 

 

 

このサイハイランは宮野入谷戸周辺や夕日台遊具広場などで5月初旬から6月初旬まで見ることができます。

 

上から見ただけでは気づけないサイハイランの隠れた魅力。

皆さんもぜひ、この不思議な花を観察してみてください♪

 

塚本レンジャー

カテゴリー:レンジャー発 公園トピックス|生きもの情報

2017年11月17日

野山北・六道山公園 紅葉情報

気温が低くなってきましたが、岸田んぼ周りの雑木林はまだ紅葉の見頃は先のようです。

 

 

しかし中に入って足元を見てみると、赤や黄に染まった葉っぱが敷き詰められ、

秋が深まっていることを感じることができます。

 

 

まだ紅葉を見るには早いと思っている方も、きれいな落ち葉を探すと

新しい紅葉の楽しみが増え、秋を満喫できますよ!

 

レンジャー 白鳥

 

 

 

 

カテゴリー:レンジャー発 公園トピックス|見ごろ情報

2017年3月4日

陽気につられて。

暖かい太陽を浴び、春が待ちきれないと言わんばかりに、いち早くシナマンサクが花を咲かせました。中国原産で、早春に「先ず咲く」がなまってマンサクになったと言われています。

蕾の中で丸まっていた黄色い花びらは、まるでリボンをほどくように広がります。

柔らかな花びらの様子が、早春の温かさを表しているようです。

赤坂駐車場の近くにあるので、ぜひ観察してみてください。

カテゴリー:レンジャー発 公園トピックス|見ごろ情報

2017年2月3日

ふと目の前に、瑠璃色の野鳥

雑木林を歩いていると、小さな野鳥が飛び出してきました。

ルリビタキという冬鳥です。

オスは年を重ねる毎に色味を増し、鮮やかな瑠璃色に染まります。

一方メスは、あまり目立たない薄茶色です。ですが、尾羽にご注目!

尾羽はしっかり瑠璃色をしています。

少し陰った雑木林に縄張りを作り、低い木々を移動しながらパトロールをしています。

園路際にもよく出てくるので、見かけたときはじっくり観察してみてください。

カテゴリー:レンジャー発 公園トピックス|生きもの情報|見ごろ情報

2017年1月4日

冬の雑木林で落葉かき♪(12/23)

前日の雨から一転、快晴となった里山民家では「里山キッズレンジャー」が開催されました。里山の自然や文化を体験してもらうため、前半は冬の生きものを探し、後半は雑木林で落葉かきを行います。17組54名の親子と一緒に、さっそく冬の里山へ出発!

 

 

冬の生きものを探すため、雑木林にやって来ました。先月まで一面を彩っていた紅葉も、あっという間に落葉し、見通しが良くなっています。

落葉かきにちなみ、落葉と関係がある生きものを探しました。

 

ダンゴムシやミミズなどの生きものは、落葉を食べて分解し、その糞がやがて栄養満点の土“腐葉土”となります。さらにその中には、子どもたちのヒーロー、カブトムシの幼虫が暮らしています。どのくらいの大きさに育っているか、みんなで探してみました。

子どもたちの手に余るほどの、大きな幼虫がたくさん見つかりました♪

腐葉土はこんな大きなカブトムシが育つ場所なのですね。栄養も多いはずです。昔から里山では、腐葉土を畑や田んぼにまき、栄養のある土を使って食べ物を作っていました。

 

さて、後半は腐葉土を作るための落ち葉かき体験です。昔ながらの方法で落葉を集めます。その前に準備体操です♪

 

農家に修行に行った杉山レンジャーは、落葉集めが大得意!すごい量を持っています。みんなも杉山レンジャーに負けないように集めましょう!

 

 

みんなお上手ですね!杉山レンジャーに負けていません!

 

大人たちは熊手で落葉を集め、小さな山を作ります。

その山を、子どもたちが体をいっぱいに使って運びます。

 

まずは落葉をブルーシートに集めてもらいます。いっぱいになったら、今度はみんなで協力して“落葉溜め”に運びました。

 

 

ブルーシート以外にも、色々な道具を使いました。

例えばこちらは、昔ながらの背負いかごです。

 

フゴという袋も使いました。中に入って落葉を押しつぶす子どもたち。お風呂に入っているみたいですね♪

 

 

夢中になって集めているうちに、こんなにも落葉がたまりました。

みんなで記念撮影です♪

 

せっかくなので、集めた落ち葉で存分に遊びましょう!

 

いつのまにか、全身が埋まってしまうほどの落葉が集まっていたのですね!!

 

 

最後は、公園ボランティアが育てたサツマイモを蒸かして食べました。美味しいサツマイモを育てるためには、腐葉土が欠かせません。まさに里山の恵みです。

体を動かした後のサツマイモは、格別な美味しさでした♪

 

 

 

みんなのおかげで、栄養のある腐葉土ができそうです。それだけではなく、雑木林にくらすカブトムシたちも、居場所が増えて喜んでいることと思います。来年は、より美味しいサツマイモと、たくさんのカブトムシが見られるかもしれませんね♪

 

レンジャー  白鳥勝也

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:イベントの報告|レンジャー発 公園トピックス|里山体験

2016年12月28日

「はじめてみよう! 冬の里山でバードウォッチング」(12/17)

木々の葉が落ち、見通しが良くなる冬は、野鳥観察に最適な季節です!

今回は日本野鳥の会 奥多摩支部より講師をお招きし、これからバードウォッチングをはじめたい方々を対象とした野鳥観察会を開催! 快晴に恵まれた里山に、13名の参加者が集まりました!

 

まずは、双眼鏡の使い方から! 野鳥を見るコツや注意事項など、丁寧に教えてもらいます。

 

皆さん上手に双眼鏡を使えるようになったので、いよいよ出発です!

まずは丸山付近で野鳥を探しました。すると、ホオジロやジョウビタキ、モズなどが次々と目の前に! さい先の良いスタートです!


 

田んぼでは、湿った場所が好きなセグロセキレイと、広場などでよく見かけるツグミを観察することができました。1人が見つけると、全員が同じ方向に双眼鏡を向け、夢中で観察していました。

 

 

ふと空を見上げると、冬の里山で見られるタカの仲間、ノスリを発見!

大きく羽を広げて舞う迫力ある姿に加え、上空から急降下する様子も観察することができました。これには参加者からも歓喜の声が上がります!

 

 

20種を超える野鳥を観察することができ、皆さんご満悦のご様子。しかし、公園で野鳥を観察される方の中には、一部ではありますが、野鳥への配慮を欠く行為も見られます。その一つが、餌付けです。餌を探す力や健康を奪ったり、渡りの時期を逃したりするなど、本来の野鳥の生活を脅かしてしまいます。

 

観察の最後に、餌付け現場や柵を越えて巣に近づく方などを度々見ているレンジャーから、野鳥観察時のマナーについてもお話しさせて頂きました。

公園では12月~1月にかけて、「野鳥観察マナーアップキャンペーン」を実施しています。

 

これから野鳥観察をはじめる方も、ベテランの方も、適切な方法で野鳥観察を楽しみましょう♪

レンジャー 白鳥勝也

 

 

カテゴリー:イベントの報告|レンジャー発 公園トピックス

2016年11月6日

10月9日にガイドウォークが開催されました。

里山民家にてガイドウォークが行われました。

今回のテーマは「里山の秋を探そう!」です。

 

 

 

この日は、民家設立15年において、初めての腕木門の屋根の修復がありました。

民家の母屋のカヤブキ屋根や一般に使われる瓦などとは違い、杉の木の皮を切り取ったものを使っています。利用されている例も現在では少ないため、せっかくなので皆さんに触ってもらいました。触るとさらに木の皮であることが実感できます。

 

 

 

次は田んぼに来ました。稲穂に実ったお米を見る機会は最近では少ないようで、まじまじと観察していました。一粒とって、籾殻をむいてお米が出てきたときには、皆さん嬉しそうにしていました。

 

 

 

次は秋ならではの木の実を探しました。鳥に食べてもらうために赤く色づくガマズミや、動物にくっついて運ばれるヌスビトハギなど、様々な実を観察しました。

 

 

雑木林にやってきました。ここでは、皆で協力して、秋を探しました。雑木林の葉は、まだ青々と茂っていますが、探してみるとこんなにも色づいた葉っぱが見つかりました!気がつきにくいですが、着々と季節は変わっていることがわかります。

皆さんも葉の色づきや、咲いている花の変化など、身近な自然の変化から、季節を感じられると、出歩くのも楽しくなりますよ!

 

レンジャー 白鳥

カテゴリー:イベントの報告|ガイドウォーク|レンジャー発 公園トピックス|里山体験

2016年9月23日

初秋の谷戸を歩いて秋をさがそう!(9/11)

11日日曜日、里山ガイドウォークを開催しました。

午前中の雨にもかかわらず、18名の皆さんに参加いただきました。

そろそろ秋の気配、田んぼまわりを歩きました。

 

はじめに白鳥レンジャーによる、昔の里山についての紙芝居のはじまりはじまり!!

 

ここの里山の昔の姿や今に至る経緯、人との関わりをわかりやすく話してもらいました。

川沿いで、葉っぱをちぎって匂いを嗅いでもらいました。

さて何の匂いかな?

秋に見られるレモンエゴマという植物で、葉や花などレモンの匂いがします。

これからの季節田んぼ脇の原っぱは、バッタ天国。

 

そこでみんなでバッタ探し!

 

まずは、バッタについての説明と捕まえ方を教わりました。

捕まえたバッタは顔をよく観察して、仮面ライダー顔、ねずみ男顔、それぞれの写真の上に置かれたケースに分けて入れます。

さぁ、バッタ探しのスタートです。

大人も子供たちもみんな頑張って!!

兄弟力を合わせて、うまく捕まえられたかな?

捕まえたバッタをみんなで観察しました。

いろんな種類のたくさんのバッタが捕まり、「こんなにたくさんいるの」との感想もいただきました。

 

他にはヒガンバナやノハラアザミなど秋の花も見られました。

 

 

 

これから本格的な秋、夏とは違ういろいろな生きものたちが見られます。

また、ガイドウォークに参加してくださいね!

 

次回は、9月25日13時30分に里山民家に集合です!

 

 

 

 

カテゴリー:イベントの報告|レンジャー発 公園トピックス|里山体験

2 / 512345

所在地・アクセス

さやマップGIS

野山北・六道山公園インフォメーションセンター
TEL 042-531-2325 (9:00 ~ 17:00)
〒208-0032 東京都武蔵村山市三ツ木4-2

  • ■ インフォメーションセンターへ行く
  • ■ 里山民家へ行く
  • ■ あそびの森・冒険の森へ行く
  • ■ 六道広場へ行く

野山北・六道山公園インフォメーションセンター
(管理所)へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約50min)

  • 立川駅北口 立川バス1番乗り場
  • 『箱根ヶ崎駅』or『三ツ藤住宅』行き
  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約30min)

  • 『立川駅北口』
  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

多摩モノレール 上北台駅から(約35min)

  • 市内循環バス『上北台ルート』

  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

西武拝島線 東大和市駅から(約45min)

  • 都営バス『青梅車庫』行き
  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

野山北・六道山公園 里山民家へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約60min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 10分

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約20min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 10分

多摩モノレール 上北台駅から(約35min)

  • 市内循環バス
  • バス停『市民総合体育館入り口』下車

徒歩 10分

西武拝島線 東大和市駅から(約55min)

  • 都営バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 10分

野山北・六道山公園あそびの森・冒険の森へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約50min)

  • 立川バス
  • バス停『横田』下車

徒歩 15分

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約35min)

  • 立川バス
  • バス停『横田』下車

徒歩 15分

多摩モノレール 上北台駅から(約20min)

  • 市内循環バス
  • バス停『かたくりの湯』下車

徒歩 10分

西武拝島線 東大和市駅から(約40min)

  • 立川バス
  • バス停『横田』下車

徒歩 15分

野山北・六道山公園六道広場へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約90min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 里山民家経由

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約50min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 里山民家経由

多摩モノレール 上北台駅から(約65min)

  • 市内循環バス
  • バス停『市民総合体育館入口』下車

徒歩 里山民家経由

西武拝島線 東大和市駅から(約85min)

  • 都営バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 里山民家経由

車をご利用の場合

駐車場は無料です。
駐車場スペースには限りがありますので、公共の交通機関をご利用ください。

  • 赤坂駐車場 34台(身障者用4台)
    • ・利用時間 9:00〜16:00(3〜9月は16:30)
    • ・青梅街道「宿」交差点より約5分
  • 里山民家駐車場 40台
    • ・利用時間 9:00〜16:30(3〜9月は17:00)
  • 野山北公園運動場駐車場 103台(身障者用3台)
    • ・利用時間 8:00〜18:00
  • 石畑駐車場 23台(うち身障者用1台)
  • 天王山東台駐車場 19台
  • 夕日台駐車場 21台
  • 峰田駐車場 16台

パンフレットダウンロード

都立野山北・六道山公園パンフレット

ダウンロード

野山北・六道山公園のパンフレット(PDF)約10MB

パンフレットはA3サイズで作成しています。
印刷の際は、ご利用のプリンタに合わせて用紙設定の変更をお願いいたします。

  • 里山民家15年のあゆみ