野山北・六道山公園だより

ホーム > 野山北・六道山公園 > 野山北・六道山公園だより > 野山北・六道山公園ボランティア

2014年2月16日

☆里山民家の雪情報☆(2/16)

連日の雪かき作業で、皆さん腰など壊されていませんか?

里山民家より、2日目の雪情報をお届けいたします!

朝一番の、里山の雪景色♪

 

田んぼも一面真っ白☆

 

 

 

 

 

湿地の上まで、はじめての足跡をつけにまわってみると、

思ったよりもかなり大変!ロープ柵も埋まってしまってます。

ソチオリンピックを思わせる、モーグルスキー場のようです♪

そして、雪の中を楽しむ動物もいるようです。何の足跡かな?

 

 

民家周辺では、雪かき作業も少しずつですが、進みました。

公園ボランティアも2名かけつけて下さいました!!!

スタッフも頑張っています。

母屋の前も、ようやく一本道が通りました。

 

さて、里山民家駐車場は、積雪のため、引き続きご利用が大変難しくなっています。

里山民家は、雪がある程度落ち着いてからのご利用をお勧めいたします。

また今週も雪予報がございますが、どうか皆様お気をつけてお過ごしくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

2014年2月15日

竹でサラダトングを作ろう♪(2/9)

東京では20年ぶりの大雪。

里山民家でも40cmを超す雪が降り積もりました。

そんな雪景色に包まれた日、里山×slow life 「竹deサラダトングづくり」

が開催されました!

晴れているとはいえ足元の悪い中、なんと10名の参加者の方が集まりました♪

 

 

 

 

講師は前回の「オギdeほうき作り」に引き続き、

長野修平先生。(ネイチャーワークス)

自然とともにある暮らし方を伝授して下さいます。

 
まずは、竹をカットする作業の説明から。

大雪のため、材料は事前に里山民家裏の竹林から採取しました。

竹の採取方法や性質などのお話も一緒に聞きます♪

 

 

 

説明を聞いた後は、さっそく実践!

「カラン」「コーン」と、竹が割れる音が、気持ちよく響き渡ります。

 

 

 

好みの大きさにカットしたら、クラフトナイフややすりを使い、

竹を削り、形を整える作業。

「ちょうどよい角度はどのくらいかな?」「しなり具合はこのくらい??」

など、先生のアドバイスを、自分の感覚を大事にしながら進めます。

みなさん、職人さながらに作業に打ち込んでいます!

 

 

 

 

サラダトングの形を整えたら最後の行程、銅線を巻いて左右の部品をつなぎ合わせる作業。

銅は殺菌効果が高く腐敗も少ないため、昔から台所のキッチンツールとして

使われてきたそうです。


そして、できあがったサラダトングはこちら♪

握り心地もデザインも異なった、オリジナルな作品が並びました。


「生活用具を自分で作り上げるのはとても楽しい!!」

「難しかったけど、またぜひ挑戦したい!」

など、みなさんの嬉しそうな表情がたくさん見られました。

 

 

 

 

来年度も「里山×slow life」は実施予定で、内容や日程が決まり次第

HPでお知らせしていきます!

里山の恵みを取入れた暮らしに興味がある方、ご参加お待ちしています♪

 

 

***************************************************************************

野山北・六道山公園では、ともに里山の風景をつくる新規公園ボランティア(年間登録制)を募集中!

自然が好きな方、伝統文化を学びたい方、公園づくりに関わりたい方など、

興味のある方は登録ボランティア説明会にご参加ください。お待ちしています♪

★★★お申し込みはこちらから★★★

 

カテゴリー:イベントの報告|里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

2014年2月15日

野の花守り隊!学習会が開催されました(2/4)

雪もちらつくほどの寒さをみせたこの日、

“野の花守り隊!”による学習会が開催されました!

 

 

 

 

アドバイザーは泉健司氏(NPO法人 Green Works顧問)。

野の花小径を歩き、来年度どのように小径づくりを行っていくか

景観や植生を考えながらみんなでイメージを膨らませます。


 

「春の花が少ないから、マルバウツギを植えたらどうかな?」

「見所を作るために、コントラストを考えてユウガギクを増やそうか?」

など、活発な意見が飛び交います!


 

この切株は「野の花小径」の看板に使えるかも!

といったアイディアまで♪

野草だけでなく、里山にあるものを活用して見所を考えます。

 

 

 

 

落ち葉の間から顔をのぞかせているのはオオイヌノフグリ。

花は寒そうに閉じていましたが、春が近づいていることを感じさせる開花です♪

 

 

 

 

 

フィールドワークを終え、午後からは泉氏による自然回復事例の紹介。

里山民家の周りの環境と比較しながら、活かせるポイントを探ります。

 

 

 

 

その後、一年間の活動の振返りと来年度の計画づくり。

今年度の開花調査では、昨年度よりも8種増え、102種が確認できました!

みなさんが、地道にお手入れを行ってきた成果ですね!


「挿木をしてみよう!」

「見栄えを意識した植え方にしてみよう!」

など、続々と来年度の活動が決まりました。

里山の風景に溶け込む、とても素敵な小径ができそうです♪

 

**********************************************************

野山北・六道山公園では、ともに里山の風景をつくる新規公園ボランティア(年間登録制)を募集中!

自然が好きな方、伝統文化を学びたい方、公園づくりに関わりたい方など、

興味のある方は登録ボランティア説明会にご参加ください。お待ちしています♪

★★★お申し込みはこちらから★★★

カテゴリー:里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

2014年2月7日

「もしもの時に備えて、救急法講習を実地しました(2/1・2/6)」

基本的な心肺蘇生法からAEDの使い方を学ぶ、救急法講習が開催されました。

ボランティア活動や生活の中でも役立つ救急法の知識と技術を身につけます。

 

指導するのは、応急手当普及員の資格を持つパークレンジャー。

まずは講義からスタート。

応急手当の重要性について学びます。

 
続いて、デモンストレーション。

心肺蘇生からはじまり、AEDを使うところまで一連の流れを説明します。

ここで大事なことは素早い対応と、焦らないこと!

 

そして実技に移ります。

2人で胸骨圧迫やAEDの操作を行う時、人工呼吸、

AEDの操作を全て1人で行う時など、

いくつかの予測されるシーンをパターンを変え、何度も実践!

胸骨圧迫をする速さなど身体で覚えます。

 
こちらはAEDで電流が流れるときに、周囲へ離れるように呼びかけている場面。

周りにいる人と役割分担し協力することが、命を救うことに繋がります。

 

 

実技が終わると、

「身体が濡れていた時はどうしたらいいの?」

「息をうまく吹き込めない場合の対応は?」

など、たくさんの活発な質問が挙がり、全員で対処法をさらに学びました。

この日に実習したことが、いざという時にしっかり役立つように、

継続的に講座を受けて身体で覚えることも重要です。

 

 

*********************************************************************************

野山北・六道山公園では、ともに里山の風景をつくる新規公園ボランティア(年間登録制)を募集中!

自然が好きな方、伝統文化を学びたい方、公園づくりに関わりたい方など、

興味のある方は登録ボランティア説明会にご参加ください。お待ちしています♪

★★★お申し込みはこちらから★★★

 

カテゴリー:里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

2014年2月3日

「オギdeほうきづくり(1/25)」

温かい日差しに包まれたこの日、

里山×slow life「オギdeほうきづくり」が開催されました!

講師は、長野修平先生(ネイチャーワークス)。

長野さんは、自然素材を使ったネイチャークラフトや、

野外料理の指導などをしています。

この講座でも、自然の恵みを取り入れた暮らし方を伝えて下さいます。

まずは材料採取からスタート!

母屋のそばにある湿地に生えたオギを1本1本集めていきます。

背丈が高いオギを見上げながらの採取は、子どもに戻った気分♪

オギがそろったところで、次は穂を取り除く作業。

穂の固さに合わせて、歯ブラシやワイヤーブラシを使います。

ビニールシートを敷いておしゃべりしながら楽しく進めます♪

きれいになったオギを使い、いよいよほうきづくり。

長野先生と公園ボランティアが作り方のポイントを説明したら、作業開始!

みなさん夢中になって手を動かします。

そして、完成作品はこちら!

形も使い心地も、一人ひとりの味がでています。

今回は、柄つきのほうきと、柄がつかない沖縄ぼうきの2種類を作りました♪

最後は完成したほうきを見てもらいながら、感想を発表。

「材料採取から完成まで、すべて自分たちの手で作ることができて嬉しい!」

「話をしながらみんなで作業ができて楽しかった」

など、たくさんの感想がありました♪

想い入れのあるほうきができあがり、みなさんとっても満足した様子でした!

里山の恵みや自然とのつながりを考えるきっかけになったのではないでしょうか。

2月9日(日)にも竹を使った「サラダトングづくり」が開催されます。

まだ若干の空きがありますので、ご参加お待ちしています!

お申込みはこちらから↓

http://www.sayamaparks.com/app/events/view/415

カテゴリー:イベントのお知らせ|イベントの報告|里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

2014年1月16日

じっくり田んぼコース「お餅つき」(1/12)

この日は、親子里山学校じっくり田んぼコースの最後の日!

4月の荒越しから秋の収穫まで、みんなで作ったお米を使ってお餅をつきます。

まず、お餅を蒸かすかまどの紹介からスタート。

初めて使う、かまどにみなさん興味津々!

これから蒸し上がるもち米を楽しみに、ガイドウォークに出かけます。

 

 

 

 

ガイドウォークでは、お米を育ててきた田んぼへ。

ぬかるんでいる時は膝まで埋まってしまう田んぼですが、

真冬の寒さですっかりカチカチに!

ザクザクと音を立てて田んぼの上を歩く不思議な体験でした♪

 

 

 

ここでレンジャーからクイズ!

1年間で、一緒にお米を作った人数はなんと約1600人!

収穫できたお米も大人の茶碗で約4000杯だそうです。

数字の大きさに驚きの声が上がりました♪

 

 

 

 

母屋に戻ると、さっそくお餅つきを開始です♪

「よいしょー!よいしょー!」と、周りからのかけ声に合わせて、

力強くついていきます。

 

 

 

 

力を合わせてつき上がると、次はお餅の味付け。

いそべ、きなこ、砂糖醤油、あんこの4種類を手際良くまぜていきます。

 

 

 

 

そしていよいよお餅を食べる時間。

みんなで苦労して育てたお米。お餅の味はひと味もふた味も違ったようです!

「美味しい!」「頑張ったね!」と、一緒に作業を頑張ってきた仲間同士、

笑顔が絶えません♪

 

 

 

 

そして、写真を見ながら1年間の振返り。

「大変だったけれど、とっても楽しかった!!」「子どもの成長が見られて嬉しかった!」「家族で思い出が作れた!」など、それぞれ充実感にあふれる表情と想いが詰まったご感想をいただきました!

 

 

 

 

1年間、お米作りを通して、作業のことはもちろん、里山のこと、食べ物(恵み)のこと、生き物(命)のこと、たくさんの学びがありました。天候に左右されながらも手をかけられて立派に育ったお米。みなさんのご協力で、豊かな里山の風景を守ることに繋がりました。10組31名の受講生の皆さん、本当にお疲れ様でした!岸田んぼで皆さんに再会できるのを、楽しみにしています!

 

また、ご指導いただいた岸田んぼ会をはじめ、田んぼに関わる公園ボランティアの皆さんや、イベント協力に参加した方々などなど、たくさんの人のご協力のおかげで、無事に一年間の活動を終えられました。ありがとうございました!

 

さて、平成26年度も「親子里山学校 じっくり田んぼコース(全12回)」の受講生を募集します! 公園にある岸田んぼで、私達と一緒に一年間のお米作りに関わってみませんか?ここならではの、たくさんの人や生き物にも出会えます!興味のある方はぜひお申し込みください♪

カテゴリー:里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

2014年1月14日

まゆ玉飾り(1/13)

 

1月に入り、寒さも一層厳しくなってきました。

そんな中、「岸まゆ玉保存会」の皆さんのご協力のもと、まゆ玉飾りを作りました!

まゆ玉(繭玉)飾りとは、小正月の前日に養蚕の豊作を願って飾られていた、

地元岸に伝わる伝統的な行事。

約30名の公園ボランティアが参加し、とてもにぎやかに始まりました。

 

まずは、まゆ玉団子づくりからスタート。

準備するものは、公園で採れたうるち米の粉とお湯。

粉に少しずつお湯を足して、お団子状に丸めていきます。

 

 

 

 

せいろで蒸したら、まゆ玉団子の完成です!

 

 

 

 

同時進行で、茹(う)でまんじゅうも作りました♪

※茹でまんじゅうは、「16まいだま」といって、玉繭(たままゆ:2匹のまゆが一緒になって作った大きな繭)を表しています。こういった品質が劣る繭が出ないよう祈願するために木のてっぺんに飾ります♪

かまどで茹で上がったばかりのまんじゅうはアツアツ!!

 

 

 

そしていよいよ飾りつけの時間♪

秋に収穫したみかんとまゆ玉団子を木の枝につけます。

木は雑木林で活動する公園ボランティアがこの日のために採ったもの。

 

 

子ども達も大活躍し、あっという間に

とっても綺麗なまゆ玉飾りができあがりました!!

 

 

 

 

茹でまんじゅうやお団子は来園者にもふるまわれ、

美味しいと好評でした!

岸の伝統を知り、味わう機会となりました♪

 

 

 

 

最後はまゆ玉飾りを背景に、ボランティアみんなで記念撮影。

普段に増して、明るく素敵な里山民家になりました!

 

 

まゆ玉飾りは1月末まで飾る予定です。

ぜひ見にいらしてください♪

カテゴリー:里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

2014年1月13日

ボランティアミーティングが行われました(1/11)

今年一番の冷え込みをみせた日、ボランティアミーティングが開催されました!

最初は、毎年恒例となっている山の神に新年のごあいさつ♪

今年の場所は樹林地整備で皆伐・択伐して新しい切り株が多くある丸山です。

アドバイザーの松井一郎氏に祝詞をあげていただき、ボランティアのみなさんの一年間の安全な活動を祈願しました。

 

 

 

 

その後は、丸山内を散策。

整備後の陽が当たる明るい雑木林に足を踏み入れるのは初めて。

これからどのように変遷していくのか、希望を胸に、各々の夢を語りながら歩きました♪これからの雑木林の手入れが楽しみですね!

 

 

 

 

そして、後半はボランティアミーティング。

各活動の報告や、来年度の計画について話し合いました!

活発な意見を交わし、有意義な時間となりました。

次回は3/2(日)に今年度最後のボランティアミーティングを予定しています♪

 

 

 

 

さて、野山北・六道山公園ボランティア活動では、来年度に向けての準備が着々と進んでいます。

里山民家ではともに里山の風景をつくる新規ボランティア(年間登録制)を募集中!

自然に興味がある方、伝統文化を伝承したい方、里山の恵みを生活に活かしたい方、公園づくりに関わりたい方など、誰でもOK!まずは登録ボランティア説明会に参加してみてくださいね♪お待ちしています!

 

★★お申込みはこちらから★★

 

★★野山北・六道山公園ボランティアの活動内容はこちら★★

 

カテゴリー:里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

2014年1月10日

新年の活動がスタートしました♪(1/9)

明けましておめでとうございます!

里山民家では例年通り1月4日(土)から開園しています。

年初めはスタッフが武蔵村山に伝わる「村山大島紬」を来て、お出迎えをしました。

 

 

 

今年最初の活動もスタート!

里山クラフト工房では、公園に生えている孟宗竹を使い、ざるを作るためのひご作り。

目を凝らして細かい作業を進めました。

 

 

 

こちらは雑木林の活動。

恒例のラジオ体操で身体を十分にほぐしてから、下草刈りを中心に作業。

凍えるほどの気温にも関わらず、作業を始めると体はぽかぽか。

額に汗がにじむほどでした!

 

 

お昼には、伝統食つたえたい♪の皆さんがすいとん汁をふるまいました。

優しい味でとても美味しく、おかわりをする人が続出!

ぽかぽかと身体が暖まり、来園者の皆さんに喜ばれました。

 

 

 

1月12日(日)まではお正月遊びが楽しめます♪

羽根つきや福笑いなど、昔懐かしい遊び道具を用意してお待ちしています。

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします!

カテゴリー:里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

2013年12月28日

年越しに向けて準備をしました(12/22)

あと少しで年末を迎えます。

里山民家では、年越しに向けての準備が着々と進んでいる中、

公園ボランティアのみなさんと門松づくりとすす払いを行いました!

 

この日は、1年間のたまった汚れを落とします。

竹を使ってすすを払ったり、ふだん手の届きにくい場所を掃除します。

 

 

 

 

 

 

すすを払い終えると、次はみんなで雑巾がけ。

ここでは子どもたちが大活躍!ピカピカの床になりました!

 


大きなしめ縄も母屋に飾られました。

こちらはわら細工教室メンバーの作品です!

 

 

 

お昼には、かまどで炊いたご飯とお味噌汁をふるまいました!

ボランティアも来園者も美味しくいただきました。

 

 

一方、母屋の外では門松作り中。

公園で育った竹や松の葉を使います。

3本の竹を同じ角度で切るのには一苦労。

みんなで「こうしたらどうかな?」と意見を出し合い、

力を合わせて作っていきます。

 

 

完成した門松は、民家の玄関に置かれました。

華やかで力強い門松をぜひ見に来てください♪

 

 

午後からはミニ門松づくり。

とってもかわいい門松が出来上がり、みなさん大満足!!

 

 

来年、1月4(土)~1月12日(日)は「お正月遊び」を体験できます。

羽子板や里山かるた、メンコなどの遊び道具をご用意してお待ちしています!ぜひ遊びに来てくださいね♪どうぞ、良い年をお迎えください♪

 

 

カテゴリー:里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

所在地・アクセス

さやマップGIS

野山北・六道山公園インフォメーションセンター
TEL 042-531-2325 (9:00 ~ 17:00)
〒208-0032 東京都武蔵村山市三ツ木4-2

  • ■ インフォメーションセンターへ行く
  • ■ 里山民家へ行く
  • ■ あそびの森・冒険の森へ行く
  • ■ 六道広場へ行く

野山北・六道山公園インフォメーションセンター
(管理所)へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約50min)

  • 立川駅北口 立川バス1番乗り場
  • 『箱根ヶ崎駅』or『三ツ藤住宅』行き
  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約30min)

  • 『立川駅北口』
  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

多摩モノレール 上北台駅から(約35min)

  • 市内循環バス『上北台ルート』

  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

西武拝島線 東大和市駅から(約45min)

  • 都営バス『青梅車庫』行き
  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

野山北・六道山公園 里山民家へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約60min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 10分

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約20min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 10分

多摩モノレール 上北台駅から(約35min)

  • 市内循環バス
  • バス停『市民総合体育館入り口』下車

徒歩 10分

西武拝島線 東大和市駅から(約55min)

  • 都営バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 10分

野山北・六道山公園あそびの森・冒険の森へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約50min)

  • 立川バス
  • バス停『横田』下車

徒歩 15分

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約35min)

  • 立川バス
  • バス停『横田』下車

徒歩 15分

多摩モノレール 上北台駅から(約20min)

  • 市内循環バス
  • バス停『かたくりの湯』下車

徒歩 10分

西武拝島線 東大和市駅から(約40min)

  • 立川バス
  • バス停『横田』下車

徒歩 15分

野山北・六道山公園六道広場へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約90min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 里山民家経由

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約50min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 里山民家経由

多摩モノレール 上北台駅から(約65min)

  • 市内循環バス
  • バス停『市民総合体育館入口』下車

徒歩 里山民家経由

西武拝島線 東大和市駅から(約85min)

  • 都営バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 里山民家経由

車をご利用の場合

駐車場は無料です。
駐車場スペースには限りがありますので、公共の交通機関をご利用ください。

  • 赤坂駐車場 34台(身障者用4台)
    • ・利用時間 9:00〜16:00(3〜9月は16:30)
    • ・青梅街道「宿」交差点より約5分
  • 里山民家駐車場 40台
    • ・利用時間 9:00〜16:30(3〜9月は17:00)
  • 野山北公園運動場駐車場 103台(身障者用3台)
    • ・利用時間 8:00〜18:00
  • 石畑駐車場 23台(うち身障者用1台)
  • 天王山東台駐車場 19台
  • 夕日台駐車場 21台
  • 峰田駐車場 16台

パンフレットダウンロード

都立野山北・六道山公園パンフレット

ダウンロード

野山北・六道山公園のパンフレット(PDF)約10MB

パンフレットはA3サイズで作成しています。
印刷の際は、ご利用のプリンタに合わせて用紙設定の変更をお願いいたします。

  • 里山民家15年のあゆみ