野山北・六道山公園だより

ホーム > 野山北・六道山公園 > 野山北・六道山公園だより

2019年4月8日

「今年もじっくり田んぼコースが始まりました! (3/17)」

フキノトウやツクシ、桜も開花し、春を身近に感じますね。
3月17日に2019年度「親子里山学校じっくり田んぼコース」の
オリエンテーションが開催されました!

 

 

じっくり田んぼコースでは、
年間を通し、親子で荒起こしから脱穀までお米を育てる過程を体験できる
人気のコースです。
今年も定員を大きく上回るご応募をいただきました!

 

 

初回となるオリエンテーションでは、
これから一年間一緒に活動していく仲間や
サポートしてくれる田んぼボランティアとの顔合わせ♪
前半は丹レンジャー案内のもと
これから皆さんが活動する田んぼや雑木林などをめぐる
ガイドウォークに出発しました。

 

 

まずは、公園の成り立ちの説明をし、荒起こし前の田んぼには
どんな生き物や植物がいるのか探しました。

 

 

公園に初めてくる参加者が多く、皆さんがワクワクした気持ちで
参加してくれているのがとても伝わりました♪

 

道中にはフキノトウも発見!

 

そして湿地には、アカガエルの卵たちが!
今年は100個以上の卵が見つかったそうです。
湿地で作業していた公園ボランティア「生き物倶楽部」の皆さんからも
活動や生き物の紹介をしてもらいました。

 

 

後半は室内で、スライドを見ながらのレクチャー。
公園の概要や一年間の田んぼ活動を写真で紹介♪
田んぼ経験をしたことがない方が多いようで、この1年間で
どのような変化が訪れるか楽しみですね★

 

 

4月20日にはいよいよ荒起こしを行います!!
新たな仲間たちと一緒に
これから一年田んぼ活動を通して、
里山の風景づくりをしていきましょう♪

カテゴリー:イベントの報告|ガイドウォーク|公園の取り組み|里山体験

2019年3月25日

カエル探検隊

3月10日、里山民家にてのやまキッズプログラムを開催しました!

今回のテーマは「カエル探検隊」。カエルのヒミツをクイズを通して、皆さんに紹介しました!

 

 

 

 

カエルクイズの1例を紹介。皆さんはわかりますか?

 

 

 

 

 

 

(答えはⒷ)

里山民家でカエルクイズを楽しんだ後、いよいよカエルさがしに出発です!カエルを探しながら田んぼを歩いていくと…

 

 

 

 

 

ニホンアカガエルの卵が見つかりました!公園内では一番早く卵を産むカエルで、2月の終わりから卵を産み始めます。

 

 

 

 

 

 

今回は特別に卵を手でもって、その感触を楽しんでみました。見た目よりもずっと弾力があり、そのプルプルした感触に子どもたちも驚いていました!

 

 

 

 

 

 

 

レンジャーが事前に捕まえておいた、実際のアカガエルの観察も行いました。ここでもクイズを交えながら、カエルの体をじっくり観察しました!

 

 

 

 

 

今度は自分たちでカエルの卵を探してみました。みんなとても見つけるのが上手で40個以上の卵を見つけてくれました!

 

 

 

 

 

 

 

最後に皆さんに紹介したのはカエルと同じ両生類であるサンショウウオの卵です。この谷戸で発見したもので、初めて見る貴重な卵にみんな興味津々でした!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

里山に生きるカエルやサンショウウオは今色々な原因で減ってきています。公園では彼らのすみかを整備したり、田んぼの活動をすることで、カエルやサンショウウオが生きていくことが出来る環境を維持しています。田んぼ活動はだれでも参加できるので、ぜひ皆さんも参加してみてください!里山の両生類たちがずっと生きていくためには、何ができるのか皆さんも一緒に考えてみましょう。

 

次ののやまキッズプログラムは4月14日(日)です。皆さんのご参加をお待ちしています!

 

 

塚本レンジャー

 

カテゴリー:ガイドウォーク|生きもの情報

2019年3月2日

「2019年度登録ボランティア説明会開催!(2/12、17、23)」

野山北・六道山公園ボランティアは、
年間登録制となっており、
来年度から参加を希望する方や
活動に興味がある方を対象に
ボランティア説明会を3回開催しました!

 

 

まず前半は活動エリアを紹介★
パークレンジャーと一緒に公園内を周りました。
初めに紙芝居を使って、
公園の歴史や里山の役割、
様々な人の手によって
公園が作られていることを知ってもらいました。

 

 

こちらは「雑木林」の活動紹介。
現在活躍中のボランティアから
実際の声を聞いて、活動のイメージを伝えることができました。

他にも、「生き物倶楽部」の湿地整備や、
「野の花ガーデナー」の小径の手入れの様子を実際に見ることができました。

 

 

後半は室内で公園の概要や
ボランティアの仕組み、
活動の詳細やスケジュールをご説明しました♪

作業小屋が参加者でいっぱいです!

今回の3回の開催で、80名近くのご参加をいただき、
当日に早速ボランティア登録をする方も多くいらっしゃいました!

4月から、
皆さんと一緒に里山の風景作りができることを
楽しみにお待ちしております!

カテゴリー:公園の取り組み|野山北・六道山公園ボランティア

2019年1月26日

「第3回ボランティアミーティングを開催(1/12)」

2019年☆第3回ボランティアミーティングを行いました!

 

今年も!!

里山民家の裏にある丸山に登り、これからのボランティア活動の“安全祈願”。

切り株に竹と折り紙で作った鳥総(とぶさ)を皆で作ってたて…

 

お神酒、水、米、塩をお供えします。

活動で使う刃物もそえて、お清めしました。

 

森林アドバイザーの松井一郎先生(NPO法人NPObirth)

に祝詞(のりと)をあげていただきます。

祝詞を読み上げる声が丸山に響き渡ります。

 

 

 

後半は屋内で、ボランティアミーティングを実施☆

各活動からの報告や新年度に向けての意見交換を行いました!

 

今年も皆で協力し、公園を盛り上げながら

ボランティア活動をしていきましょう♪

どうぞよろしくお願いします♪

 

 

***********************************

都立野山北・六道山公園では、

2019年度の公園ボランティアを募集中です!

 

自然が好きな方、里山の恵みを活用したい方、

伝統文化を学びたい方など、どなたでも大歓迎です★

私たちと一緒に里山の風景を作っていきませんか?

まずはぜひ、登録ボランティア説明会に参加してみてください♪

★★お申し込み・詳細はコチラから★★

みなさんのご参加を心よりお待ちしています!!

***********************************

 

 

カテゴリー:その他|公園の取り組み|野山北・六道山公園ボランティア

2019年1月26日

冬の里山でバードウォッチング

12月~1月にかけて、狭山丘陵の都立公園では「野鳥観察マナーアップキャンペーン」を開催しています。それに合わせて、1月13日野山北・六道山公園にてビギナー向けの野鳥観察イベントが開催されました。
日本野鳥の会・奥多摩支部より講師をお招きし、双眼鏡の使い方や、野鳥の見つけ方を教えていただきました。
快晴の下、18名の方が参加してくれた今回のイベント。どんな野鳥が見られたのでしょうか!?

 

 

 

 

 

まずは双眼鏡の使い方をレクチャー。初めて使う人もいた中、使い方や見方のコツを教えていただきました。

 

 

 

 

 

双眼鏡も使えるようになったところで、いよいよ観察スタートです!まずはインフォメーションセンター付近で野鳥を探してみます。早速、ジョウビタキやモズといった開けた場所を好む鳥が見つかりました。

 

ジョウビタキのメス

 

 

 

 

モズのメス

 

 

 

 

次はエヶ入谷戸へ移動。ここではカシラダカやアオジなどやぶを好む鳥の群れが見られました。

 

カシラダカ

アオジ

 

また、ここでは思いがけずアオゲラという緑色の羽が美しいキツツキの仲間も見ることができました!懸命に木をつついていましたが、中の虫を食べていたのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レンジャーからは野鳥観察のマナーを紹介しました。特に今公園で問題となっているのは野鳥に対する餌付けです。人がエサを与えると、自分でエサを探さなくなったり、渡りの時期を逃してしまうことがあります。自然の姿を観察しましょう。

 

 

 

 

イベントの最後には上空を舞うノスリ、ルリビタキも観察することができました。ルリビタキの愛らしい姿には、皆さんも笑顔に!

 

 

 

 

10種類以上の野鳥を観察することができた今回のイベント。冬は雑木林の見通しがよくなり、観察にはうってつけの季節です。皆さんも野鳥や周りに配慮しながら、観察してみてください♪

塚本レンジャー

カテゴリー:イベントの報告|レンジャー発 公園トピックス|生きもの情報

2019年1月25日

「1年間の締めくくり!じっくり田んぼコース修了式(1/13)」

 

平成30年度『親子里山学校じっくり田んぼコース』の修了式が

行われました♪

 

このコースでは、3月のオリエンテーションから始まり…、

春には荒起こし・代かき、

夏には田植え・案山子作り(今年は残念ながら中止に…。)、

秋には稲刈り・脱穀

と、里山の自然や文化などを体験しながら田んぼの活動を学びました!

 

そして、最後の活動となる修了式では、

1年を通して育てたうるち米をいただきます♪

 

 

まずは、かまどでお米を炊いている様子を見学。

公園ボランティアからかまどの説明を聞いた後、

火吹竹(ひふきだけ)を使って、かまど体験!

空気を入れて、火力の調整を行います。

 

 

その後は、ガイドウォークへ!

塚本レンジャー案内の元、一年間活動をした田んぼへ!

活動を振り返りつつ、

冬に見られる生き物を探しながら里山を歩きました。

 

 

ガイドウォーク終了後、お待ちかねのご飯タイム!!

炊き立てご飯、お味噌汁やお漬物を

岸田んぼ会、公園ボランティアと一緒に頂きます。

 

お味噌汁は、公園ボランティアが里山民家の畑で育てた

野菜を使って作ってくれました★

 

 

「窯で炊いたご飯がとてももちもちしていてる!」

「野菜の味がしっかりしていてお味噌汁がおいしい!」

と、驚きの声がたくさん聞こえました♪

 

 

 

ごちそうさまの後は、田んぼ活動の感想発表。

そして、一年間の思い出が詰まったアルバムをお渡ししました。

 

 

 

今回のじっくり田んぼコース参加者の中には、

「お米だけではなく、育てた稲の活用も学びたい!」

ということで、正月飾りづくりイベントに

参加された方もいました。

 

「すべての作業が初めてだったが、見よう見まねながらも

体験出来てとても良かった」

「この活動を通して、1粒のお米のありがたみを分かることができた」

「できなかった活動もあるので、来年やりたいです!」

などの声を頂きました。

 

 

一緒に頑張ったメンバーで記念写真も撮りましたよ♪

 

 

 

一年間の活動を通して

里山で営まれてきた田んぼ作業が、

多様な動植物を育み、美しい風景を維持することに

重要な役割を果たしていることなど

たくさんの発見や学びがあったのではないでしょうか?

 

この田んぼでの経験・体験が

これからのみなさんの糧になればとても嬉しいです。

またいつでも里山民家に遊びに来てくださいね!!

 

 

現在、都立野山北・六道山公園では、

2019年度の公園ボランティアを募集中です!

******************************************************

自然が好きな方、里山の恵みを活用したい方、

伝統文化を学びたい方など、どなたでも大歓迎です★

私たちと一緒に里山の風景を作っていきませんか?

詳しくは、下記より登録ボランティア説明会についてをご覧ください♪

◆詳細とお申し込みはこちら

みなさんのご参加を心よりお待ちしています!!

******************************************************

カテゴリー:イベントの報告|里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

2019年1月4日

「2019年!明けましておめでとうございます(1/4)」

 

新年明けましておめでとうございます!!

里山民家は1月4日から通常開園しております。

 

 

新年最初の開園日である今日は、

雲一つない、すっきりとした天気に恵まれ、

たくさんの方が遊びに来てくださいました!

 

母屋では、羽根つきや福笑い、こま回しなどの

正月ならではの遊びが、1月11日(金)まで楽しめますよ♪

 

 

 

入口の門では、笑顔の門松が来園者を迎えます。

門松は毎年お正月に幸運をもたらす「年神様(としがみさま)」

が来てくれるための目印となるそうです♪

 

母屋の入口には、

公園ボランティアが作った正月飾りも♪

 

 

母屋では、田んぼで収穫されたもち米で作った鏡餅を

お供えしています。

鏡餅は、新しい1年を幸せに過ごせるようにという願いと、

無事に1年を過ごすことができた感謝の気持ちをこめて

「年神様」にお供えする代表的な正月飾りです。

 

 

寒いこの時期だからこそ、みんなで里山民家に集まって、

園内で遊んで体を動かしたり、散策をしたり、

母屋の囲炉裏であたたまったりして過ごしてみませんか?

皆さまのご来園、お待ちしております!

 

 

今年もどうぞよろしくお願いいたします☆

 

カテゴリー:イベントのお知らせ|野山北・六道山公園ボランティア

2018年12月28日

「みなさん良いお年をお迎えください♪(12/23)」

平成最後の年も、あっという間に終わりを迎えますね。

みなさんはどのような1年を過ごされましたか?

 

さて、里山民家では年末の締めくくりとなるとても大切な活動!!

すす払い&門松づくりを実施しました★

 

すす払いとは、新しい年を綺麗な気持ちで迎えるための準備♪

里山民家では、恒例の公園内の竹を使用して、

すすやほこりを落としていきます!

ちょっと白く見えるのは、全部砂ぼこりです…。

 

 

大人も子どもも大活躍!

真っ黒なほこりもたくさん出てきました!

 

 

そして

すすやほこりを落とした後は…、

土間で行う恒例のキッズぞうきん隊出動!

誰が一番きれいに拭けるかな!?

ぞうきんがけの勢いがすごい!!!!

母屋だけでなく、作業小屋、お勝手、

納屋、蔵、ボランティアルームまで

ピカピカになりました!!

 

 

 

作業小屋もスッキリ!

 

 

 

湯殿もキレイに★

 

 

 

スリッパも叩いてゴミを落としました!

 

 

 

 

そして、すす払い隊と同時進行♪

民家の玄関口、腕木門に飾る門松も、ボランティアさんが作成★

土台に田んぼの稲わらを巻き、雑木林のマツやクマザサ、南天の実など

園内の資源も活用します。

子どもも、小さい竹でノコギリの使い方の練習♪

 

 

 

 

 

門松の土台は稲わらを巻いて作ります。

徐々に形ができていきます!

 

 

 

 

皆で竹の周りに他の植物を植えこんで、

組み立てて行くと…。

 

 

 

立派な門松が完成!

 

一番大きい竹がお父さん、二番目がお母さん、

一番小さいのは子どもをイメージしているそうです。

 

 

 

 

門松づくりのメンバーと記念撮影★

 

そしてすす払いメンバーも合流して全員集合!!

 

 

ボランティアの皆さん!

今年も立派な門松、そして里山民家の大掃除をありがとうございました!

 

1年間、たくさんの来園者を迎え、楽しませてくれた里山民家への

感謝の気持ちが伝わってくる素晴らしい1日となりました!

皆さん、来年もどうぞよろしくお願いします♪

良いお年をお迎えください☆彡

 

*********************************************************

年末年始お休みのお知らせ★

野山北・六道山公園、里山民家は

12月29日~1月3日の期間、閉園致します。

1月4日から開園となりますので、みなさまのお越しをお待ちしております!

*********************************************************

カテゴリー:おすすめ|公園の取り組み|里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

2018年12月23日

「平成最後の収穫祭!盛り上がりました★(12/9)」

里山民家で行われている三大祭も、この収穫祭で最後!

今年もボランティアの皆さんと一緒に

1年かけて育てたお米や野菜、

里山の材を使ったクラフト作品など

多くの里山の恵みを分かち合うことができました♪

 

収穫祭当日は快晴!(かなり冷え込みましたが…。)

恒例の岸田んぼ会による、田んぼで採れた新米を使った

餅つきのデモンストレーションを披露してもらいました!

まだまだ現役!パワーが違います!

 

餅つきでついたお餅は

「もちまるめコーナー」にて

磯辺、きな粉、あんこに味付けされて

たくさんの来場者へ振舞われました☆

大盛況★

 

 

母屋では「かまど隊」が活躍中!

かまどで火を起こし、蒸篭(せいろ)にもち米を入れて蒸かします!

餅つきや餅を丸めるのも一苦労なのですが、

かまども蒸かす時間を調整したりとすごく大変なのです。

 

 

収穫祭で、いつも長蛇の列になるのが

「里のお土産コーナー」。

畑のボランティアが丹精込めて作った野菜、

ボランティアだけでなくたくさんの人の手で育てて収穫した新米、

里山の材を活用したクラフト作品やわら細工、

折り紙作品など盛りだくさんです!

キッズボランティアも大きな声で「いらっしゃいませー!」

と大活躍でした!

 

 

 

そして子どもたちも体験できる「お餅つき体験」★

最初に「餅つき隊」が、子どもたちがつけるように

餅をつきます!

 

準備ができたら、子どもたちの番!

お父さんの力を借りて、「ぺったんぺったん♪」

 

上手につけたね!

 

ちなみに、餅つきでは西多摩マウンテンバイク友の会や

マウンテンバイクチームのペルジタの皆さんも大活躍。

大助かりでした♪

 

 

 

また、岸重松囃子保存会による「岸重松囃子の演奏」もありました!

賑やかな演奏で、収穫祭に花を添えてくれました。

他ではなかなか聞くことができない

素敵な演奏に子どもたちも目が釘付けです★

 

 

また昨年も大好評だった

「大根の引っこ抜き体験」を今年も開催♪

大人も子どもも大満足★

 

 

 

「ご案内所」では、来場者にイベントをご案内☆

公園で収穫したみかんも一緒に振る舞いました!

 

 

みかん配りもキッズが活躍★

一生懸命配ったね!

 

 

田んぼでは

「第6回公園ボランティアが撮影した私のお気に入り写真展」を開催♪

お気に入りの写真に投票してもらいました!

 

 

広場では

西多摩マウンテンバイク友の会による駐輪場コーナー。

自転車での来園者をお出迎えしました★

 

 

そして最後は公園のパークレンジャーによる

「里山ガイドウォーク」も開催★

合わせて63名もの人が参加してくれました。

里山の昔の話や自然、暮らしを歩きながら体感し、

冬ならではの宮野入の生きものや文化に触れることができました。

今回パークレンジャーと一緒に解説も担当してくれた

キッズレンジャーたちも大活躍!

 

 

 

 

 

今年も公園ボランティアの皆さん、地域で活動する皆さんと一緒に

里山の恵みに感謝し、里山の更なる魅力を伝えた

収穫祭となりました!

来園者は約800人と、

例年を超えるたくさんの方に楽しんでいただけました。

 

公園ボランティア、岸田んぼ会、岸重松囃子保存会、

西多摩マウンテンバイク友の会、ペルジタのみなさん、

 

本当にありがとうございました!

 

また、

現在、都立野山北・六道山公園では、

2019年度の公園ボランティアを募集中です!

 

自然が好きな方、里山の恵みを活用したい方、

伝統文化を学びたい方など、どなたでも大歓迎です★

私たちと一緒に里山の風景を作っていきませんか?

詳しくは、下記より「野山北・六道山公園登録ボランティアを募集します!」を

ご覧ください♪

◆詳細とお申し込みはこちらhttp://www.sayamaparks.com/2018/12/12/001-267/

みなさんのご参加を心よりお待ちしています!!

カテゴリー:おすすめ|イベントの報告|野山北・六道山公園ボランティア

2018年12月1日

「安全管理講習~冬の伐倒編~(11/14、11/24)」

 

今年も松井一郎氏(NPO birth)を講師に迎え

「安全管理講習~冬の伐倒編~」を実施しました!

危険を伴う作業である伐倒の安全な方法を、

一から確認します。

 

 

午前中は、

安全管理の心構えや安全に木を伐倒するための方法

また、刃物の基本的な扱い方を確認しました。

 

 

 

 

講義の後は東の森へ移動し、

松井先生と各班の代表者による

伐倒のデモンストレーションを行い、

作業の流れを確認しました。

 

 

まず初めに、

周りの状況や、切り始める位置を確認します。

 

 

その後、ロープを木にかけ、

滑車とスリングベルトを使って

木を倒す位置の調整をします。

 

 

 

そして、いよいよ、木に刃物を入れます!

まずは、木を倒す方向に『受け口』を作っていきます。

木を切る際は、水平に刃物を入れていくことが肝心です。

ノコギリの刃先がズレてはいないか、確認しながら切り進めます。

 

 

木の直径の1/3まで切ったら、

次はナタで、切れ込みを作ります!

 

普段使うことの少ないナタに、苦戦している様子も…。

 

 

『受け口』ができたら、反対側から『追い口』を

ノコギリで入れていきます。

ある程度まで切り進めたら

繋いだロープを引く力と木が倒れる力を利用して、

寝かせるイメージで木を倒します。

 

伐っている人は、しなりやミシミシという音が鳴り始めたら

刃物をしまい、退避して安全を確保してから木を倒します。

 

 

 

伐倒後、全員で木の切り口を見ながら、

作業手順や切り方について、確認しました。

 

 

 

午後は、班に分かれて伐倒作業。

講義で学んだことやデモンストレーションを

思い出しながら、安全に考慮し伐倒していきます!

 

 

倒す際に邪魔な枝は、高枝ノコギリを使って

事前に落とします。

 

 

1本1本形状が違う広葉樹は、

根元が太いものが多いため、比較的細くなっている

少し高めの位置で伐りました。

 

 

伐倒では、伐り始めや、倒れる際に声かけを行い、

周囲へ注意を促すことが重要です!

今回の講習でも、各班意識をして声出しを行っていました。

 

 

最後に、各班の振り返りと松井先生からの講評を頂き、

無事に安全管理講習が終了しました!

 

 

参加した皆さんにとって

安全に活動を行うための意識を改めて確認できた、

絶好の機会だったのではないでしょうか?

 

 

2/3(日)、2/7(木)には救急法講習を実施します。

心肺蘇生法は、公園の活動中だけでなく

自分の家族や周りの人に何かが起こった場合にも

素早く対応できる方法のひとつです。

公園ボランティアの皆さん!是非、ご参加ください★

 

カテゴリー:公園の取り組み|野山北・六道山公園ボランティア

所在地・アクセス

さやマップGIS

野山北・六道山公園インフォメーションセンター
TEL 042-531-2325 (9:00 ~ 17:00)
〒208-0032 東京都武蔵村山市三ツ木4-2

  • ■ インフォメーションセンターへ行く
  • ■ 里山民家へ行く
  • ■ あそびの森・冒険の森へ行く
  • ■ 六道広場へ行く

野山北・六道山公園インフォメーションセンター
(管理所)へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約50min)

  • 立川駅北口 立川バス1番乗り場
  • 『箱根ヶ崎駅』or『三ツ藤住宅』行き
  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約30min)

  • 『立川駅北口』
  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

多摩モノレール 上北台駅から(約35min)

  • 市内循環バス『上北台ルート』

  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

西武拝島線 東大和市駅から(約45min)

  • 都営バス『青梅車庫』行き
  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

野山北・六道山公園 里山民家へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約60min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 10分

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約20min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 10分

多摩モノレール 上北台駅から(約35min)

  • 市内循環バス
  • バス停『市民総合体育館入り口』下車

徒歩 10分

西武拝島線 東大和市駅から(約55min)

  • 都営バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 10分

野山北・六道山公園あそびの森・冒険の森へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約50min)

  • 立川バス
  • バス停『横田』下車

徒歩 15分

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約35min)

  • 立川バス
  • バス停『横田』下車

徒歩 15分

多摩モノレール 上北台駅から(約20min)

  • 市内循環バス
  • バス停『かたくりの湯』下車

徒歩 10分

西武拝島線 東大和市駅から(約40min)

  • 立川バス
  • バス停『横田』下車

徒歩 15分

野山北・六道山公園六道広場へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約90min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 里山民家経由

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約50min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 里山民家経由

多摩モノレール 上北台駅から(約65min)

  • 市内循環バス
  • バス停『市民総合体育館入口』下車

徒歩 里山民家経由

西武拝島線 東大和市駅から(約85min)

  • 都営バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 里山民家経由

車をご利用の場合

駐車場は無料です。
駐車場スペースには限りがありますので、公共の交通機関をご利用ください。

  • 赤坂駐車場 34台(身障者用4台)
    • ・利用時間 9:00〜16:00(3〜9月は16:30)
    • ・青梅街道「宿」交差点より約5分
  • 里山民家駐車場 40台
    • ・利用時間 9:00〜16:30(3〜9月は17:00)
  • 野山北公園運動場駐車場 103台(身障者用3台)
    • ・利用時間 8:00〜18:00
  • 石畑駐車場 23台(うち身障者用1台)
  • 天王山東台駐車場 19台
  • 夕日台駐車場 21台
  • 峰田駐車場 16台

パンフレットダウンロード

都立野山北・六道山公園パンフレット

ダウンロード

野山北・六道山公園のパンフレット(PDF)約10MB

パンフレットはA3サイズで作成しています。
印刷の際は、ご利用のプリンタに合わせて用紙設定の変更をお願いいたします。

  • 里山民家15年のあゆみ