野山北・六道山公園だより

ホーム > 野山北・六道山公園 > 野山北・六道山公園だより

2016年7月27日

~里山×Slow Life 竹づくし!流しそうめん~ (7/16)

 

暑~い夏の日、里山の竹を使って涼をとろう!

里山の資源を身近な生活に取り入れるための、大人の実践講座。

それが里山×Slow Life!

講師はネイチャークラフト作家の長野修平さんです。

↑机の上に乗っているのは、「おひとりさま用流しそうめん」セット!

 

今回の講座のポイントはイベント名の通り、「竹づくし」!

そうめんを流す「樋(とい)」はもとより、そうめんを食すおちょこ、お箸も全て、

公園に生えている竹から作ります♪

(※講座で特別に採取しています。公園で動植物の採取は禁止されています。)

 

まずは竹の伐り出しから♪

そうめんを流して食べた経験はあっても、

こんな作業から始めたことのある人は少ないのでは・・・。

 

 

伐った竹で早速、そうめんを流す「樋(とい)」を作ります♪

割れ目にはさんだ棒を引いて、真っ二つに竹を割る作業は爽快です!

「easy~ easy~」とやすやすとこなす方もいらっしゃいました★

 

 

「樋(とい)」が出来たら、次は竹のおちょことお箸を作ります。

お好みの節を選んで伐り、縁をナイフとやすりで削って滑らかにします★

こちらが完成したおちょことお箸!

それぞれの個性が光る、素敵な器が出来上がりました!!

 

 

そしていよいよ、みんなが心待ちにしていた流しそうめんタイム!

今日1日向き合ってきた竹という資源を、

どう身近な生活の中に取り入れていくのか、

実際に使いながら、楽しく学ぶことができました♪

今冬にも、長野修平さんを講師にお迎えして、里山×Slow Life講座を

開催予定です♪

ぜひ公園ホームページをチェックしてくださいね♪

 

カテゴリー:おすすめ|イベントの報告|里山体験

2016年7月21日

夏の安全管理講習(6/29,7/10)

これから本格的に暑くなり、

熱中症はもちろん、

活発になる身近な危険生物にも注意をしていかなければなりません。

 

そんな、夏ならではの危険事項を学び、

事故を未然に防止するために、

今年も夏の安全対策講習を行いました。

 

まず、

講師の松井一郎氏(特定非営利活動法人NPObirth)より、

熱中症や、

ハチ・ヘビなどの危険な生きものについて、

基礎知識と対策方法を学びました。

 

 

毒を吸い出すときに使う

“ポイズンリムーバー”を練習したり、

普段使っている救急箱の中身を

抜き打ちでチェックしたり、

とてもためになる講義でしたね☆

 

 

その後は、

雑木林での活動中に起こり得る

「熱中症」、「出血を伴うケガ」、「ハチ刺され」、「心肺停止」

を想定し、

実際起きた時の対処方法をグループごとに実演しました。

↑このグループは、「心肺停止」。

119番への連絡やAEDの使用など

実演してくれました!

 

初めて受講されたボランティアの方からは、

「知らないことばかりでためになった。」

という感想をいただきました。

また、毎年参加されているボランティアの方からは

「今年の実演訓練は、想定していなかった内容が多く、

どう動くか迷ったので、

定期的に講習を受けることがいかに重要か分かった。」

という感想をいただきました。

 

“もしもの事故”が起きたときに臨機応変に

対応できるようにしておくということも

とても大切ですね☆

 

これから夏本番!

安全を第一とし、楽しみながら活動しましょう♪

カテゴリー:野山北・六道山公園ボランティア

2016年7月18日

ウバユリ花芽が立ち始めました(7/18)

いよいよ梅雨明け間近!ついに夏本番を迎えます!

園内は白い大きな花と甘く濃厚な香りが特徴のヤマユリや

ニイニイゼミの大合唱が聞こえ、夏の生きものたちで賑わっています。

 

特に夏の山野草の中でも開花が待ち遠しいのはこちら!

 

 

 

 

ウバユリです!

細田谷戸では約1000株以上のウバユリの群落がご覧いただけます。

気品漂う凛とした花の美しさもさることながら、

谷戸一面を埋めつくように咲く景色は必見です。

 

現在の開花状況は花芽が立ち始めています。

 

 

 

見頃を迎えるのは例年今月下旬ごろから8月上旬ごろです。

今後もウバユリの開花状況を随時お知らせします。

 

7/23(土)~8/7(日)のウバユリ開花期間中は「ウバユリWEEK」を開催します!

インフォメーションセンターではウバユリの紹介とウバユリのぬりえ&折り紙コーナーを開設します。

 

ウバユリをご鑑賞いただいたあと、細田谷戸から徒歩5分のインフォメーションへも

ぜひお立ち寄り下さい。

 

詳しくはこちら↓

カテゴリー:おすすめ|見ごろ情報

2016年7月7日

★第1回ボランティアミーティング★(7/2)

今年度最初のボランティアミーティングを行いました!

梅雨明けはまだというのに、蒸し暑い夏日で、

公園の畑でとれた差し入れのキュウリが涼しさを運んでくれました♪

茹でたての枝豆も美味しかったですね♪

旬の味は来園者の皆さんにも好評でした!

 

4月・5月のボランティア活動報告に始まり、

里山民家15周年記念プロジェクトについての報告や、

記念グッズであるマイボトルのデザインアイディア出しなど、

みなさんから活発なご意見をいただきました!

 

また、外部のボランティア活動を学ぶ機会である、

視察会の候補地についても案が出され、

秋の視察会をどう有意義な時間にするか、みんなで話し合いました★

みなさん暑い中、お時間いただきありがとうございました!

 

次回のボランティアミーティングは 9月4日(日)です♪

初めての方も、公園のボランティア活動の視野を広げる貴重な機会ですので、

ぜひぜひ!ご参加をお待ちしております★★

 

カテゴリー:公園の取り組み|野山北・六道山公園ボランティア

2016年7月1日

田んぼの草取り(6/25)

今月の初めに田植えをしてから

3週間が経ちました。

 

田んぼの稲はすくすくと育っていますが、

同時に雑草も多く芽を出しています!

 

これらイボクサ、コナギ、セリなどの草が生えると、

稲が生長するための栄養を取られてしまうので、

引き抜いて泥の中に埋めます。

 

 

 

一列に並び、

植わっている稲の周りの泥を

8の字に掻き回し、

表面の草を丁寧に取り、同時に土に空気を入れます。

 

 

 

 

土に空気を入れることで

稲の成長を促す効果もあるんですよ♪

 

この日は約170人での活動!

 

 

 

 

大人も子どもも皆一丸となり、

頑張りました☆

 

 

 

また、

恒例の「里山発見プログラム」も開催しました。

杉山レンジャーが

捕まえたヘビを見せると

子ども達は興味津々!

 

 

 

子ども達が

里山の土や生き物といった

自然を学び、

触れることで、

里山を大切に思ってくれる

心が育ってくれればうれしいです☆

 

最後の記念撮影は

みんなの笑顔でいっぱいです!!

 

 

 

今後、稲が大きく育つまでは、

地道に草取りを続ける必要があります。

ボランティアの皆さんや地元高校生と協力しながら、

おいしいお米を作っていきたいと思います♪

カテゴリー:イベントの報告|里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

2016年6月13日

田植え(6/5)

 

田んぼ活動の一大イベントといえば、やっぱり「田植え」!

今年は田植えの当選確率はなんと8倍・・・!

公園ボランティアの他に、抽選を勝ち抜いた一般の参加者も加わり、

総勢159名で田植えがスタート♪

今年は全部で8種類のお米を植えます♪

*うるち米(2種類)・・・キヌヒカリ、日本晴

*古代米(3種類)・・・赤米、黒米、緑米

*もち米(3種類)・・・満月、あゆみ、ムサシモチ※

(※ムサシモチは今年初めて挑戦する品種で、地元に昔から伝わる

希少な品種です★『菩提樹田んぼの会』より、苗を分けていただきました!

ありがとうございます★

菩提樹田んぼfacebookページ;  https://ja-jp.facebook.com/bodaigitanbo/

 

 

「・・・日本晴れの苗は、え~っと、4本・・・4本・・・。」

決められた本数を数え、きちんと根元から取り分けて、

両端からピンと張った紐に合わせて、1回1回きちんと植えていきます。

 

美しい田植えをするためには、みんなの息の合った、

ていねいな仕事が欠かせません。

ひとつひとつ、のみんなの共同作業が積み重なって、

広い田んぼが苗で満たされてきました♪

これは本当に芸術!ですね!

 

お昼をはさんで、午後も田植え作業は続きます★

朝は雨が降り、一時は開催が危ぶまれましたが、

日中は青空も見えて、素敵な里山の田植え風景が広がり、

他の来園者の目を和ませていました♪

 

最後は、田植えの終わった田んぼをバックに

みんなで記念撮影!

 

岸田んぼ会やボランティア、参加者のみなさんのおかげで

里山の風景を今年も守り伝えていくことが出来そうです♪

大きく立派な稲に成長しますように!!

 

カテゴリー:イベントの報告|野山北・六道山公園ボランティア

2016年6月3日

田んぼの代かき(5/28)

田んぼの荒起こし、種まきが終わり、

今日は代かきの日です!

田んぼに肥料をまき、土をほぐして平らにして、

1週間後に迫った田植えの準備をしていきます♪

まずは肥料まき。偏りのないよう、土に養分を与えていきます。

早速シュレーゲルアオガエルを見つけました♪

代かきの田んぼには生きものが沢山います。

生きものたちを見つけたら、いったんバケツに集めて、

最後にまた田んぼに戻してあげます。

土が硬くなっているところを三本鍬(クワ)を使って

ほぐします。もちろん子どもも田んぼに入って、

足で土をほぐして加勢します☆

最初は田んぼに入ることを嫌がる子どもも

慣れてくるとあっという間に土と仲良くなっていきます♪

 

そして、今年もみなさん楽しみにしていた

『田んぼのかけっこ競争』が開催されました!

泥に足をとられながら、子どもも大人もみんなで全力疾走!!

普段接することのない泥の感触に、「気持ちよかった!」という声も。

 

かけっこも終え、田んぼの土がほぐれたところで、

トンボという道具を使って、

土の多い所から少ない所へ土を運んで、

田んぼを平らにならしていきます。

広い田んぼなので、力いっぱいみんなで協力して

作業を進めます!

 

子どもを対象にした里山発見プログラムも開催♪

お気に入りの田んぼの生きものを見つけて、スケッチ☆

閉会式ではみんなの前で発表しました!

それぞれの視点で、生きものとの出会いを楽しんでいました♪

 

今年は雨が少なく、田んぼに水が少ない状態でしたが、

じっくり田んぼコースの参加者と、公園ボランティアと合せて総勢111名、

みなさんのおかげで無事に、予定していた田んぼの代かきを

終えることができました!みなさんお疲れ様でした!!

最後はきれいに水の張った田んぼをバックに、記念撮影☆

1週間後に控えた田植えで、またお会いしましょう♪

 

カテゴリー:イベントの報告|里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

2016年5月25日

手もみ茶づくり体験~お茶になるまでは長い道のり~(5/15)

今年も里山民家で「手もみ茶づくり」を

開催しました!

 

このイベントの魅力は、

茶畑でお茶の葉を摘むところからお茶にするまでの、

すべての工程を体験できるところです!

 

講師としてご指導いただいたのは、

「東京狭山茶手揉み保存会」の山本正美氏です。

東京狭山茶手揉み保存会は、

手揉み茶にする技術を後世に残すため

熱心に活動されています。

〔全国手もみ茶振興会 東京支部 公式HP

http://www.geocities.jp/temomihozonkai/

 

まず腰に茶摘みカゴを付けて、茶摘みに出発!

参加者の中には、茶畑を見たのが初めてという方もいて、

とても嬉しそうに声を上げていました♪

 

この日はイベント開始前から

公園ボランティアによる

「先発隊」が茶摘をスタート。

 

お陰様で

イベント参加者の皆さんと合わせて

4kgの茶葉を摘みました!

 

摘んだ茶葉はどんどん蒸して、冷まします。

 

その後ホイロという専用の台を使って

揉んでいきます。

 

茶葉は蒸してから、

 

葉振(はぶ)るい→回転揉み→玉解き→中上げ

→揉み切り→(てんぐ)り揉み→こくり揉み上げ

 

という長い工程を通して乾燥させ、つやを出し

普段目にする“お茶葉”へと

仕上がってゆきます。

 

こちらは「葉振るい」の様子。

葉を敏速に繰り返し振り落とすことで

表面の水分を蒸発させます。

 

こちらは「回転もみ」。

数人で息をあわせて

茶葉をリズムよく回転させ、

やわらかくしながらさらに水分を抜きます。

 

こちらは「繰り揉み」。

茶葉の表裏を返すようにしながら、

茶葉の向きを揃えます。

 

簡単にできそうで、実は難しい手の使い方に

終盤に向かうにつれ悪戦苦闘!

そこは公園ボランティア「お茶隊」のメンバーが

うまく返すコツを教えてくれます♪

 

揉み始めから約4時間、

やっと完成♪

皆さんがよく目にする“お茶”になりました!

 

最後に、

皆で作った出来たてのお茶を味わいました。

皆さんからは、

 

・昔ながらの製法は手間がかかるということを実感した。

・いつもさりげなく飲んでいたのに、こんなに奥深い味が楽しめるのだと実感した。

 

など、感想をたくさんいただきました!

 

現代では、お茶葉を手もみで作ることは

非常に貴重な経験だと思います。

このような技術と出来上がった感動は

ずっと先まで伝えていきたいですね♪

カテゴリー:イベントの報告|里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

2016年5月8日

里山春祭り!(5/1)

初夏を感じさせる青空の下、

今年も里山春祭りを開催しました!

毎年大盛況のお祭りで、

今年は1,374名が来園、

ボランティアは128名が参加!

 

会場にはいろんなブースが並び、

各コーナーとも大盛況!

その中のいくつかを紹介します♪

 

まず、雑木林ボランティアの皆さんによる

「マキ割り体験コーナー」。

今では、なかなか体験する機会のないマキ割り。

初めて挑戦する子どもも、

懐かしいと感じる大人も、

皆さんとても楽しそうでした♪

参加してくれた方には

公園のアズマネザサで作った竹笛をプレゼント☆

 

こちらは、

みんなの書いた夢が鱗になっている、

「夢こいのぼり」。

みんなの素敵な夢が叶いますように☆

 

「里のお土産コーナー」では、

オギで作ったほうきや竹箸など、どれも大人気!

公園で採取した材料で作った

ボランティアの力作です。

 

また

「公園グッズ販売コーナー」では、

缶バッヂや絵ハガキなど、

公園のオリジナルグッズを販売しました。

 

この他にも、

里山スタンプラリー、里山こいのぼり、

草もちのふるまい、里山クラフト、昔の遊び、

かまどの実演、手もみ茶体験、里山ギャラリー、里山ガイドウォーク

など、どこも大賑わいでした!

 

そして、春祭り恒例の

“武州村山太鼓むつき会”の皆さんによる太鼓の演奏は、

力強い音でお祭りを盛り上げてくださいました!

 

さらに、

“西多摩マウンテンバイク友の会”の皆さんには

駐輪場の案内と、春祭り開催の広報、

そして

公園内の自転車マナーアップの呼びかけと、

たくさん協力いただきました♪

 

ボランティアの皆さんの熱意と協力なしには、

成功し得ない春祭り。

今年も、天候にも恵まれ

活気と笑顔があふれる

楽しいお祭りになりました!

 

 

来園者の皆様、ボランティアの皆様、

ご協力いただいた団体の皆様、

本当にありがとうございました!!

カテゴリー:イベントの報告|里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

2016年5月7日

田んぼの始まり“荒起こし”!(4/23)

1年間の田んぼ作業の最初の活動、

「荒起こし」を行いました!

 

田んぼの土を耕し、

稲が元気よく育つのに必要な空気を

土に送ります。

 

この日は

講師である岸田んぼ会、公園ボランティア、

「親子里山学校じっくり田んぼコース」の参加者、

公園スタッフ合わせ約90人で作業しました!

初めて体験する人も多く、

中には鍬(くわ)を持つのも初めてという方も。

 

まず初めに、

田んぼに肥料を撒き、

栄養をいき渡らせます。

 

こちらは親子で撒いています♪

次は、三本鍬(ぐわ)土を起こす作業。

みんな一丸となって、

一生懸命に鍬を振り下ろします。

大変な作業にもかかわらず、

カメラに笑顔で応えてくれました★

午後には、

パークレンジャーによる「里山発見プログラム」も開催!

子どもたちが

どんな生きものに出会えたかを

最後に発表してくれました!

この日は天気にも恵まれ、

予定していた以上に、

荒起こしを終えることができました!

いよいよ田んぼの一年が始まったという感じがしますね♪

荒起こしに参加してくれた皆さん、

ありがとうございました!

 

※活動の様子を見に出てきたくれた

「シュレーゲルアオガエル」ちゃんです♪

 

 

★只今、田んぼの草取り参加者募集中~!!★

トンボのヤゴなど、いろんな生きものにも出会えますよ♪

 

詳細はこちら↓

http://www.sayamaparks.com/app/events/view/679

皆様のお申し込み、お待ちしています!!

 

カテゴリー:里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

所在地・アクセス

さやマップGIS

野山北・六道山公園インフォメーションセンター
TEL 042-531-2325 (9:00 ~ 17:00)
〒208-0032 東京都武蔵村山市三ツ木4-2

  • ■ インフォメーションセンターへ行く
  • ■ 里山民家へ行く
  • ■ あそびの森・冒険の森へ行く
  • ■ 六道広場へ行く

野山北・六道山公園インフォメーションセンター
(管理所)へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約50min)

  • 立川駅北口 立川バス1番乗り場
  • 『箱根ヶ崎駅』or『三ツ藤住宅』行き
  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約30min)

  • 『立川駅北口』
  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

多摩モノレール 上北台駅から(約35min)

  • 市内循環バス『上北台ルート』

  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

西武拝島線 東大和市駅から(約45min)

  • 都営バス『青梅車庫』行き
  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

野山北・六道山公園 里山民家へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約60min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 10分

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約20min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 10分

多摩モノレール 上北台駅から(約35min)

  • 市内循環バス
  • バス停『市民総合体育館入り口』下車

徒歩 10分

西武拝島線 東大和市駅から(約55min)

  • 都営バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 10分

野山北・六道山公園あそびの森・冒険の森へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約50min)

  • 立川バス
  • バス停『横田』下車

徒歩 15分

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約35min)

  • 立川バス
  • バス停『横田』下車

徒歩 15分

多摩モノレール 上北台駅から(約20min)

  • 市内循環バス
  • バス停『かたくりの湯』下車

徒歩 10分

西武拝島線 東大和市駅から(約40min)

  • 立川バス
  • バス停『横田』下車

徒歩 15分

野山北・六道山公園六道広場へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約90min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 里山民家経由

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約50min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 里山民家経由

多摩モノレール 上北台駅から(約65min)

  • 市内循環バス
  • バス停『市民総合体育館入口』下車

徒歩 里山民家経由

西武拝島線 東大和市駅から(約85min)

  • 都営バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 里山民家経由

車をご利用の場合

駐車場は無料です。
駐車場スペースには限りがありますので、公共の交通機関をご利用ください。

  • 赤坂駐車場 34台(身障者用4台)
    • ・利用時間 9:00〜16:00(3〜9月は16:30)
    • ・青梅街道「宿」交差点より約5分
  • 里山民家駐車場 40台
    • ・利用時間 9:00〜16:30(3〜9月は17:00)
  • 野山北公園運動場駐車場 103台(身障者用3台)
    • ・利用時間 8:00〜18:00
  • 石畑駐車場 23台(うち身障者用1台)
  • 天王山東台駐車場 19台
  • 夕日台駐車場 21台
  • 峰田駐車場 16台

パンフレットダウンロード

都立野山北・六道山公園パンフレット

ダウンロード

野山北・六道山公園のパンフレット(PDF)約10MB

パンフレットはA3サイズで作成しています。
印刷の際は、ご利用のプリンタに合わせて用紙設定の変更をお願いいたします。

  • 里山民家15年のあゆみ