野山北・六道山公園だより

ホーム > 野山北・六道山公園 > 野山北・六道山公園だより

2014年12月20日

大盛況♪収穫祭が開催されました(12/14)

12月に入り、朝晩の冷え込みが厳しくなってきました。

からっとした晴天が広がったこの日、里山の1年の恵みに感謝し、

収穫祭が開催されました♪

 

まず、岸田んぼでお米作りを指導くださっている「岸田んぼ会」の皆さんによる

お餅つきのデモンストレーションから始まりました!

なんとお餅をつく量は、全部で36臼、もち米約96kg分!

つく人も周りから見る人も「よいしょ~!よいしょ~!」の掛け声で、

盛り上がります★

 

 

 

つきたてのお餅は、いそべ、砂糖醤油、きなこ、あんこ、大根おろしの5種類に味付け。

そして、畑で愛情込めて育てられた野菜が入った、

けんちん汁とともにふるまわれました♪

「つきたては柔らかく、とってもおいしい!!」「体が温まる!」と大好評!

 

 

 

 

里のお土産のコーナーでは、畑で収穫したダイコンやサトイモ、

みかん、お米など里山の恵みがずらっと登場!

また、竹を使ったクラフト作品や、藍の型染めの技術を応用した年賀状、

折り紙で折られたポチ袋などが並びました。

どれも大人気で、大賑わい★

 

 

 

 

「岸重松囃子保存会」によるお囃子の演奏もお祭りを盛り上げます。

「足踊り」では足を使って人形を操り、可憐な踊りを見せてくれました!

 

 

 

 

 

 

他にも、パークレンジャーによるガイドウォークや、案山子コンテストの表彰式、抽選会、自転車マナーアップキャンペーンなど、盛りだくさんな一日でした!

 

最後はみんなで記念撮影♪

来場者356名、一般・公園ボランティア、協力団体、

公園スタッフ合わせ総勢575名が集まりました♪

 

イベント参加者やじっくり田んぼコース、公園ボランティアや地元の高校生など、

田んぼ作りに関わったみなさんの努力と収穫に感謝して、

心を1つにお祝いができました!

来年もみんなで力を合わせてお米を育てていきたいですね♪

みなさんお疲れ様でした!

 

カテゴリー:イベントの報告|野山北・六道山公園ボランティア

2014年12月11日

雑木林マイスター入門講座⑥~雑木林管理作業の実践Ⅲ~(11/30)

雑木林マイスター入門講座の6回目が開催されました!

いよいよ今回が講座の最終回★

雑木林ボランティア活動と同様の流れの中で作業し、学んだ知識を実践で生かします♪

 

朝礼を終えて服装や道具など準備を整え、

ボランティアの活動場所である神明入にて、実習!

これまで学んだ基本を意識して、下草刈りやノコギリを使い、

班ごとに作業を進めます★

 

「この葉は何だろう?」「とっても気持ちがいいね♪」など、

これまで講座で関わってきた実習地と違って植生豊かな神明入の雑木林では、

観察したり話しをしたり、楽しみながら気持ちの良い汗を流しました!

 

刈った草を運ぶ時は、シートを使うなど道具を工夫。

こんな所にも学びがあります。

グループごとに振り返りをした後、初回と同様のミニワークショップを行いました!

6回の中で皆さんが多くの学びを得ていたことが良く分かり、

講師のお二人もご満悦の様子でした♪

 

最後に修了式では、「たくさんの内容が盛り込まれて、学びや新しい発見が多かったです♪」

「毎回とても楽しかったです!今後にぜひ活かしていきたいです!」

「安全第一に楽しく活動することの大切さを、実感できました!」

など、多くの嬉しいご感想を頂きました★

 

平成26年度雑木林マイスター入門講座は今回で終了となりましたが、

受講生の中から多くの方がボランティア活動への参加に声を挙げてくださいました!!

 

講座での学びをぜひ今後の活動などで活かしてくださいね♪

講師の松井先生、平城先生、受講生の皆さん、

サポートボランティアのみなさん、お疲れ様でした!

カテゴリー:イベントの報告|里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

2014年12月5日

西側エリアのこれからを考えよう!(11/29)

紅葉のピークを迎えた野山北・六道山公園で、わいわいミーティングを開催しました!

『わいわいミーティング』とは、公園利用者や地域のみなさんとスタッフが、

公園づくりについて“わいわい”話し合う場です。

 

3回目となる今回のテーマは、「西側エリアのこれからを考えよう!」。

今年の6月、新たに開園した西側エリア。

整備が終わったばかりで、管理や活用方法について計画づくりを行っている最中です。

そこで、今後の保全活用に向けて、みなさんからアイディアやご意見をいただき

西側エリアをより魅力ある場所とするために意見交換を行いました。

 

前半は、現地見学からスタート。

この日は、地元の方を始めとして17名の方にご参加いただきました。

西側エリアは平坦ながら、“様々な自然環境を楽しめる”ことを目指しています。

このロープで囲まれた場所もその一つで、草地づくりに活かしていきます。

 

 

夏に開催した、外来種引き抜きイベントの様子もご紹介。

整備した場所では、オオブタクサやヨウシュヤマゴボウなどの外来種が

大量にはびこる場所が多く、今後は近隣の学校や団体と連携し、

引き抜き作業を行っていく予定です。

 

こちらは、調整池としてつくられた湿地。

「常時水をためて、生きものが見られる場所になるといいなあ!」

「湿性植物の定着へ期待します。」

など、参加者の方から活発に意見が挙がります。

 

 

見学後は、瑞穂町民会館に移動してワークショップです。

「こんなことしたい!」という想いや活用法など、みなさんからのアイディアや

ご意見を共有していきます。

 「生きものが見られるように、湿地整備や草地づくりを進めてほしい!」

瑞穂町の周辺施設と連携して魅力を発信し、多くの人に訪れてもらいたい!」

「地域の子ども達に茶摘み体験や環境教育の場として、活用できるのは?」

などなど、西側エリアの保全活用について沢山のご意見をいただきました!

 

今日いただいたご意見をもとに、保全と活用のバランスを考えながら

計画づくりや管理を進め、魅力あるエリアにしていきます!

まだ行ったことがない!という方は、ぜひ一度足を運んでみてくださいね♪

カテゴリー:イベントの報告|公園の取り組み

2014年11月30日

初冬の風物詩 クロスジフユエダシャク

寒さが一層増して雑木林の木々も葉を落とし、

園路は黄色、赤、オレンジなど様々な色に染まっています。

小春日和には、綺麗な色とサクサク♪と

落ち葉を踏む軽やかな音を楽しめる良い季節です。

 

少し前から落ち葉の上を白いチョウのような虫が

ひらひら飛ぶ姿が見られるようになりました。

この虫は、冬に現れる蛾のフユシャクの仲間、

クロスジフユエダシャクです。

名前にシャクと付くように、幼虫はシャクトリ虫です。

【クロスジフユエダシャクのオス】

 

 

フユシャクの仲間は外敵の少ない寒さの厳しい冬に活動します。

大きな翅は体温を奪ってしまうため、

メスは翅が退化してまったくないか、

蝶ネクタイのようなとても小さなもので飛ぶことはできません。

そこでメスはおしりからにおい(フェロモン)を出してオスを待ち、

オスが飛び回ってそのにおいを頼りにメスを探し当てて交尾をします。

 

その後メスは枝や木の幹に卵を産みます。

この仲間のほとんどが夜に活動しますが、

クロスジフユエダシャクだけは昼に活動するため人の目につくのです。

また、ほとんどはオスもメスも口が退化して何も食べません。

水分が凍ってしまうからと考えられています。

寒い季節に活動するための独特な体のつくりとなっているのです。

【上がメスで下がオス】

 

 

飛んでいるオスの後を追っていくと、

運が良ければ交尾を見られるかもしれません。

また、木柵や木の幹などもチェックポイントですので

探して見てくださいね!

 

カテゴリー:生きもの情報

2014年11月28日

紅葉情報⑥(11/28)

朝晩の冷え込みが強くなり、冬の気配を色濃く感じるようになりました。

公園内では、雑木林全体が色づいて、

紅葉の見頃はピークを迎えています。

 

こちらは、堂山。

雑木林の黄色やイロハモミジの赤色のコントラストがとても綺麗です。

風で散った足元の落ち葉も様々な色合いでとてもカラフルです。

さくさくと落ち葉を踏みしめる音も楽しめます。

 

こちらは冒険の森付近の尾根道。

 

冒険の森の中の木々の葉も、黄色に染まっています。

 

こちらは里山民家北側の丸山。

木の種類によって葉の色が異なり、

その色合いがとても綺麗です。

 

園内各所、様々な場所で紅葉をお楽しみいただけます。

今週末は深まる晩秋の里山にぜひお越し下さい!

ご来園お待ちしております!!

カテゴリー:おすすめ|見ごろ情報

2014年11月27日

「里山ガーデナー講座③~生態系との新しい調和を目指して~(11/13)」

全3回に渡る里山ガーデナー講座もいよいよ最終回☆

テーマは「生態系との新しい調和を目指して」。

 

午前は、室内レクチャー!生物のすみかと自然の風景について学びます。

講師は泉健司さん(植物生態コンサルタント、ビオトープ・ガーデン提唱者)。

座学で学んだことの理解をよりを深めるために、ワークショップを体験♪

境界が入り組んで複雑になるほど、様々な環境条件が生まれ、

生物の種類が増えるという「フラクタル理論」を

生きものに見立てた、大きさの異なるふせんを使って実験!!

 

境界が多いほど、たくさんの生き物が共存できることが実感でき

みなさん「合点!!」の様子です。

 

午後は、ランドアートを意識した、自然回復の手法について実習で学びます。

ランドアートとは、自然の素材を使って、作品を構築すること。

そこに、「生き物の住みか」という機能を持たせた事例の紹介がありました。

さぁ、さっそく“野の花小径”で実践!

里山の草木を使い、グループごとにアイディアを出し合って作っていきます。

 

各グループの出来上がりは、こちら!!

 

陽当たりを意識したり、壁を厚くして虫が越冬できるように考えたり、

どの班も個性豊かな作品ができあがりました!

最後は、受講生の方へ修了証をお渡しし、

講座の感想を話していただきました♪

 

「実例が豊富で、とても分かりやすかったです。」

「生物多様性を守る手法をたくさん学ぶことができた!」

「その土地のものを植えたり、生き物の住みかに適した環境づくりをしていきたい♪」

など、新たな学びが多く感動した様子が伝わってきました☆

あっという間だった3回の講座。

とても内容が濃く、充実した3日間でしたね♪

そして楽しんで終えることができました!

みなさんそれぞれ感じたことや気づきを、活動フィールドや今後の生活で

ぜひ活かしてみてくださいね♪

カテゴリー:イベントの報告|里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

2014年11月26日

雑木林マイスター入門講座⑤~雑木林管理作業の実践Ⅱ~(11/15)

雑木林マイスター入門講座の5回目が開催されました!

今回は、一日通して雑木林での実践が中心となります♪

道具や服装を準備して、準備体操をしたら実習地へ!

 

午前は第4回に引き続き、鎌を使った下草刈り♪

前回はひざをついて刈りましたが、

それぞれの刈りやすい姿勢で、基本に忠実に作業を進めます☆

 

そして、午後はノコギリを使った除伐の実習。

講師の松井先生(NPO法人NPObirth)から、使い方をレクチャー。

ノコギリの引き方から注意点など、丁寧に教わりました。

 

周りと声を掛け合い、安全第一に実践!

木が倒れる方向をみんなで確認し、伐った後は枝葉を落として片づけました。

今回伐った木は杭やクラフト作品など、公園内の活動で活用予定です☆

 

「鎌やノコギリは使ってきたけれど、改めて基本を学ぶことができよかった!」

「下草を刈って、とっても気持ちが良かった♪」

など、みなさん基本を学びながら、とても楽しんで作業をしたようでした!

 

次回はいよいよ最終回☆

これまで学んできたことを活かして、

講座に臨んでいきましょう♪

カテゴリー:イベントの報告|里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

2014年11月24日

紅葉情報⑤(11/24)

公園の東側、市立野山北公園との境にあるイロハモミジが

見頃を迎えています。

既に全体の葉が赤くなっている木もあれば、

これから色が変化する気もあります。色の変化をお楽しみください。

 

また、公園東側の園路の散策もおすすめです。

園路いっぱいの落葉が

絨毯のようになっています。

 

イロハモミジのように1つの木の紅葉も美しいですが、

様々な種類の木が、様々に色を変えている様子を

少し離れて眺めるのも、綺麗です。

 

見頃を迎えたイロハモミジと、

様々に色を変えている木々を見にきてみてはいかがでしょうか?

ご来園お待ちしております!!

カテゴリー:おすすめ|見ごろ情報

2014年11月21日

ボランティア視察会を行いました♪

野山北・六道山公園ボランティアと狭山公園友の会合同で

”みんなでお出かけ♪見学ツアー「狭山丘陵の魅力再発見ウォーク!!」”

を開催しました!

 

他の団体のフィールドや取り組みを知ることで、

今後の活動に生かしていこうと、毎年行っているものです。

 

合同で視察会を開催するのは、初めての試み!

ということで、まずは自己紹介からスタート!

 

最初に向かったのは、市立北山公園。

北川かっぱの会』の清水さんから、北川を生きものが住みやすく

子ども達が遊べる場所に戻すために長年行っている

取り組みを紹介いただきました。

 

 

次に伺ったのは『八国山たいけんの里』。

解説ボランティアの方から、八国山付近で出土した遺跡について

詳しくご紹介いただきました。

 

八国山緑地では、「ちょこっとボランティア」の取り組みを

紹介しつつ、所沢側へ進みます。

 

 

その後、『(公財)トトロのふるさと基金』の

ナショナルトラスト地「トトロの森2号地」へ到着。

寄付金により森を買い取り保全している場所です。

 

さらに15分ほど散策を続けて

埼玉県狭山丘陵いきものふれあいの里センター』にやってきました。

こちらのボランティア『埼玉県狭山丘陵いきふれの会』では

研修を受けて管理地の巡回をしたり、イベント協力をしたりと

多彩な活動をなさっているとのこと。

 

 

そして、最後は参加したメンバー全員が満足げな表情で記念撮影♪

約3時間の見学ツアー、大成功となりました!

今回参加したボランティアのみなさんから、

「初めて訪れた場所が多く、狭山丘陵をさらに身近に感じられるようになりました」

「ほかの場所で活躍しているボランティアの話を聞いて多くの刺激を受けました」

など、嬉しい感想をいただきました。

今日の学びや気づきを、これからの活動に活かしていきましょう!!

 

ご協力いただいた、北川かっぱの会さん・八国山たいけんの里さん・

埼玉県狭山丘陵いきものふれあいの里センターの皆さん、

大変お世話になりました。

 

これからも連携しながら狭山丘陵を盛り上げていきましょう!

カテゴリー:イベントの報告|野山北・六道山公園ボランティア

2014年11月21日

紅葉情報④(11/20)

日中の気温が低くなり、空気も冷たく感じるようになりました。

葉を落としている木も見かけるようになり、

冬の気配を感じるようになりました。

公園内では、多くの木が紅葉の見頃を迎えています。

 

赤坂駐車場のイロハモミジ。

前回ご紹介した時よりも赤色が広がりました。

下の方についている葉が、

赤色になるとあっという間に葉が落ちてしまいそうです。

 

先程の写真のイロハモミジも含めて、

赤坂駐車場のお手洗いの脇にはイロハモミジが3本あります。

それぞれに色づき方が異なり、違いを楽しむことができます。

 

 

こちらはドウダンツツジ。

全体の葉の色が変化しています。

近づいてみると、

葉の色の違いがよくわかります。

こちらのドウダンツツジは六地蔵から御判立に向かう尾根道の途中で

見ることができます。

 

六道広場から尾引山遊歩道に向かう道の途中にある

ハウチワカエデ。

全体が橙色となり今が見頃です。

 

また、ハウチワカエデの横にはトウカエデがあります。

こちらは色付くまでもう少しかかりそうです。

 

 

こちらはコナラです。

ようやく色づきはじめ、黄色に染まった葉を楽しむことができます。

園内各所で見ることができます。

 

また、紅葉情報②でご紹介した赤坂駐車場のトチノキや

紅葉情報③でご紹介したウワミズザクラも見頃です。

多くの樹木が見頃を迎え、園内どこにいても色の変化を見ることができます。

季節の変わり目を楽しみに公園へきてみてはいかがでしょうか?

 

ご来園お待ちしております。!!

カテゴリー:おすすめ|見ごろ情報

所在地・アクセス

さやマップGIS

野山北・六道山公園インフォメーションセンター
TEL 042-531-2325 (9:00 ~ 17:00)
〒208-0032 東京都武蔵村山市三ツ木4-2

  • ■ インフォメーションセンターへ行く
  • ■ 里山民家へ行く
  • ■ あそびの森・冒険の森へ行く
  • ■ 六道広場へ行く

野山北・六道山公園インフォメーションセンター
(管理所)へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約50min)

  • 立川駅北口 立川バス1番乗り場
  • 『箱根ヶ崎駅』or『三ツ藤住宅』行き
  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約30min)

  • 『立川駅北口』
  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

多摩モノレール 上北台駅から(約35min)

  • 市内循環バス『上北台ルート』

  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

西武拝島線 東大和市駅から(約45min)

  • 都営バス『青梅車庫』行き
  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

野山北・六道山公園 里山民家へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約60min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 10分

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約20min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 10分

多摩モノレール 上北台駅から(約35min)

  • 市内循環バス
  • バス停『市民総合体育館入り口』下車

徒歩 10分

西武拝島線 東大和市駅から(約55min)

  • 都営バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 10分

野山北・六道山公園あそびの森・冒険の森へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約50min)

  • 立川バス
  • バス停『横田』下車

徒歩 15分

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約35min)

  • 立川バス
  • バス停『横田』下車

徒歩 15分

多摩モノレール 上北台駅から(約20min)

  • 市内循環バス
  • バス停『かたくりの湯』下車

徒歩 10分

西武拝島線 東大和市駅から(約40min)

  • 立川バス
  • バス停『横田』下車

徒歩 15分

野山北・六道山公園六道広場へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約90min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 里山民家経由

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約50min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 里山民家経由

多摩モノレール 上北台駅から(約65min)

  • 市内循環バス
  • バス停『市民総合体育館入口』下車

徒歩 里山民家経由

西武拝島線 東大和市駅から(約85min)

  • 都営バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 里山民家経由

車をご利用の場合

駐車場は無料です。
駐車場スペースには限りがありますので、公共の交通機関をご利用ください。

  • 赤坂駐車場 34台(身障者用4台)
    • ・利用時間 9:00〜16:00(3〜9月は16:30)
    • ・青梅街道「宿」交差点より約5分
  • 里山民家駐車場 40台
    • ・利用時間 9:00〜16:30(3〜9月は17:00)
  • 野山北公園運動場駐車場 103台(身障者用3台)
    • ・利用時間 8:00〜18:00
  • 石畑駐車場 23台(うち身障者用1台)
  • 天王山東台駐車場 19台
  • 夕日台駐車場 21台
  • 峰田駐車場 16台

パンフレットダウンロード

都立野山北・六道山公園パンフレット

ダウンロード

野山北・六道山公園のパンフレット(PDF)約10MB

パンフレットはA3サイズで作成しています。
印刷の際は、ご利用のプリンタに合わせて用紙設定の変更をお願いいたします。

  • 里山民家15年のあゆみ