野山北・六道山公園だより

ホーム > 野山北・六道山公園 > 野山北・六道山公園だより

2018年6月7日

「大人も子どもも泥んこになって代かき♪(5/26)」

 

直前の雨のおかげで、田んぼにしっかりと水が溜まり、

代かきを行うことができました♪

代かきとは、荒起こしが終わった田んぼに水を張り、

土をさらに細かくドロドロにし、

水の深さが均一になるよう表面を平らにする作業のことです。

今年はしっかり手順をふまえて、作業を行いました♪

 

 

 

最初に

三本グワを使って田んぼに生えたセリなどの草を取り、

土の塊をほぐしていきます。

土は足で踏んでほぐしてもOK!子どもたちも大活躍です★

 

 

そんな作業をしつつ、田んぼに住む生きものたちが傷つかないように

一旦お引越しをしてもらいます。

バケツや水槽にどんどん生きものが集められます♪

ミズカマキリ発見!

 

 

 

シュレーゲルアオガエルを捕まえたよ★

 

 

草取り、土ほぐし作業が終わったら、

田んぼに溜まった水が漏れないように、

平ぐわやじょれんで畔のクロ塗りをします!

この作業は、子どもたちも泥をすくって

畔にペタペタ塗るだけでも充分効果があります。

 

 

遊びながら、そして作業もしながら…。

どろんこになるのって気持ちいいね!

 

 

仕上げに

みんなでトンボを使って土を平らにします。

連携しながら、水が浅いところの泥を、

深いところへ移動させていきます。

お隣にぶつからないように気を付けながら道具を使います。

 

 

 

パークレンジャーによる「里山発見プログラム」も同時に開催☆

田んぼや原っぱで見つけた生きものを観察しながら、イラストを描きました♪

 

 

代かきの参加者は94人!

みんなで協力しながら

無事代かきを終えることができました!

次回の田植えも楽しみですね!

☆おつかれさまでした☆

 

 

 

 

 

カテゴリー:生きもの情報|里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

2018年6月3日

田んぼ、雑木林で初夏の生きものを観察しよう!(5/27)

 

 

5月27日、「田んぼ、雑木林で初夏の生きものを観察しよう!」をテーマに里山ガイドウォークを行いました。

 

まずは今年あちこちで大量発生しているテングチョウ、事務所横の洗い場にたくさんいたのでみんなで観察しました。

 

 

 

 

 

広場では参加してくれた子供たちが次々にチョウを捕まえてくれたのでそれぞれをじっくり見てみました。モンキチョウの翅の縁や触覚のきれいなピンク色にびっくり!

 

 

 

 

 

代掻きの終わった田んぼでは、シュレーゲルアオガエルの鳴き声が聞かれますが近寄ると直ぐに鳴きやんでしまいます。探しても見つからないのは、土の中で鳴いているからなんです。
かわりに白いあわあわ、ふわふわの卵を触ってみました。

この白いものは卵を守っているあわで、中にある黄色い小さな粒が卵です。

 

 

 

 

 

野の花小道で鮮やかな赤い実はなんですかと質問がありました。

これは熟したウグイスカグラの実。花は小さなラッパのようなかわいい形でウグイスが鳴く春先に見られます。

 

 

 

 

 

また子供たちが捕まえてくれたコメツキムシの仲間。
紙の上にひっくり返しておくと、パチンと音を立ててジャンプして起き上がります。
みんなの視線は小さな虫に釘付け!

 

 

 

 

 

最後に木の枝についていた白いあわの正体を紹介しました。

あわを取り除くと、中から小さなセミの仲間のアワフキムシの幼虫が現れました。お尻からあわを出して敵から身を守っているんです。

花は少ない時期でしたが他にもさまざまな生きものたちを見ることができました。

 

 

 

 

 

これから夏に向けてたくさんの出会いがありますので、また里山に遊びに来てくださいね!

 

次回の里山ガイドウォークは、6月24日(日)です。

皆さんのご参加をお待ちしていますね!

 

カテゴリー:イベントの報告|ガイドウォーク|レンジャー発 公園トピックス|里山体験

2018年6月1日

ヒオドシチョウが飛び始めました

雑木林の中で鮮やかなオレンジ色のチョウを見つけました。

大きなタテハチョウの仲間、ヒオドシチョウです。

 

 

 

 

 

 

春先から6月中旬にかけてみることができるチョウですが、

今の時期は大人になったばかりの若い個体を見ることができます。

この時期は翅を縁取る青色が鮮やかで、濃いオレンジ色と相まって、良く目立ちます。

 

また、羽ばたく力が強く、近くを通るとバサッバサッと力強い羽音が聞こえるほどです。

 

 

 

 

 

雑木林にありふれたチョウで、ほかの昆虫と共に樹液に集まることもあります。

かつては東京でもよく見ることができましたが、雑木林の減少と共に少なくなっています。

 

5月下旬から6月中旬にかけて、インフォメーションセンター北側の峰道、西口広場など開けたところで見ることできます。

皆さんもぜひ、雑木林にたくましく生きるチョウを見に来てください♪

 

塚本レンジャー

カテゴリー:レンジャー発 公園トピックス|生きもの情報

2018年5月27日

テイカカズラが見頃です

雑木林を歩いていると、小さな花がいくつも落ちていました。

見渡すと、園路沿いの木に咲いている花を発見!

 

 

 

 

 

テイカカズラという、木々に巻きつくツル性の植物です。

 

咲き始めの花は上品な白色で、徐々に淡く黄色みを帯びていきます。

ほのかに甘く漂う香りと合わせ、花の色の移り変わりもぜひお楽しみください。

 

 

 

 

 

このテイカカズラは園内で広く見られますが、

堂山付近が見やすく、オススメのスポットです!

 

5月中旬から7月上旬まで楽しめるので、

皆さんもぜひ雑木林に咲く、気品あふれる花を見に来てください♪

 

塚本レンジャー

 

 

カテゴリー:レンジャー発 公園トピックス|生きもの情報

2018年5月20日

昆虫たちのレストラン

草木の緑が色味を増し、少しずつ夏へと移ろう季節。

出会える昆虫の種類も増えてきました。

例えばこちら。

何気なく咲く園路沿いの花にも、よく昆虫が集まっています。

 

 

 

 

 

よく見られるのは、コアオハナムグリ。

緑色の体に白い斑点がある、1cmほどの小さなコガネムシの仲間です。

 

 

 

 

 

一方こちらは、黒い体に薄黄色の帯があるクロハナムグリ。

渋い体色で、ほかのハナムグリとは少し異なった印象を受けます。

大きさは同じくらいの1cmほどです。

 

 

 

 

 

 

少し大きな昆虫もいました。2.5cmほどのシロテンハナムグリです。

光沢のある体は、光の加減で緑・銅・黄金色に煌めきます。

花にも訪れますが、夏にはよく樹液にも集まります。

 

 

 

 

 

 

ハナムグリたちの目当ては、大好物の花粉です。

さらに、彼らの体についた花粉はほかの花に運ばれるので、植物にとっても

彼らはありがたい存在です。

他にもチョウが蜜を吸いに来たり、集まる虫をカマキリが待ち伏せしたり。じっくり観察することで、花と昆虫のいろいろな関係が見えてきますね!

昆虫たちにとって、園路脇に咲く花はまさにレストラン♪

 

皆さんもぜひ、花に集まる昆虫を観察してみてください!

 

 

塚本レンジャー

 

 

 

 

 

カテゴリー:レンジャー発 公園トピックス|生きもの情報|見ごろ情報

2018年5月20日

小さな紫陽花

雑木林の園路を歩いていると、

梅雨が近いことを感じる花が咲いていました。

 

 

 

 

 

名前はコアジサイ。

明るい雑木林を好む、里山のアジサイです。

 

 

 

 

 

街中でよく見られるアジサイのような大きな花びら(装飾花)はありませんが、

薄青紫の小さな花はとてもきめ細かく、涼を感じる爽やかな美しさです。

 

 

 

 

 

園内各所で5月上旬から6月上旬まで見られるコアジサイ。

皆さんもぜひ、雑木林の中できらめく、小さなアジサイの魅力を楽しんでみてください♪

 

塚本レンジャー

カテゴリー:レンジャー発 公園トピックス|生きもの情報|見ごろ情報

2018年5月19日

のやまキッズプログラム~田んぼでどろあそび~(5/13)

雨が降り出しそうな曇り空の中、子どもたちと野山北・六道山公園の自然を楽しむ「のやまキッズプログラム」を開催しました。

里山民家のすぐ裏にあり、ボランティアの皆さんと一緒にお米を育てている岸田んぼの一画に、今年からどろあそびを楽しめるスペースができました。

今回はそこで子どもたちとどろあそびをしてみました♪

 

集まってくれた子どもたちは35人。

みんな長靴や靴下を用意して、やる気まんまんです!

 

 

 

 

 

 

まずは、この季節だからこそ見られる生きもの探し。

この葉っぱはウマノスズクサという植物で、

ジャコウアゲハというチョウの幼虫の大好物です!

今の時期は卵が見つけられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんな一生懸命に卵を探しています。

 

 

 

 

 

見つかりました!卵です!

赤くて宝物みたいな卵ですね。

ジャコウアゲハが産卵できるのも、

ウマノスズクサが育つようにボランティアの皆さんが手入れしているおかげです。

 

 

 

 

 

その後、田んぼに入る準備をしていると…

なんとヘビが登場!

ヒバカリという小さなヘビです。

 

 

 

 

 

 

 

早速、みんなで観察して、ヘビを触ってみました。

「つるっとした!」、「舌をだしてるよ!」

おっかなびっくりでしたが、子どもたちは間近で見るヘビにそれぞれ発見があったようです。

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

ヘビを逃がしてあげた後は、いよいよお待ちかねの田んぼ!

 

 

 

 

 

のはずだったのですが、なんと雨が強くなって中止…。

ちょっとしか入れませんでしたが、

子どもたちはどろの感触を楽しんでいました!

 

今回は天気が悪く、いっぱいどろあそびができなかったのですが、

このどろあそび場は6月くらいから遊べるようになります。

子どもたちも、「また来てもっとどろあそびしたい!」と、

どろあそび場に期待していました。

皆さんもぜひ、ルールを守ってどろあそびを楽しんでみてください♪

 

詳しくは、都立野山北・六道山公園インフォメーションセンターまでお問い合わせください。

 

塚本レンジャー

カテゴリー:イベントの報告|ガイドウォーク|里山体験

2018年5月18日

「手揉み茶づくりイベント!(5/13)」

夏も近づいてきました!

里山民家では、手揉み茶をつくるイベントを開催しました。

 

 

 

本格的な手揉み茶づくりを指導してくださるのは

「東京狭山茶手揉み保存会」の山本正美先生。

サポートしてくださるのは、

公園ボランティア「お茶隊」の皆さんです! 

 

 

まず、公園の茶畑へ行って、お茶摘み体験。

公園ボランティアと一緒に、どんどん新芽を摘んでいきます。

 

 

ちなみに、腰につけている茶摘みカゴは

公園ボランティア「里山クラフト工房」の皆さんが

公園の竹で作ったものです♪

 

 

 

茶葉が集まったら里山民家へ運び、

この大きな蒸し器で蒸していきます。

 

 

手馴れたお茶隊メンバーがどんどん進めていきます。

参加者も先生の説明を聞きながら、興味津々。

蒸す作業や冷ます作業も体験していきます♪

 

 

 

そして、いよいよ手揉み茶作り開始☆

約8つの工程を経て、お茶は完成します。

これからが長~い道のりです。

 

 

 

なかなか思うようにはできませんが、

楽しそうに体験されています!

 

 

さあ、いよいよ終盤です。

手つきが複雑になり、

伝える方も学ぶ方も、一層熱が入ります。

 

 


そして!!

夕方、ようやくお茶が完成し、みんなで試飲します。

自分で最初から作った手揉み茶は、格別な味ですね!

 

 

 

参加された皆さんからは

「お茶が出来るまでがこんなに大変だったことを体験でき、うれしく思います。」

「先生はもちろんですが、

沢山のボランティアさんのサポートがとても良いと思いました。」

「こんなに沢山の行程があるとは知らず、少々疲れました。楽しかったです。」 

などの感想をいただきました!

 

 

ご協力くださった

「東京狭山茶手揉み保存会」の皆さん、

公園ボランティア「お茶隊」の皆さん、

本当にありがとうございました!!

 

 

 

カテゴリー:イベントの報告|里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

2018年5月17日

しおれた花?

日に日に暑さが増していくこの季節。

雑木林の中で変わった植物を見つけました。

 

 

 

 

 

 

 

一見、元気がなさそうに見えるこの花。

はじめて見たとき、しおれた花かな?と思ってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ところがこの花、ちゃんと元気なのです!

この植物の名前はサイハイラン。少し陰った雑木林が好きな、ランの仲間です。

上から見るとちょっと地味ですが、下からのぞいてみると中はほんのり薄紫で、なかなか美しい花です。

 

 

 

 

 

このサイハイランは宮野入谷戸周辺や夕日台遊具広場などで5月初旬から6月初旬まで見ることができます。

 

上から見ただけでは気づけないサイハイランの隠れた魅力。

皆さんもぜひ、この不思議な花を観察してみてください♪

 

塚本レンジャー

カテゴリー:レンジャー発 公園トピックス|生きもの情報

2018年5月11日

快晴!里山春祭り(4/30)

春らしい爽やかな青空の下

100名近くのボランティアや協力団体とともに

春祭りを開催しました!!

 

 

毎年大盛況のお祭りですが

今年は昨年より来園者が増加し、

なんと863名の方が楽しんでくれました♪

会場には様々なブースが並び、

各コーナー大賑わいです☆

 

まず、今年初のコーナー「里の竹細工」

 

 

ボランティア活動「里の竹細工」が

里の材である竹を活用し

可愛いキーホルダーを来園者と一緒に作っていました!

 

 

「マキ割り体験コーナー」です☆

ボランティア活動「雑木林」が中心になり

小さな子から大人まで、マキ割りのサポートをしていました♪

みんなで割った薪は、里山民家の囲炉裏やかまどで使います!

 

 

今年もボランティアの力作が勢ぞろい!!

「里のお土産コーナー」

 

 春らしい作品が並びました♪

 

 

 

 昔懐かしい

「昔遊びコーナー」

大人も子どもも夢中です!

 

 

名物「里山のこいのぼりコーナー」では、

公園で採取したアズマネザサを使って

オリジナルこいのぼり作り♪

 

 

 

「茶摘み&手もみ茶体験♪」では、

 一般参加者が実際に茶摘み、簡単手もみ茶作りを体験!

茶の摘み方をレクチャーしています。

 

早速、茶摘み体験スタート!

広い茶畑で迷いそうだね♪

お~い!

 

茶畑から戻った後は

摘み立てのお茶で、手もみ茶体験!

 

 

民家前では、

ボランティア活動「伝統食つたえたい♪」が中心になって

草だんごのふるまいが! 中に入っているヨモギは、今年の春に摘んだもので

来園者の皆さんも大喜びでした。

 

きれいな春色ですね♪

 

 

 

この草だんごは、

 実際に母屋でかまどを使い、作ったものです。

 

 

  「ご案内所」では、

1日を通して、来園者の対応をしてくれました☆

 

 

午後には里山ガイドウォークがあり

里山の生きものをたっぷり紹介!

たくさんの方々が参加してくれました。

 

 

 

この他にも、

里山ギャラリー、里の生きもの紹介、里山の花ガイド

里山スタンプラリー、里山クラフト、公園グッズ販売

など、どこも大賑わいでした!

 

 

そして、今年も“武州村山太鼓むつき会”の皆さんによる太鼓の演奏が

さらにお祭りを盛り上げてくださいました!

 

 

 

また、 “西多摩マウンテンバイク友の会”の皆さんに

事前準備から春祭り開催広報、ご案内、

公園内の自転車マナーアップの呼びかけと、

たくさんご協力いただきました♪

 

 

ボランティアの皆さん、協力団体の方々

近隣の方々の協力のおかげで、たくさんの力が集まり

里山春祭りは無事終了しました!

 

ありがとうございました!

 

カテゴリー:イベントの報告|ガイドウォーク|里山体験|野山北・六道山公園ボランティア

所在地・アクセス

さやマップGIS

野山北・六道山公園インフォメーションセンター
TEL 042-531-2325 (9:00 ~ 17:00)
〒208-0032 東京都武蔵村山市三ツ木4-2

  • ■ インフォメーションセンターへ行く
  • ■ 里山民家へ行く
  • ■ あそびの森・冒険の森へ行く
  • ■ 六道広場へ行く

野山北・六道山公園インフォメーションセンター
(管理所)へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約50min)

  • 立川駅北口 立川バス1番乗り場
  • 『箱根ヶ崎駅』or『三ツ藤住宅』行き
  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約30min)

  • 『立川駅北口』
  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

多摩モノレール 上北台駅から(約35min)

  • 市内循環バス『上北台ルート』

  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

西武拝島線 東大和市駅から(約45min)

  • 都営バス『青梅車庫』行き
  • バス停『峰』下車

徒歩 10分

野山北・六道山公園 里山民家へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約60min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 10分

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約20min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 10分

多摩モノレール 上北台駅から(約35min)

  • 市内循環バス
  • バス停『市民総合体育館入り口』下車

徒歩 10分

西武拝島線 東大和市駅から(約55min)

  • 都営バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 10分

野山北・六道山公園あそびの森・冒険の森へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約50min)

  • 立川バス
  • バス停『横田』下車

徒歩 15分

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約35min)

  • 立川バス
  • バス停『横田』下車

徒歩 15分

多摩モノレール 上北台駅から(約20min)

  • 市内循環バス
  • バス停『かたくりの湯』下車

徒歩 10分

西武拝島線 東大和市駅から(約40min)

  • 立川バス
  • バス停『横田』下車

徒歩 15分

野山北・六道山公園六道広場へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約90min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 里山民家経由

JR八高線 箱根ヶ崎駅から(約50min)

  • 立川バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 里山民家経由

多摩モノレール 上北台駅から(約65min)

  • 市内循環バス
  • バス停『市民総合体育館入口』下車

徒歩 里山民家経由

西武拝島線 東大和市駅から(約85min)

  • 都営バス
  • バス停『岸』下車

徒歩 里山民家経由

車をご利用の場合

駐車場は無料です。
駐車場スペースには限りがありますので、公共の交通機関をご利用ください。

  • 赤坂駐車場 34台(身障者用4台)
    • ・利用時間 9:00〜16:00(3〜9月は16:30)
    • ・青梅街道「宿」交差点より約5分
  • 里山民家駐車場 40台
    • ・利用時間 9:00〜16:30(3〜9月は17:00)
  • 野山北公園運動場駐車場 103台(身障者用3台)
    • ・利用時間 8:00〜18:00
  • 石畑駐車場 23台(うち身障者用1台)
  • 天王山東台駐車場 19台
  • 夕日台駐車場 21台
  • 峰田駐車場 16台

パンフレットダウンロード

都立野山北・六道山公園パンフレット

ダウンロード

野山北・六道山公園のパンフレット(PDF)約10MB

パンフレットはA3サイズで作成しています。
印刷の際は、ご利用のプリンタに合わせて用紙設定の変更をお願いいたします。

  • 里山民家15年のあゆみ