狭山公園だより

ホーム > 狭山公園八国山緑地東大和公園 > 狭山公園だより > イベントの報告

2012年10月31日

コミュニティガーデナー養成講座第11弾       第3回「冬春花壇づくりに向けて Part2」(10/27)

秋の深まりを日々感じる10月末、コミュニティガーデナー養成講座第11弾の

第3回が行われました。

この日は、前回決めた冬春花壇のテーマをデザインに起こしていきます。

 

花壇の印象を左右する“色”について講義を受けたら、

早速デザインづくりに取り掛かります。

まずは、花壇のテーマを決め、それに見合う色や植物選びからスタート!

こちらの班は、「芽吹きの春を待つ」をテーマに、黄色やピンク色の花を検討中。

 

 

植物が決まったら、花に見立てたパーツに色を塗り、

実際の花壇に植えるように並べていきます。

「この色の組み合わせがいいね!」「やっぱりこの花は、手前に配置したらどう?」

徐々に完成するデザインを前に、みなさんの気持ちも高まります。

 

 

それぞれの班で渾身のデザインが出来上がりました!

こちらは、冒頭の「芽吹きの春を待つ」をテーマにしている班のデザイン。

黄色の花をメインに、暖かな春を楽しみにしている様子が伝わってきますね♪

 

 

午後は、講師の三浦香澄さん(NPO法人Green Works)による

「頂芽優勢」についての講義から始まりました。

「頂芽優勢」とは、植物の茎の先端に栄養が集まり、

先端の花だけが伸びてしまう現象のこと。

それにより、わき芽が出るのが抑えられ、また、草丈が高くなってしまいます。

この現象を防ぎ、沢山の花を咲かせるために必要な「切り戻し」について

説明がありました。

 

 

 

講義を受けた後は、「お手入れチーム」と「デザインチーム」に分かれての作業です。

お手入れチームは、直前に学んだ“切り戻し”や“花壇手入れの3つのポイント“に

従ってお手入れ。

秋空の下、みなさん和気あいあいとした雰囲気で、作業を楽しんでいました。

 

 

一方、パークセンターの中では、デザインチームがデザインをまとめ中。

午前中に作られたデザインをもとに、配置や必要な株数など詳細を決めていきます。

講座終了時刻を超えての大仕事となりましたが、見事なデザインに仕上がりました!

デザインチームのみなさん、お疲れ様でした。

 

次回は、いよいよ待ちに待ったお花の植え付けです。

どんな冬春花壇を目にすることができるのか、とても楽しみですね♪

お天気になることを祈りましょう!!

 

カテゴリー:イベントの報告|狭山公園

2012年10月22日

バッタ探しに出かけてみよう!(10/21)

本日、親子自然あそびプログラム(3,4歳対象)が行われました。

雲一つない秋晴れの空が広がり、絶好のお出かけ日和となったこの日。

9組24名の親子が、バッタを探しに園内を探検しました。

 

探検に出る前に、まずは準備体操からスタート。

親子でほっぺたや手を触ったり、バッタの気持ちになって

お父さん・お母さんに抱きついて見たり、体をほぐしていきます。

「お子さんのペースに合わせて遊んでみてください♪」

講師の峯岸由美子さん(一般社団法人 遊心)より、

親子であそぶ際のポイントも伝えられます。

 

 

準備ができたら、探検に出発!

始めに向かったのは、ハナタデが一面に広がる「トウカエデの林」。

子ども達の背丈ほどもあるヤブタバコやプラタナスの落ち葉、

更にはモグラの穴と、見つける度に興味津々の子ども達。

 

ふと気づくと、足や腕には“ひっつき虫”がたくさん!

子ども達は、それらを服から取るやいなや、お父さん・お母さんの体にくっつけます。

森を出るころには、全員“ひっつき虫”だらけになっていました。

 

 

「ほら、見て!」

こちらは、お目当てのバッタも捕まえたようです。

 

森を抜け、本日の最終目的地、フワフワのススキが見頃の「石の広場」に到着です。

ここからは、思いっきりバッタ捕りタイム!

虫あみと虫かごを持ったら、それぞれの親子が一斉に原っぱへと散っていきます。

 

「それ!」「捕まえた!!」

虫あみを持って原っぱを走り回る子ども達、その後ろを一生懸命に

追いかけるお父さん、お母さん。

何十年ぶりに虫とりをしたという親御さんもおり、子ども達と一緒に

バッタ捕りを楽しんでいました。

(捕まえたバッタは、最後に元いた場所に帰しました。)


園内を探検しながら、思いっきり親子の時間を満喫した様子のみなさん。

日に日に秋めいている狭山公園は、まだまだ見どころがいっぱいです。

お弁当を持って、お子さんと一緒にまた遊びにきてみてください。

カテゴリー:イベントの報告|子どもむけのイベント|狭山公園

2012年10月9日

冬春花壇づくりに向けて Part1

連休最終日の今日、コミュニティガーデナー養成講座第11弾の第2回が行われました。

朝から爽快な秋晴れが広がり、絶好の講座日和!

この日は、冬から春にかけての花壇づくりに向けて、デザインづくりの練習や

季節のテーマ決めを行います。

 

まずは、講師の木村智子さん(NPO法人Green Works)より

「花壇デザインの基本」についてのレクチャーから始まりました。

花壇をデザインする時のポイントや方法など、スライドを使って説明がありました。

 

デザインづくりの基本が頭に入ったところで、次はいよいよ実践編として、

デザインづくりの練習です。

紙に書かれた空っぽの花壇に、お花に見立てたパーツを自由に並べていきます。

写真のみなさんは、新規受講生として初心者版に挑戦中。

継続受講生用の上級者版は、使うお花のパーツや種類が増え、

レベルに合わせた練習を行っていきます。

 

 

出来上がったみなさんのデザインがこちら♪

同じパーツを使っているのに、一つとして同じデザインのものがありません!

「デザインづくりは意外と簡単にできて、楽しいですね!」

デザインづくり初挑戦の方も、あまりの簡単さに驚いていました。


その後、狭山公園に移動して、『冬春花壇のテーマ決め』を行いました。

冬から春にかけてどんな花壇をつくりたいか、今年の冬から来年の春の様子を

イメージしながら、一人ひとりキーワードを付せんに書きだします。

「命・春の勢い!」「ひだまり・暖かい」などのキーワードが多く挙がっていました。

 

 

そして、「じっくりガーデニング」と題して花壇のお手入れも行いました。

お手入れの前に、まずは三浦香澄さん(NPO法人Green Works)より、

コミュニティガーデンのお手入れの3つのポイントについて説明がありました。

「①茶色いものを取り除く、②エッジを際立たせる、③大きくなった雑草を取り除く」

ローメンテナンスがキーワードのコミュニティガーデンでは、優先順位をつけて行うことがとっても大切です。

 

道具を準備したら、さっそくお手入れスタートです。

講座2回目にして、ようやく花壇の土に触れるとあって、みなさんやる気満々!

もの凄い勢いでお手入れが進んでいきます。

お手入れの3つのポイントを意識したことで、短時間ながらも

花壇は見違えるほどスッキリしました!

 

次回は、今日出された冬春花壇のテーマに沿って、花壇のデザインを考えていきます。

テーマがどんなデザインへと変貌を遂げるのか、どうぞお楽しみに!

 

 

カテゴリー:イベントの報告|狭山公園

2012年10月9日

春が楽しみ、菜の花のタネまき(10/7)

本日、さやまキッズプログラム「菜の花のタネまき&緑の妖怪シードロづくり」が

開催されました!

午前中は雨が降っていましたが、午後から無事に晴れ、

8名の子どもたちが参加してくれました。

 

花壇の端に一列に並んだら、タネまき開始!

菜の花のタネが入った袋を片手に、どんどんタネをまいていきます。

みんな真剣です!

 

タネまきの後、菜の花がどんな風に育ってほしいか、

菜の花の形をしたカードに書いてもらいました。

「大きく育ってほしい!」「きれいに咲いてほしい!」

みんな書いてくれたカードは、花壇前に飾る予定です。

 

その後は、花壇のそばでシードロづくり。

緑の妖怪シードロって何だろう?

紙芝居を見ながら、みんなでシードロのことを学びます。

 

どんなシードロが良いかなあ?

みんな悩みながら、粘土をこねて形を作っていきます。

シードロはシード(菜の花のタネ)、ドロ(粘土)から生まれる妖怪。

でも一番必要なものは、菜の花が元気に咲いてほしい!という

みんなの「想い」を込めることです。


 

シードロの形をつくったら、公園の原っぱに生えている草花で

シードロを飾りつけます。

「羽をはやしたいなあ。」「葉っぱで包めば、冬を越して春に元気に咲くかなあ。」

みんなの「想い」がシードロに込められていきます。

 

みんな一生懸命にシードロを作ってくれました!

「この子の名前は、花と猫の飛べる妖怪。人にくっついてタネを運んでくれるよ!」

今日作ってくれたシードロは、みんなの家の庭へと旅立っていきます。

 

シードロたちは、土に埋めて大事に育てると、春に菜の花を咲かせてくれます。

花壇にまいた菜の花も、シードロにつけた菜の花も、

元気に咲いてくれると良いですね♪

みんなの「想い」が詰まった菜の花の成長ぶりを、どうぞお楽しみに!

 

(報告者:インターン 毛利 美久)

 

●●●次回のお知らせ●●●

さやまキッズプログラムに参加してみませんか??

レンジャーと一緒に、園内を探検したり、自然を利用したクラフトづくりを行います。

日時:11月4日(日)13時半~15時

対象:5歳~小学生まで(※小学2年生以下は保護者同伴)

参加費:無料

 

事前のお申込みは不要です!

参加ご希望の方は、13時30分までに狭山公園パークセンター前までお越しください。

みんな、待ってるよ~!!

 

カテゴリー:イベントの報告|子どもむけのイベント|狭山公園

2012年10月6日

地元の子供たちが森のお手入れに挑戦!!(10/5)

八国山緑地の近くにある児童館の子ども達が、森のお手入れに挑戦しました!

「八国山の自然を、子どもたちにもっと身近に感じてもらいたい!」

「子どもたちに、八国山にもっともっと愛着を持ってほしい!」

という児童館のスタッフの想いから、園内でササ刈り体験を

してもらうことになりました。

 

今回は、小学1年生から6年生まで、やる気満々の17名が参加。

まずは、どうして雑木林のお手入れが必要なのか、スタッフからの説明です。

説明を聞きながら、「早くお手入れやりたい!」と目で訴える子ども達。

 

 

剪定バサミの使い方や注意事項をしっかり聞いたら、いよいよ作業スタート。

小学3年生以上の「ササ刈りチーム」は、横一列に並び、

丁寧にササを刈っていきます。

 

一方、1・2年生の「引き抜き&草集めチーム」は、自分達の体ほどもある

イノコヅチやヨウシュヤマゴボウの引き抜きに全力投球。

中には、5人がかりでないと抜けない大物も!

その様子は、まるで絵本の「おおきなかぶ」状態。

 

 

約40分後、子ども達の元気は途切れることなく、あっという間に作業終了。

お手入れ前は、もりもりと草が茂り、園路まで飛び出しそうな勢いでしたが…

 

お手入れ後は、子ども達の頑張りで、見違えるほどにスッキリきれいになりました!!

小学生の子ども達だけでやったとは思えないほど、刈り残しも殆どありません。

その成果に、児童館のスタッフも、子ども達以上に達成感を感じていたようです。

 

「楽しかったー!!」

「次はいつやるの??」

子ども達は、すっかり森のお手入れにはまってしまったようです。

 

森のお手入れを通して、子ども達に八国山での新たな思い出ができました。

この楽しかった思い出が、いつか八国山の自然の素晴らしさに気づくきっかけに

なってくれるはずです。

みんな、お手入れした場所を見に、また八国山に遊びに来てね!

 

カテゴリー:イベントの報告|八国山緑地

2012年9月24日

コミュニティガーデナー養成講座第11弾スタート!!(9/22)

本日、コミュニティガーデナー養成講座第11弾がスタートしました!!

この講座は、全10回の通年講座で、コミュニティガーデンづくりについての知識や技術はもちろん、

ガーデンの楽しみ方やグループ活動の進め方など、多くのことを学んでいきます。

昨年の第10弾に引き続き、定員30名を超えるお申込みがあり、

受講生33名を迎え、栄えある第1回目が行われました。

今期より、新たにテキストもまとまり、受講生の期待も高まります!

 

 

講座の初回とあって、やや緊張気味の面持ちの中、まずは恒例の自己紹介から。

今回、遠くは松戸市や大宮市から、ご近所にお住まいの方までと、

年齢もお住まいもバラエティに富んだ受講生の方々です。

みなさん、「お花や植物が好きで、色んなことを学びたいです!」とやる気満々です。

 

お互いの顔を知った後は、さっそく講師の三浦香澄さん(NPO法人Green Works)より、『コミュニティガーデンとは?』について、レクチャーがありました。

コミュニティガーデンづくりのキーワード、「ローメンテナンス、ローコスト、エンジョイ」についてや、他の地域の事例紹介などお話がありました。


その後、実習地となる“ひとやすみ花壇”へ移動し、『コンセプトづくり』に

取り掛かります。

講座が始まった2006年より「ひとやすみ花壇」というコンセプトがありましたが、

花壇の様子や、その周辺も大きく変わり、今期の講座でコンセプトを見直すことになりました。

 

花壇をじっくり眺めながら、「こんな花壇にしたい!」という想い、

日当たりや周囲の環境など、花壇が置かれた条件を、一人ひとり付せんに書きだしていきます。

その後、出された意見を共有しました。

 

 

午後は、室内でのレクチャーからスタート。

ボランティア活動についてや、木村智子さん(NPO法人Green Works)より

狭山丘陵にある狭山公園の位置づけなど説明がありました。

また、ひとやすみ花壇の歴史についても、スライドで振り返りました。

 

その後、外に出て、公園レンジャーによるガイドウォークに出発。

狭山公園にある雑木林、ビオトープや原っぱなどを見て回り、

花壇の置かれた環境や公園の取り組みまで、深く知ることができました。

初めて園内を歩く人も多く、花壇や公園に対する印象も大きく変わったようです。

 

最後は、コンセプトの案だしです。

「森と人をつなぐガーデン」「風かおるガーデン」「心あったまる花壇」などなど、

沢山のコンセプト案が出ました。

コンセプトは、みんなで花壇づくりを行う時の道しるべとなる重要なもの。

すぐに結論は出さずに、一旦温めておき、次回以降決めていきます。

 

内容たっぷりの初回の講座も、無事に終了。

次回は、冬から春にかけての花壇づくりとして、デザインづくりについて学びます。

また、午後には、「じっくりガーデニング」と題して、花壇のお手入れも行います♪

お天気になることを祈りましょう!

 

カテゴリー:イベントの報告|狭山公園

2012年9月15日

コミュニティガーデナー養成講座 夏のお手入れDAY③(9/15)

三連休の初日となったこの日、ひとやすみ花壇で

『夏のお手入れDAY』の3回目が行われました。

まだまだ暑さの残る中、元気な女性陣3名が参加してくれました。

 

熱中症予防に、コップ一杯の麦茶を飲んだら、さっそくお手入れスタート!

まずは、前回のお手入れの際、急な天候の変化により、

最後までしっかりお手入れできなかったエリアから取り掛かりました。

 

作業を進める中で、エリアごと、お手入れ方法のレクチャーも行います。

今回のお手入れのポイントは、

①茶色いものを取り除く

②大きくなった雑草を取り除く

③エッジを際立たせる

雨不足により、一時期元気がなかった花はここ数週間で盛り返し、

雑草たちも大量です。

 

 

こちらは、花壇の淵からあふれ出ている「ヒメイワダレソウ」のお手入れ中。

とっても頑丈な植物で、雨不足もなんのその、地面を張ってぐんぐん成長しています。

「風が気持ちいいわね~」

時折吹く秋風が、暑さを和らげてくれます。

 

最後は、お手入れが完了した花壇を見ながら、Teatimeです。

写真右端のスタッフが手に持っているのは、お手入れで出た花で作ったブーケ。

お手入れで出た花は、毎回このようにして活用しています。

ブーケは、パークセンター内に飾られ、来園者の方をお出迎え♪

 

少数精鋭のごとく、あっという間に花壇はすっきり!

Before

After

 

1週間後に、いよいよ始まる『コミュニティガーデナー養成講座第11弾』の第1回目では、受講生のみなさんに、きれいな花壇を楽しんでいただけそうですね!

かくいう今日の参加者も、第11弾講座の受講生。

新たなメンバーで、また楽しく学んでいきましょう♪

 

コミュニティガーデナー養成講座 第11弾は、満員御礼で募集を締め切りました!沢山のご応募、ありがとうございました!!

第11弾の講座の様子は、ブログにて随時お知らせしていきます。

どうぞお楽しみに♪

カテゴリー:イベントの報告|狭山公園

2012年9月9日

ちょこボラ『森のお手入れ③』in東大和公園(9/8)

本日、東大和公園でちょこボラ「森のお手入れ」の3回目が行われました!

ちょこボラ=ちょこっとボランティアは、

その名の通り”気軽に参加できるボランティア”をモットーに、

今年度の5月より隔月で開催しています。

 

心配していたお天気にも恵まれた今回は、12人の方が集まってくれました!

8歳から80歳まで年齢層も幅広く、ご近所の方から遠く神奈川にお住まいの方も

参加してくださいました。

お互いに自己紹介をした後、今日の作業内容の確認を行います。

 

 

夏も終わりに近づいた今回のテーマは、『アズマネザサ&常緑樹刈り』です。

作業の前に、剪定ばさみの使い方や、注意事項を確認します。

 

 

準備運動、水分補給をし、準備を整えたらいよいよ作業開始です。

ボランティアやスタッフを中心に、適宜教え合いながら作業を進めていきます。

 

 

気がつけば刈った草木が山盛りに。

安全に気をつけながら、斜面の下まで運び出します。

 

 

草木の回収も終わり、森の斜面を下りてみると・・・

地面がさっぱりし、森が明るくなりました!

短時間の作業でしたが、達成感を味わっていただけたのではないでしょうか。


作業後、みなさんからこんな感想をいただきました。

「もう少し作業したかった!」「楽しかった~!」

この想いは、ぜひ2カ月後のちょこボラにぶつけてください!!

 

午後にはガイドウォークがあり、この公園の魅力である

様々な雑木林を見ながら歩きました。

 

 

咲き始めた秋の花や、トビナナフシ、カマキリに、セミの抜け殻などなど、

見つける度にみなさん大盛り上がり!

東大和公園の自然をたっぷりと体感することができました。

 

またお待ちしています♪

 

(報告者:インターン 宮脇侑子 )

 

★★★今後のスケジュール★★★

東大和公園で、ちょこボラしてみませんか?

一度経験すると、きっと「森のお手入れ」の楽しさを感じることができます!

2か月に1度のペースで、季節に応じた作業を行っていきます。

 

<次回>

日時:11月10日(土)

※この日は、「里山×slowlife」との同時開催が決定!

午後も参加される方は、事前申し込みと参加費1000円が必要です。

詳しくはこちら

 

<今後の予定>

1月12日(土)

3月 9日(土)

 

*各回10時~12時(雨天中止)

参加費:無料

対象:小学生以上(小学2年生以下は保護者同伴)

持ち物:軍手、飲み物、手ぬぐいかタオル(2枚)、長袖・長ズボン

*汚れても良い服装でお越しください。

*サンダルはご遠慮ください。

 

当日受付OKで、初心者大歓迎です!

お茶とお菓子付きで、午後には公園レンジャーによるガイドウォーク(自由参加)もあります♪

ぜひお気軽にご参加ください。

カテゴリー:イベントの報告|東大和公園

2012年9月2日

バッタとあそぼう!!(9/2)

9月2日(日)、狭山公園で『さやまキッズプログラム』が行われました。

この日はあいにくの雨で、中止の相談をしていたその時…

パークセンターに4人の子どもたちが遊びに来てくれました!

 

「バッタだー!!!」

虫かごの中のバッタに興味津々の子どもたち。

このバッタは、前日にスタッフで捕まえておいたものです。

外には出られませんが、パークセンター内でバッタを観察することになりました。

 

「どのバッタにしようかな~」

まずは観察するバッタを選びます。

 

「足は何本かな~?足1本ないよ!?」「体はちょっと茶色かな?」

バッタをよーく見ながらスケッチしていきます。

 

「できた!雨が降ってるのと晴れてるのを描いたよ!」「草が生えてるんだよ!」

それぞれバッタが住んでいる環境を想像し、背景も描いてくれました。

 

観察の後は、バッタ解放タイム!

「どうやって捕まえるの?」「噛まない?」「わぁ跳んだよ!」

はじめは跳びまわるバッタに戸惑っている様子でしたが、

最後にはみんなバッタと楽しく遊ぶことが出来ました。

 

みんな上手にスケッチしてくれてありがとう。

今度は原っぱで遊ぼうね!

 

 

(報告者:インターン 宮脇侑子)

 

●●●次回のお知らせ●●●

さやまキッズプログラムに参加してみませんか??

次回は、花壇でタネまきをします!!

 

日時:10月7日(日)13時半~15時

対象:5歳~小学生まで(※小学2年生以下は保護者同伴)

参加費:無料

 

事前のお申込みは不要です!

参加ご希望の方は、13時30分までに狭山公園パークセンター前までお越しください。

みんな、待ってるよ~!!

 

カテゴリー:イベントの報告|子どもむけのイベント|狭山公園

2012年8月19日

コミュニティガーデナー養成講座 夏のお手入れDAY②(8/18)

じめじめと湿気の多い雲に覆われた空の下、

“お手入れDAY”の第2弾として、ひとやすみ花壇のお手入れが行われました。

今回もやる気いっぱいの、有志で集まった受講生8名が参加してくれました!

 

はじめに、花壇の様子を見て回ります。

夏の間にもりもり育った植物には、適切なお手入れが必要です。

切り戻しや雑草取りをしたほうがよい場所の見当をつけました。

 

 

作業の前に、準備体操です。

しっかり準備体操できたら、道具を用意して、早速作業開始です!

今日は、花壇の3つのエリアを順番にお手入れしていきます。

 

 

雨が降り出さないか心配しつつ、

それぞれ役割を分担してテキパキと作業を進めます。

そして、こういう天気だからこそ、水分補給は重要!!

2つのエリアのお手入れ後にしばしの休憩をとりました。

残すところはあと1エリアのみ!

 

 

作業の途中ですが、遠くの方で雷がゴロゴロと鳴りだしました。

雷は急速に近づいてくるので、

遠くで鳴っていても作業は終了しなければなりません。

「お手入れおしまいです!」

せっかくいいところまで作業してきたので、全て終わらせたいところ。

ですが、後ろ髪ひかれつつ、作業終了です。

 

 

最後は、フレッシュハーブティーを飲みながら、今回のお手入れのふりかえり。

「ポイントを絞ると、短時間でも見違えるね!」

みなさん、優先順位をつけてお手入れすることの大切さを

改めて実感した様子です。

 

花壇の様子も風通りがよくなり、スッキリしました!!

次回9月15日(土)のお手入れDAY③が楽しみです☆

 

 

(報告者:インターン木田倫裕)

 

 

✿✿✿『コミュニティガーデナー養成講座 第11弾』のお知らせ✿✿✿

 

9月22日(土祝)より『コミュニティガーデナー養成講座 第11弾』がスタートします!!

 

『コミュニティガーデナー養成講座』は、狭山公園の花壇で、実践を通して、コミュニティガーデンづくりの手法を学ぶ講座です。

「既に活動しています!」「花壇づくりに興味がある!」という方はもちろん、

「コミュニティガーデンって何?」「興味はあるけど、あまり植物の知識がなくて…。」

という方も、大歓迎です!

一年間の講座を通して、コミュニティガーデンに関する基礎知識から、花壇のデザインや

植栽技術まで幅広く、かつ深く学ぶことができます。

さらに毎回、美味しいハーブティ&お菓子付き♪

花壇づくりの知識と技術を楽しく学びながら、仲間を増やしませんか??

沢山の方のご参加、お待ちしています!!

『詳細&お申込みは、こちらから』

 

 

カテゴリー:イベントのお知らせ|イベントの報告|狭山公園

所在地・アクセス

さやマップGIS

狭山公園パークセンター(管理所)
TEL 042-393-0154 (9:00 ~ 17:00)
〒189-0026
東京都東村山市多摩湖町3-17-19

  • ■ 狭山公園へ行く
  • ■ 八国山緑地へ行く
  • ■ 東大和公園へ行く

狭山公園へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

西武多摩湖線 西武遊園地駅から(約5min)

徒歩 5分

車をご利用の場合

駐車場スペースには限りがありますので、公共の交通機関をご利用ください。

  • 駐車場 45台
    • ・無料
    • ・利用時間 9:00〜17:00
    • ・村山貯水池駐在所前
    • ・利用時間を過ぎると門が閉まりますので
       あらかじめご了承ください。
  • 身障者用駐車場 2台

八国山緑地へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

西武西武園線 西武園駅から(約5min)

徒歩 5分

車をご利用の場合

駐車場がありませんのでご注意ください。

東大和公園へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約50min)

  • 立川駅北口
  • 西武バス『西武線東村山駅西口』行き
  • バス停『塩釜神社』下車

徒歩 10分

西武多摩湖線 武蔵大和駅から(約5min)

  • 東大和市ちょこバス内回り
  • バス停『東大和公園入口』下車

徒歩 0分

車をご利用の場合

駐車場がありませんのでご注意ください。

パンフレットダウンロード

都立野山北・六道山公園パンフレット

ダウンロード

狭山公園、八国山緑地、東大和公園パンフレット(PDF)約14MB

パンフレットはA3サイズで作成しています。
印刷の際は、ご利用のプリンタに合わせて用紙設定の変更をお願いいたします。