狭山公園だより

ホーム > 狭山公園八国山緑地東大和公園 > 狭山公園だより > ガイドウォーク

2015年1月25日

双眼鏡で冬鳥を観察しよう!(1/18)

晴天に恵まれた1月18日日曜日、「双眼鏡を使って冬鳥を観察しよう!」を

テーマにガイドウォークを開催しました。

まずは双眼鏡の使い方。小さなお子さんにはちょっと難しかったかな?

 

 

 

さっそく管理所前、草はらの風の広場で鳥を探します。

ガイドウォーク前には鳥たちの姿が全く見られずドキドキしていたのですが、

みんなで探し始めるとたくさんの鳥たちがどこからともなく

舞い降りてきてくれて本当にびっくりです。

みんな一斉に双眼鏡を覗きます。

 

みんなの目線の先にはツグミ。ちょっとペンギンみたいですね!

他にもムクドリや木の上にはメジロも。

ススキの原っぱ原っぱ脇の木の上からチチッという声が聞こえてきました。

見上げると枝先にホオジロがいました。

ススキの種が大好き!いつもここで見られます。

 

歩いているとサクラの木からいくつかの鳴き声が聞こえてきました。

シジュウカラにギーと鳴く日本最小のキツツキの仲間のコゲラたち。

冬になると一緒にいるのをよく見かけます。

この後、宅部池でカルガモを観察。

みんなに見られてびっくりしたのか、頭の上を飛んで行ってしまいました。

でも意外と近くで見れたカモ!

トウカエデの雑木林で出会ったのは頭に赤いベレー帽をかぶったアオゲラ。

オスメス2羽で出迎えてくれました。

最後は小さなエナガたちの群れ。

ジュルジュル♪とかわいい声で高い枝先を飛び交っていました。

ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

見て聞いて、どんな場所にどんな鳥たちがいるか

少しは分かっていただけたでしょうか?

また、鳥たちに会いに狭山公園に来てくださいね!!

2月は1日(日)キッズプログラム15日(日)ガイドウォークを予定しています。

ご参加をお待ちしています。

カテゴリー:イベントの報告|ガイドウォーク|狭山公園|里山体験

2014年11月14日

さやまキッズプログラム「落葉をペタペタ 森の生きもの作り」 (11/2)

112日、この日は月に一度のさやまキッズプログラム!

今回は「落葉をペタペタ 森の生きもの作り」ということで、

落葉を集めて紙に貼り、森に暮らす生きものを作ります。

今回参加してくれたのは28名! さっそく落葉を探しに出発!

 

トウカエデの林の地面には、赤や黄色の綺麗な落葉がたくさん落ちています。

みんな、袋いっぱいに色鮮やかな落葉を集めていました。

 

落葉を集めた後は、太陽広場でいよいよ森の生きもの作りです!

集めた落葉を、好きな生きものの形に紙に貼りつけます。 

落葉は色、形、大きさも様々。同じ種類の葉っぱでもどこかが違うので、子どもたちは真剣に葉っぱを選び、作品を作っていました。

 

タヌキやウサギ、チョウやカモなど、色々な森の生きものが完成!

中にはトリケラトプスなどの恐竜を作ってくれた子もいました。

 

最後に皆で記念撮影!

とっても上手にできました!

 

さて、子どもたちが作ってくれた作品は、

狭山公園パークセンター前のはらっぱに展示中です!(12月初頭まで)

子どもたちには、その生きものの気持ちになって、セリフも書いてもらいましたので、

作品と合わせて是非ご覧ください!

 

***お知らせ***

次回は2014127日(日)133015:00 、パークセンター前に集合です!

何をするかはお楽しみ! ぜひ参加してくださいね♪    ☆杉山レンジャー

カテゴリー:イベントの報告|ガイドウォーク|狭山公園

2014年10月28日

秋 バッタや草花を探して歩こう!(10/19狭山公園ガイドウォーク)

秋晴れの10月19日日曜日、「秋 バッタや草花を探して歩こう!」を

テーマにガイドウォークを開催しました。

まずは風の広場のバッタのかくれ家でバッタさがし。
子どももおとなもバッタ採りに夢中です。

みんなで捕まえたバッタは大きいものから小さいもの、

ねずみ男顔や仮面ライダー顔などいろんな種類が見つかりました。

 

今、狭山公園ではひろ~いススキの原っぱが見頃です。

足元にはチカラシバや金、紫、緑など色とりどりの

エノコログサもありました。

 

さぁ、ススキの中を突っ切るぞう!

こんな体験はなかなかできません。

 

開けた場所に出てみんなほっと一息。

 

この後、宅部池で外来種の話を聞いたり、どんぐりを拾ったり、

湿地でお尻がくるりんとかわいいツリフネソウやミゾソバなど

秋にしか見られない可愛い花も観察しました。

 

ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

また次回、お待ちしていますね!

 

 

 

 

カテゴリー:イベントの報告|ガイドウォーク|狭山公園|里山体験

2014年6月19日

八国山緑地ガイドウォークを開催!(6/14)

14日土曜日に、「梅雨の晴れ間に八国山を歩こう!」と題して

ガイドウォークを開催しました。

 

里山の代表的な木として、エノキ、コナラ、クヌギを紹介し、

葉や幹の違いを説明しました。

 

 

午前中に行われた「チョコボラ」に参加された方たちが

見つけてくれたカブトムシのオスをお披露目しました。

 

つかむコツは小さい角を持つこと。

上手につかめたね!

 

コナラやクヌギはカブトムシの木とも言われます。

ここでも見られるかもしれませんね。

 

少し歩くと木の根元に大きなきのこを発見。

レンジャーミニ図鑑で調べましたが、残念ながらのって

いない種でした。

雨の多いこの季節、たくさんのきのこが見られますがそれぞれ

落ち葉や朽木を分解する重要な役割を持っています。

 

 

緑色の大きなイモムシを見つけました。

ウスタビガという蛾の幼虫です。

 

成虫を図鑑で紹介。

はねに半透明の丸い模様が4つありとてもきれいです。

10月頃に来ればひょっとすると出逢えるかも!

 

このところの雨であちこちでカタツムリが見られます。

参加者が見つけてくれたミスジマイマイ。

雨が上がったせいか、残念がら今日はこの1匹だけでした。

 

足元の悪い中、ガイドウォークにご参加くださった皆さん、

ありがとうございました!

まだまだ梅雨は続きますが、今の時期だからこそ見られる

生きものたちや雨に濡れたしっとり美しい景色が楽しめます。

また、八国山緑地に散策や自然観察に来てくださいね!

 

 

カテゴリー:ガイドウォーク|八国山緑地

2014年5月8日

さやまキッズプログラム「子どもの日スペシャルガイドウォーク」(5/5)

5月5日のこどもの日。今日は子どもたちが主役の一日。

今日のさやまキッズプログラムは、27名の参加者と一緒に、

自然の中で見られる植物や、動物の“子ども”を探しに行きました。

まず初めはカブトムシの赤ん坊(幼虫)!

夏に向けてすくすく育つ幼虫の姿を見て、子どもたちはみんな大興奮!

 

 お次はトウカエデの林でムラサキケマンの赤ん坊(種)の観察です。

触ると勢いよく弾け飛ぶ種に、大人も子どももびっくり!

 

続いてトチノキの赤ん坊(実)から生える実生のご紹介。

落葉をどけると、根元にはまだ実がついています。

 

 宅部池では、ちょっと困り者のオオクチバスについてご紹介。

外国から持ち込まれたこの魚は、元々ここに住んでいた生き物たちを

ものすごい勢いで食べてしまう…。そんなオオクチバスを

これ以上増やさないためにも、公園では卵の頃に駆除をする取り組みをしています。

 

次は、杉山レンジャーが見つけたアオダイショウのご紹介。

普段は見慣れないヘビに、みんなおっかなびっくりながらも

興味津々で触っていました。

 

5月は、自然界の子ども達の姿がたくさん見られる季節!

狭山公園では、そんなエネルギーに満ちた雰囲気でいっぱいです。

ぜひ遊びに来てくださいね。

 

***お知らせ***

次回のさやまキッズプログラムは2014年6月1日(日)13:30~15:00 、

パークセンター前に集合です!次回は公園の花壇にみんなで種を蒔きます!

 ぜひ参加してくださいね!

 

日暮レンジャー

カテゴリー:イベントの報告|ガイドウォーク|狭山公園

2014年4月22日

狭山公園ガイドウォーク「狭山公園の春を探しに行こう!」(4/20)

4月も後半を迎え、狭山公園の植物たちは次々に花を咲かせています。

今回のガイドウォークでは、そんな春の植物を中心に、今の季節ならではの自然を紹介して歩きました。

まずは、トウカエデの林で春の植物探しの練習からスタート!

足元には何種類くらいの花が咲いているか、みんなで探してみました!

今はムラサキケマン(写真左側)がたくさん咲いていますが、トウカエデの林では白花のムラサキケマン(写真右側)も見られます。

その他にもタチツボスミレやヘビイチゴなどなど、たくさんの花が見つかりました。

太陽広場の北側にある森の中では、ある花が見ごろを迎えています。その花とは…

こちら、“ヤマツツジ”です。

新緑の黄緑の中で、一際目を惹く鮮やかな花をたくさん咲かせています。蕾もまだまだあるので、もうしばらく花を楽しむことができそうです。

上を見れば、コナラの新緑が光を浴び、薄ら銀色に輝いていました。

葉の表面には細かな毛がたくさんあり、その毛が光を反射して輝いて見えます

また、近くで木々を見るのも良いですが、離れた場所から眺めると、様々な色で溢れた新緑の森の景色を楽しむことができます。

様々な春の花、景色を見ることができ、参加された皆様も楽しんで頂けたようでした。

 

皆様もぜひ、今の季節ならではの生きものや風景をお楽しみください!

 

杉山レンジャー

カテゴリー:イベントの報告|ガイドウォーク|狭山公園

2014年3月17日

狭山公園ガイドウォーク「小さな春を探しに行こう♪」(3/16)

3月もあっという間に折り返し!

日に日に春が深まり、生きものたちも活発に動き始めています。

今回のガイドウォークでは、14名の参加者と

一緒に春の生きもの達を探しに行きました!

まずは春の生きもの探しの練習。ナノハナ花壇で見られる、

ある小さな生きものを探してもらいました。

 

探してもらったのはナナホシテントウ!

ナノハナ花壇では、少し探しただけでもたくさんの

ナナホシテントウを見つけることができます。

 

子どもたちはみんな、「見つけたー!」、「こっちにもいたー!!」と

大喜びで探していました。

 

トウカエデの林では、今は葉っぱだけしか見れないけれど、

あと2~3週間ほど経つと咲き始める、ムラサキケマンとタチツボスミレをご紹介!

春が深まるに連れて、公園で見られる景色もどんどん変わっていきます。

 

宅部池近くの水路では、ある生きものの卵を探してもらいました。

 

探してもらったのは、アカガエルの卵。

小さな粒々の卵の集まりが、水中に産み付けられています。

こちらも春の訪れを教えてくれる、春の風物詩です。

 

植物、昆虫、両生類などなど、様々な春の生きものを

見ることができた今回のガイドウォーク。

皆さんもぜひ、狭山公園で小さな春を探してみてください!

カテゴリー:イベントの報告|ガイドウォーク|狭山公園

2014年1月24日

冬の狭山公園で里山の生きものさがしガイドウォーク(1/19)

冬晴れの中、今年初となるガイドウォークを開催しました。

強風の中、寒さに負けず9名の方々が参加してくださいました。

今回は「冬の狭山公園で里山の生きものさがし」。

倒木や落ち葉に何か隠れていないか探していきます。

切り株にキノコが生えているのを発見しました。

キノコが生えると、枯れ木はだんだん柔らかくなり、いろいろな虫が食べるようになります。

キノコが生えた木の手触りをみなさんにも確認してもらいました。

近くで、やわらかくなった木を発見。そこで変わったマークが見つかりました。

これは、コクワガタが卵を産むときにつけたマーク。幼虫は朽木を食べて育ちます。

乾燥に弱い卵のため、朽木に水が染み込みやすくなるよう、周りに溝を掘ります。

卵や幼虫のために行う工夫に、みなさん感心されていました。

続いて、クヌギの樹液の痕が見つかりました。樹液はどこから出るのでしょうか?

まずシロスジカミキリが木に産卵します。

次に、樹液や巣の材料を求めて、スズメバチがその穴を広げます。

そうして、クワガタやオオムラサキなどが集まるようになるのです。

自然では、いろいろな生きものが関わり合っている。そのことをみなさん実感して頂けたようです。

足を延ばして、狭山丘陵を見渡せる多摩湖の堤体に到着しました。

景色を見ながら、里山の紹介。

その中では、人も役割を果たしていることが分かって頂けたと思います。

生きものを見るときは、なんでここにいるんだろう?ここで何をしているんだろう?と

考えてみると、もっと面白い一面が見えてきますよ!

(金本レンジャー)

 

カテゴリー:イベントの報告|ガイドウォーク|狭山公園|里山体験

2013年10月6日

さやまキッズプログラム「フワフワ ポロポロ 秋のタネ」 (10/6)

午前中のどんより曇り空から一転、午後からは太陽の日差しが眩しい絶好の外遊び日和!

今回のさやまキッズプログラムは、元気いっぱいの6人の子ども達と一緒に、今の時期に見られる植物のタネを探す探検に行きました!

さっそく見つけたのは、トウカエデのタネ。

このタネには薄い羽が付いていて、熟すと風に乗ってクルクルと回転しながら、

親の木から離れたところに着地して芽を出します。

地面をよく見ると、色々な植物のタネが落ちています。

どんなタネが落ちているか、みんなで一緒に探してみました。

一番人気があったのは、やっぱりどんぐり!

どんぐりはネズミの好物です。

冬にそなえ、ネズミたちはどんぐりを落葉の下や土の中に隠します。

そんな中、食べ残したり、隠した場所を忘れられたどんぐりが、

親元から離れた場所で芽を出します。

どんぐりの木とネズミは、おたがいに助け合いながら生きています。

秋のタネ探しの後は、みんなで風の広場の花壇に

菜の花のタネを撒きました。

この日の子どもたちは本当に元気いっぱいで、

少ない人数にも関わらず、3ヵ所もの花壇にタネを撒いてくれました。

最後に、自分たちが撒いた菜の花が、元気に、

キレイに咲いてくれますようにと、

想いを紙に書いてもらいました。花が咲く春が今から楽しみです!

秋はたくさんの植物がタネを付ける季節!

皆さんもぜひ、公園に遊びに来た際には秋のタネ探しをしてみてください!

 

***お知らせ***

次回のさやまキッズプログラムは2013年11月3日(日)13:30~15:00 、

サービスセンター前に集合です!何をするかは、参加してからのお楽しみ!

 

杉山レンジャー

カテゴリー:イベントのお知らせ|ガイドウォーク|子どもむけのイベント|狭山公園

2013年9月18日

ガイドウォーク in 東大和公園

今日は、各月で行われている東大和公園でのガイドウォークです。

午前中に「ちょこっとボランティア」に参加、雑木林のお手入れを

してくれた皆さんが参加されました。

 

森のあそび場では、枝つきの青いドングリが沢山落ちていました。

良く見ると、小さな穴がついています。

ハイイロチョッキリが、穴を開け卵を産んだ痕です。

実際に落ちているドングリを皆さんに拾ってもらいました。

そのそれぞれにしっかりと穴が開いていました。一つだけドングリを割ってみると、

中には小さな卵が産みつけられていました。

 

 

 

園内を散策中のお二人組。八国山緑地から歩いて来られたそうです。

偶然、ガイドウォークの一行と合流したので、ご参加いただきました。

「レンジャーミニ図鑑」をお渡しし、ノウタケやヒトヨタケ、ナラタケモドキなど、

足元のキノコを観察してみました。

 

 

地味ながらも、沢山見られるのはヤブタバコの仲間。

その中でもガンクビソウは、その形がキセルの雁首(パイプの先部分)に

似ていることが名の由来です。
コウヤボウキやキックハグマ、センボンヤリ、オケラなどの花や種を

歩きながら観察しました。

 

 

 

東大和公園には、「雑木林博物館」というコンセプトがあります。

そのコンセプトの中には、様々なタイプの雑木林を保全するという意味もあります。

源流の森は園内でも明るめの林で、暗い林と比べて林の中の植物が良く見られます。

しかし、一方でササや、やぶを利用する生き物もいる事をお伝えしました。

 

雨上がりの足元の悪い中でしたが、色々な物を見て歩き、

あっという間に一時間以上が過ぎました。

 

皆さんも満足そうでした。また、ぜひ東大和公園にお越しください。

 

 

 

カテゴリー:イベントのお知らせ|ガイドウォーク|東大和公園|生きもの情報|里山体験

所在地・アクセス

さやマップGIS

狭山公園パークセンター(管理所)
TEL 042-393-0154 (9:00 ~ 17:00)
〒189-0026
東京都東村山市多摩湖町3-17-19

  • ■ 狭山公園へ行く
  • ■ 八国山緑地へ行く
  • ■ 東大和公園へ行く

狭山公園へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

西武多摩湖線 西武遊園地駅から(約5min)

徒歩 5分

車をご利用の場合

駐車場スペースには限りがありますので、公共の交通機関をご利用ください。

  • 駐車場 45台
    • ・無料
    • ・利用時間 9:00〜17:00
    • ・村山貯水池駐在所前
    • ・利用時間を過ぎると門が閉まりますので
       あらかじめご了承ください。
  • 身障者用駐車場 2台

八国山緑地へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

西武西武園線 西武園駅から(約5min)

徒歩 5分

車をご利用の場合

駐車場がありませんのでご注意ください。

東大和公園へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約50min)

  • 立川駅北口
  • 西武バス『西武線東村山駅西口』行き
  • バス停『塩釜神社』下車

徒歩 10分

西武多摩湖線 武蔵大和駅から(約5min)

  • 東大和市ちょこバス内回り
  • バス停『東大和公園入口』下車

徒歩 0分

車をご利用の場合

駐車場がありませんのでご注意ください。

パンフレットダウンロード

都立野山北・六道山公園パンフレット

ダウンロード

狭山公園、八国山緑地、東大和公園パンフレット(PDF)約14MB

パンフレットはA3サイズで作成しています。
印刷の際は、ご利用のプリンタに合わせて用紙設定の変更をお願いいたします。