狭山公園だより

ホーム > 狭山公園八国山緑地東大和公園 > 狭山公園だより > 狭山公園

2019年8月19日

狭山公園パークギャラリー、リニューアル展示中

狭山公園ウッドデッキの改修が終わりました。

雨に濡れると滑りやすくなっていたのですが、
高圧洗浄で苔を除き、さらに滑り止め塗装を実施。
見た目が美しくなっただけでなく、安全面も改善されました。

きれいになったパークギャラリーでは、
狭山丘陵で夏に見られる昆虫の写真を展示しています。

きらきら輝く美しい昆虫や、

ユニークな形の昆虫をご覧ください。

パークセンターでは、トンボやチョウ、バッタなどの

ミニ図鑑も差し上げています。

お気軽にお問い合わせください。

カテゴリー:パークセンター|狭山公園|生きもの情報

2019年8月7日

ケヤキのパズル

狭山公園内にもたくさんある、武蔵野を代表する樹木、ケヤキ。


ケヤキは幹の生長に伴って、樹皮が剥がれ落ちるという特徴があります(古木になると剥がれ落ちなくなるようです)。
ケヤキの木肌を良く見てみると、皮が剥がれ落ちた痕がたくさんあります。
そしてケヤキの木の下を見ると、たくさんの剥がれ落ちた樹皮が落ちています。

落ちている樹皮を使って、ケヤキのパズルをするのも楽しいですよ!

 

 

 

ケヤキのパズル①



「ピッタリ!その1」

 

 

 

ケヤキのパズル②



「ピッタリ!その2」

 

ピッタリはまるとちょっと感動です!

カテゴリー:レンジャー発 公園トピックス|狭山公園

2019年8月6日

ヘビ?タヌキ?クワコの目玉模様

※昆虫が苦手な方、ご注意ください。

狭山公園のクワの木の下、不要になった看板をどかそうとすると…

目玉模様のあるイモムシがくっついていました。

クワの葉を食べるクワコの幼虫です。

木から落ちたのでしょうか。

ヘビのような顔をつけて、鳥などの天敵を威嚇しているつもりなのでしょうが、

人間が見ると、ヘビというよりタヌキ顔。

可愛いなあと思ってしまいます。

 

クワコは絹糸を採るカイコの野生種で、

クワの葉を巻き込むようにして、

小さいけれど美しい淡黄色の繭を作ります。

このままにしておくのも不憫なので、

クワの木に戻しました。

ストレスに弱く、飼育が難しいイモムシとされています。

落ちたり、触られたりしたショックが大きかったかもしれませんが、

無事成虫になれるといいね!

 

夏本番になり、狭山公園では様々な昆虫が見られます。

イキモノを探しにきてみて!

カテゴリー:狭山公園|生きもの情報

2019年8月5日

比べてみて!大きな葉っぱの競演

夏の日差しが強烈になりましたが、
大きな葉っぱが傘になってくれる林の中はすこしひんやり。

大きな葉っぱといえば「トチノキ」と「ホオノキ」。
皆さん、違いがわかりますか?

 

狭山公園パークセンターから南に向かい、トウカエデの林の入口にある右側の橋を渡り、
右側フェンス沿いの道を75歩くらい(約50m)歩いたところで立ち止まってください。
トチノキ林の中に1本「ホオノキ」が立っています。
「トチノキ」と「ホオノキ」の葉っぱはとても似ていて、
なかなか違いがわかりにくいのですが、
ここは、並んで立っている2種類の木を比べて見ることができる絶好の観察ポイントです。
比べて見てみて!

 

トチノキ(ムクロジ科)

これで1枚の葉っぱ(5~7枚の掌状複葉)。葉のふちがギザギザしています。トチの実は栃餅の材料になります。

 

 

 

ホオノキ(モクレン科)

これが1枚の葉っぱ。1つの枝に5~8枚の葉が付いています。葉っぱのふちはギザギザしていません。朴葉寿司や朴葉味噌に使われます。

 

 

カテゴリー:レンジャー発 公園トピックス|狭山公園

2019年8月4日

シダの葉の裏も見てみて!

皆さんの身近なところにも生えているシダ植物。
狭山公園でも、林の下など、少し暗いところでよく見かけます。

シダの裏側には表側と違った世界が広がっています。
シダは種で増えるのではなく、胞子で増えます。

シダの葉の裏には、胞子嚢群(ソーラス)がびっしりついているものがあります。

ナガバヤブソテツ


ナガバヤブソテツの胞子嚢群(ソーラス)

 

ちょっと気持ち悪いと感じる方もいらっしゃるかと思いますが、この胞子嚢群(ソーラス)は赤や茶色、白など色も様々、形も円形、三日月形、コップ状、ラッパ状等、付いてる場所も中央近くだったりヘリのほうだったりと種によって様々です。そのためシダの種の特定をする際の決め手になります。


ベニシダ

 

ベニシダの胞子嚢群(ソーラス)

 

是非、シダの裏の世界も楽しんでみてください。

カテゴリー:レンジャー発 公園トピックス|狭山公園|生きもの情報

2019年8月2日

渋い魅力、ウバユリの季節

狭山公園 野鳥の森で、ウバユリ開花中です。

長く伸びた茎に、大きな花をつけます。

 

薄緑の花色、微妙に開ききらない形、

地味なのですが、独特の野性味が魅力です。

 

 

野山北・六道山公園のウバユリの幻想的な大群生には比べられませんが、

狭山公園でも年々株数が増えてきているようです。

 

花が咲くころに葉が枯れるから、

葉がない=歯がない=姥百合(ウバユリ)という説があります。

でもこちらの写真で分かるように、大きな葉がしっかり残っていますね。

 

 

見ごろは今週末くらいまででしょうか。

日陰に咲く花ではありますが、

ご来園の際は熱中症に十分ご注意ください。

 

カテゴリー:狭山公園|見ごろ情報

2019年7月23日

「第11回 狭山公園わいわいミーティング」開催しました!(7/20)

暑さの戻った7月20日、狭山公園で

「わいわいミーティング

~親子×狭山公園の あったらいいなをみんなで語ろう!~」を

開催しました!

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
「わいわいミーティング」は、毎回違ったテーマで
皆さんと意見交換を行い、より良い公園を
一緒につくっていこう!というイベントです。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

昨年の狭山公園わいわいミーティングでは

「小さなお子さま連れでも利用しやすいパークセンターって?」を

公開アンケート形式で実施し、88名の方に回答いただきました。

今回のテーマは

「親子×狭山公園の あったらいいなをみんなで語ろう!」。

日頃から子ども達と一緒に公園を利用してくださっている9名の皆さんと、

実際に公園を歩きながら「あったらいいな」の意見を交換していきます。

1か所ある遊具広場は子ども達に大人気のスポットですが、

自然の中で遊ぶ楽しさを伝えるためには

遊具から距離をとる工夫も必要という意見で皆さん一致。

木の実や落ち葉で豊かな遊びができること、

虫の住処を残すことの大切さも再確認できました。

特に「あったらいいな」という意見が多く出たのは水辺の環境です。

公園内に湧水の池や北川といった水の流れがある中で、

少しでも水に触れられる場をつくることはできないか?というご意見は、

いつも子ども達と接している皆さんの強い実感からくるもの。

最後の意見出しでも、

〇子どもが自分の責任で、自分で自由に遊べる場

〇遊びを促してくれるプログラムやスタッフ

〇水辺の生きものに触れる場、どろんこ遊びできる場

〇火や、冷たいという体験、四季を通して自然を感じる体験

〇大人も自然あそびを好きになる機会、指導者・親向けのプログラム

といった、今回の参加者の皆さんだからこその具体的な意見が出てきました。

 

前回のわいわいミーティングで意見交換した

「子ども連れでも利用しやすいパークセンター」から、今度は

外へ一歩踏み出す工夫、仕掛けづくりへ。

参加者の方からもお話が出た

「豊かな自然が安全に楽しめるという狭山公園の魅力」を

さらにのばしていくためにどういったことが必要なのか、

公園に関わる皆で共有することができました。

 

いただいたご意見は今後のイベント・プログラムづくり、

地域の方々やボランティアの皆さんとの関わりといった

公園運営に反映し、活かしてまいります。

 

ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました!

 

カテゴリー:イベントの報告|狭山公園

2019年7月17日

キノコの世界

長雨の続く狭山公園、
いたるところでキノコが見られます。

朽ち木にびっしり。
キノコの王国です。

 

鮮やかな色彩。

 

これは大きい!

キノコは樹木や落ち葉の分解を促す、森の掃除屋の一人です。
不思議な妖精(妖怪?)のような姿を眺めて楽しんでください。

 

 

カテゴリー:狭山公園|生きもの情報

2019年7月10日

「コミュニティガーデン講座 第3回目」を開催!(6/22)

先月に植えつけた花が梅雨の雨を受けて大きく育ち、

花壇が一層華やかになってきた頃、

「みどりでつながる!コミュニティガーデン講座第3回目」を開催しました!

 

講師にNPO法人Green Worksの三浦 香澄氏と木村 智子氏、

コーディネーターにNPO法人 NPO birthの八木佳保里氏を招き、

四季を通したガーデンづくりの知識や技術はもちろん、

“みんなで一緒にガーデンを作る”

手法や楽しく活動するコツなどを学べる講座です。

今回は、「しっくりガーデンニングと花の活用」について、学んでいきます!

 

始めに、前回の講座の内容について振り返りをした後、

「お手入れのポイント」についてレクチャー。

「茶色いものを取る」「大きくなった雑草を取る」「エッジを際立たせる」

3つの優先順位をつけることで、わずかな時間でも花壇が綺麗になります♪

 

続いて、「植物の基礎知識」について。

一年草、多年草、宿根草などの意味を知ると

花壇づくりの際に選択の幅が広がり、より楽しくなります。

 

その後、「グループワークとは」「花名札づくり」

「選択的除草」と講義・実習を行った後、

今の時期ならではのクラフト「ラベンダーバンドルズづくり」を行います。

狭山公園友の会で育てたラベンダーから花穂を摘み、リボンを編み込んで完成♪

パークセンターが、ラベンダーの香りでいっぱいになりました!

 

次回の講座は少し間が空いて、9月21日(土)の開催となります。

その間のきてみて花壇は、7月と8月のガーデニングDAYにて、

お手入れを行う予定です♪

*************

★狭山公園、東大和公園、八国山緑地では、

四季を通して様々なイベントを開催しています!

詳しくは⇒狭山丘陵の都立公園へきてみて!をご覧ください。

カテゴリー:イベントの報告|狭山公園

2019年7月10日

モッコクが咲きだしました

上品な甘い香りのリョウブに続いて、
独特な香りを漂わせて、モッコクの花が咲きだしています。

モッコクは目立たない常緑樹ですが、樹形の美しい庭園木として好まれ、

狭山公園にも何本も植えられています。

7月ごろにクリーム色の花をうつむきに咲かせます。
地味ですが、目を向けてみるとなかなか可愛い花です。


樹下に立つと、ジャスミンに似た、
甘さと微妙な臭気が混じった、重い香りを感じます。
苦手な方もいらっしゃるかもしれませんが、香りにひかれてくる昆虫は多いようです。

第2トイレ横の木が、よく花をつけています。

 

花の写真を撮影していたら、来園者の方に材としては何に使えるのかと

質問をいただきました。

調べてみたところ、材木としては緻密で美しく、丈夫。

細工物に適するとともに、沖縄では建築材としても重宝されてきたそうです。

 

樹木って面白い!夏の狭山公園に来てみて!

カテゴリー:狭山公園|見ごろ情報

所在地・アクセス

さやマップGIS

狭山公園パークセンター(管理所)
TEL 042-393-0154 (9:00 ~ 17:00)
〒189-0026
東京都東村山市多摩湖町3-17-19

  • ■ 狭山公園へ行く
  • ■ 八国山緑地へ行く
  • ■ 東大和公園へ行く

狭山公園へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

西武多摩湖線 西武遊園地駅から(約5min)

徒歩 5分

車をご利用の場合

駐車場スペースには限りがありますので、公共の交通機関をご利用ください。

  • 駐車場 45台
    • ・無料
    • ・利用時間 9:00〜17:00
    • ・村山貯水池駐在所前
    • ・利用時間を過ぎると門が閉まりますので
       あらかじめご了承ください。
  • 身障者用駐車場 2台

八国山緑地へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

西武西武園線 西武園駅から(約5min)

徒歩 5分

車をご利用の場合

駐車場がありませんのでご注意ください。

東大和公園へのアクセスをご紹介します。

電車をご利用の場合

JR中央線 立川駅から(約50min)

  • 立川駅北口
  • 西武バス『西武線東村山駅西口』行き
  • バス停『塩釜神社』下車

徒歩 10分

西武多摩湖線 武蔵大和駅から(約5min)

  • 東大和市ちょこバス内回り
  • バス停『東大和公園入口』下車

徒歩 0分

車をご利用の場合

駐車場がありませんのでご注意ください。

パンフレットダウンロード

都立野山北・六道山公園パンフレット

ダウンロード

狭山公園、八国山緑地、東大和公園パンフレット(PDF)約14MB

パンフレットはA3サイズで作成しています。
印刷の際は、ご利用のプリンタに合わせて用紙設定の変更をお願いいたします。